ヤブコギネット 山のフォーラム [ホームに戻る] [スレッド一覧] [新規投稿] [留意事項] [ワード検索] [管理用] [過去ログ一覧] 過去ログ閲覧

◆ 選択された記事を表示   前の記事  次の記事
スレッド493: 【鈴鹿】 御池岳 奥の平 青空と霧氷のひとり旅
No.11: Re: 新雪は重いぜベイベー
日時: 2011/01/10 18:11
名前: ふ~さん ID:/lJh5ARc

こんばんは、わりばしさん。

>  真ノ谷の対岸にわたり、御池岳テーブルランドに向け上っていく。真ノ谷の御池側は白船側と違い雪が多そうだ。谷の両岸で、こんなに違うのかと思いながら直登する。雪は、上に行けば行くほど多くなっていく。できるだけ、尾根らしき場所にある木をひろいながら上っていく。新雪なので、スノーシューをつけても沈み込んでいく。雪の下にある木の根や岩にスノーシューの爪をかませながら上っていくしかしかたがない。何度も立ち止まりながら、ひとりラッセルで進むが、雪はますます深くなるばかり。途中からおしりが冷たくなってくる。こんな経験はない。よく考えると今日は毛のニッカポッカではなく山用ズボンをはいてきたのだ、雪がとけカッパから染みているんだ。ニッカポッカにしておくんだった。雪が深く直登できない所は、つづら折れに進み、ようやくテーブルランドに到着。あ~えらかった。

なかなかきつい登りですよね、ここは。私もいつも息を整えながら登ります。そうそう、私のカッパは年代物なので、すぐにお尻に浸みてきます。もはや、防水スプレーしても全く効きません。

>  いつもならスノーシューをカランコロンいわせながら「下駄を鳴らしてやつが来る♪」てな感じだが、今日は気が重い。

はぁ・・・ゆきが重いんじゃなくて、きが重いわけね。「きが重いぜ、ベイベー♪」ですか。それにしてもスノーシューをからんころんって何やねん?スノーシューで、たんぼを耕すような歩きをしたことはあるし、スノーシューを田下駄だったか水蜘蛛だったかのように、忍者ばりに歩く必殺技は知ってるけど、このからんころんは、一体どこ歩いてんのや~

>  新雪で時間がかかりそうなので、早めに下りる。下っていても雪の多さは半端ではない。スノーシューを雪にもぐらせながら下りる。真ノ谷からは来た道をもどるが、結構時間をくう。白船峠であんぱんを食べ、スノーシューをザックに放り込み木和田尾を下った。ここからは慣れた道なので、気分も楽だ。

新雪の山歩きはほんと時間読みが大切ですね。慎重に行動するにこしたことはないですね。

>  重い新雪に手こずらされた山行だったが、正月に晴天の奥の平を散策できただけでもラッキーと思わなければならないだろう。白船峠から奥の平の間は、他の人のトレースを見ることすらなかった。静かな山旅に感謝。

心地よい疲労感を感じながらのお風呂と晩酌は最高ですね~お疲れさま!

 ふ~さん

  前の記事  次の記事   スレッド一覧   新規スレッド作成