ヤブコギネット 山のフォーラム [ホームに戻る] [スレッド一覧] [新規投稿] [留意事項] [ワード検索] [管理用] [過去ログ一覧] 過去ログ閲覧

◆ 選択された記事を表示   前の記事  次の記事
スレッド481: 【鈴鹿】今年の締めはやっぱり御池岳
No.2: Re: 今度はスノーシューも何とか楽しめました♪
日時: 2010/12/28 23:12
名前: 宮指路 ID:gcbCjwnA

Kasayaさん、こんばんは
やはり行きましたか、御池岳
私はこの日、竜ヶ岳山頂から雪を被った御池岳を眺めていました。

>  スノーシューが使えるか半信半疑だったが、藤原の頂上近くの白さからするとそこそこの雪はありそうだ。
> だめもとでもいいのでザックにくくりつけて出発する。何度も歩いた木和田尾道を今日も一人行く。
この時期ならスノーシューを持っていってもダメ元覚悟ですね

> 小向山に登るため何処から尾根に取り付こうかなと思っていたら、鉄塔に続くソマ道があったのでそこから
私も木和田尾は谷に入らずに尾根に直接取り付きます。

> 尾根に出た。切り開かれた鉄塔からみると伊吹はずいぶん白い。あちらにいっても面白かったかなあ。
> あの白さならそうとう遊べそう。
伊吹山なら雪は間違いなかったでしょうね
>
>  坂本谷の分岐で小休止していると先ほどの人がやって来た。取り付きのルートが異なっていたのだが、てっきり
> 先に行っていると思ったので意外だった。しばし談笑する。ここからは白瀬峠まではトラバースだ。凍っていると
> いやらしいところが一箇所あるが今日はまだ大丈夫。
ここは怖くて、よう行きません

> 真の谷へ下る。吹き溜まりは雪と落ち葉のミックスで歩きにくいが尾根を降りれば難なく真の谷に到着した。
白船峠から谷沿いに真の谷へ降りたことがありません。今年の冬に行ったときは東側の尾根を下りました。

>  昨シーズンも何度か来たこの場所。静かでいいところといつも思う。見上げる御池の斜面には薄く雪がついて

ここから眺めるテーブルランドはいかにも遠そうです。

> いる。ハテ?つぼ足がいいかスノーシューがいいか迷うところ。せっかくなのでスノーシューで行ってみることに
> した。登っていくとスノーシュがうまく雪の斜面を捉えてくれる。大きなスノーシュは足の置き場を考える必要もなく
> 適当に置くだけでいい。これは意外にいい感じである。無雪期と同じような感じで登っていける。ジグザグ、ジグザグと
おニューのスノーシューですか?

> いいリズムだ。普通ここの登りはきついはずなのだが友人と登った昨シーズンのこと、自分の山登りのことその他
> 色々のことが頭をかすめて行き、気がつけばかなり斜面が緩くなるところまで来てしまっていた。やったね。
私もこの冬にここを登った時、無心で登っていたら時間の感覚が狂いました。
>
> 風が強いので例によってドリーネに転がり込み昼食とする。吹きさらしの頂上で風を避けられる場所があるのは
> 有り難いことだ。
皆さん同じようなことをやっているようです。

> こちらの存在に気づいたようなので両手をあげて合図する。何故こうしたのかな。晴れた頂上に同じルートから
> 挑み、立つことのできた人がいることが何となくうれしかったのだ。
寒い中、お互い人を寄せ付けない台地に立っているんだという達成感のようなものがありますからね

> ところで道を探しながら降りたら随分手間取ったらしい。最後は適当に降りたとい言うが、私はいつも適当に降りている。
私は人のトレースを探して降りました。

> あまり美しくない。汚されていない真っ白な青のドリーネが今年は見られるかなあ。
私が最初に見た青のドリーネはとてもきれいでした。

>  しかしこんにちはと挨拶しながら近づくとコッペパンさんの横顔やヤマメ嬢の顔がある。おさない会の山行だ。
> 丁度キクヤコーヒーさんがコーヒーを入れ終わったタイミングだったので暖かなコーヒーを頂くという幸運に恵まれる。
おおグッドタイミングでしたね。

> おいしかった!皆さんはつぼ足で来られたようだ。こういうところで知人に会うのはうれしいことです。
そうですね。
>
>  池は完全に凍っている。昨シーズン宮指路さん一行とここで会ったとき、皆池の上に乗っていたので今は乗れるかなと
> スノーシューのまま乗ってみる。(ちょっと怖い)でも全く平気だ。
一人では怖くてようしません

>  さてもうこの辺りで引き上げようと1241Pを目指して歩き出す。丁度丸山へ向かうおさない会と交錯するが、今度は
> 彼らが私の後についてくる。方向を1241Pに方向転換したようだ。丁度雪が深くなったところでスノーシューが
> 威力を発揮しだした。先頭を切って歩いていくと皆その後ろについてくる。
雪が深くなればスノーシューの出番ですね

>  ここから適当に斜面を下ると真の谷キャンプ場の上流に降り立った。白瀬峠への分岐でコーヒーを飲み、登り帰しの
> きつい坂を白瀬峠まで我慢して登った後はゆっくりと帰る。締めくくりと登山としてはまずまずだったかな。
最後の登り返しはきついですね。
お疲れ様でした。
>
> 今年も皆さんと山で、ネットで楽しく遊ぶことができました。来年もまたよろしくお願いいたします。
こちらこそ宜しくお願いします。
                                 宮指路

  前の記事  次の記事   スレッド一覧   新規スレッド作成