ヤブコギネット 山のフォーラム [ホームに戻る] [スレッド一覧] [新規投稿] [留意事項] [ワード検索] [管理用] [過去ログ一覧] 過去ログ閲覧

◆ 全ての発言 (スレッドのツリー順に表示)  逆順に表示
スレッド546: ヌタハラ谷から桧塚奥峰
No.0: 東風に吹かれて、谷逍遥
1.

-クリックすると元画像を表示-
2.

-クリックすると元画像を表示-
3.

-クリックすると元画像を表示-
日時: 2011/02/07 23:26
名前: グー(伊勢山上住人) ID:ErwoSZxk
参照: http://www.ztv.ne.jp/okada1/c8.html



2月に入って、途端に春の陽気だ。
1ヶ月ぶりの山行に、心躍る。 

が、・・・





【日時】   平成23年2月6日(日)
【山域】   台高
【天候】   ほとんど 晴
【コース】  ヌタハラ林道ローソク岩手前6:35---8:00不動滝9:00---10:10コウセ滝11:10---11:50ネコ滝---12:30アザミ滝上---13:10・1394---14:30桧塚奥峰---16:20駐車地


ここのところずーっと、ヌタハラ林道の道路工事をzippさんに任せっぱなしだ。
コレではいけない。今日は道路工事をするつもりで早出する。

落石をどけながらローソク岩手前の駐車地に着いた。
この先へは、車では進めないと思い、歩き始める。
しかし、崩落地もなんとか車がすり抜けられそうだ。

雪の中をもがきたくて、石灰岩ゴロゴロ帯を西へショートカットする。
植林の中もショートカットのスノーシューのトレースを伝う。
が、踏み抜くと股下まで埋まってしまうようになった。

ふと、そんなグーをあざ笑っているような気配を感じた。
辺りを見渡すと、木の陰に隠れている人がいる。
「だれ?」
ニコニコと現れたのは、無事帰国されたカンペイちゃんであった。

「イイトコに来てくれました。ラッセル先導をしてください」
Trail Walker さんは、スイスイと雪の上を渡っていく。
後に続くグーは相変わらず踏み抜いてばかり。

TW 「不動滝には行かないの?」
グー 「行くよ」
TW 「もう、分岐は通り過ぎているよ」
グー 「えぇっ? ほんとに?」

不動滝へのトラバース道の途中から小さな足跡。
「ナズナさんの足跡かな?」

不動滝の盛り上がった氷の山は、頂上から融け始めています。
それでもまだ6m以上はありそうです。
岩壁のツララはほとんど剥がれ落ちています。
滝裏へも回り込んで、充分に楽しむ。

TWさんは、不動滝の落ち口から尾根を登って行きます。
私は、スノーシューを履いて、ヌタハラ谷を詰めて行く。

谷にはたっぷりの雪。
楽しいのだが、・・・・・足が重い。なかなか前に進まない。
「こんなコトでは、矢問さんに笑われてしまうなぁ~」

コウセ滝は、「雪が被り過ぎだ~」
ネコ滝は、氷柱に亀裂が入り、間もなく崩落しそうです。
アザミ滝を越えると、そこはたっぷり雪の穏やかな源流域。

お気に入りの第0.5劇場を登る。展望が開けると、・・・
ナント、主劇場も奥峰南斜面もほとんど雪がありません。
「今冬は霧氷も純白の劇場も見ず終いなのか」

太古の森をぶらぶら散策し、
zipp追っかけ隊員1号は、奥ワサビ谷で水を汲む。

明神平まで行く予定だったが、時刻はすでに2時を過ぎている。
「帰ろう」
奥峰への軽い登りも足が上がらない。
「困ったなぁ~」

・1214へ向け歩いて行くと、TWさんのトレース。跡を辿る。
あっちへ こっちへ 真っ直ぐには歩かず無駄な動線を残している。
「トヨタへ行ったら、しっかり改善させられるだろうなぁ~」

「あっ・・」
スノーシューを履いていても、TWさんのトレースを踏み抜いた。

ヘロヘロになって、車まで戻ると、TWさんの雪だるまが待っていた。


              グー(伊勢山上住人)




No.1: Re: 東風に吹かれて、谷逍遥
日時: 2011/02/08 06:03
名前: わりばし ID:ljjqVrS2

おはようございます、グーさん。

> 【コース】  ヌタハラ林道ローソク岩手前6:35---8:00不動滝9:00---10:10コウセ滝11:10---11:50ネコ滝---12:30アザミ滝上---13:10・1394---14:30桧塚奥峰---16:20駐車地

やられたー

雪がしまったらこのコース行こうと思っていたのに・・・

> 落石をどけながらローソク岩手前の駐車地に着いた。
> この先へは、車では進めないと思い、歩き始める。
> しかし、崩落地もなんとか車がすり抜けられそうだ。

くわばら・くわばら・・・

> ふと、そんなグーをあざ笑っているような気配を感じた。
> 辺りを見渡すと、木の陰に隠れている人がいる。

木に隠れていましたか Trail Walker さん、お茶目なんだから。

> 「イイトコに来てくれました。ラッセル先導をしてください」
> Trail Walker さんは、スイスイと雪の上を渡っていく。
> 後に続くグーは相変わらず踏み抜いてばかり。

Trail Walker さんって足取りが軽いんですよね。

> 不動滝の盛り上がった氷の山は、頂上から融け始めています。
> それでもまだ6m以上はありそうです。
> 岩壁のツララはほとんど剥がれ落ちています。
> 滝裏へも回り込んで、充分に楽しむ。

当分、台高には行けそうにないので、その頃には剥がれ落ちちゃうかな。

> コウセ滝は、「雪が被り過ぎだ~」
> ネコ滝は、氷柱に亀裂が入り、間もなく崩落しそうです。
> アザミ滝を越えると、そこはたっぷり雪の穏やかな源流域。

氷柱よ残っていてくれ・・・

> お気に入りの第0.5劇場を登る。展望が開けると、・・・
> ナント、主劇場も奥峰南斜面もほとんど雪がありません。
> 「今冬は霧氷も純白の劇場も見ず終いなのか」

私が行った週以降は、晴れているので、日の照る場所はとけるのも早いですね。

> 太古の森をぶらぶら散策し、
> zipp追っかけ隊員1号は、奥ワサビ谷で水を汲む。

ここなら雪も残りいい雰囲気じゃないですか。

> ・1214へ向け歩いて行くと、TWさんのトレース。跡を辿る。
> あっちへ こっちへ 真っ直ぐには歩かず無駄な動線を残している。
> 「トヨタへ行ったら、しっかり改善させられるだろうなぁ~」

Trail Walker さんらしいですね。

トヨタでも笑ってごまかしちゃいそうです。

身軽ですし。

> ヘロヘロになって、車まで戻ると、TWさんの雪だるまが待っていた。

お茶目なんだから・・・・

                                                わりばし
No.2: Re^2: 東風に吹かれて、谷逍遥   [No.1への返信]
1. アザミ滝の巻きルート

-クリックすると元画像を表示-
2.

-クリックすると元画像を表示-
3.

-クリックすると元画像を表示-
日時: 2011/02/08 17:40
名前: グー(伊勢山上住人) ID:gNerhrec
参照: http://www.ztv.ne.jp/okada1/c8.html

わりばしさん、おはよ~。 速レス返です。

> やられたー
> 雪がしまったらこのコース行こうと思っていたのに・・・

わりばしさん、お先にやってしまいましたー。
胸高の雪を崩しての逍遥を、来シーズンはぜひ楽しんでくださいな。
画像1は、最後のアザミ滝の巻きです。ルートは完全に雪に埋まっています。

>> しかし、崩落地もなんとか車がすり抜けられそうだ。
> くわばら・くわばら・・・

何台もグーの道路工事が役に立って、夫婦滝展望駐車地まで入っていました。

> 木に隠れていましたか Trail Walker さん、お茶目なんだから。

「隠れるには木が細すぎる」って文句を言っていました。

>> Trail Walker さんは、スイスイと雪の上を渡っていく。
>> 後に続くグーは相変わらず踏み抜いてばかり。
> Trail Walker さんって足取りが軽いんですよね。

体重が私の2/3なんだって。 いやになっちゃう~。

>> 岩壁のツララはほとんど剥がれ落ちています。
> 当分、台高には行けそうにないので、その頃には剥がれ落ちちゃうかな。
> 氷柱よ残っていてくれ・・・

もう、氷瀑は終了ですね。来シーズンまで待ちましょう。
谷には雪はたっぷりありますから、雪上散歩はまだまだ楽しめますよ。(画像2)

>> 太古の森をぶらぶら散策し、
> ここなら雪も残りいい雰囲気じゃないですか。

まだしばらくはいいでしょうね。

>> 「トヨタへ行ったら、しっかり改善させられるだろうなぁ~」
> トヨタでも笑ってごまかしちゃいそうです。

でしょうね。

>> ヘロヘロになって、車まで戻ると、TWさんの雪だるまが待っていた。
> お茶目なんだから・・・・

はい。いい仲間です。 (画像3)

                           グー(伊勢山上住人)
No.3: Re: 東風に吹かれて、谷逍遥
日時: 2011/02/08 21:23
名前: 宮指路 ID:7F8Kx9hQ

グ~さん、こんばんは
>
> ここのところずーっと、ヌタハラ林道の道路工事をzippさんに任せっぱなしだ。
> コレではいけない。今日は道路工事をするつもりで早出する。
工事請負人?

>
> 落石をどけながらローソク岩手前の駐車地に着いた。
落石後始末のボランティア請負ですね。

> 雪の中をもがきたくて、石灰岩ゴロゴロ帯を西へショートカットする。
> 植林の中もショートカットのスノーシューのトレースを伝う。
> が、踏み抜くと股下まで埋まってしまうようになった。
こうなってしまうとスノーシューを引き上げるのに苦労しますね

> ふと、そんなグーをあざ笑っているような気配を感じた。
> 辺りを見渡すと、木の陰に隠れている人がいる。
> 「だれ?」
グ~さんをからかっているのかな

> ニコニコと現れたのは、無事帰国されたカンペイちゃんであった。
カンペイちゃんは憎くめないね
>
> 「イイトコに来てくれました。ラッセル先導をしてください」
> Trail Walker さんは、スイスイと雪の上を渡っていく。

グ~さんの命令には逆らえません

> 後に続くグーは相変わらず踏み抜いてばかり。
体重の差なのか、これは辛いね
>
> TW 「不動滝には行かないの?」
> グー 「行くよ」
> TW 「もう、分岐は通り過ぎているよ」
> グー 「えぇっ? ほんとに?」
ナズナさんのことを考えていたんじゃない?
>
> 不動滝へのトラバース道の途中から小さな足跡。
> 「ナズナさんの足跡かな?」
やっぱり
>
> 不動滝の盛り上がった氷の山は、頂上から融け始めています。
> それでもまだ6m以上はありそうです。
> 岩壁のツララはほとんど剥がれ落ちています。
> 滝裏へも回り込んで、充分に楽しむ。
昨年、案内していただきましたね
>
> TWさんは、不動滝の落ち口から尾根を登って行きます。
> 私は、スノーシューを履いて、ヌタハラ谷を詰めて行く。
早くもここでお別れでしたか

>
> コウセ滝は、「雪が被り過ぎだ~」
> ネコ滝は、氷柱に亀裂が入り、間もなく崩落しそうです。
もうこの光景も見納めですね

> ナント、主劇場も奥峰南斜面もほとんど雪がありません。
> 「今冬は霧氷も純白の劇場も見ず終いなのか」
私は御池岳もどこもまだ霧氷に出会えていません。雪は多いが気温が高いようです。

> 明神平まで行く予定だったが、時刻はすでに2時を過ぎている。
> 「帰ろう」
明神平に行くには気合が要りますね。


> 奥峰への軽い登りも足が上がらない。
> 「困ったなぁ~」
お疲れでしたか

> ヘロヘロになって、車まで戻ると、TWさんの雪だるまが待っていた。
雪ダルマでお出迎えのようですね。


                          宮指路
No.7: Re^2: 東風に吹かれて、谷逍遥   [No.3への返信]
1.

-クリックすると元画像を表示-
2.

-クリックすると元画像を表示-
日時: 2011/02/09 21:50
名前: グー(伊勢山上住人) ID:zxEFU7eY
参照: http://www.ztv.ne.jp/okada1/c8.html

宮指路さん、こんばんは~。

>> コレではいけない。今日は道路工事をするつもりで早出する。
> 工事請負人?

はいな。皆さんに気持ちよく登って頂こうと。

> 落石後始末のボランティア請負ですね。

「後始末」じゃないのです。現在進行形。帰りには新しい落石が転がっていました。

>> が、踏み抜くと股下まで埋まってしまうようになった。
> こうなってしまうとスノーシューを引き上げるのに苦労しますね

ここはまだツボ足です。 雪の中をもがきたくって。
しかし、にっちもさっちもいかないもがきは、苦しいですね。

>> ふと、そんなグーをあざ笑っているような気配を感じた。
> グ~さんをからかっているのかな

本当に、小学生からの友だちみたいな感じです。

> カンペイちゃんは憎くめないね

いいキャラしています。

>> 後に続くグーは相変わらず踏み抜いてばかり。
> 体重の差なのか、これは辛いね

足裏の面積は広いのだから、圧力分散するはずなんだけどな~?

> ナズナさんのことを考えていたんじゃない?
>> 「ナズナさんの足跡かな?」
> やっぱり

誘いをかけたけど、現れてくれませんね。

>> 不動滝の盛り上がった氷の山は、頂上から融け始めています。
> 昨年、案内していただきましたね

ちょうど1年前ですね。

>> TWさんは、不動滝の落ち口から尾根を登って行きます。
> 早くもここでお別れでしたか

せかせか歩かないことには満足できない性分のTWさんですから。
門限も1時間早くなったようだしね。

>> ネコ滝は、氷柱に亀裂が入り、間もなく崩落しそうです。
> もうこの光景も見納めですね

また来シーズンですね。

> 私は御池岳もどこもまだ霧氷に出会えていません。雪は多いが気温が高いようです。

私もペットボトルの水が凍るほどの山行は、出来ませんでした。

> 明神平に行くには気合が要りますね。

途中で遊んでいたのでは、行けませんね。

>> 奥峰への軽い登りも足が上がらない。
> お疲れでしたか

疲れてはいないのですが、足が上がらない。
年のせいにはしたくないのですが・・・。

>> ヘロヘロになって、車まで戻ると、TWさんの雪だるまが待っていた。
> 雪ダルマでお出迎えのようですね。

人の心を和ませる天才です。カンペイちゃんは。

宮指路さんもノリまくって、登りまくっていますね。

                     グー(伊勢山上住人)
No.4: Re: 東風に吹かれて、谷逍遥
1.

-クリックすると元画像を表示-
2.

-クリックすると元画像を表示-
3.

-クリックすると元画像を表示-
日時: 2011/02/08 21:49
名前: Trail walker ID:BsrwkYLo

グ~さんこんばんは、ごぶじでしたか~?

> 2月に入って、途端に春の陽気だ。
なんだろうね、この暖かさは、当分雪が楽しめそうだと思ったのにもう降らないのだろうか?

> 1ヶ月ぶりの山行に、心躍る。 
>
> が、・・・
雪が無かった?
> 【天候】   ほとんど 晴
雲ってしまうのかと思ったら下山中も陽が射して、暖かで私向きのお天気でした無氷でしたけど。

> 【コース】  ヌタハラ林道ローソク岩手前6:35---8:00不動滝9:00---10:10コウセ滝11:10---11:50ネコ滝---12:30アザミ滝上---13:10・1394---14:30桧塚奥峰---16:20駐車地
ヒキウスに行ったらグ~さん上がってくるかしらん思いましたが未だネコ滝付近だったんだね、コール送ったけど聞えなかったようでした。16:20駐車地か~存分に遊ばれましたね

> ここのところずーっと、ヌタハラ林道の道路工事をzippさんに任せっぱなしだ。
> コレではいけない。今日は道路工事をするつもりで早出する。
その為の早出 でしたか、暗い中ご苦労様でした、私にはな~んにも恩恵ないですけど。
帰りに道に転がった落石を除けたつもりが後輪で思いっきり踏んでしまいました
タイヤ切れなくてよかった!。

> 落石をどけながらローソク岩手前の駐車地に着いた。
> この先へは、車では進めないと思い、歩き始める。
> しかし、崩落地もなんとか車がすり抜けられそうだ。
通れますよね、あそこはグ~さんが片付けたのではなかったんだ。

> 雪の中をもがきたくて、石灰岩ゴロゴロ帯を西へショートカットする。
変な所歩くなぁ思いましたが深い足跡が有って楽でした。
> 植林の中もショートカットのスノーシューのトレースを伝う。
> が、踏み抜くと股下まで埋まってしまうようになった。
結構深い雪でしたね、しまりの無い。
> ふと、そんなグーをあざ笑っているような気配を感じた。
そんな・・・人聞きの悪い・・・。

> 辺りを見渡すと、木の陰に隠れている人がいる。
> 「だれ?」
> ニコニコと現れたのは、無事帰国されたカンペイちゃんであった。
最近余計に似てきたと言われます、本人ちっとも嬉しくないですけど。

> 「イイトコに来てくれました。ラッセル先導をしてください」
> Trail Walker さんは、スイスイと雪の上を渡っていく。
> 後に続くグーは相変わらず踏み抜いてばかり。
あの差は驚きでした、スノーシュー履けばよかったのに・・・もがきが楽しみだったですね。
> TW 「不動滝には行かないの?」
> グー 「行くよ」
> TW 「もう、分岐は通り過ぎているよ」
> グー 「えぇっ? ほんとに?」
手前のショートカットに入ったのが間違いのもとでした。

> 不動滝へのトラバース道の途中から小さな足跡。
> 「ナズナさんの足跡かな?」
どこまで続いてました?

> 不動滝の盛り上がった氷の山は、頂上から融け始めています。
> それでもまだ6m以上はありそうです。
私が比較の対象に使われているではありませんか。

> 岩壁のツララはほとんど剥がれ落ちています。
> 滝裏へも回り込んで、充分に楽しむ。
噴火口の中が見てみたかった、上からのぞかなかったですか?


> 谷にはたっぷりの雪。
> 楽しいのだが、・・・・・足が重い。なかなか前に進まない。
> 「こんなコトでは、矢問さんに笑われてしまうなぁ~」
昨年とはどうでしたか?

> コウセ滝は、「雪が被り過ぎだ~」
> ネコ滝は、氷柱に亀裂が入り、間もなく崩落しそうです。
まだ2月初めだよこれからかな思ってたのに、ざんねん。

> アザミ滝を越えると、そこはたっぷり雪の穏やかな源流域。
ここでスノーシュー装着、昨年はここは雪がすくなかったような記憶が・・・。

> お気に入りの第0.5劇場を登る。展望が開けると、・・・
> ナント、主劇場も奥峰南斜面もほとんど雪がありません。
一気に消えてしまうのです、こんな景色もいいかな思いましたけど。

> 「今冬は霧氷も純白の劇場も見ず終いなのか」
果たしも見てない・・・。

> 太古の森をぶらぶら散策し、
私の足跡判りましたか~、ちょっと入っただけだけど。

> zipp追っかけ隊員1号は、奥ワサビ谷で水を汲む。

 雪が一杯あるのにねぇ。

> 明神平まで行く予定だったが、時刻はすでに2時を過ぎている。
> 「帰ろう」
zippさんの予想通りの展開に・・・。

> 奥峰への軽い登りも足が上がらない。
> 「困ったなぁ~」
それそれ、私も同じでしたよ、膝が痛くなって帰れるのだろうかおもいました。

> ・1214へ向け歩いて行くと、TWさんのトレース。跡を辿る。
> あっちへ こっちへ 真っ直ぐには歩かず無駄な動線を残している。

「無駄な」ってあちこち散歩をしていると見てくださいよ。

> 「トヨタへ行ったら、しっかり改善させられるだろうなぁ~」
ラインも変わるらしいですね。

> 「あっ・・」
> スノーシューを履いていても、TWさんのトレースを踏み抜いた。
ロングテール付けてくださいな。

> ヘロヘロになって、車まで戻ると、TWさんの雪だるまが待っていた。
癒しの雪だるま、踏みつぶさなかったでしょうね

No.8: Re^2: 東風に吹かれて、谷逍遥   [No.4への返信]
1. 昨年スノーシューを履いたトコ。

-クリックすると元画像を表示-
2. ネコ滝の裏。

-クリックすると元画像を表示-
日時: 2011/02/09 22:43
名前: グー(伊勢山上住人) ID:zxEFU7eY
参照: http://www.ztv.ne.jp/okada1/c8.html

Trail Walker さん、こんばんは~。

> ごぶじでしたか~?

御心配をお掛けしましたか? でも、帰りを待っててくれなかったですね。

> なんだろうね、この暖かさは、当分雪が楽しめそうだと思ったのにもう降らないのだろうか?

桧塚の東の稜線は哀れなものでしたね。

TWさんは窪地の吹き溜まりの上も歩くもんだから、グーは落とし穴に嵌りましたがな。

>> 1ヶ月ぶりの山行に、心躍る。 
>> が、・・・
> 雪が無かった?

雪よりも、体力が無かった。 ドーしよう。

>> 【天候】   ほとんど 晴
> 雲ってしまうのかと思ったら下山中も陽が射して、暖かで私向きのお天気でした無氷でしたけど。

何枚着てました? 
私は、夫婦滝展望駐車地で上着を脱ぎ、半そでTシャツに山シャツの2枚でした。

> 16:20駐車地か~存分に遊ばれましたね

時間的には存分ですが、足の運びには不満が残ります。

> 帰りに道に転がった落石を除けたつもりが後輪で思いっきり踏んでしまいました

直線道路じゃないから、前輪は避けても後輪がかするんですよね。
タイヤの横腹切ると、なんぼTWさんでも修理はきかないですからね。

>> 踏み抜くと股下まで埋まってしまうようになった。
> 結構深い雪でしたね、しまりの無い。

そんな雪の上を踏み抜きもせず軽がる渡り歩いていましたね。

>> ふと、そんなグーをあざ笑っているような気配を感じた。
> そんな・・・人聞きの悪い・・・。

でも、笑っていたでしょ。グーのもがいている姿を見て。

>> ニコニコと現れたのは、無事帰国されたカンペイちゃんであった。
> 最近余計に似てきたと言われます、本人ちっとも嬉しくないですけど。

本人も嬉しがりましょうよ。

>> Trail Walker さんは、スイスイと雪の上を渡っていく。
>> 後に続くグーは相変わらず踏み抜いてばかり。
> あの差は驚きでした、スノーシュー履けばよかったのに・・・もがきが楽しみだったですね。

はい。まずはもがきを楽しみたくて。

>> 不動滝へのトラバース道の途中から小さな足跡。
> どこまで続いてました?

??? 続きは見ていませんでした。 現れたのも途中からですし、妙な歩きをしていました。

> 噴火口の中が見てみたかった、上からのぞかなかったですか?

まだ穴は開いていなかったように見えましたけど。

>> 谷にはたっぷりの雪。
> 昨年とはどうでしたか?

昨年よりははるかに多い雪でしたよ。
写真を撮っても白一色で、水の流れが写らない。

>> ネコ滝は、氷柱に亀裂が入り、間もなく崩落しそうです。
> まだ2月初めだよこれからかな思ってたのに、ざんねん。

もう、ピークは過ぎたでしょうね。

>> アザミ滝を越えると、そこはたっぷり雪の穏やかな源流域。
> ここでスノーシュー装着、昨年はここは雪がすくなかったような記憶が・・・。

たっぷりでしたよ。
だから、劇場・奥峰南斜面が茶色くてビックリでした。

>> ナント、主劇場も奥峰南斜面もほとんど雪がありません。
> 一気に消えてしまうのです、こんな景色もいいかな思いましたけど。

プラス思考ですね。

>> 「今冬は霧氷も純白の劇場も見ず終いなのか」
> 果たしも見てない・・・。

来シーズンはお互い問題解決していて、山三昧したいですね。

>> 太古の森をぶらぶら散策し、
> 私の足跡判りましたか~、ちょっと入っただけだけど。

見ていますよ。 軽快なフットワークを。

>> zipp追っかけ隊員1号は、奥ワサビ谷で水を汲む。
>  雪が一杯あるのにねぇ。

zipp兄の真似をすることに意義があるのです。

>> 明神平まで行く予定だったが、時刻はすでに2時を過ぎている。
>> 「帰ろう」
> zippさんの予想通りの展開に・・・。

私の予想通りの展開です。

>> 奥峰への軽い登りも足が上がらない。
> それそれ、私も同じでしたよ、膝が痛くなって帰れるのだろうかおもいました。

それにしちゃ、帰りの足の運びは軽やかでしたね~。
走っているようなトレースでしたよ。

>> あっちへ こっちへ 真っ直ぐには歩かず無駄な動線を残している。
> 「無駄な」ってあちこち散歩をしていると見てくださいよ。

ヨーケ歩かないと満足できない身体だモンね。

> 癒しの雪だるま、踏みつぶさなかったでしょうね

連れて帰ろうかと思いました。

                          グー(伊勢山上住人)
No.5: Re: 東風に吹かれて、谷逍遥
1. 1月8日

-クリックすると元画像を表示-
2. 咲き出しました。

-クリックすると元画像を表示-
日時: 2011/02/08 23:08
名前: zipp ID:JZmyZ6HU

 こんばんは、グーさん。

> 2月に入って、途端に春の陽気だ。
 花の便りも聞こえてきそうな陽気です(^^)。
 
> ここのところずーっと、ヌタハラ林道の道路工事をzippさんに任せっぱなしだ。
> コレではいけない。今日は道路工事をするつもりで早出する。
 なかなかいい心がけです(^^)。せいぜい徳を積んどいてください。山ノ神がみちょります(^^)。

> しかし、崩落地もなんとか車がすり抜けられそうだ。
 雪が被った状態でしか見ていませんが、とても通りぬけられそうには思えなかったけど。
誰かが片付けたのかな?結構ヌタハラ林道から人が入っているみたいだから。

> 雪の中をもがきたくて、石灰岩ゴロゴロ帯を西へショートカットする。
 こんなとこでもがかんでも、谷道行けば存分にもがけましょうに。
そういえば、22日見た谷道に向かったツボ足の人、ショートカットもせずに道を辿っておりました。
わたしなら、たぶんショートカットすると思うのに。

> ふと、そんなグーをあざ笑っているような気配を感じた。
> ニコニコと現れたのは、無事帰国されたカンペイちゃんであった。
 『あ~めまぁっ!』と現れたら完璧やったのに。惜しいことしたとれヲさん。

> 不動滝へのトラバース道の途中から小さな足跡。
> 「ナズナさんの足跡かな?」
 なんでナズナさんの足跡だわかるのだろう?
ナズナさんの歩いた跡には、もいかしてペンペン草が生えたりして(^^;。

> 不動滝の盛り上がった氷の山は、頂上から融け始めています。
 ここ、日当たり良すぎですもんね。

> TWさんは、不動滝の落ち口から尾根を登って行きます。
> 私は、スノーシューを履いて、ヌタハラ谷を詰めて行く。

> 谷にはたっぷりの雪。
> 楽しいのだが、・・・・・足が重い。なかなか前に進まない。
> 「こんなコトでは、矢問さんに笑われてしまうなぁ~」
 「こんなコト」ではななくって、「こんなトコ」行くから笑われちゃうのでは(^^;。

> アザミ滝を越えると、そこはたっぷり雪の穏やかな源流域。
 ここはいいですね~、やっぱ。

> お気に入りの第0.5劇場を登る。展望が開けると、・・・
> ナント、主劇場も奥峰南斜面もほとんど雪がありません。
 ヌタマね(^^;。雪がない!ざんね~ん!!

> 「今冬は霧氷も純白の劇場も見ず終いなのか」
 春のドカ雪があるからダイジョウブかもね。ただそれに合わせて山に行けるかが、グーさんには問題ありそうだけど。

> 太古の森をぶらぶら散策し、
> zipp追っかけ隊員1号は、奥ワサビ谷で水を汲む。
 グー石清水も雪が解けていそうだけど。

> 明神平まで行く予定だったが、時刻はすでに2時を過ぎている。
 もう、明神岳へのトレースは付いてました?

> ・1214へ向け歩いて行くと、TWさんのトレース。跡を辿る。
> あっちへ こっちへ 真っ直ぐには歩かず無駄な動線を残している。
 なんであんなにウロウロしてても早いのかね?不思議です。

> ヘロヘロになって、車まで戻ると、TWさんの雪だるまが待っていた。
 おお、これはアイかも! あ~めまぁ~っ!
No.9: Re^2: 東風に吹かれて、谷逍遥   [No.5への返信]
1.

-クリックすると元画像を表示-
2.

-クリックすると元画像を表示-
3.

-クリックすると元画像を表示-
日時: 2011/02/09 23:06
名前: グー(伊勢山上住人) ID:zxEFU7eY
参照: http://www.ztv.ne.jp/okada1/c8.html

zippさん、こんばんは。

>  花の便りも聞こえてきそうな陽気です(^^)。

もう咲き出しましたか。

>> しかし、崩落地もなんとか車がすり抜けられそうだ。
>  雪が被った状態でしか見ていませんが、とても通りぬけられそうには思えなかったけど。
> 誰かが片付けたのかな?結構ヌタハラ林道から人が入っているみたいだから。

この日も何台か上がっていたタイヤ跡が残っていました。

>> 雪の中をもがきたくて、石灰岩ゴロゴロ帯を西へショートカットする。
>  こんなとこでもがかんでも、谷道行けば存分にもがけましょうに。

谷中の雪はかなり締まっていました。快適なスノーシューハイクでした。
ただ、足が思うように動かない。

>> 「ナズナさんの足跡かな?」
>  なんでナズナさんの足跡だわかるのだろう?

zippさんの透視眼でも分かりませんか?

>> 不動滝の盛り上がった氷の山は、頂上から融け始めています。
>  ここ、日当たり良すぎですもんね。

zippさんの画像のような、キーンと締まった氷の山が見たいなぁ~。

>> 谷にはたっぷりの雪。
>  「こんなコト」ではななくって、「こんなトコ」行くから笑われちゃうのでは(^^;。

みんな行きたいのじゃないかな?

>> アザミ滝を越えると、そこはたっぷり雪の穏やかな源流域。
>  ここはいいですね~、やっぱ。

いいですね~。 
zippさんのトレースは消えていました。

>> お気に入りの第0.5劇場を登る。展望が開けると、・・・
>  ヌタマね(^^;。雪がない!ざんね~ん!!

ヌタマと第一劇場の間の小尾根を登りました。(画像3)

>  春のドカ雪があるからダイジョウブかもね。ただそれに合わせて山に行けるかが、グーさんには問題ありそうだけど。

でも、乾いた雪がいいなぁ~。

>  グー石清水も雪が解けていそうだけど。

見てくるのを忘れた。

>  もう、明神岳へのトレースは付いてました?

かなりの人が歩いていますね。

>> あっちへ こっちへ 真っ直ぐには歩かず無駄な動線を残している。
>  なんであんなにウロウロしてても早いのかね?不思議です。

バネ仕掛けのハガネが入っているからでしょ。

>> ヘロヘロになって、車まで戻ると、TWさんの雪だるまが待っていた。
>  おお、これはアイかも! あ~めまぁ~っ!

アイか 考えなお疎かな?

                    グー(伊勢山上住人)
No.6: Re: 東風に吹かれて、谷逍遥
日時: 2011/02/08 23:27
名前: バーチャリ ID:i/5uoaVc

グーさん 今晩は

> 2月に入って、途端に春の陽気だ。

雪が解けないか心配するほどの温かい日が続きますね。
又寒くなる見たいですよ。

> 【コース】  ヌタハラ林道ローソク岩手前6:35---8:00不動滝9:00---10:10コウセ滝11:10---11:50ネコ滝---12:30アザミ滝上---13:10・1394---14:30桧塚奥峰---16:20駐車地

昨年案内して頂いたコースですね。

> ここのところずーっと、ヌタハラ林道の道路工事をzippさんに任せっぱなしだ。
> コレではいけない。今日は道路工事をするつもりで早出する。
>
> 落石をどけながらローソク岩手前の駐車地に着いた。

終点からかなりの手前ですか

> が、踏み抜くと股下まで埋まってしまうようになった。

かなり雪ですね。

> TW 「不動滝には行かないの?」
> グー 「行くよ」
> TW 「もう、分岐は通り過ぎているよ」
> グー 「えぇっ? ほんとに?」

分岐で登山者が着いてくるといけないから、
カモフラージュしましたね。


> 不動滝の盛り上がった氷の山は、頂上から融け始めています。
> それでもまだ6m以上はありそうです。
> 岩壁のツララはほとんど剥がれ落ちています。
> 滝裏へも回り込んで、充分に楽しむ。

今でも素晴らしい光景は脳裏に焼きついています。


> TWさんは、不動滝の落ち口から尾根を登って行きます。
> 私は、スノーシューを履いて、ヌタハラ谷を詰めて行く。

美びりさんともうお別れですか

> 谷にはたっぷりの雪。
> 楽しいのだが、・・・・・足が重い。なかなか前に進まない。
> 「こんなコトでは、矢問さんに笑われてしまうなぁ~」

まぁ~ いつも元気なぐーさん どうしたの


> コウセ滝は、「雪が被り過ぎだ~」
> ネコ滝は、氷柱に亀裂が入り、間もなく崩落しそうです。

この陽気で解けるのでしょうか

> 太古の森をぶらぶら散策し、

原生林の癒しの森 いいですね
時間を忘れてプラプラしたい所です。

> 「帰ろう」
> 奥峰への軽い登りも足が上がらない。
> 「困ったなぁ~」

トラバスしないの

> ・1214へ向け歩いて行くと、TWさんのトレース。跡を辿る。
> あっちへ こっちへ 真っ直ぐには歩かず無駄な動線を残している。

山ガーでも探しているのかな


> ヘロヘロになって、車まで戻ると、TWさんの雪だるまが待っていた。

お疲れ様でした。

 バーチャリ
No.10: Re^2: 東風に吹かれて、谷逍遥   [No.6への返信]
1.

-クリックすると元画像を表示-
2.

-クリックすると元画像を表示-
3. 第3劇場zippルート分岐も水流見えず。

-クリックすると元画像を表示-
日時: 2011/02/10 06:21
名前: グー(伊勢山上住人) ID:o/TE2X2Y
参照: http://www.ztv.ne.jp/okada1/c8.html

バーチャリさん、おっはよ~。

> 雪が解けないか心配するほどの温かい日が続きますね。

心配的中。桧塚は茶色の春景色でした。

> 又寒くなる見たいですよ。

厳寒期の台高も歩いてみたい~。

> 昨年案内して頂いたコースですね。

はいな!! バカの一つ覚え。 進歩がありません。

>> 落石をどけながらローソク岩手前の駐車地に着いた。
> 終点からかなりの手前ですか

徒歩10分弱です。

>> が、踏み抜くと股下まで埋まってしまうようになった。
> かなり雪ですね。

いわゆるモナカ雪。表面を踏み抜くと底までストン。

>> TW 「もう、分岐は通り過ぎているよ」
> 分岐で登山者が着いてくるといけないから、 カモフラージュしましたね。

いいえ。
楽をしようと、ショートカットしているトレースを辿っていたら、分岐もスルーしちゃった。

>> 不動滝の盛り上がった氷の山は、6m以上はありそうです。
> 今でも素晴らしい光景は脳裏に焼きついています。

何度行っても、素晴らしい!!

>> TWさんは、不動滝の落ち口から尾根を登って行きます。
> 美びりさんともうお別れですか

時間通り歩けるTWさんと、門限のないグーは、別行動がいいですね。

>> 楽しいのだが、・・・・・足が重い。なかなか前に進まない。
> まぁ~ いつも元気なぐーさん どうしたの

元気なのは口ばっかりです。(矢問さんと同類です)

>> ネコ滝は、氷柱に亀裂が入り、間もなく崩落しそうです。
> この陽気で解けるのでしょうか

台高は南国ですからね。

>> 太古の森をぶらぶら散策し、
> 原生林の癒しの森 いいですね  時間を忘れてプラプラしたい所です。

いいですね~。

>> 奥峰への軽い登りも足が上がらない。
> トラバスしないの

今回はトラバースはチョコっとだけでした。

>> TWさんのトレース。 あっちへ こっちへ 真っ直ぐには歩かず無駄な動線を残している。
> 山ガーでも探しているのかな

この人、女性には興味がないみたいです。 つまらない人生だろうなぁ~。
(TWさん、冗談ですから、怒らないでね)

>> ヘロヘロになって、車まで戻ると、TWさんの雪だるまが待っていた。
> お疲れ様でした。

はい。今回は疲れました~。
山日和スノー衆では、やさしく介抱してくださいね。

                           グー(伊勢山上住人)
 逆順に表示  スレッド一覧  新規スレッド作成