ヤブコギネット 山のフォーラム [ホームに戻る] [スレッド一覧] [新規投稿] [留意事項] [ワード検索] [管理用] [過去ログ一覧] 過去ログ閲覧

◆ 全ての発言 (スレッドのツリー順に表示)  逆順に表示
スレッド575: 雪に被われた竜ヶ岳でスノーシューを楽しむ。
No.0: 竜ヶ岳にて、雪と遊ぶ山ガに遭遇。
1. クラに向う

-クリックすると元画像を表示-
2. 尻セードで遊ぶ山ガール

-クリックすると元画像を表示-
3. 竜ヶ岳

-クリックすると元画像を表示-
日時: 2011/02/21 23:03
名前: 宮指路 ID:nfsGH.wA

2月20日日曜日(晴れ)
8:45駐車地~10:20大日向~遠足尾根~11:40クラ~12:30竜ヶ岳~金山尾根~15:30駐車地

本当はこの日に朝明~クラシ・イブネを狙っていたのだが土曜日の庄部谷山の疲れが出たのか起きたのが6:45であった。
この時間ではクラシ・イブネは無理かなと思いながら車を走らせると竜ヶ岳山頂の白さが気になったのでついついそちらに向かってしまった。

いつもの無料駐車場に車を止め、林道を歩いて植林帯の所から適当に斜面に取り付く。
間伐材が散乱して登りにくい斜面を一時間ほど登って行くと・566に着くが雪はほとんどなかった。ここも間伐材で歩きにくかった。
少し下って登り返すと三角点のある大日向に到着した。

この辺りから雪も徐々に増え始めたのでスノーシューを装着する。
しばらくなだらかな尾根が続くが、その内に痩せ尾根になって来る。
登山道は窪地になっていてスノシューでは歩きにくそうなのでわざと登山道を外して、尾根沿いを歩いて行くがスノーシューなので快適に歩ける。
左手の崖(崩壊地)を過ぎると竜ヶ岳方面の展望が一気に晴れ気分爽快である。

そこから少し登ると・964の広い台地に出る。ここは普段笹に被われているが今日は笹が雪に被われて真っ白である。
その上をスノーシューで気持ちよく通過する。壷足ではこうは行かないだろう。
スノーシューの威力を存分に発揮できる場所である。
竜ヶ岳に続く白い稜線は途中、茶色くなっていたが黄砂だろうか?
クラの台地に上がる斜面は下から見ると結構急に見えるが、スノーシューで一気に駆け上がる。
ここを登れば又快適な尾根が続く。普段、背丈ほどの笹に被われたクラの台地は雪に被われてどこでも歩けそうである。
竜ヶ岳に登る最後の斜面を登っていると山ガール達が尻セードで遊んでいた。楽しそうだなぁ~。

山頂に着くと何故かそこには雪はなく禿山になっていた。山頂では2人の単独登山者と会い少し話しをした。
山頂からは展望が開け、白山、御嶽山はもちろん御池岳・藤原岳の向う側に南アルプスや北アルプスも見えた。

ランチは来た道を少し戻ったなだらかな斜面で取った。少し離れた向い側には山ガ達のグループが楽しく食事をしていた。
帰りは当初、来た道を戻る予定であったが、途中で気が変わって金山尾根を下ることにした。
登山道からの分岐地点は雪のない時は分かりにくいが今日は2~3人の足跡が付いていた。
壷足だと雪が深い場所でけっこうハマリそうだが、スノーシューだとそんな問題は全くないのが嬉しい。
登山道はスノーシューで歩きにくかったのでわざと外して下りていったら途中で違う尾根に入りかけて、GPSで確認してコースを修正した。
ヤバイ、ヤバイ
しばらく雪道が続くが2つ目の急坂辺りから雪が途切れてスノーシューを外す。
3時頃には中道に向う登山道に合流した。

駐車地に向う途中、林道から少し上がった所で偶然鉱山跡を発見した。
上に上がって見ると上部はけっこう広くなっていて中に入ってみると更に何箇所かの坑口があった。
その内の一つは奥までつながっていそうだったが怖いので中に入るのは躊躇った。

                                    宮指路

No.1: Re: 竜ヶ岳にて、雪と遊ぶ山ガに遭遇。
日時: 2011/02/22 22:52
名前: 山日和 ID:kQrmEnn6

宮指路さん、こんばんは。

> 本当はこの日に朝明~クラシ・イブネを狙っていたのだが土曜日の庄部谷山の疲れが出たのか起きたのが6:45であった。

しかしそれでも行くとこがすごいですね。家は大丈夫なんですか?

> そこから少し登ると・964の広い台地に出る。ここは普段笹に被われているが今日は笹が雪に被われて真っ白である。

946じゃなくて残念でした。(^^ゞ

> 竜ヶ岳に登る最後の斜面を登っていると山ガール達が尻セードで遊んでいた。楽しそうだなぁ~。

遠くから見ても「山ガ」だとわかりますか?さすが評論家。

> 山頂に着くと何故かそこには雪はなく禿山になっていた。山頂では2人の単独登山者と会い少し話しをした。

この山頂は雪が積もりにくいようですね。風が強いせいかな。

> 山頂からは展望が開け、白山、御嶽山はもちろん御池岳・藤原岳の向う側に南アルプスや北アルプスも見えた。

前日同様の展望だったんですね。木がない分見通し良好ですね。

> ランチは来た道を少し戻ったなだらかな斜面で取った。少し離れた向い側には山ガ達のグループが楽しく食事をしていた。

思わず吸い寄せられませんでしたか?(^_^;)

                        山日和
No.2: Re^2: 竜ヶ岳にて、雪と遊ぶ山ガに遭遇。   [No.1への返信]
1. 山ガが山を下りて行く。

-クリックすると元画像を表示-
2. 竜ヶ岳山頂

-クリックすると元画像を表示-
3. 遠くで山ガ達が食事中。

-クリックすると元画像を表示-
日時: 2011/02/23 21:16
名前: 宮指路 ID:JbhxmZFA

山日和さん、こんばんは。

私が不用意に庄部谷山のスレッドを立てた為に、山日和さんがレポを上げ辛くなってしまいましたね。申し訳ありません。
新ルールは新しいヤブコギネットからだと勝手に思い込んでいました。
>
>> 本当はこの日に朝明~クラシ・イブネを狙っていたのだが土曜日の庄部谷山の疲れが出たのか起きたのが6:45であった。
>
> しかしそれでも行くとこがすごいですね。家は大丈夫なんですか?
まあ何とか、どうせ家ではイラン子ですので・・・
>
>> そこから少し登ると・964の広い台地に出る。ここは普段笹に被われているが今日は笹が雪に被われて真っ白である。
>
> 946じゃなくて残念でした。(^^ゞ
ここは大福餅のような形をした台地ですね。
>
>> 竜ヶ岳に登る最後の斜面を登っていると山ガール達が尻セードで遊んでいた。楽しそうだなぁ~。
>
> 遠くから見ても「山ガ」だとわかりますか?さすが評論家。
写真だと遠くに見えますが、結構近くでした。ちょっとお話もしましたよ
>
>> 山頂に着くと何故かそこには雪はなく禿山になっていた。山頂では2人の単独登山者と会い少し話しをした。
>
> この山頂は雪が積もりにくいようですね。風が強いせいかな。
どういうわけか山頂の雪だけは解けていたような感じでした。
>
>> 山頂からは展望が開け、白山、御嶽山はもちろん御池岳・藤原岳の向う側に南アルプスや北アルプスも見えた。
>
> 前日同様の展望だったんですね。木がない分見通し良好ですね。
多少、曇っていましたが展望はよかったです。
>
>> ランチは来た道を少し戻ったなだらかな斜面で取った。少し離れた向い側には山ガ達のグループが楽しく食事をしていた。
>
> 思わず吸い寄せられませんでしたか?(^_^;)
親衛隊が付いていたのでちょっと近寄り難かったです。こんなこと言うと誰かさんに「山ガ評論家の名が泣くよ」と言われそうです。

                               宮指路


No.3: Re: 竜ヶ岳にて、雪と遊ぶ山ガに遭遇。
日時: 2011/02/23 23:12
名前:  biwaco  ID:pm0RB4SM

雪の大好きなクシロカモさん、こんばんは~

> 2月20日日曜日(晴れ)

おいおい、連ちゃんでよく行けるね~!

> 本当はこの日に朝明~クラシ・イブネを狙っていたのだが土曜日の庄部谷山の疲れが出たのか起きたのが6:45であった。
> この時間ではクラシ・イブネは無理かなと思いながら車を走らせると竜ヶ岳山頂の白さが気になったのでついついそちらに向かってしまった。

いや!もういや! そんなにアタシをいじめないでー!あなた、お願い~、イブクラさんより竜さんで赦して~
体が無理を拒否したんですよ。

> この辺りから雪も徐々に増え始めたのでスノーシューを装着する。
> しばらくなだらかな尾根が続くが、その内に痩せ尾根になって来る。
> 登山道は窪地になっていてスノシューでは歩きにくそうなのでわざと登山道を外して、尾根沿いを歩いて行くがスノーシューなので快適に歩ける。
> 左手の崖(崩壊地)を過ぎると竜ヶ岳方面の展望が一気に晴れ気分爽快である。

前が開けるとやる気が出てきます。

> そこから少し登ると・964の広い台地に出る。ここは普段笹に被われているが今日は笹が雪に被われて真っ白である。
> その上をスノーシューで気持ちよく通過する。壷足ではこうは行かないだろう。
> スノーシューの威力を存分に発揮できる場所である。
> 竜ヶ岳に続く白い稜線は途中、茶色くなっていたが黄砂だろうか?
> クラの台地に上がる斜面は下から見ると結構急に見えるが、スノーシューで一気に駆け上がる。
> ここを登れば又快適な尾根が続く。普段、背丈ほどの笹に被われたクラの台地は雪に被われてどこでも歩けそうである。

スノ―シュー天国ですね~♪ 庄部谷山は急登と激下りでシュー地獄でしたから…。

> 竜ヶ岳に登る最後の斜面を登っていると山ガール達が尻セードで遊んでいた。楽しそうだなぁ~。

ん? それだけですか? おかしいなあ…、声掛けなかったんですか?
できればヒップソリになりたかったとか…

> 山頂に着くと何故かそこには雪はなく禿山になっていた。山頂では2人の単独登山者と会い少し話しをした。
> 山頂からは展望が開け、白山、御嶽山はもちろん御池岳・藤原岳の向う側に南アルプスや北アルプスも見えた。

なんとなく、気の入らない書き方ですね。気はさっきの山ガのほうへ…。

> ランチは来た道を少し戻ったなだらかな斜面で取った。少し離れた向い側には山ガ達のグループが楽しく食事をしていた。

おっ!また会いましたか。
ここで研究家の本領発揮せな!
作戦① すかさず秘蔵のカモとネギを持って行き、「特製カモ鍋、ご一緒しません~♪」と誘う。
作戦② 「さっきのシリセード楽しかった?良かったらオジサンにも滑り方教えてくれない?」と怪しく迫る。
作戦③ 紳士的に近付き「えー、実はですね、私、当世若者事情の研究者でありまして、山ガと言われるみなさんについてお話をお聞きしたいのですが…」などと、いい加減な方便で接近する。

どう? どれかやってみる?

> 帰りは当初、来た道を戻る予定であったが、途中で気が変わって金山尾根を下ることにした。
> 登山道からの分岐地点は雪のない時は分かりにくいが今日は2~3人の足跡が付いていた。
> 壷足だと雪が深い場所でけっこうハマリそうだが、スノーシューだとそんな問題は全くないのが嬉しい。
> 登山道はスノーシューで歩きにくかったのでわざと外して下りていったら途中で違う尾根に入りかけて、GPSで確認してコースを修正した。
> ヤバイ、ヤバイ
> しばらく雪道が続くが2つ目の急坂辺りから雪が途切れてスノーシューを外す。
> 3時頃には中道に向う登山道に合流した。

お疲れさまでした。よくも2日連ちゃんで、体力持ちますね!

> 駐車地に向う途中、林道から少し上がった所で偶然鉱山跡を発見した。
> 上に上がって見ると上部はけっこう広くなっていて中に入ってみると更に何箇所かの坑口があった。
> その内の一つは奥までつながっていそうだったが怖いので中に入るのは躊躇った。

ほんまに穴が好きなんですねえ~!
爺の研究では、穴=洞が好きなのはウサギ、タヌキ、アナグマなどの小動物が多く、肉食獣から身を守るために穴に隠れたがる。
したがって閉所恐怖症とは無縁だが、逆に追い詰められた恐怖の印象から高所恐怖症になりやすい。
クマのように大型獣でも、見かけによらず冬は洞で過ごす臆病者なんである。
対照的なのがカモをはじめとする鳥類である。彼らは飛翔という彼らだけに与えられた特長により、穴は無用となった。しかし、無制限に空を舞い続けるわけにはいかない。そこで、天敵が近寄れない高木や岸壁に営巣したり、たまに洞窟にホームを求めたりする。

で、カモさんが穴に興味を持つのは、鳥類のDNAに由来するものなのかどうか…
そんなどーでもいいことを書きこんでいる爺は、何のDNAを抱え込んでんのやろ?

つうさ~ん(汗)、シラフですよって、ホンマニ! ウソやないって、赦して~

                    ~biwaco
No.4: Re^2: 竜ヶ岳にて、雪と遊ぶ山ガに遭遇。   [No.3への返信]
1.

-クリックすると元画像を表示-
2.

-クリックすると元画像を表示-
3.

-クリックすると元画像を表示-
日時: 2011/02/24 23:41
名前: 宮指路 ID:1dBDNFSg

Biwacoさん、こんばんは

> おいおい、連ちゃんでよく行けるね~!
この機を逃してなるものか
>
>> 本当はこの日に朝明~クラシ・イブネを狙っていたのだが土曜日の庄部谷山の疲れが出たのか起きたのが6:45であった。
>> この時間ではクラシ・イブネは無理かなと思いながら車を走らせると竜ヶ岳山頂の白さが気になったのでついついそちらに向かってしまった。
>
> いや!もういや! そんなにアタシをいじめないでー!あなた、お願い~、イブクラさんより竜さんで赦して~
> 体が無理を拒否したんですよ。
憧れのEVE蔵さんでしたが今回は竜さんで我慢しますタ
>
>> この辺りから雪も徐々に増え始めたのでスノーシューを装着する。
>> しばらくなだらかな尾根が続くが、その内に痩せ尾根になって来る。
>> 登山道は窪地になっていてスノシューでは歩きにくそうなのでわざと登山道を外して、尾根沿いを歩いて行くがスノーシューなので快適に歩ける。
>> 左手の崖(崩壊地)を過ぎると竜ヶ岳方面の展望が一気に晴れ気分爽快である。
>
> 前が開けるとやる気が出てきます。
山ガを目の前に前が開けたら目も当てられんねぇ~
>
>
> スノ―シュー天国ですね~♪ 庄部谷山は急登と激下りでシュー地獄でしたから…。
下りは尻セードで天国やったんちゃう
>
>> 竜ヶ岳に登る最後の斜面を登っていると山ガール達が尻セードで遊んでいた。楽しそうだなぁ~。
>
> ん? それだけですか? おかしいなあ…、声掛けなかったんですか?
ちょこっとネ

> できればヒップソリになりたかったとか…
あ~ん、いやぁ~ん
>
>> 山頂に着くと何故かそこには雪はなく禿山になっていた。山頂では2人の単独登山者と会い少し話しをした。
>> 山頂からは展望が開け、白山、御嶽山はもちろん御池岳・藤原岳の向う側に南アルプスや北アルプスも見えた。
>
> なんとなく、気の入らない書き方ですね。気はさっきの山ガのほうへ…。
展望なんかどうでもエエやん
山ガ、山ガ、我が命
>
>> ランチは来た道を少し戻ったなだらかな斜面で取った。少し離れた向い側には山ガ達のグループが楽しく食事をしていた。
>
> おっ!また会いましたか。
> ここで研究家の本領発揮せな!
> 作戦① すかさず秘蔵のカモとネギを持って行き、「特製カモ鍋、ご一緒しません~♪」と誘う。
不覚にも持ち合わせておりませんだ

> 作戦② 「さっきのシリセード楽しかった?良かったらオジサンにも滑り方教えてくれない?」と怪しく迫る。
鼻先でフフンと笑われそう

> 作戦③ 紳士的に近付き「えー、実はですね、私、当世若者事情の研究者でありまして、山ガと言われるみなさんについてお話をお聞きしたいのですが…」などと、いい加減な方便で接近する。
Yahooで「山ガ評論家」と検索すれば私のレポが出てくるんだけど知っている?といつかは言ってやろうと思っている。
>
> どう? どれかやってみる?
どれもやる気が起こらんねぇ~、もっとイイ提案をして下さいナ

>
> お疲れさまでした。よくも2日連ちゃんで、体力持ちますね!
1日目が軽めでしたからねぇ~
もういっちょう行ったろかと思っていました
>
>> 駐車地に向う途中、林道から少し上がった所で偶然鉱山跡を発見した。
>> 上に上がって見ると上部はけっこう広くなっていて中に入ってみると更に何箇所かの坑口があった。
>> その内の一つは奥までつながっていそうだったが怖いので中に入るのは躊躇った。
>
> ほんまに穴が好きなんですねえ~!
> で、カモさんが穴に興味を持つのは、鳥類のDNAに由来するものなのかどうか…
穴がカモ・カモ、鴨~ンと鴨を呼ぶのだよ~ん

                        宮指路


 逆順に表示  スレッド一覧  新規スレッド作成