ヤブコギネット 山のフォーラム [ホームに戻る] [スレッド一覧] [新規投稿] [留意事項] [ワード検索] [管理用] [過去ログ一覧] 過去ログ閲覧

◆ 全ての発言 (スレッドのツリー順に表示)  逆順に表示
スレッド86: 今日はあけぼの
No.0: 【台高】奥の平谷から奥の平、ヤドリギ平、コブシ尾根周回
1.

-クリックすると元画像を表示-
2.

-クリックすると元画像を表示-
3.

-クリックすると元画像を表示-
日時: 2010/05/01 22:53
名前: Trail Walker ID:NHuJPd0U

今日の予定は以前zippさんが行った奥の平に行く事、ついでにヤドリギ平(通称)にも寄りたいな
地形図に予定のコースを書き入れて(青線)準備をする、昨日の山行きの疲れからなのか、緊張感なのかなかなか寝付けず朝を迎えた、あ~ねむてぇ。

【日時】平成22年5月1日(土)
【天候】はれ
【コース】黒川出会P6:52-奥の平谷出会7:20-伐採地8:35-奥の平11:45~12:15(昼食)-奥の平峰12:40-霧降山12:55-ヤドリギ平13:25-ニハンノ平13:50-茂高14:15-伐採地15:00-宮の谷駐車場15:30-黒川出会P16:00   

 今日の下降予定は宮の谷、帰りの事も考えて千石林道も奥まで入らずに黒川が流れ込む水路脇の空き地に車を置き千石林道ゲートまで歩く。
 すでにここの駐車地は満車で一台が溢れている、準備をしている沢屋さん二人連れは大阪の方、車ではなくて蓮ダムから歩いて来たらしい、奥の平谷を遡行して明神平経由で大又へ抜けると言う。
 「奥の平谷」の読み方とか、コースの予定の話をして分かれた。
 
 前回のサスケ滝の時も足が遅いといわれたので今日はしっかり歩いてみた、途中岩場で休憩、椎茸を見るが今日は全く無しであった。出合から伐採地まで1時間15分少しは早くなったかな?

 ここから金谷出会いに向けて降りる、下降地点はピンポイントで降りないと降りられない、上手く一発で谷に着地、又曲滝の下に行ってみる。

 金谷の右岸尾根に取り付く、ここは手も使ってよじ登るが怖くは無く10分位で抜けて歩き易い林になる、滝の落ち口も覗いていく。

 少し登ると水平道に出会う、前回×マークを付けた所だ。左手方向に回り込んでみる、石積が残っているがその先でガレ場になって道は消えているその先は金谷の左又で滝が掛かっている、岩には桃花が咲いているがそばに行く気にはならないほど崩壊が激しい、本当にこの先に続いたのだろうかと疑問になった。尾根芯に戻り今度は右手方向を見てみるとそこにはトロッコのレールが2本残されていたこの道はトロッコ道だったのだ

 予定ではこの辺りはトラバースできそうなのだがトロッコルートはとても追えるような所では無い少し標高をあげて巻いてみるとこちらにも枝谷が滝を掛けて流れ込む。ここらで金谷に降りたいのだが。
 何とか滝に降りるがそのまま下には下りられず通れそうな所は岩が張り出していて潜れない、モンキークライムで上がってから谷に着地。

 対岸の山腹を上がる、ざれ地で足がズルズル滑る、一抱え程の岩に乗ったらそのまま滑り始めた、咄嗟に有った木の根を掴んだ、岩だけが3mほど滑り落ちて止まった。対岸には石積が有りトロッコ道が谷を渡っていた事が判るがこの標高で奥の平谷側に巻くと崖なのだ、ここで終点だったのだろうか?
 
 標高を上げながら尾根に上がるとそこには架線が数本掛かっていた、シャッポ側の架線場から谷を越えて来たワイヤーだ、ここには支点になる櫓などは無く、本来は空中を越えていた物が緩んで落ちたのかもしれない。
 ここで又明瞭な道型に出会う広いし良く残っているのだが先ほどのトロ道とつなげるには標高差が有る。
もしかしてそのまま進むと地形図に有る破線道まで行くのでは無いかと予定コースから離れるがこちらを追ってみた。
 ガレ場を前にスイッチバックで折り返し登り再び折り返す、今度はガレ場も通過していくその先は抜け状の細いルンゼ、このルンゼはきっと奥の平谷まで落ちているのだろう、ここなら登れそうだもしかするとここが破線道なのかも知れ無いなと考えつつ上る、岩場が迫り逃げるようにルンゼも岩下を曲がって上がると予定の尾根に復帰した、ここが破線道の乗っ越しかもとGPSに!マークを付けた(少し低かったみたいだがもう少し上がる事は可能だ)
破線道は金谷に向け降りていく、尾根を少し登ると滝の音が聞こえるので降りてみる金谷に」掛かる滝が下に見えていた。
 尾根に戻るとアケボノツツジが一本、やっと見られたそれからはこの尾根では見ることはなかった。
尾根上にはコンターの狭い部分があるのでそこを避けるように谷側を巻くはずだったが降りられないので尾根を進むとやはり岩場だがそれ程苦労も無く上がれた。

 少し降りながら奥の平に到着、小さい平かと思ったらかなり広大ないいところ、中央にこんもりとピークが有る。
こんなに良い所が有ったのだ、zippさん今度人が来るのは何時だろう行ってたけど案外早く来ましたよ。
 寝そべって昼食青空にそびえる大木には沢山ヤドリギが付いている、目を閉じれば寝てしまいそうな穏やかな日。
 奥の平を後にする稜線上の奥の平峰までは30分も掛からなかった、下りなら15分位で行けそうだここでオフ会すればいいかも?
霧降山に向かう途中低い木が沢山生える、ヒメシャラも多いのだがこの辺りのは違うようだ、シロヤシオに似てるがこんなに幼木が生えるだろうか?、余所見して歩いていたらその木につまずいて倒れた 
 霧降山には松坂の単独男性宮の谷から池木屋、コブシ尾根を降りるようだしばし話をして分かれた。

 霧降山から見るヤドリギ平の斜面に何かが見えるトロッコの台車だろうか?それにしては大きいか、架船場のウインチも見えるようだ。時間的に無理かなと諦めかけていたけどやはり行く事に、下りはさほど時間はかからなかった、トロッコの台車らしきは見つけられず、ウインチだけを見て戻る、登り返さずニハンノ平まで巻いていく最後急斜面で巻けず稜線に上がった。

 標高800M付近で満開のアケボノツツジ、花つきは鈴鹿の物より良いみたい、混じってシャクナゲも見られた。
 
 帰りは車の近くに降りようと植林地が稜線まで上がっている所を見つけマークをしてあったが降りられる保障も無く今回は断念、いつもの伐採地を降りることに、今日はモノレールが上がって苗の植え付けを行っていた、さらにしかネットが2重になり迷路の様だった

 宮の谷駐車場からは舗装道歩き、今日は大杉自然学校も上がってるようでマイクロバスも迎えに来ていた。
歩きながら見上げる伐採地崖にも植林されているようであんな所はとても降りられないだろう、植林だから降りられるとは安易に考えない方がいいのかもと思った。

 


No.1: Re: 【台高】奥の平谷から奥の平、ヤドリギ平、コブシ尾根周回
1.

-クリックすると元画像を表示-
2.

-クリックすると元画像を表示-
3.

-クリックすると元画像を表示-
日時: 2010/05/02 00:03
名前: zipp ID:W3tdiAvc

> 今日の予定は以前zippさんが行った奥の平に行く事、ついでにヤドリギ平(通称)にも寄りたいな
 わぁ!T.Wさん、アンタはzipp信者に認定いたします(^^;
けど、正直嬉しいね。わたしのレポを参考に山をあるいてくれるのは

> 【コース】黒川出会P6:52-奥の平谷出会7:20-伐採地8:35-奥の平11:45~12:15(昼食)-奥の平峰12:40-霧降山12:55-ヤドリギ平13:25-ニハンノ平13:50-茂高14:15-伐採地15:00-宮の谷駐車場15:30-黒川出会P16:00
 「黒川」ってのが?でしたが・・・、「里川」ですね。   

>  「奥の平谷」の読み方とか、コースの予定の話をして分かれた。
 「おくのたいらたに」でいいと思うけど。どうだったかな?

>  前回のサスケ滝の時も足が遅いといわれたので今日はしっかり歩いてみた、途中岩場で休憩、椎茸を見るが今日は全く無しであった。出合から伐採地まで1時間15分少しは早くなったかな?
 登りなら早いかな?シイタケは先日T.Wさんが採っちゃたんでしょ?

>  ここから金谷出会いに向けて降りる、下降地点はピンポイントで降りないと降りられない、上手く一発で谷に着地、又曲滝の下に行ってみる。
 ここ、登ったことは2度あるけど、降りたことはまだ無いです(^^;。ピンポイントですよね。

>  金谷の右岸尾根に取り付く、ここは手も使ってよじ登るが怖くは無く10分位で抜けて歩き易い林になる、滝の落ち口も覗いていく。
 右岸尾根は、この辺りの伐採時に道として使われてた感じですよね。

>  少し登ると水平道に出会う、前回×マークを付けた所だ。左手方向に回り込んでみる、石積が残っているがその先でガレ場になって道は消えているその先は金谷の左又で滝が掛かっている、岩には桃花が咲いているがそばに行く気にはならないほど崩壊が激しい、本当にこの先に続いたのだろうかと疑問になった。尾根芯に戻り今度は右手方向を見てみるとそこにはトロッコのレールが2本残されていたこの道はトロッコ道だったのだ
 ここから、水平道を左右に探ったことが無いので参考になりました。
ここにもトロッコがあったんだ。上流の支流の黒滝谷左岸尾根には、トロッコが引かれていた事を確認しています。(レポはして無いけど)。

>  予定ではこの辺りはトラバースできそうなのだがトロッコルートはとても追えるような所では無い少し標高をあげて巻いてみるとこちらにも枝谷が滝を掛けて流れ込む。ここらで金谷に降りたいのだが。
 わたしは、逆ルートで行くから楽(?)なんかな?

>  対岸の山腹を上がる、ざれ地で足がズルズル滑る、一抱え程の岩に乗ったらそのまま滑り始めた、咄嗟に有った木の根を掴んだ、岩だけが3mほど滑り落ちて止まった。対岸には石積が有りトロッコ道が谷を渡っていた事が判るがこの標高で奥の平谷側に巻くと崖なのだ、ここで終点だったのだろうか?
 この道は、黒滝谷の飯場、左岸架線場、尾根のトロ道と続いてますよ。トロッコは一部のようです。これは水越谷と一緒です。


>  ここで又明瞭な道型に出会う広いし良く残っているのだが先ほどのトロ道とつなげるには標高差が有る。
> もしかしてそのまま進むと地形図に有る破線道まで行くのでは無いかと予定コースから離れるがこちらを追ってみた。
> 破線道は金谷に向け降りていく、尾根を少し登ると滝の音が聞こえるので降りてみる金谷に」掛かる滝が下に見えていた。
 谷沿いの破線道は、確認できないけど、青線と合流した後の破線道は、なんとか確認できるんです。

>  尾根に戻るとアケボノツツジが一本、やっと見られたそれからはこの尾根では見ることはなかった。
> 尾根上にはコンターの狭い部分があるのでそこを避けるように谷側を巻くはずだったが降りられないので尾根を進むとやはり岩場だがそれ程苦労も無く上がれた。
 この岩場、地形図よりヤセ尾根、嵓あり!ですよね(^^;。

>  少し降りながら奥の平に到着、小さい平かと思ったらかなり広大ないいところ、中央にこんもりとピークが有る。
> こんなに良い所が有ったのだ、zippさん今度人が来るのは何時だろう行ってたけど案外早く来ましたよ。
>  寝そべって昼食青空にそびえる大木には沢山ヤドリギが付いている、目を閉じれば寝てしまいそうな穏やかな日。
 まぁ、客観的にいい所!というには御幣があるかもしれないけど、このあたりで絶対!と云うまでに人に遭わないところでエエとこです 。なんか意味不明だけど(^^;。

>  奥の平を後にする稜線上の奥の平峰までは30分も掛からなかった、下りなら15分位で行けそうだここでオフ会すればいいかも?
 そこまで、T.Wさん、奥ノ平に惚れちゃった!!。まず、人が来れないところでしょう(^^;。

> 霧降山に向かう途中低い木が沢山生える、ヒメシャラも多いのだがこの辺りのは違うようだ、シロヤシオに似てるがこんなに幼木が生えるだろうか?、余所見して歩いていたらその木につまずいて倒れた 
 ここはね、わたしの知る限り台高のシロヤシオ最大群落の尾根です。幼木もシロヤシオです。
T.Wさん、シロヤシオの頃、ここを登るべきだったね。2週間はやいわ(^^;

>  霧降山から見るヤドリギ平の斜面に何かが見えるトロッコの台車だろうか?それにしては大きいか、架船場のウインチも見えるようだ。
 おぉ、わたしもわすれていた「ヤドリギ平」の名称!ここもオモロイとこです。ジキタリスの開花の頃行くといいかも。

>  帰りは車の近くに降りようと植林地が稜線まで上がっている所を見つけマークをしてあったが降りられる保障も無く今回は断念、いつもの伐採地を降りることに、今日はモノレールが上がって苗の植え付けを行っていた、さらにしかネットが2重になり迷路の様だった
 わたしは、未だに伐採ネット後ルートがよくわからんのですが、茂高辺りから宮ノ谷遊歩道に降りるのが距離無くていいかな?と思ちょります。

>  宮の谷駐車場からは舗装道歩き、今日は大杉自然学校も上がってるようでマイクロバスも迎えに来ていた。
 大杉自然学校は今日でしたか。
グ~上人も、今日は台高に向かわれたという目撃証人からお聞きしました。
あたしは、先日のT.Wさんのイカレタ山域でふらふら遊んでおりました 。今年は稜線の花は遅いですね。
No.2: Re^2: 【台高】奥の平谷から奥の平、ヤドリギ平、コブシ尾根周回   [No.1への返信]
1.

-クリックすると元画像を表示-
2.

-クリックすると元画像を表示-
3. カツラの新緑

-クリックすると元画像を表示-
日時: 2010/05/02 21:43
名前: Trail Walker ID:lVM1OtOU

教祖さまこんばんは

>> 今日の予定は以前zippさんが行った奥の平に行く事、ついでにヤドリギ平(通称)にも寄りたいな
>  わぁ!T.Wさん、アンタはzipp信者に認定いたします(^^;

 自称では2番ですけど、公認1号かも?

> けど、正直嬉しいね。わたしのレポを参考に山をあるいてくれるのは

 でも良く理解してないのです 、研究心がないのだろうか。

>  「黒川」ってのが?でしたが・・・、「里川」ですね。   
 アッ!良く見たら下の点4つはエアリアの汚れでした、なんて良い訳?

>>  「奥の平谷」の読み方とか、コースの予定の話をして分かれた。
>  「おくのたいらたに」でいいと思うけど。どうだったかな?

 奥の平に行った事に依ってその感 は強まりました。

>>  前回のサスケ滝の時も足が遅いといわれたので今日はしっかり歩いてみた、途中岩場で休憩、椎茸を見るが今日は全く無しであった。出合から伐採地まで1時間15分少しは早くなったかな?
>  登りなら早いかな?シイタケは先日T.Wさんが採っちゃたんでしょ?

 もうそろそろ生えたかと、ネットで公開したから誰か取りに来たかな?

>>  ここから金谷出会いに向けて降りる、下降地点はピンポイントで降りないと降りられない、上手く一発で谷に着地、又曲滝の下に行ってみる。
>  ここ、登ったことは2度あるけど、降りたことはまだ無いです(^^;。ピンポイントですよね。
そうでしたか、金谷から降りてくるのもピンポイントでは?

>>  金谷の右岸尾根に取り付く、ここは手も使ってよじ登るが怖くは無く10分位で抜けて歩き易い林になる、滝の落ち口も覗いていく。
>  右岸尾根は、この辺りの伐採時に道として使われてた感じですよね。
>

>  ここから、水平道を左右に探ったことが無いので参考になりました。
> ここにもトロッコがあったんだ。上流の支流の黒滝谷左岸尾根には、トロッコが引かれていた事を確認しています。(レポはして無いけど)。

 そんな所にも行ってるのですか?どんなコースだろうと考えます、そちらまで続いていたのでしょうか?
あの急峻な所に良く引けたもんだ、崩壊も激しいところだけど使用中もたびたびくずれたのだろうか。

>>  予定ではこの辺りはトラバースできそうなのだがトロッコルートはとても追えるような所では無い少し標高をあげて巻いてみるとこちらにも枝谷が滝を掛けて流れ込む。ここらで金谷に降りたいのだが。
>  わたしは、逆ルートで行くから楽(?)なんかな?
>
>>  対岸の山腹を上がる、ざれ地で足がズルズル滑る、一抱え程の岩に乗ったらそのまま滑り始めた、咄嗟に有った木の根を掴んだ、岩だけが3mほど滑り落ちて止まった。対岸には石積が有りトロッコ道が谷を渡っていた事が判るがこの標高で奥の平谷側に巻くと崖なのだ、ここで終点だったのだろうか?
>  この道は、黒滝谷の飯場、左岸架線場、尾根のトロ道と続いてますよ。トロッコは一部のようです。これは水越谷と一緒です。
 ふむふむそこまで辿ってますか、またウロウロしたいですね、でも下のゴルジュが気になります(降りる所無いから)
>

>  谷沿いの破線道は、確認できないけど、青線と合流した後の破線道は、なんとか確認できるんです。
覗いた感じではこの先は辿れそうと思いました、一応道形が有るのかな。
 谷沿いの破線道は有ったとしても流れて消えていそうです。

>>  尾根に戻るとアケボノツツジが一本、やっと見られたそれからはこの尾根では見ることはなかった。
>> 尾根上にはコンターの狭い部分があるのでそこを避けるように谷側を巻くはずだったが降りられないので尾根を進むとやはり岩場だがそれ程苦労も無く上がれた。
>  この岩場、地形図よりヤセ尾根、嵓あり!ですよね(^^;。
 岩嵓の間を抜けているところがありました。zipp さんが降りていると思うと安心できました。


>  まぁ、客観的にいい所!というには御幣があるかもしれないけど、このあたりで絶対!と云うまでに人に遭わないところでエエとこです 。なんか意味不明だけど(^^;。

 あそこならすっぽんポンになるのも平気だな (^^;。

>>  奥の平を後にする稜線上の奥の平峰までは30分も掛からなかった、下りなら15分位で行けそうだここでオフ会すればいいかも?
>  そこまで、T.Wさん、奥ノ平に惚れちゃった!!。まず、人が来れないところでしょう(^^;。
 往復1時間見れば上から来れそう、なだらかだから意外に来易いかもとの印象でした。

>> 霧降山に向かう途中低い木が沢山生える、ヒメシャラも多いのだがこの辺りのは違うようだ、シロヤシオに似てるがこんなに幼木が生えるだろうか?、余所見して歩いていたらその木につまずいて倒れた 
>  ここはね、わたしの知る限り台高のシロヤシオ最大群落の尾根です。幼木もシロヤシオです。
> T.Wさん、シロヤシオの頃、ここを登るべきだったね。2週間はやいわ(^^;
 
 やっぱりそうですか、奥の平尾根も凄い幼木でしたね、成木も多いけど、2週間後か、GW後は 休み少ないのだよな、用事も有るし、見に行きたいものも有るし難しいです。

>>  霧降山から見るヤドリギ平の斜面に何かが見えるトロッコの台車だろうか?それにしては大きいか、架船場のウインチも見えるようだ。
>  おぉ、わたしもわすれていた「ヤドリギ平」の名称!ここもオモロイとこです。ジキタリスの開花の頃行くといいかも。
ジキタリス 確認しました、ヤドリギは奥の平の方が多かったように思いました。
画像1・・・トロッコの台車に見えませんか?、zippさん確認されてないですか?


>  わたしは、未だに伐採ネット後ルートがよくわからんのですが、茂高辺りから宮ノ谷遊歩道に降りるのが距離無くていいかな?と思ちょります。
 
 もう通りたく無いですね、西面からの上がるルートを開拓しないと遠回りですよ。

>>  宮の谷駐車場からは舗装道歩き、今日は大杉自然学校も上がってるようでマイクロバスも迎えに来ていた。
>  大杉自然学校は今日でしたか。
どんなコースだったのだろう、宮川側からでも抜けたのだろうか?

> グ~上人も、今日は台高に向かわれたという目撃証人からお聞きしました。

いろいろ情報が有るのですね、私も見たかも知れないです、レポあがってますね。

> あたしは、先日のT.Wさんのイカレタ山域でふらふら遊んでおりました 。今年は稜線の花は遅いですね。
 おーどこでしょう?、白玉ももう少しですね、カタクリはこんなに沢山有るのかと再認識し直しました、でも蕾の付く成株が少ない印象でした。           TW
No.3: Re^3: 【台高】奥の平谷から奥の平、ヤドリギ平、コブシ尾根周回   [No.2への返信]
日時: 2010/05/03 22:34
名前: zipp ID:oLAtc1.Y

 ども、T.Wさん。

>  あそこならすっぽんポンになるのも平気だな (^^;。
 あっ!やめておくれっ!そんなもん見たら、木々が一挙に枯れますがな(^^;

> 画像1・・・トロッコの台車に見えませんか?、zippさん確認されてないですか?
 ひっくり返って立ったトロッコの台車のように見えますねぇ。
けど、このヤドリギ平で使うところはないだろうし、どこかのトロッコを回収時に架線から落としたんでしょうか?
このあたりウロウロしたんだけど気づかなかったな。8月で木々の葉も展開してたからわからなかったのかな?

>  もう通りたく無いですね、西面からの上がるルートを開拓しないと遠回りですよ。
 一回登って、一回降りているんだけど、また行きたいというルートではなかったな(^^;。

>>>  宮の谷駐車場からは舗装道歩き、今日は大杉自然学校も上がってるようでマイクロバスも迎えに来ていた。
>>  大杉自然学校は今日でしたか。
> どんなコースだったのだろう、宮川側からでも抜けたのだろうか?
 この日池木屋山に登った人による情報だと、宮ノ谷からだそうですよ。復路は知りませんが。
以前は、大和谷からも入ってましたね。
No.4: 奥の平谷から奥の平、ヤドリギ平、コブシ尾根周回
日時: 2010/05/12 14:26
名前: kissyan ID:ZMfx8trc

Treil walkerさん、こんにちは  kissyanです。

又、お邪魔してます。&そそられてます。。登り部分は未踏破ですし、台高一のシロヤシオも見たいので近々行こうかな?
と思っています。





No.5: Re: 奥の平谷から奥の平、ヤドリギ平、コブシ尾根周回   [No.4への返信]
1.

-クリックすると元画像を表示-
日時: 2010/05/12 21:31
名前: Trail Walker ID:7E46UUww

> Treil walkerさん、こんにちは  kissyanです。

kissyanさんこんばんは

> 又、お邪魔してます。&そそられてます。。登り部分は未踏破ですし、台高一のシロヤシオも見たいので近々行こうかな?
> と思っています。
是非行って見てください、今週末では早いですよね?、22,23日か、29,30日か、その間がいい様な気がしますが上手く当たると良いのですが。私の休みはGWに食われてしまって後半少ないので悩んでいます

No.6: Re^2: 奥の平谷から奥の平、ヤドリギ平、コブシ尾根周回   [No.5への返信]
日時: 2010/05/13 12:37
名前: kissyan ID:6geK79tc

>
> kissyanさんこんばんは
Trail walkerさん こんにちは、

> 是非行って見てください、今週末では早いですよね?、22,23日か、29,30日か、その間がいい様な気がしますが上手く当たると良いのですが。私の休みはGWに食われてしまって後半少ないので悩んでいます

今週末は、大峰宇無ノ川から槍ノ尾~七面山の予定ですが、天気が心配です。台高のシロヤシオは、ここ何年かドンピシャのタイミングで見てないので見たいですね!大峰より台高の方が1週間程度早かった様な・・・・・ならば月末かな?

いろいろ教えて頂いて有難うございます、教祖様にもよろしく!!行きましたら、報告させて貰います。。 
 逆順に表示  スレッド一覧  新規スレッド作成