ヤブコギネット 山のフォーラム [ホームに戻る] [スレッド一覧] [新規投稿] [留意事項] [ワード検索] [管理用] [過去ログ一覧] 過去ログ閲覧

◆ 全ての発言 (スレッドのツリー順に表示)  逆順に表示
スレッド541: 【台高】布引滝
No.0: 天登るブルードラゴン・布引滝氷結!
1.

-クリックすると元画像を表示-
2.

-クリックすると元画像を表示-
3.

-クリックすると元画像を表示-
日時: 2011/02/04 00:33
名前: zipp ID:9fGCUIlE

 30日、日本列島がまた寒波に包まれる日。こんな日はつべたい強風吹きすさぶ稜線に登らず、谷歩きがいいだろうと、氷瀑見物に蓮へ向かった。
しかし、森地区に入ると雪が舞っている。寒波は、まだこれから強まろうとしているのに。
 
【 日 付 】2011年1月30日
【 山 域 】台高東部 迷岳山域・布引谷 
【メンバー】単独
【 天 候 】曇天・雪のち晴天
【 ルート 】08:00 蓮ダム右岸詰駐車地--- 08:35 小屋のあるコル--- 09:00~09:10 二つ目の枝谷--- 09:45 布引滝三段下下降点--- 09:55~11:35 三段下、トラバース四段下(ランチ)--- 12:05~12:25 滝展望伐採地--- 12:55 布引谷道合流点--- 13:10 小屋のあるコル--- 13:45 駐車地
【参照地図url】
http://cyberjapan.jp/cybercgi/ptmap/open.cgi?view=VQYEE2v6rB4MOMlLlMGM3GiGg7XQ9ci0jNoLGRgWWFCdp5ljjkO3b1wa5Y0oGT87l1nWSW6z1b15Zt3X0x0C_3icWSxIG1eX587v

 台高主稜から延びる雪雲の末端が迷岳にまでのって雪が舞っている。黒い雪雲に覆われた蓮ダム奥に向かうには気が削がれる日だ。
想定外な天候に、蓮ダム右岸に駐めた車の中でしばらく様子見。
対岸の道路を奥に入っていく車には、登山者らしき車はない。ここまで来たのだからとルートを短縮してでも山に入ろうと決めたのは15分後。

 ゆっくり用意をして、雪舞う中、布引谷の砂防取付け林道を登って尾根に乗る。吹き付ける風がつべたい。
鋭鋒961峰の右肩から落ちるルンゼには氷が張っている。ただ雪付き過ぎ。
もう少し残雪が溶けていれば、氷がメリハリ付いて見えるのだけど。布引滝もこんなのだろうか。
ピークを巻く道を辿って、平瀬橋からの布引谷登山道と合流する小屋のコル着。ここまでの道、アセビがやっぱり煩い。もう少しすれば、ダニの巣になるだろう。

 布引滝展望地のカネタ山への道を見送り登山道を進む。雪は降ったり止んだり。
今日の予定は布引滝四段下へ降り、巻き上がって三段下。その後、稜線に出て布引山、そして滝の全貌の見える伐採地への周回だ。
ただ、登山道から布引滝に降りたことはない。いつも谷から登ってばかりで、降口がわかるのだろうか。

 二つ目の枝谷を越える頃には登山道の積雪が多くなってきた。ここからジグザグに登っているはずの道も、積雪で定かじゃない。
布引滝の四段下へ降りるポイントは何処だったろうかと見ながら行くと、滝音はほとんどしないのに三段目の滝が目に飛び込んできた。木々の葉が落ちるとここからでも滝身が見えるのだ。
積雪は脹脛ほどもあり、傾斜のきつい斜面をツボ足でズルズルと降りていく。

 そして目の前に現れたのは、「青い氷の宮殿」!
なんてボキャブラリーが貧しいんだと情けなく思うが、布引滝の三段目の氷瀑を目の前にして咄嗟にオツムに浮かんだのはそうなんだからいたしかたがない。思わず声をあげてしまうほど綺麗だったのだ。
青、蒼、碧。この場合のアオは、『碧』の字がもっとも似つかわしいか。
 青色~水色~白色の奥行のあるグラデーションど彩られた煌めく氷塊。滝下にはうず高く盛り上がった氷の山。
そうして、滝身はほぼ氷でおおわれてしまっていた。滝下は、雪の下は氷でおおわれ、歩くたびにバリバリと氷が割れる音がする。

 四段下へと右岸山腹をトラバースして向かうのだが、足を滑らせ滑り落ちたなら嵓から谷底への大ジャンプは間違いなし。慎重に足を運んで四段下へ。
 谷の積雪は20㎝~30㎝。谷もほぼ表面は凍っていてその上に雪を乗せている。慎重に谷上に足を運んで上を見ると、幅広の10mの4段目も見事に凍っている。3段目2段目のブルーアイスもきれいだ。天に翔け登る碧き龍の如しだ。
また谷を取り囲む嵓には沢山の氷柱が垂れ下がっているのも見事である。

 滝を見上げていると雪が激しくなって、ちょっと早いが積雪のない岩陰にシートを広げてランチだ。
この雪だと、当初の予定は無理だし、滝の全貌を見にも行けそうもないだろうとアルはひと口とし、熱いラーメンを啜る。
それでも昼食を終えるころには激しい降雪も一段落し、眺望が見えるかもと谷を降りる。
何度も登っている谷だからなんとか降りられたが、この積雪では非常に危ういことこの上なしだ。ズボッと積雪と氷を貫いて膝まで谷に入れてしまった。

 左岸に取付いてカネタ山の植林を登り、伐採された布引滝展望地へ。ここからでも布引滝が碧く凍っているのがよくわかる。
もう少し積雪が少ないと氷瀑が浮かび上がって見えるのだが、そこまで云うのは酷か。
よくぞこの大瀑布が氷結した!感謝なり。

 帰路ツベタ風に煽られ尾根を降りるころになると、いつの間にか青空が広がり、岩屋口山の稜線、三峰山までスッキリ望めるようになっていた。どういうこと?
 思いの外早い下山、今宵は温泉風呂で温まろうと塩ヶ瀬の源泉をポリタンクに汲み頂きに行く。



No.1: Re: 天登るブルードラゴン・布引滝氷結!
日時: 2011/02/03 22:49
名前: niu ID:cpaHubBM

zippさん、こんばんは。

最近、アイスクライミングを初めて、毎週のように大峰わさび谷へ通っとります。

スンバらしいですね。全部繋がってるんでせうか?

攀じ攀じできそうなら登ってみたいもんです。
No.4: Re^2: 天登るブルードラゴン・布引滝氷結!   [No.1への返信]
1.

-クリックすると元画像を表示-
日時: 2011/02/04 23:09
名前: zipp ID:9fGCUIlE

 niu青年!こんばんは~。

> 最近、アイスクライミングを初めて、毎週のように大峰わさび谷へ通っとります。
 氷壁相手に蟷螂さん、やってますか。
この冬、ワサビ谷は賑わっているようですね。

> スンバらしいですね。全部繋がってるんでせうか?
 一応繋がっちゃいました。
しかし、この数日の暖かさで溶けちゃったでしょうね。次回見られるのはいつになるやら。

> 攀じ攀じできそうなら登ってみたいもんです。
 攀じ攀じできたら凄いでしょうけど、まず無理(^^;。
 niuさんは、このところ攀じ攀じ集中のようですね。

No.13: Re^3: 天登るブルードラゴン・布引滝氷結!   [No.4への返信]
日時: 2011/02/06 21:46
名前: niu ID:8.vfVTes

>  niu青年!こんばんは~。

ヤブにもじょしこーせー(風)山ガが登場する時代・・・青年は引退しますわ


>> スンバらしいですね。全部繋がってるんでせうか?
>  一応繋がっちゃいました。
> しかし、この数日の暖かさで溶けちゃったでしょうね。次回見られるのはいつになるやら。
>
>> 攀じ攀じできそうなら登ってみたいもんです。
>  攀じ攀じできたら凄いでしょうけど、まず無理(^^;。
>  niuさんは、このところ攀じ攀じ集中のようですね。


無理かな~?やってみないと分からんですよ。今のniuにはとても無理ですけどね。
まあ、つぎに繋がることがあるかどうかですが。


ところで、布引滝の写真を転載しちゃダメでしょうか?所属サンガクカイの人たちに、こんなんあるよって紹介したいんです。
No.16: Re^4: 天登るブルードラゴン・布引滝氷結!   [No.13への返信]
1. 2008年の布引滝

-クリックすると元画像を表示-
日時: 2011/02/06 22:48
名前: zipp ID:BwjYu.vY

 青年niuさん、どもどもです。

> ヤブにもじょしこーせー(風)山ガが登場する時代・・・青年は引退しますわ
 ありゃ、山想山歩さんですね。
では、中年風山ボなんてどうでしょうかしらん(^^;

> 無理かな~?やってみないと分からんですよ。今のniuにはとても無理ですけどね。
> まあ、つぎに繋がることがあるかどうかですが。
 もう半月寒波が続いていれば、なんとかなるかも!?

> ところで、布引滝の写真を転載しちゃダメでしょうか?所属サンガクカイの人たちに、こんなんあるよって紹介したいんです。
 へい!この画像つかって金儲けなぞしないかぎり(^^;、OK!ですヨ。

 折角なんで、3年ほど前の氷結していない水の流れのわかる布引滝を貼っておきます。

No.17: Re^5: 天登るブルードラゴン・布引滝氷結!   [No.16への返信]
日時: 2011/02/07 22:31
名前: niu ID:tmrAvwMA

zippさん、こんばんは。

>  へい!この画像つかって金儲けなぞしないかぎり(^^;、OK!ですヨ。
>
>  折角なんで、3年ほど前の氷結していない水の流れのわかる布引滝を貼っておきます。

有難うございますです。

氷結してない写真をみると、やっぱり水量はそこそこありますね。全面凍っていても裏側は水が流れてるのかしらん?

アップ画像を見るとつららの集合体って感じで登れなさそうな気が・・・
No.18: Re^6: 天登るブルードラゴン・布引滝氷結!   [No.17への返信]
日時: 2011/02/08 23:28
名前: zipp ID:JZmyZ6HU

 niuさん。

> 氷結してない写真をみると、やっぱり水量はそこそこありますね。全面凍っていても裏側は水が流れてるのかしらん?
 そりゃぁ、ながれてますよん。
布引滝がここまで氷結した理由は、寒波が続いたこととにプラスして谷の水量が少なかったことだと思います。


No.2: Re: 天登るブルードラゴン・布引滝氷結!
日時: 2011/02/03 23:16
名前: グー(伊勢山上住人) ID:XR1MTGq6
参照: http://www.ztv.ne.jp/okada1/c8.html

zippさん、こんばんは。

1週間以内のレポとは、 よほど暇だったみたいですね。

>  30日、日本列島がまた寒波に包まれる日。

今日は悲しいかな、春の陽気。 送迎車の中は、冷房をかけたいほどでした。
「6日までに雪が腐ってしまうよ~」

> 【メンバー】単独

最近、単独が多いですね。

> ここまでの道、アセビがやっぱり煩い。もう少しすれば、ダニの巣になるだろう。

本当ですか? 少々、ダニ被害妄想気味です。

> 今日の予定は布引滝四段下へ降り、巻き上がって三段下。その後、稜線に出て布引山、

ええっ?? 三段下から稜線に登れるのですか? 
崖・嵓・急傾斜しか見えませんが。

>  そして目の前に現れたのは、「青い氷の宮殿」!
> 滝身はほぼ氷でおおわれてしまっていた。

あの水量が、全面氷で覆われましたか。 素晴らしい眺めでしょうね。

>  この積雪では非常に危ういことこの上なしだ。ズボッと積雪と氷を貫いて膝まで谷に入れてしまった。

この寒い時期に、長靴ガボガボ言わせちゃったのですか?

> よくぞこの大瀑布が氷結した!感謝なり。

見応えあるでしょうね~。

>  思いの外早い下山、今宵は温泉風呂で温まろうと塩ヶ瀬の源泉をポリタンクに汲み頂きに行く。

ほう。 気になる情報です。スメールが営業不振になりそう。

                            グー(伊勢山上住人)
No.5: Re^2: 天登るブルードラゴン・布引滝氷結!   [No.2への返信]
1.

-クリックすると元画像を表示-
日時: 2011/02/04 23:10
名前: zipp ID:9fGCUIlE

 グーさん、こんばんは。

> 1週間以内のレポとは、 よほど暇だったみたいですね。
 なんつう物言いや(^^;
 まぁ、拘束されてヒマなグーさんは、ナンマンダブ。

> 今日は悲しいかな、春の陽気。 送迎車の中は、冷房をかけたいほどでした。
> 「6日までに雪が腐ってしまうよ~」
 きょうは、立春。暦通りポカポカです。
あれ?グーさん予定より一週間早く山に行けるようになったの。春山満喫してくらさい(^^)。

> 本当ですか? 少々、ダニ被害妄想気味です。
 マジです、4月になればダニが付きますよ。それ程多くはないけど、先頭を歩く人には10匹程度はつくでせう。

> ええっ?? 三段下から稜線に登れるのですか? 
> 崖・嵓・急傾斜しか見えませんが。
 ンなわけないでしょ。登山道に復帰して滝上にあがりますよ。

> あの水量が、全面氷で覆われましたか。 素晴らしい眺めでしょうね。
 三段目に近づけば、僅かに水の流れがみえましたが、ほぼ氷結しておりました。

> この寒い時期に、長靴ガボガボ言わせちゃったのですか?
 それは、セーフ!雪が降ってので、出発時から上下合羽を着てましたから。

> 見応えあるでしょうね~。
 ハイ、すばらしい!

> ほう。 気になる情報です。スメールが営業不振になりそう。
 それはないでしょう。ここで源泉を汲んでいる人は見たことないです。
自宅の風呂というのは循環式の風呂釜が多いでしょうから、この源泉入れて沸かしたらガス器具屋が儲かりそうです(^^)。

No.3: Re: 天登るブルードラゴン・布引滝氷結!
1. 御在所の氷もブルーアイスだよ

-クリックすると元画像を表示-
日時: 2011/02/04 04:26
名前: 緑水 ID:verJHwTY

zipp のおったん お早うございます。いつも好い時間にお目覚めですのやわ、体調が好い感じなのですワン。

>  30日、日本列島がまた寒波に包まれる日。こんな日はつべたい強風吹きすさぶ稜線に登らず、谷歩きがいいだろうと、氷瀑見物に蓮へ向かった。

30日ってナニしとったんやろ?、亮とスキーに行っての帰りやったんや。29日はエライ寒波でしたね奥美濃は雪がボンボンだったもん。
緑ちゃんアンヨの指が何かおかしいおもてたら、なんとまあ霜焼が出来てるんだよ。こんなの初めてだよ。
子どもら小さい頃に近所の薬局でよく効く塗り薬、これ効くんだよねマミーに買ってもらい塗りますた。
おっちゃんの足は熊も負けそうだから霜や毛なんてできないでショ。


>  台高主稜から延びる雪雲の末端が迷岳にまでのって雪が舞っている。黒い雪雲に覆われた蓮ダム奥に向かうには気が削がれる日だ。
> 対岸の道路を奥に入っていく車には、登山者らしき車はない。ここまで来たのだからとルートを短縮してでも山に入ろうと決めたのは15分後。

心に準備させたのね、一呼吸は戦のためのイメージトレですな。コレって大切だなあおもう。

> ピークを巻く道を辿って、平瀬橋からの布引谷登山道と合流する小屋のコル着。ここまでの道、アセビがやっぱり煩い。もう少しすれば、ダニの巣になるだろう。

アセビが鈴鹿でもまん延してます、ササヤブがこれに取って代わってますね。これダニつくのですか。

> 今日の予定は布引滝四段下へ降り、巻き上がって三段下。その後、稜線に出て布引山、そして滝の全貌の見える伐採地への周回だ。
> ただ、登山道から布引滝に降りたことはない。いつも谷から登ってばかりで、降口がわかるのだろうか。

スゴイ、滝中へ入っちゃうんだ。

>  そして目の前に現れたのは、「青い氷の宮殿」!
> なんてボキャブラリーが貧しいんだと情けなく思うが、布引滝の三段目の氷瀑を目の前にして咄嗟にオツムに浮かんだのはそうなんだからいたしかたがない。思わず声をあげてしまうほど綺麗だったのだ。

初めて出会う絶世の美女、わあキレイなヒトそうなんです。そんで好いんじゃないの。
だだ文字にした時に、外国語ね おお~ブルーシャトーアイス がいいね。句は浮かばなかったですか。

> 青、蒼、碧。この場合のアオは、『碧』の字がもっとも似つかわしいか。
>  青色~水色~白色の奥行のあるグラデーションど彩られた煌めく氷塊。滝下にはうず高く盛り上がった氷の山。
> そうして、滝身はほぼ氷でおおわれてしまっていた。滝下は、雪の下は氷でおおわれ、歩くたびにバリバリと氷が割れる音がする。

◆へきがん【碧眼】
blue eyes◇碧眼の|blue-eyed 金髪碧眼の美人 

なるほどなあ、パソ神社はこのように教えてくれますた。こんな目で見つめられたら魂ぬかれそう。
好いですね捥ほどもある氷柱はないの?鍾乳洞の様なのも?


>  四段下へと右岸山腹をトラバースして向かうのだが、足を滑らせ滑り落ちたなら嵓から谷底への大ジャンプは間違いなし。慎重に足を運んで四段下へ。

アイゼンは当然履いてるんだけど、まさかスパイク長靴じゃないでしょうね。
手にはピッケルにアイスギア?

>  谷の積雪は20㎝~30㎝。谷もほぼ表面は凍っていてその上に雪を乗せている。慎重に谷上に足を運んで上を見ると、幅広の10mの4段目も見事に凍っている。3段目2段目のブルーアイスもきれいだ。天に翔け登る碧き龍の如しだ。
> また谷を取り囲む嵓には沢山の氷柱が垂れ下がっているのも見事である。

目に浮かびますなあ、すごいね。

> この雪だと、当初の予定は無理だし、滝の全貌を見にも行けそうもないだろうとアルはひと口とし、熱いラーメンを啜る。

アルが入る方が元気に成るんじゃないの、み口はね。へそした丹田に命を感じるでしょ。

> もう少し積雪が少ないと氷瀑が浮かび上がって見えるのだが、そこまで云うのは酷か。
> よくぞこの大瀑布が氷結した!感謝なり。

コレを黙らせ凍らした寒太郎にお礼なんだね、こなあかんけどね。
Beちゃんも連れて来たれば良かったのニ~イ


>  思いの外早い下山、今宵は温泉風呂で温まろうと塩ヶ瀬の源泉をポリタンクに汲み頂きに行く。

冷泉じゃなかったのかなあ?40リッターもあれば好いね。

今度は氷が剥げ落ちるのを見られると好いね。
すげー音するかな。

               緑水

No.6: Re^2: 天登るブルードラゴン・布引滝氷結!   [No.3への返信]
1.

-クリックすると元画像を表示-
日時: 2011/02/04 23:12
名前: zipp ID:9fGCUIlE

 緑ちゃん、こんばんは。立春です。

> 緑ちゃんアンヨの指が何かおかしいおもてたら、なんとまあ霜焼が出来てるんだよ。こんなの初めてだよ。
 シモヤケ?凍傷じゃなくてシモヤケなのですか。ってことはまだ緑ちゃん若い!?

> おっちゃんの足は熊も負けそうだから霜や毛なんてできないでショ。
 シモヤケなんぞ、小さいころからでけたことありませ~ん。

> 心に準備させたのね、一呼吸は戦のためのイメージトレですな。コレって大切だなあおもう。
 そんなんや無かったけど。単にチュウチョ。

> アセビが鈴鹿でもまん延してます、ササヤブがこれに取って代わってますね。これダニつくのですか。
 アセビの枝葉が太もも以下に触れるようなところを歩いたら、すぐダニチェックをすべしです。

> スゴイ、滝中へ入っちゃうんだ。
 緑ちゃんは、行ってませんでしたっけ?

> 初めて出会う絶世の美女、わあキレイなヒトそうなんです。そんで好いんじゃないの。
> だだ文字にした時に、外国語ね おお~ブルーシャトーアイス がいいね。句は浮かばなかったですか。
 なんで外国語と云っておきながら英語やねん?中国語やタイ語あきまへんの。それもブルーコメッツやし。


>> 青、蒼、碧。この場合のアオは、『碧』の字がもっとも似つかわしいか。
>>  青色~水色~白色の奥行のあるグラデーションど彩られた煌めく氷塊。滝下にはうず高く盛り上がった氷の山。
>> そうして、滝身はほぼ氷でおおわれてしまっていた。滝下は、雪の下は氷でおおわれ、歩くたびにバリバリと氷が割れる音がする。
>
> ◆へきがん【碧眼】
> blue eyes◇碧眼の|blue-eyed 金髪碧眼の美人 
>
> なるほどなあ、パソ神社はこのように教えてくれますた。こんな目で見つめられたら魂ぬかれそう。
 魂だけじゃなく、なんでもかんでもぬかれてくらはい。

> アイゼンは当然履いてるんだけど、まさかスパイク長靴じゃないでしょうね。
> 手にはピッケルにアイスギア?
 「まさか」は必要のないスパ長、フリーハンド。

> アルが入る方が元気に成るんじゃないの、み口はね。へそした丹田に命を感じるでしょ。
 アルがあるあるでは運転できないでしょ。

> コレを黙らせ凍らした寒太郎にお礼なんだね、こなあかんけどね。
> Beちゃんも連れて来たれば良かったのニ~イ
 布引滝のこんな氷瀑、何年か後にまた見れたらいいんだけど。

> 冷泉じゃなかったのかなあ?40リッターもあれば好いね。
 ポリタン18L、これで3回楽しめます。3%程度まで薄めてもポカポカ効果ありです。
>
> 今度は氷が剥げ落ちるのを見られると好いね。
> すげー音するかな。
 この日は気温が低いいままで、氷柱さへ落ちなかった。気温が上がるような日は、滝下には近づけないね(^^;。
No.7: Re^3: 天登るブルードラゴン・布引滝氷結!   [No.6への返信]
1. 山鳥、どこに写トンのかしら?飛ばない鳥

-クリックすると元画像を表示-
日時: 2011/02/05 04:29
名前: 緑水 ID:ZgMIe04I

zipp さま お早うございます、春の朝を感じますなあ。暖かいです。

>  緑ちゃん、こんばんは。立春です。

きょう緑ちゃんのお誕生日ですワンの、いつも雪が一番深い時に公開山行で竜が岳でしたのよ。
春の息吹を雪なかで感じてますたの、午前中は桃ちゃんのサックス発表会見てお山へお出かけだ。

>> 緑ちゃんアンヨの指が何かおかしいおもてたら、なんとまあ霜焼が出来てるんだよ。こんなの初めてだよ。
>  シモヤケ?凍傷じゃなくてシモヤケなのですか。ってことはまだ緑ちゃん若い!?

シモヤケ、凍傷の違いって?明確に判るですか。シモヤケ風になってそれが進むと凍傷だろうは想像できるけどね。
今年は冷えもきついし、スキーや雪山に多く入ってるからカモカモ。

下の娘幼いころ手が膨らんで赤黒くなる、冷たいの好きだからシモヤケ出来とった。塗り薬よく効く。
緑ちゃんのアンヨ指ももう好いもん。


>> おっちゃんの足は熊も負けそうだから霜や毛なんてできないでショ。
>  シモヤケなんぞ、小さいころからでけたことありませ~ん。

なんでやろ?世代が違うからか、子供の頃から毛がはえておったんやな。


>> 心に準備させたのね、一呼吸は戦のためのイメージトレですな。コレって大切だなあおもう。
>  そんなんや無かったけど。単にチュウチョ。

エエえ、おっタンがチュチョーやてか、考えられヤンなあ。景色が見れない吹雪だから雪宿りやったんや。


>> アセビが鈴鹿でもまん延してます、ササヤブがこれに取って代わってますね。これダニつくのですか。
>  アセビの枝葉が太もも以下に触れるようなところを歩いたら、すぐダニチェックをすべしです。

ありがとう、そおいうダニ法則があるんですね。太もも以下っうのに理由があるのかいなあ?


>> スゴイ、滝中へ入っちゃうんだ。
>  緑ちゃんは、行ってませんでしたっけ?

近くまで行ったけど下までは行かなかった、展望所から眺めてただけ。

>> だだ文字にした時に、外国語ね おお~ブルーシャトーアイス がいいね。句は浮かばなかったですか。
>  なんで外国語と云っておきながら英語やねん?中国語やタイ語あきまへんの。それもブルーコメッツやし。

チャイナでもタイランドでも好いんだけれどシランの。
でもあの青い目はホント吸い込まれるような色してるもん。世界の美女とお話したいね。
世界は広いのになあ。心残りは西回りイスタンブールで帰ランだコト、人生の最大の失敗だった。

>> blue eyes◇碧眼の|blue-eyed 金髪碧眼の美人 
>  魂だけじゃなく、なんでもかんでもぬかれてくらはい。

ぬいてちょうだいませ、男が旅に出る最大の要因元気はこれだと思う。実感だワン


>> アイゼンは当然履いてるんだけど、まさかスパイク長靴じゃないでしょうね。
>> 手にはピッケルにアイスギア?
>  「まさか」は必要のないスパ長、フリーハンド。

ヤッパな、バケもんじゃー。保温性ないスパイク長靴で手には棒きれですね。


>> アルが入る方が元気に成るんじゃないの、み口はね。へそした丹田に命を感じるでしょ。
>  アルがあるあるでは運転できないでしょ。

だからさ、お出かけの時にすればいいじゃん。お出かけ元気つ毛でさ。

>> Beちゃんも連れて来たれば良かったのニ~イ
>  布引滝のこんな氷瀑、何年か後にまた見れたらいいんだけど。

一緒にね、一気に暖かくなるのかしらね。
ニュースは春のコトばかり流してるよ。梅が咲いた菜の花も。メジロ、ウグイスやって来る~
昨日は畑仕事に汗しますた。葉っぱみな食われた

台高に 集ひ で行くからまた案内してくらさいな。すたりの舎弟はいまスランプの様だしね。           

>> 冷泉じゃなかったのかなあ?40リッターもあれば好いね。
>  ポリタン18L、これで3回楽しめます。3%程度まで薄めてもポカポカ効果ありです。

そうですか、好いね、18Lで100円?今度行ったら買おうかな。

またよろしく

              緑水


No.8: Re^4: 天登るブルードラゴン・布引滝氷結!   [No.7への返信]
日時: 2011/02/05 06:30
名前: グー(伊勢山上住人) ID:2zp4MwZ6
参照: http://www.ztv.ne.jp/okada1/c8.html

緑ちゃん、おっはよ~。 こっちのお部屋にお邪魔させてね。

> きょう緑ちゃんのお誕生日ですワンの、

緑ちゃん、7歳のお誕生日おめでとう。 遊びたい盛り、元気いっぱいだね。


>> 1週間以内のレポとは、 よほど暇だったみたいですね。
>  なんつう物言いや(^^;

zippさん、おっはよ~。 気を悪くさせちゃって、ゴメンナサイ。

グーは、失言が多くて、失敗続きの人生です。 チットモ成長しないの。
「黙って台高に来たら、噛み付くよ」は、まだ、記憶の底に「おり」のように沈殿しているようですし。

今後は細心の注意を払って・・・・・・ (失言をなくすのは無理だろうなぁ~)
後ろの (^^; 笑顔で助かっています。

>  布引滝のこんな氷瀑、何年か後にまた見れたらいいんだけど。

ほんの一瞬の一発芸なんですね。チャンスの女神の前髪は短い。

> すたりの舎弟はいまスランプの様だしね。

お客の予定の隙間を縫って、お抱え運転手は、6・12・19日とお山へ行かさせてもらえそうです。 
やっと、やっと、レポが書けるぞ~。 

                              グー(伊勢山上住人)
No.10: Re^5: 天登るブルードラゴン・布引滝氷結!   [No.8への返信]
1. 冬寒ければ春遠からじウグイス歌の練習

-クリックすると元画像を表示-
日時: 2011/02/05 08:10
名前: 緑水 ID:ZgMIe04I

>>> 1週間以内のレポとは、 よほど暇だったみたいですね。
>>  なんつう物言いや(^^;

うっしししし、怒られとるがなワン、大兄ちゃんには勝てまヘンよ。
怒ってくれる人いるは好いコト難でっせ、ほっとけの無視が一番怖いオシオキダヨな。

> 緑ちゃん、おっはよ~。 こっちのお部屋にお邪魔させてね。

グ~ちゃまお早うサン。ココ防空壕ではありまヘンのやで、しかも木造作り防火耐震基準もムカシしのままだよ。焼夷弾は防ぎようがないなあ

> 緑ちゃん、7歳のお誕生日おめでとう。 遊びたい盛り、元気いっぱいだね。

七歳にしてナンたら言いますね、分別のつく頃怪なあ。

> グーは、失言が多くて、失敗続きの人生です。 チットモ成長しないの。
> 「黙って台高に来たら、噛み付くよ」は、まだ、記憶の底に「おり」のように沈殿しているようですし。

緑ちゃんへの贈り言葉も強烈でしたもんね。
でもまあリセットされたコトだしね、美代への国へ元気に行きましょうね。30年ピンでコロ3日が好いね。

> 今後は細心の注意を払って・・・・・・ (失言をなくすのは無理だろうなぁ~)
> 後ろの (^^; 笑顔で助かっています。

作り笑顔カモよ、大人の心は計り知れないから。○○だね

> お客の予定の隙間を縫って、お抱え運転手は、6・12・19日とお山へ行かさせてもらえそうです。 
> やっと、やっと、レポが書けるぞ~。 

この先30年は山歩けるよ、緑ちゃんのムカシ友達元気でおるいてます。
いまのRSをこの先の肥やしとしましょうね。

じゃまた、春はすぐそこ お隣まで来てる。

                緑水

No.12: Re^4: 天登るブルードラゴン・布引滝氷結!   [No.7への返信]
1.

-クリックすると元画像を表示-
日時: 2011/02/06 09:24
名前: zipp ID:BwjYu.vY

 緑水さん、お誕生日オメデタさんでした。
 またまた、サーバーの調子が悪いようで昨夜停まってたようです。
つうさん、ご苦労様です。
 今朝は曇天、どうしちゃったんだろう?

> シモヤケ、凍傷の違いって?明確に判るですか。シモヤケ風になってそれが進むと凍傷だろうは想像できるけどね。
> 今年は冷えもきついし、スキーや雪山に多く入ってるからカモカモ。
 新陳代謝が衰えてくると、シモヤケ即凍傷になるらしいよ、注意してね(^^;。

> なんでやろ?世代が違うからか、子供の頃から毛がはえておったんやな。
 アカギレには、すぐなるタイプですたが…。

> エエえ、おっタンがチュチョーやてか、考えられヤンなあ。景色が見れない吹雪だから雪宿りやったんや。
 ようわかってはります(^^)。氷瀑みれぇへんだら山に入っても意味ないし。

> ありがとう、そおいうダニ法則があるんですね。太もも以下っうのに理由があるのかいなあ?
 ダニさんは、動物に取りつこうしてますからね~。動物の身の丈の枝葉にいますよ。

> 世界は広いのになあ。心残りは西回りイスタンブールで帰ランだコト、人生の最大の失敗だった。
 まぁそれでも、極楽浄土で碧眼の美女に会えるかもよ。緑ちゃんターバン似合いそうだから、周りにビジョ侍らせてね。そんな画が見えましたよ(^^)。

> そうですか、好いね、18Lで100円?今度行ったら買おうかな。
 ここの源泉、川に垂れ流し、当然無料です。

No.9: Re: 天登るブルードラゴン・布引滝氷結!
日時: 2011/02/05 06:43
名前: わりばし ID:IepACw8w

おはようございます、zippさん。

>  30日、日本列島がまた寒波に包まれる日。こんな日はつべたい強風吹きすさぶ稜線に登らず、谷歩きがいいだろうと、氷瀑見物に蓮へ向かった。
> しかし、森地区に入ると雪が舞っている。寒波は、まだこれから強まろうとしているのに。

雪雲が押し寄せる寒い日でしたね。

>  台高主稜から延びる雪雲の末端が迷岳にまでのって雪が舞っている。黒い雪雲に覆われた蓮ダム奥に向かうには気が削がれる日だ。
> 想定外な天候に、蓮ダム右岸に駐めた車の中でしばらく様子見。
> 対岸の道路を奥に入っていく車には、登山者らしき車はない。ここまで来たのだからとルートを短縮してでも山に入ろうと決めたのは15分後。

さすがGTZですね。

判断が早い、これも経験のなせる技ですね。

> ピークを巻く道を辿って、平瀬橋からの布引谷登山道と合流する小屋のコル着。ここまでの道、アセビがやっぱり煩い。もう少しすれば、ダニの巣になるだろう。

エッ・・いやな場所だなあ。

ダニもヒルもまだやられた事ないからなあ・・・

>  そして目の前に現れたのは、「青い氷の宮殿」!
> なんてボキャブラリーが貧しいんだと情けなく思うが、布引滝の三段目の氷瀑を目の前にして咄嗟にオツムに浮かんだのはそうなんだからいたしかたがない。思わず声をあげてしまうほど綺麗だったのだ。

私ならさしずめ「ブルーハワイのうまか棒」か「ラムネの吹き出し」です・・・

> 青、蒼、碧。この場合のアオは、『碧』の字がもっとも似つかわしいか。
>  青色~水色~白色の奥行のあるグラデーションど彩られた煌めく氷塊。滝下にはうず高く盛り上がった氷の山。
> そうして、滝身はほぼ氷でおおわれてしまっていた。滝下は、雪の下は氷でおおわれ、歩くたびにバリバリと氷が割れる音がする。

そういえば「藍より青く」っていうテレビドラマありましたね。

>  谷の積雪は20㎝~30㎝。谷もほぼ表面は凍っていてその上に雪を乗せている。慎重に谷上に足を運んで上を見ると、幅広の10mの4段目も見事に凍っている。3段目2段目のブルーアイスもきれいだ。天に翔け登る碧き龍の如しだ。
> また谷を取り囲む嵓には沢山の氷柱が垂れ下がっているのも見事である。

見事な青ですね。

美しい。

子どもなら、夜店のブルーハワイですね。

> それでも昼食を終えるころには激しい降雪も一段落し、眺望が見えるかもと谷を降りる。
> 何度も登っている谷だからなんとか降りられたが、この積雪では非常に危ういことこの上なしだ。ズボッと積雪と氷を貫いて膝まで谷に入れてしまった。

空も暗そうですね。

>  左岸に取付いてカネタ山の植林を登り、伐採された布引滝展望地へ。ここからでも布引滝が碧く凍っているのがよくわかる。
> もう少し積雪が少ないと氷瀑が浮かび上がって見えるのだが、そこまで云うのは酷か。
> よくぞこの大瀑布が氷結した!感謝なり。

きれいでした。

>  帰路ツベタ風に煽られ尾根を降りるころになると、いつの間にか青空が広がり、岩屋口山の稜線、三峰山までスッキリ望めるようになっていた。どういうこと?

ははは・・山ノ神のなせる技です。

>  思いの外早い下山、今宵は温泉風呂で温まろうと塩ヶ瀬の源泉をポリタンクに汲み頂きに行く。

いいですね。

風呂に入って一杯ですか。

                                                   わりばし
No.14: Re^2: 天登るブルードラゴン・布引滝氷結!   [No.9への返信]
1. 三段目下部

-クリックすると元画像を表示-
日時: 2011/02/06 22:00
名前: zipp ID:BwjYu.vY

 こんばんは、わりばしさん。

> 雪雲が押し寄せる寒い日でしたね。
 単なる強風と曇天だろうと山に向かったのですが…。

> 判断が早い、これも経験のなせる技ですね。
 判断は、遅かった~。まぁ、行って良かったんですが。
2月2日のA新聞の三重版に、31日撮影の布引滝の氷瀑が載ってたようです。

> エッ・・いやな場所だなあ。
> ダニもヒルもまだやられた事ないからなあ・・・
 えっ!!余程わりばしさんが不味い?それともやられたにもかかわず気づいていない??

> 私ならさしずめ「ブルーハワイのうまか棒」か「ラムネの吹き出し」です・・・
 確かにブルーハワイ色ですね。

> そういえば「藍より青く」っていうテレビドラマありましたね。
 藍より青いと紺色かな?


> 見事な青ですね。
> 美しい。
> 子どもなら、夜店のブルーハワイですね。
 きれいでしたよ~、すんばらしく!
こどもにブルーハワイ?、ブルーハワイってカクテルじゃなかったの?

> 空も暗そうですね。
> ははは・・山ノ神のなせる技です。
 天候はどんどん悪くなると思ってたのですが、そうじゃなかった。
こんな天気になることがわかっていれば檜塚に登ればよかったかと思うも、こんな強風の寒い日はヤメヤメヤメ!と打ち消す自分がいた(^^;。


> いいですね。
> 風呂に入って一杯ですか。
 こんな寒い晩は、これがいいね(^^)。

No.11: Re: 天登るブルードラゴン・布引滝氷結!
日時: 2011/02/05 16:30
名前: 山日和 ID:lMQH0xcI

zippさん、こんにちは。

>  30日、日本列島がまた寒波に包まれる日。こんな日はつべたい強風吹きすさぶ稜線に登らず、谷歩きがいいだろうと、氷瀑見物に蓮へ向かった。

正解ですね。でも私は冬はどうしても稜線に向いてしまうんですね~。

>  台高主稜から延びる雪雲の末端が迷岳にまでのって雪が舞っている。黒い雪雲に覆われた蓮ダム奥に向かうには気が削がれる日だ。

こういう天気は出鼻をくじかれますね。

>  ゆっくり用意をして、雪舞う中、布引谷の砂防取付け林道を登って尾根に乗る。吹き付ける風がつべたい。

布引谷に入るにはこれがノーマルルートになったんでしょうか?

> ただ、登山道から布引滝に降りたことはない。いつも谷から登ってばかりで、降口がわかるのだろうか。

おおっ、zippさんもそうなの?

> 布引滝の四段下へ降りるポイントは何処だったろうかと見ながら行くと、滝音はほとんどしないのに三段目の滝が目に飛び込んできた。木々の葉が落ちるとここからでも滝身が見えるのだ。
> 積雪は脹脛ほどもあり、傾斜のきつい斜面をツボ足でズルズルと降りていく。

なかなかルートファインディングの難しいところですね。この辺は下手に降りたら壁はなかったかな?

>  そして目の前に現れたのは、「青い氷の宮殿」!

画像だけで十分でしょう。「蒼氷のラビリンス」なんてのはどう?(^^ゞ


>  青色~水色~白色の奥行のあるグラデーションど彩られた煌めく氷塊。滝下にはうず高く盛り上がった氷の山。
> そうして、滝身はほぼ氷でおおわれてしまっていた。滝下は、雪の下は氷でおおわれ、歩くたびにバリバリと氷が割れる音がする。

素晴らしい眺めですね。あの布引滝がここまで凍りますか。

>  四段下へと右岸山腹をトラバースして向かうのだが、足を滑らせ滑り落ちたなら嵓から谷底への大ジャンプは間違いなし。慎重に足を運んで四段下へ。
>  谷の積雪は20㎝~30㎝。谷もほぼ表面は凍っていてその上に雪を乗せている。慎重に谷上に足を運んで上を見ると、幅広の10mの4段目も見事に凍っている。3段目2段目のブルーアイスもきれいだ。天に翔け登る碧き龍の如しだ。
> また谷を取り囲む嵓には沢山の氷柱が垂れ下がっているのも見事である。

きれいだけど恐いよね。ツルッと行ったら一巻の終わり。

>  滝を見上げていると雪が激しくなって、ちょっと早いが積雪のない岩陰にシートを広げてランチだ。
> この雪だと、当初の予定は無理だし、滝の全貌を見にも行けそうもないだろうとアルはひと口とし、熱いラーメンを啜る。

とても落ち着いてメシを食える状況じゃないですねえ。下りのこともあるし。

>  帰路ツベタ風に煽られ尾根を降りるころになると、いつの間にか青空が広がり、岩屋口山の稜線、三峰山までスッキリ望めるようになっていた。どういうこと?

zippさんが下りたからじゃないの?(^_^;)

                       山日和
No.15: Re^2: 天登るブルードラゴン・布引滝氷結!   [No.11への返信]
1. 三段目にズーム!

-クリックすると元画像を表示-
日時: 2011/02/06 22:01
名前: zipp ID:BwjYu.vY

 山日和さん、こんばんは。

> 正解ですね。でも私は冬はどうしても稜線に向いてしまうんですね~。
 指が切れるような寒さは、やっぱ御免こうむりたいです。

> こういう天気は出鼻をくじかれますね。
 予想して行く分には行っちゃうんですが、想定外だとね~。

> 布引谷に入るにはこれがノーマルルートになったんでしょうか?
 林道から尾根のルート、そういえば何度も使ってます(^^;。
以前使っていた布引林道奥からの道が林道に切断され使えなくなりましたからノーマルルートになるかも。
あっ、一般ルートの平瀬橋からの道あ当然生きていますよ。

> なかなかルートファインディングの難しいところですね。この辺は下手に降りたら壁はなかったかな?
 地形図を穴が開くほどのぞめたってルートはわからんからね。現場に行かん限りね。
嵓の切れたところを降りて3段下、嵓の上部をトラバースして4段下でした。

> 画像だけで十分でしょう。「蒼氷のラビリンス」なんてのはどう?(^^ゞ
 迷宮ですか、ラビリンスと云えばひさうちみちおを思い出しますが、わからんわなぁ。

> 素晴らしい眺めですね。あの布引滝がここまで凍りますか。
 日陰、風に吹きっさらされるんで凍るんでしょうが、里からも近いのによくぞ凍ってくれます(^^)。

> きれいだけど恐いよね。ツルッと行ったら一巻の終わり。
 下から嵓を見上げてるから、ツルッといったらどうなるかわかるし…、慎重に慎重にです。

> とても落ち着いてメシを食える状況じゃないですねえ。下りのこともあるし。
 直行で登山道へ登りあがって帰ろうかと思ってたんですが…。

> zippさんが下りたからじゃないの?(^_^;)
 この日は、曇天・気温低いまま(温度が高まれば氷柱が頭に~(^^;)で良かったんだけど、雪は余分だったのでした。山降りて陽がさしたのも、山ノ神のはからいかも(^^;。

 逆順に表示  スレッド一覧  新規スレッド作成