ヤブコギネット 山のフォーラム [ホームに戻る] [スレッド一覧] [新規投稿] [留意事項] [ワード検索] [管理用] [過去ログ一覧] 過去ログ閲覧

◆ 全ての発言 (スレッドのツリー順に表示)  逆順に表示
スレッド566: 【奥伊吹スキー場/2月13日】
No.0: 滑り方覚えてるかな…20?年ぶりのゲレンデ
1.

-クリックすると元画像を表示-
日時: 2011/02/16 22:11
名前:  biwaco  ID:ezMffDNI

まさかスキーでゲレンデを滑走するなんて…思ってもいなかった。
「一緒に行かへん?」とひよりんパパが誘ってくれた。彼は娘の旦那、ひよりん(9歳)はその長女=私の孫ちゃん。
10年前に引っ越してくるとき、もう使わんな、とスキーセットを処分してしまった。まだ十分使えたのに…。今思えばもったいない(><)
お誘いに、なんとカミサンが反応してしまった。20?年前の記憶が突然甦ったのか?こんな場合、おうおうにしてプラス要素ばかりが再生される。颯爽と滑る姿がすべてのように錯覚する。
それでもいいか…。まともに滑れないことを思い知らされるにせよ、雪景色に触れるだけでもいいではないか?
ということで決行日を13日にする。彼らは11,12日と富山の友人とスキーを楽しんでの3連ちゃんである。

まだ9時半というのに奥伊吹スキー場の駐車場は満杯近くに埋まっている。若竹荘近くのアルカンデの下の駐車場に停めてゲレンデに向かう。
レンタルセットは4000円!なんとももったいないなあ。(><)
リフト券は回数券にする。8回で2000円。もったいないなあ。(><)
いかに山歩きがエコ(ノミー)な遊びか、思い知る。

リフトで上に行ってみる。さあ、滑ろう!
カミサンが動かない。
ひよりんは真っ先に滑り降りる。身軽なもんだ。今シーズンから始めたばかりというのに、ボーゲンでクネクネスイスイと滑っている。ひよパパが後を追いかける。
カミサンはまだ動かない。

ゲレンデはボーダーばかり。全体の8割。若者の99%がボーダーだ。
滑り降りてくる彼らを見やりながら…
カミサンはまだ動かない。

「行けよ!」
思いあまって声をかけるが、睨まれた。
勝手にしろ…と先に滑り出す。何年振りだろう?少なくとも20年はやってないなあ?
なんとなくぎこちないが、なんとか滑れそうだ。
いったん停止して上を見る。
カミサンはまだ動かない。

もう一度リフトで上がるか?と思ったところで、山が動いた!
そろりそろり…徐行運転だ。慌ててカメラを構える。へっぴリボーゲンで近づいてくる。
おお!滑れてるやん~♪ 

お昼は駐車場の車のそばでお湯を沸かしてカップめん宴会。そんなスキー客はいないなあ?
帰り支度の隣りの車の家族が不思議そうに見て見ぬふり。ほんとは羨ましいのでは?

もう2時。あとひと滑りして帰りましょう。
晴れたり雪が舞ったりのどっちつかずのお天気だ。1200mを超えるリフト最上部まで行けば、ブンゲンはすぐそこなんだが、がまんして今日はスキーに徹しましょう。それに寒すぎるしね。
慣れてきたカミサンとリフトを乗り継いで一段上のゲレンデへ。コンデジで動画撮影してみる。
先に下ってカメラを構える。あれ?見事に転倒。起き上がれない。
まだもがいている。カメラが回る。まだ駄目だ。
救援に行くが、手を引っ張っても起き上がれない。足腰の筋肉がもう限界なんだろう。

ジジババ夫婦は3時半で切り上げるが、二人はまだまだ滑りたそうだ。レストハウスで待ってるから、滑っといで~
結局、営業終了の5時まで目いっぱい滑っていたひよりん父娘。ほんまにあの体力には脱帽だ。

帰りに回転寿司を買って帰る。スキーの回転はイマイチだったけど、お寿司の回転は順調みたいでした。
「また行ってみたいねえ」とカミサンの口から出たのは、ちょっと驚きだったが、「そうやな~」と返しておいた。 

                 ~biwaco
No.1: Re: 滑り方覚えてるかな…20?年ぶりのゲレンデ
日時: 2011/02/17 19:27
名前: 兎夢 ID:gcPh4ku6
参照: http://blogs.yahoo.co.jp/two2106_hira

biwacoさん、こんばんは。

> まさかスキーでゲレンデを滑走するなんて…思ってもいなかった。

スキーで山を滑るつもりだったんですよね。

> 「一緒に行かへん?」とひよりんパパが誘ってくれた。彼は娘の旦那、ひよりん(9歳)はその長女=私の孫ちゃん。

よい婿殿ではないですか。

> 10年前に引っ越してくるとき、もう使わんな、とスキーセットを処分してしまった。まだ十分使えたのに…。今思えばもったいない(><)

…もったいない

> お誘いに、なんとカミサンが反応してしまった。20?年前の記憶が突然甦ったのか?こんな場合、おうおうにしてプラス要素ばかりが再生される。颯爽と滑る姿がすべてのように錯覚する。

biwacoさんと過ごした青春時代を思い出したのでしょうか…それとも他の…

> まだ9時半というのに奥伊吹スキー場の駐車場は満杯近くに埋まっている。若竹荘近くのアルカンデの下の駐車場に停めてゲレンデに向かう。

ここは関西方面からのスキーヤーが多く来ますからすぐに満杯でしょう。この時間に行って車が停められてよかったのでは。

> レンタルセットは4000円!なんとももったいないなあ。(><)

スキー買っても10回行けば元がとれますね。そう言って昔スキーを買ったなあ。

> リフト券は回数券にする。8回で2000円。もったいないなあ。(><)
> いかに山歩きがエコ(ノミー)な遊びか、思い知る。

確かにリフト代っちゅうのは高いですね。でもそれで一日遊べると思えば…

> リフトで上に行ってみる。さあ、滑ろう!
> カミサンが動かない。
> ひよりんは真っ先に滑り降りる。身軽なもんだ。今シーズンから始めたばかりというのに、ボーゲンでクネクネスイスイと滑っている。ひよパパが後を追いかける。
> カミサンはまだ動かない。

子どもは上達が早いですよね。緑さんところの亮君も見る見るうちに上手くなったって。
奥さんが動かないのは語れない思い出に浸っていたんじゃないですか。

> ゲレンデはボーダーばかり。全体の8割。若者の99%がボーダーだ。
> 滑り降りてくる彼らを見やりながら…
> カミサンはまだ動かない。

よっぽど深い思い出だったんですね。

> 「行けよ!」
> 思いあまって声をかけるが、睨まれた。

人が折角気持ちよく思い出に浸っているのに!

> なんとなくぎこちないが、なんとか滑れそうだ。
> いったん停止して上を見る。
> カミサンはまだ動かない。

やっと邪魔なのが消えてこれでやっと静かにあの人との思い出に浸れる。

> もう一度リフトで上がるか?と思ったところで、山が動いた!
> そろりそろり…徐行運転だ。慌ててカメラを構える。へっぴリボーゲンで近づいてくる。
> おお!滑れてるやん~♪

あなたと初めてのスキーもこうだった…あなたに教わったボーゲンで恐る恐る滑り出したっけ。

> 先に下ってカメラを構える。あれ?見事に転倒。起き上がれない。
> まだもがいている。カメラが回る。まだ駄目だ。
> 救援に行くが、手を引っ張っても起き上がれない。足腰の筋肉がもう限界なんだろう。

若き日を思い出して思わず張り切ってしまったのですね。

> 帰りに回転寿司を買って帰る。スキーの回転はイマイチだったけど、お寿司の回転は順調みたいでした。

お寿司の回転というと寿司自体がその場でくるくる回転するのですか…すごい!

> 「また行ってみたいねえ」とカミサンの口から出たのは、ちょっと驚きだったが、「そうやな~」と返しておいた。

よっぽどいい思い出があったんですね。

                兔夢
No.3: Re^2: 滑り方覚えてるかな…20?年ぶりのゲレンデ   [No.1への返信]
1. ヨタヨタぼーげん

-クリックすると元画像を表示-
日時: 2011/02/18 22:01
名前:  biwaco  ID:jMAN/2Jc

兎夢さん、お返事ありがとうさんです。
スキーなら兎夢さんと話が通じるやろ…と、山レポでもないのにアップしてしまいました。

>> まさかスキーでゲレンデを滑走するなんて…思ってもいなかった。
> スキーで山を滑るつもりだったんですよね。

せいぜいシリセードでゲレンデを下るくらいしか考えてませんでした。(><)

>> 「一緒に行かへん?」とひよりんパパが誘ってくれた。彼は娘の旦那、ひよりん(9歳)はその長女=私の孫ちゃん。
> よい婿殿ではないですか。

そうなんですわ! あの身勝手娘にはもったいない!(よいしょっと!)

>> 10年前に引っ越してくるとき、もう使わんな、とスキーセットを処分してしまった。まだ十分使えたのに…。今思えばもったいない(><)
> …もったいない

ほんまに返す返すも、もったいない!!!
靴も、板も、ストックも…一式借りたら4000円もとられました。こんだけあったら何回山へ行ける?

>> お誘いに、なんとカミサンが反応してしまった。20?年前の記憶が突然甦ったのか?こんな場合、おうおうにしてプラス要素ばかりが再生される。颯爽と滑る姿がすべてのように錯覚する。
> biwacoさんと過ごした青春時代を思い出したのでしょうか…それとも他の…

もちろん、咽返るような甘い香りに包まれたあの青春蜜月時代のゲレンデに思いをはせた…はずないでしょ!(@_@;)

>> まだ9時半というのに奥伊吹スキー場の駐車場は満杯近くに埋まっている。若竹荘近くのアルカンデの下の駐車場に停めてゲレンデに向かう。
> ここは関西方面からのスキーヤーが多く来ますからすぐに満杯でしょう。この時間に行って車が停められてよかったのでは。

12月のオープン前に来た時、こんだけ駐車場があれば満杯にはならんやろ?と思ったんですけど…。

>> リフト券は回数券にする。8回で2000円。もったいないなあ。(><)
>> いかに山歩きがエコ(ノミー)な遊びか、思い知る。
> 確かにリフト代っちゅうのは高いですね。でもそれで一日遊べると思えば…

山ならコンビニ弁当だけで一日遊べます。
まあ、こんな計算するのはリタイアプアの悲しさかもね?

>> ひよりんは真っ先に滑り降りる。身軽なもんだ。今シーズンから始めたばかりというのに、ボーゲンでクネクネスイスイと滑っている。ひよパパが後を追いかける。
>> カミサンはまだ動かない。
>
> 子どもは上達が早いですよね。緑さんところの亮君も見る見るうちに上手くなったって。
> 奥さんが動かないのは語れない思い出に浸っていたんじゃないですか。

いいえ、屈託がないのと、屈折できないのとの違いですがな。

>> ゲレンデはボーダーばかり。全体の8割。若者の99%がボーダーだ。
>> 滑り降りてくる彼らを見やりながら…
>> カミサンはまだ動かない。
> よっぽど深い思い出だったんですね。

案外、ボーダーのお兄ちゃんに見とれてただけなんかも?

>> 「行けよ!」
>> 思いあまって声をかけるが、睨まれた。
> 人が折角気持ちよく思い出に浸っているのに!

ケッ! 横から槍入れんといて!かな?

>> なんとなくぎこちないが、なんとか滑れそうだ。
>> いったん停止して上を見る。
>> カミサンはまだ動かない。
> やっと邪魔なのが消えてこれでやっと静かにあの人との思い出に浸れる。

そろそろ滑り出さんと回数券が消化できへんわ…

>> もう一度リフトで上がるか?と思ったところで、山が動いた!
>> そろりそろり…徐行運転だ。慌ててカメラを構える。へっぴリボーゲンで近づいてくる。
>> おお!滑れてるやん~♪
> あなたと初めてのスキーもこうだった…あなたに教わったボーゲンで恐る恐る滑り出したっけ。

そしたらだんだんスピードが増して、止まらないよー!
なのに、あなたは知らんぷりして後ろで笑ってただけ…
あれ以来ね、ゲレンデに来たのは…。

>> 先に下ってカメラを構える。あれ?見事に転倒。起き上がれない。
>> まだもがいている。カメラが回る。まだ駄目だ。
>> 救援に行くが、手を引っ張っても起き上がれない。足腰の筋肉がもう限界なんだろう。
> 若き日を思い出して思わず張り切ってしまったのですね。

「身の程知らず」って言葉がありますね。昔から…。

>> 「また行ってみたいねえ」とカミサンの口から出たのは、ちょっと驚きだったが、「そうやな~」と返しておいた。
> よっぽどいい思い出があったんですね。

スキーを履いてゲレンデに立っただけで満足だったようで…。
まあ、これを機会にまたゲレンデにお邪魔することになるかも?

                     ~biwaco
No.2: Re: 滑り方覚えてるかな…20?年ぶりのゲレンデ
日時: 2011/02/17 23:15
名前: 宮指路 ID:t1tqIsd2

Biwacoさん、こんばんは

> 10年前に引っ越してくるとき、もう使わんな、とスキーセットを処分してしまった。まだ十分使えたのに…。今思えばもったいない(><)
私は20年前に処分してしまった。

> レンタルセットは4000円!なんとももったいないなあ。(><)
> リフト券は回数券にする。8回で2000円。もったいないなあ。(><)
> いかに山歩きがエコ(ノミー)な遊びか、思い知る。
実は貧乏人のレジャーなんです
>
> お昼は駐車場の車のそばでお湯を沸かしてカップめん宴会。そんなスキー客はいないなあ?
> 帰り支度の隣りの車の家族が不思議そうに見て見ぬふり。ほんとは羨ましいのでは?
「あの家族、お昼代も払えないのよコソコソ」

>
> もう2時。あとひと滑りして帰りましょう。
> 晴れたり雪が舞ったりのどっちつかずのお天気だ。1200mを超えるリフト最上部まで行けば、ブンゲンはすぐそこなんだが、がまんして今日はスキーに徹しましょう。それに寒すぎるしね。
奥の手があります。スキーを履いてリフトに乗り、ブンゲンに一番近いリフトの駅で降りればそこからブンゲンまで30分です。家族に待っていてもらっても充分間に合いますネ。

> 慣れてきたカミサンとリフトを乗り継いで一段上のゲレンデへ。コンデジで動画撮影してみる。
> 先に下ってカメラを構える。あれ?見事に転倒。起き上がれない。
> まだもがいている。カメラが回る。まだ駄目だ。
> 救援に行くが、手を引っ張っても起き上がれない。足腰の筋肉がもう限界なんだろう。
仲のイイ夫婦じゃのぉ~ 羨ましい~のう
結局、ノロケたかったのね
>
> 帰りに回転寿司を買って帰る。スキーの回転はイマイチだったけど、お寿司の回転は順調みたいでした。
座布団2枚

> 「また行ってみたいねえ」とカミサンの口から出たのは、ちょっと驚きだったが、「そうやな~」と返しておいた。 
それが無難ですね。

スノー衆の余興でKARAダンスやってね


                              946
No.4: Re^2: 滑り方覚えてるかな…20?年ぶりのゲレンデ   [No.2への返信]
1.

-クリックすると元画像を表示-
日時: 2011/02/18 22:15
名前:  biwaco  ID:jMAN/2Jc

カモさん、こんばんは~
明日早いので、取り急ぎのレス、お赦しを。

>> 10年前に引っ越してくるとき、もう使わんな、とスキーセットを処分してしまった。まだ十分使えたのに…。今思えばもったいない(><)
> 私は20年前に処分してしまった。

早まっては一生の損! 捨てるのはいつでもできる…、と言ってゴミばかり溜め込んでるくせに、必要なものを手放してます。(-_-;)

>> いかに山歩きがエコ(ノミー)な遊びか、思い知る。
> 実は貧乏人のレジャーなんです

爺にはピッタリですけど。

>> お昼は駐車場の車のそばでお湯を沸かしてカップめん宴会。そんなスキー客はいないなあ?
>> 帰り支度の隣りの車の家族が不思議そうに見て見ぬふり。ほんとは羨ましいのでは?
> 「あの家族、お昼代も払えないのよコソコソ」

カップめん食べます?って声かけたら良かったかも?

>> 晴れたり雪が舞ったりのどっちつかずのお天気だ。1200mを超えるリフト最上部まで行けば、ブンゲンはすぐそこなんだが、がまんして今日はスキーに徹しましょう。それに寒すぎるしね。
> 奥の手があります。スキーを履いてリフトに乗り、ブンゲンに一番近いリフトの駅で降りればそこからブンゲンまで30分です。家族に待っていてもらっても充分間に合いますネ。

いいんです。今日はスキーしに来たんだから…。(と自分を納得させる)

>> 先に下ってカメラを構える。あれ?見事に転倒。起き上がれない。
>> まだもがいている。カメラが回る。まだ駄目だ。
>> 救援に行くが、手を引っ張っても起き上がれない。足腰の筋肉がもう限界なんだろう。
> 仲のイイ夫婦じゃのぉ~ 羨ましい~のう
> 結局、ノロケたかったのね

いいえ、ヨロケたんです。

>> 帰りに回転寿司を買って帰る。スキーの回転はイマイチだったけど、お寿司の回転は順調みたいでした。
> 座布団2枚

座布団おおきに~!
寒いときには助かります。(笑)

>> 「また行ってみたいねえ」とカミサンの口から出たのは、ちょっと驚きだったが、「そうやな~」と返しておいた。 
> それが無難ですね。
>
> スノー衆の余興でKARAダンスやってね

故意のKARA騒ぎ?だったかと思ったら、まだ続いてますね。
庄部谷でKARAダンスは導師様のお赦しいただいてKARAでないと…。

          ~ラスカル尻尾ダンスならOKのbiwa爺
No.5: Re: 滑り方覚えてるかな…20?年ぶりのゲレンデ
日時: 2011/02/24 21:25
名前: とっちゃん(都津茶女) ID:1MD4EbjE

biwa爺さん、こんばんは~。

亀レスです。

> まさかスキーでゲレンデを滑走するなんて…思ってもいなかった。
> 「一緒に行かへん?」とひよりんパパが誘ってくれた。彼は娘の旦那、ひよりん(9歳)はその長女=私の孫ちゃん。
> 10年前に引っ越してくるとき、もう使わんな、とスキーセットを処分してしまった。まだ十分使えたのに…。今思えばもったいない(><)


ぱぱさん、いい方ね。じいちゃんにも声をかけてくれて。ひよりんちゃんと、楽しいスキーができるなんて、嬉しいね。
60の手習いで、スキーを始める人もあるんやから、処分したなんて、もったいない。


> お誘いに、なんとカミサンが反応してしまった。20?年前の記憶が突然甦ったのか?こんな場合、おうおうにしてプラス要素ばかりが再生される。颯爽と滑る姿がすべてのように錯覚する。
> それでもいいか…。まともに滑れないことを思い知らされるにせよ、雪景色に触れるだけでもいいではないか?
> ということで決行日を13日にする。彼らは11,12日と富山の友人とスキーを楽しんでの3連ちゃんである。

奥様も一緒で、ファミリースキーって、いいじゃんいいじゃん。


> まだ9時半というのに奥伊吹スキー場の駐車場は満杯近くに埋まっている。若竹荘近くのアルカンデの下の駐車場に停めてゲレンデに向かう。
> レンタルセットは4000円!なんとももったいないなあ。(><)
> リフト券は回数券にする。8回で2000円。もったいないなあ。(><)
> いかに山歩きがエコ(ノミー)な遊びか、思い知る。

スキーをレンタルすると高いお遊びよね~。自前だとそうでもないけど。


> リフトで上に行ってみる。さあ、滑ろう!
> カミサンが動かない。
> ひよりんは真っ先に滑り降りる。身軽なもんだ。今シーズンから始めたばかりというのに、ボーゲンでクネクネスイスイと滑っている。ひよパパが後を追いかける。
> カミサンはまだ動かない。

子どもは、怖いもんなしですぐ上達するよね。

しか~し、しか~しなんだ。

> ゲレンデはボーダーばかり。全体の8割。若者の99%がボーダーだ。
> 滑り降りてくる彼らを見やりながら…
> カミサンはまだ動かない。
> 「行けよ!」
> 思いあまって声をかけるが、睨まれた。
> 勝手にしろ…と先に滑り出す。何年振りだろう?少なくとも20年はやってないなあ?
> なんとなくぎこちないが、なんとか滑れそうだ。


体が覚えているよね~。
しっかりエスコートしてあげて。若かりし頃を思い出して。


> いったん停止して上を見る。
> カミサンはまだ動かない。
> もう一度リフトで上がるか?と思ったところで、山が動いた!
> そろりそろり…徐行運転だ。慌ててカメラを構える。へっぴリボーゲンで近づいてくる。
> おお!滑れてるやん~♪ 

おお~よかったやん♪


> お昼は駐車場の車のそばでお湯を沸かしてカップめん宴会。そんなスキー客はいないなあ?
> 帰り支度の隣りの車の家族が不思議そうに見て見ぬふり。ほんとは羨ましいのでは?


お山のパターンね。

> もう2時。あとひと滑りして帰りましょう。
> 晴れたり雪が舞ったりのどっちつかずのお天気だ。1200mを超えるリフト最上部まで行けば、ブンゲンはすぐそこなんだが、がまんして今日はスキーに徹しましょう。それに寒すぎるしね。

最上部からは、なんだかブナに惹かれて、稜線歩きがしたくなっちゃうよね。スキーに慣れてから、以前ここから、山スキーでブンゲンに行きました。

> 慣れてきたカミサンとリフトを乗り継いで一段上のゲレンデへ。コンデジで動画撮影してみる。
> 先に下ってカメラを構える。あれ?見事に転倒。起き上がれない。
> まだもがいている。カメラが回る。まだ駄目だ。
> 救援に行くが、手を引っ張っても起き上がれない。足腰の筋肉がもう限界なんだろう。

写してんと、早う起こして~。

叱られんかった?


> ジジババ夫婦は3時半で切り上げるが、二人はまだまだ滑りたそうだ。レストハウスで待ってるから、滑っといで~
> 結局、営業終了の5時まで目いっぱい滑っていたひよりん父娘。ほんまにあの体力には脱帽だ。


若者はちがうね~。

怪我せんうちにまったりが、いいよね~。


> 帰りに回転寿司を買って帰る。スキーの回転はイマイチだったけど、お寿司の回転は順調みたいでした。
> 「また行ってみたいねえ」とカミサンの口から出たのは、ちょっと驚きだったが、「そうやな~」と返しておいた。

また行ってみてね~。

また、再開すると楽しいよ。

以前は、スキーは若いうちって思っていたけど、スキーは生涯スポーツだと思うこの頃です。
安全にやればね。

☆。。。とっちゃん(都津茶女)。。。☆ 
No.6: Re^2: 滑り方覚えてるかな…20?年ぶりのゲレンデ   [No.5への返信]
日時: 2011/02/27 16:59
名前:  biwaco ID:f6A9JlrM

> biwa爺さん、こんばんは~。
> 亀レスです。

女神でなくて、女亀のとっちゃん、こんにちは~
こんなスレッドあげあげしたら、胴元さんに叱られ末世ー(笑)
でもでも、うれしい裸婦レター(あっ!禁止ワードや…)

>> 10年前に引っ越してくるとき、もう使わんな、とスキーセットを処分してしまった。まだ十分使えたのに…。今思えばもったいない(><)
> ぱぱさん、いい方ね。じいちゃんにも声をかけてくれて。ひよりんちゃんと、楽しいスキーができるなんて、嬉しいね。
> 60の手習いで、スキーを始める人もあるんやから、処分したなんて、もったいない。

後悔先に立たず。先に立つのは費用ばかりでおますなあ、昨今…。

>> お誘いに、なんとカミサンが反応してしまった。20?年前の記憶が突然甦ったのか?こんな場合、おうおうにしてプラス要素ばかりが再生される。颯爽と滑る姿がすべてのように錯覚する。
> 奥様も一緒で、ファミリースキーって、いいじゃんいいじゃん。

自分の体力とスキルの衰えを自覚したときの光景を思うと、恐ろしくなりましたけど。(><)

>> ひよりんは真っ先に滑り降りる。身軽なもんだ。今シーズンから始めたばかりというのに、ボーゲンでクネクネスイスイと滑っている。ひよパパが後を追いかける。
>> カミサンはまだ動かない。
>
> 子どもは、怖いもんなしですぐ上達するよね。

何でも子どものうちに覚えんと遺憾ね。年食ってから覚える遊びはろくなもんがありません。
biwa爺はまだ2チャイだから、これからいろいろ覚えるの~♪

> しか~し、しか~しなんだ。

カミさんは、前世で覚えたアゾビがなかなか思いだせんみたいです。

> しっかりエスコートしてあげて。若かりし頃を思い出して。

拉致くらいならできるけど…。

>> もう一度リフトで上がるか?と思ったところで、山が動いた!
>> そろりそろり…徐行運転だ。慌ててカメラを構える。へっぴリボーゲンで近づいてくる。
>> おお!滑れてるやん~♪ 
>
> おお~よかったやん♪

ダメならレスキュー隊呼ぼうかと思いました。
「あのおばさん、動けないみたいです! 助けてあげて…」
と通報してから、コソッと消えようかと…。

>> お昼は駐車場の車のそばでお湯を沸かしてカップめん宴会。そんなスキー客はいないなあ?
>> 帰り支度の隣りの車の家族が不思議そうに見て見ぬふり。ほんとは羨ましいのでは?
> お山のパターンね。

雪山へ来たらこれでないと~♪ 
でも駐車場というのがちょっと…。

> 最上部からは、なんだかブナに惹かれて、稜線歩きがしたくなっちゃうよね。スキーに慣れてから、以前ここから、山スキーでブンゲンに行きました。

一人なら絶対行ってました。
でも、前世のパートナーのお守があるし…。

>> 慣れてきたカミサンとリフトを乗り継いで一段上のゲレンデへ。コンデジで動画撮影してみる。
>> 先に下ってカメラを構える。あれ?見事に転倒。起き上がれない。
>> まだもがいている。カメラが回る。まだ駄目だ。
> 写してんと、早う起こして~。
> 叱られんかった?

叱られるどころか、惚れ直されました。ちがう、ホリ直されましたわ。ゴミみたいに…。

>> 「また行ってみたいねえ」とカミサンの口から出たのは、ちょっと驚きだったが、「そうやな~」と返しておいた。
> また行ってみてね~。
> また、再開すると楽しいよ。
> 以前は、スキーは若いうちって思っていたけど、スキーは生涯スポーツだと思うこの頃です。
> 安全にやればね。

上手い人はもっと上手に、それなりの人はそれなりに…
雪遊びは上手下手なく楽しめますね~♪

またお山で遊びましょうね(^^)/

                ~biwaco
 逆順に表示  スレッド一覧  新規スレッド作成