ヤブコギネット 山のフォーラム [ホームに戻る] [スレッド一覧] [新規投稿] [留意事項] [ワード検索] [管理用] [過去ログ一覧] 過去ログ閲覧

◆ スレッド全体を投稿順に表示  逆順に表示
スレッド119: 【鈴鹿】仙ヶ岳から新緑の御所平
1. 御所平から仙ヶ岳と南尾根

-クリックすると元画像を表示-
日時: 2010/05/18 20:17
名前: skywalk ID:p0tVq67Q

〔行程〕8:10石水渓キャンプ場>9:33不動尊>10:30仙ヶ岳東峰>10:45仙ヶ岳西峰>11:20御所平北端>12:10御所平南端>12:18小太郎谷源頭>ガンサ谷>石谷川林道>14:30石水渓キャンプ場

 5月15日の土曜日、アカヤシオも散ってしまっただろうしモチベーションが上がらずとりあえず仙ヶ岳に南尾根から登ってみることに。
 朝8時10分、石水渓キャンプ場に車を止め連絡道で石谷川へ。大堰堤の下から丸太階段で林道へ上がる。駐車場には名古屋ナンバー2台と三重ナンバー1台が止まっていた。大堰堤の鉄階段で女性が一人上がってきて林道を歩き始めた。しばらく歩きながら話をすると、女性はヤトバ峠の方へ行く予定とのこと。「ヤトバ峠?そんなコースありましたっけ。」と話が噛み合わないまま女性は林道の途中から石谷川の方へ下っていった。

 営林署小屋の前からイタハシ谷に入り南尾根を目指す。谷沿いルートはよく整備されているが、水が枯れガレ沢になると傾斜もきつく少し荒れた感じとなる。
 谷を登り詰めた右手が不動尊の岩場。お不動さんに失礼して岩の上に上ってみる。伊勢平野と海の向こうの知多半島まで見渡せる。

 反対側を見るとこれから登る南尾根の端の岩壁が目の前に。岩壁の右側に垂れ下がったロープを頼りに尾根に這い上がる。

 尾根上はツツジ類は残ってないが、足元にはイワカガミが見頃を迎えていた。展望の良い尾根からは、御所平方面ものどかそうな姿を見せている。

 ノコギリ尾根の岩のピークをいくつか越えると仙ノ石がある仙ヶ岳東峰に着く。時間は、まだ10時半。山頂付近には萎れかけたミツバツツジが少し残っている程度だが、新緑がまぶしく気持ちがいい。
 10時45分、西峰に着いた。

 県境尾根を歩いて御所峠から下ってしまおうかと思っていたが、時間もあるのでそのまま御所平へ行ってみた。御所平はススキの原っぱだが、今の時期は新緑とバランスがよく気持ち良く歩ける。

 何もないせいで反って新緑が際立つようだ。壊れた鹿網が見苦しいとか、下を走る新名神が雰囲気をぶち壊すとか言う人もいるが、御在所のように頭の上をロープウェイがかすめていく訳ではないし、巨大な橋脚も上から見下ろすだけなら風景に納まって気にもならない。

 新緑の中で昼食を済ませ歩き始めたら朝林道で出会った女性が前から歩いてきた。ガンサ谷から登ってきたという。ガンサ谷は歩いたことがないので聞いてみると何とか歩けるようだ。そちらから下ってみることにしよう。

 御所平の南端のピークまできたら8人組みの団体さんが休んでいた。滋賀県側から登ってきたのだろうか。この辺りで団体さん出会うことは少ない。
 植林帯を下った所が、小太郎谷の源頭で笹原が美しいこのコースのハイライトだ。

 例の女性に聞いたとおり源頭部と植林帯の境にガンサ谷へ下る踏み後があった。分岐には標識もなくしばらく滑りやすい急斜面を下ると所々テープもあり何とか下っていけそうだ。コースは沢を歩く場面もあるが、水に入る必要はない。コースはだんだんしっかりしてきて、最後は七つ釜の標識のところで林道に出た。
 14時半、キャンプ場に戻った。ガンサ谷コースは初めてだったが、御所谷経由で仙ヶ岳に行くには、便利なコースだ。新緑の御所谷は5月病のもやもやにも効く癒しの場所だ。
http://blogs.yahoo.co.jp/lancer9jp/25739519.html
No.1: Re: 【鈴鹿】仙ヶ岳から新緑の御所平
1.

-クリックすると元画像を表示-
日時: 2010/05/18 22:34
名前: Trail Walker ID:shMuTjPY

skywalk さん始めまして、良く似たハンドルのtrailwalkerですよろしくお願いします。

>  朝8時10分、石水渓キャンプ場に車を止め連絡道で石谷川へ。大堰堤の下から丸太階段で林道へ上がる。駐車場には名古屋ナンバー2台と三重ナンバー1台が止まっていた。大堰堤の鉄階段で女性が一人上がってきて林道を歩き始めた。しばらく歩きながら話をすると、女性はヤトバ峠の方へ行く予定とのこと。「ヤトバ峠?そんなコースありましたっけ。」と話が噛み合わないまま女性は林道の途中から石谷川の方へ下っていった。

 「頂礼井戸コース、小矢場峠」
検索してみるとこんな看板が有る事がわかりました、ヤトバ峠=小矢場峠でしょか?
幾つか記事をよんでも何処の事かは判らないのですがもしかして小屋の有る分岐の所を示すのかなとも思いますが、小屋場峠から来ているのかもなんて?推測ですけど


>  営林署小屋の前からイタハシ谷に入り南尾根を目指す。谷沿いルートはよく整備されているが、水が枯れガレ沢になると傾斜もきつく少し荒れた感じとなる。
>  谷を登り詰めた右手が不動尊の岩場。お不動さんに失礼して岩の上に上ってみる。伊勢平野と海の向こうの知多半島まで見渡せる。

 GWに矢原川からここに登りつきました。

>  反対側を見るとこれから登る南尾根の端の岩壁が目の前に。岩壁の右側に垂れ下がったロープを頼りに尾根に這い上がる。
>
>  尾根上はツツジ類は残ってないが、足元にはイワカガミが見頃を迎えていた。展望の良い尾根からは、御所平方面ものどかそうな姿を見せている。
 
 あの頃満開でしたからもうツツジは終わってしまったのですね、ヤマツツジはあの辺りは無いのかな?
イワカガミの群落が有りましたね、まだ山頂付近では蕾は固かったです、今が見頃なんですね。


>  県境尾根を歩いて御所峠から下ってしまおうかと思っていたが、時間もあるのでそのまま御所平へ行ってみた。御所平はススキの原っぱだが、今の時期は新緑とバランスがよく気持ち良く歩ける。
 
  アセビの新緑も紅のものと緑と有って綺麗ですねぇ。


>  新緑の中で昼食を済ませ歩き始めたら朝林道で出会った女性が前から歩いてきた。ガンサ谷から登ってきたという。ガンサ谷は歩いたことがないので聞いてみると何とか歩けるようだ。そちらから下ってみることにしよう。

 ここに登って来られたのですね、帰路は南尾根なのでしょうか? 
 
>  植林帯を下った所が、小太郎谷の源頭で笹原が美しいこのコースのハイライトだ。
 
 ここはゆっくりしたいいい所ですね、一度小太郎谷も登って見たいと思ってますがいつになる事やら?
竜ヶ岳からセキオノコバに行くまでにも似た感じの所が有りますね。

>  例の女性に聞いたとおり源頭部と植林帯の境にガンサ谷へ下る踏み後があった。分岐には標識もなくしばらく滑りやすい急斜面を下ると所々テープもあり何とか下っていけそうだ。コースは沢を歩く場面もあるが、水に入る必要はない。コースはだんだんしっかりしてきて、最後は七つ釜の標識のところで林道に出た。

 以前ガンサ谷出会いから入ろうと渡渉点を探しましたが雨の後でも有り深くて渡れそうもなかって、靴脱ぐの面倒なんでコース変更した事が有りました、出合から入るのではなくて別の所から谷に入るルートが有るのでしょうか?

>  14時半、キャンプ場に戻った。ガンサ谷コースは初めてだったが、御所谷経由で仙ヶ岳に行くには、便利なコースだ。新緑の御所谷は5月病のもやもやにも効く癒しの場所だ。

 新緑はいいですね~、風もかおりますしね~、花粉が無ければ最高なんだけど、こう花粉症が酷いと木の花の匂いが原因なんだろうか思ってきます  毎年5月に花粉症に泣くTWでした。
No.2: Re: 【鈴鹿】仙ヶ岳から新緑の御所平
日時: 2010/05/18 23:54
名前: エム ID:8UB74evI

はじめまして、skywalk さん。新参のエムです。今後ともよろしくお願いします。

> 〔行程〕8:10石水渓キャンプ場>9:33不動尊>10:30仙ヶ岳東峰>10:45仙ヶ岳西峰>11:20御所平北端>12:10御所平南端>12:18小太郎谷源頭>ガンサ谷>石谷川林道>14:30石水渓キャンプ場
4月中旬に白谷道から入り同様なコースを周回する積もりでしたが、営林署小屋の先(10分位)の所でクツが壊れ諦めて引き返しました。
こちら方面は、遠いので中々足が向きません・・・・・残念でした。
>
>  朝8時10分、石水渓キャンプ場に車を止め連絡道で石谷川へ。
連絡道の存在は全く知りませんでした。解りやすいコースでしょうか?
>
>  谷を登り詰めた右手が不動尊の岩場。お不動さんに失礼して岩の上に上ってみる。伊勢平野と海の向こうの知多半島まで見渡せる。
皆さん登るようで、御不動さんも慣れっこになっているのでは?
>
>  尾根上はツツジ類は残ってないが、足元にはイワカガミが見頃を迎えていた。展望の良い尾根からは、御所平方面ものどかそうな姿を見せている。
この当たりから見える御所平はたおやかですね、初めてみるとどんな所か興味を引くと思います。
>
>  県境尾根を歩いて御所峠から下ってしまおうかと思っていたが、時間もあるのでそのまま御所平へ行ってみた。御所平はススキの原っぱだが、今の時期は新緑とバランスがよく気持ち良く歩ける。
もう少し暑くなると炎天下でバテバテ・・・・・。涼しい時期に限りますね。
>
>  何もないせいで反って新緑が際立つようだ。壊れた鹿網が見苦しいとか、下を走る新名神が雰囲気をぶち壊すとか言う人もいるが、御在所のように頭の上をロープウェイがかすめていく訳ではないし、巨大な橋脚も上から見下ろすだけなら風景に納まって気にもならない。
私もほとんど気になりませんでした。でも前回行ったときは、ピアの施工中でした。展望も変わったのかな~。気になる所です。
>
>  新緑の中で昼食を済ませ歩き始めたら朝林道で出会った女性が前から歩いてきた。ガンサ谷から登ってきたという。ガンサ谷は歩いたことがないので聞いてみると何とか歩けるようだ。そちらから下ってみることにしよう。
ほとんど、行き当たりバッタリだったんですね。
>
>  植林帯を下った所が、小太郎谷の源頭で笹原が美しいこのコースのハイライトだ。
ここは、どちらの方面から来ても目を疑うような別天地ですね。大概はココでランチタイムにしています(遅かろうが早かろうが)。
>
>  14時半、キャンプ場に戻った。ガンサ谷コースは初めてだったが、御所谷経由で仙ヶ岳に行くには、便利なコースだ。新緑の御所谷は5月病のもやもやにも効く癒しの場所だ。
ヒルは、お出ましになりませんでしたか?
前回ガンサ谷を降りたときは、下部で2カ所ほどイヤな所がありました。
① 右岸側、滝横で登山道が少しずり落ちている所。
②もう少し下流の左岸側で橋が架かっている所。
どちらも高度感があり、あまり気持ちの良い所じゃ無く、ビビリながら通過した記憶があります。

      エム
No.3: Re^2: 【鈴鹿】仙ヶ岳から新緑の御所平   [No.1への返信]
日時: 2010/05/19 20:51
名前: skywalk ID:Pre/XEsE

trailwalkerさん、こんばんは。

> skywalk さん始めまして、良く似たハンドルのtrailwalkerですよろしくお願いします。
パクるつもりはなかったんですが、似てますね。
>
>> 「ヤトバ峠?そんなコースありましたっけ。」と話が噛み合わないまま女性は林道の途中から石谷川の方へ下っていった。
>
>  「頂礼井戸コース、小矢場峠」
> 検索してみるとこんな看板が有る事がわかりました、ヤトバ峠=小矢場峠でしょか?
> 幾つか記事をよんでも何処の事かは判らないのですがもしかして小屋の有る分岐の所を示すのかなとも思いますが、小屋場峠から来ているのかもなんて?推測ですけど
うろ覚えなのでたぶん小矢場峠だと思います。どこを指すのか謎です。
>
>>  谷を登り詰めた右手が不動尊の岩場。お不動さんに失礼して岩の上に上ってみる。伊勢平野と海の向こうの知多半島まで見渡せる。
>
>  GWに矢原川からここに登りつきました。
矢原川左股から登るときついところですね。私は沢靴のまま偵察したら滑って肋骨を折ってしまいました。
>

>>  尾根上はツツジ類は残ってないが、足元にはイワカガミが見頃を迎えていた。展望の良い尾根からは、御所平方面ものどかそうな姿を見せている。
>  
>  あの頃満開でしたからもうツツジは終わってしまったのですね、ヤマツツジはあの辺りは無いのかな?
> イワカガミの群落が有りましたね、まだ山頂付近では蕾は固かったです、今が見頃なんですね。
>
>
>>  県境尾根を歩いて御所峠から下ってしまおうかと思っていたが、時間もあるのでそのまま御所平へ行ってみた。御所平はススキの原っぱだが、今の時期は新緑とバランスがよく気持ち良く歩ける。
>  
>   アセビの新緑も紅のものと緑と有って綺麗ですねぇ。
花がなくても十分楽しめます。ススキの原っぱというのもノンビリしていていいもんです。
>
>
>>  新緑の中で昼食を済ませ歩き始めたら朝林道で出会った女性が前から歩いてきた。ガンサ谷から登ってきたという。ガンサ谷は歩いたことがないので聞いてみると何とか歩けるようだ。そちらから下ってみることにしよう。
>
>  ここに登って来られたのですね、帰路は南尾根なのでしょうか? 
南尾根は下り向きではないと思いますが、タフそうな人だったから行ってしまったかも。
>  
>>  植林帯を下った所が、小太郎谷の源頭で笹原が美しいこのコースのハイライトだ。
>  
>  ここはゆっくりしたいいい所ですね、一度小太郎谷も登って見たいと思ってますがいつになる事やら?
> 竜ヶ岳からセキオノコバに行くまでにも似た感じの所が有りますね。
小太郎谷の記録みたことありますが、マイナーコースだからtrailwalkerさん向きでしょうか。
静が岳あたりは春頃に歩いたことがないけど、良さそうな感じですね。
>
>>  例の女性に聞いたとおり源頭部と植林帯の境にガンサ谷へ下る踏み後があった。分岐には標識もなくしばらく滑りやすい急斜面を下ると所々テープもあり何とか下っていけそうだ。コースは沢を歩く場面もあるが、水に入る必要はない。コースはだんだんしっかりしてきて、最後は七つ釜の標識のところで林道に出た。
>
>  以前ガンサ谷出会いから入ろうと渡渉点を探しましたが雨の後でも有り深くて渡れそうもなかって、靴脱ぐの面倒なんでコース変更した事が有りました、出合から入るのではなくて別の所から谷に入るルートが有るのでしょうか?
出合いのところでいいと思いますが、増水していると難しいかもしれません。石谷川右岸にルートがついているので上流で渡渉点を探してみてもいいかも。
>
>>  14時半、キャンプ場に戻った。ガンサ谷コースは初めてだったが、御所谷経由で仙ヶ岳に行くには、便利なコースだ。新緑の御所谷は5月病のもやもやにも効く癒しの場所だ。
>
>  新緑はいいですね~、風もかおりますしね~、花粉が無ければ最高なんだけど、こう花粉症が酷いと木の花の匂いが原因なんだろうか思ってきます  毎年5月に花粉症に泣くTWでした。
花粉症ですか、いい季節だというのにお気の毒です。

No.4: Re^2: 【鈴鹿】仙ヶ岳から新緑の御所平   [No.2への返信]
日時: 2010/05/19 21:30
名前: skywalk ID:Pre/XEsE

はじめまして、エム さん。こちらこそ、よろしくお願いします。
>
> 4月中旬に白谷道から入り同様なコースを周回する積もりでしたが、営林署小屋の先(10分位)の所でクツが壊れ諦めて引き返しました。
そんなこともあるんですね。しかし、山の中で壊れたら下山するのも大変ですから、良かったかも。

> こちら方面は、遠いので中々足が向きません・・・・・残念でした。
>>
>>  朝8時10分、石水渓キャンプ場に車を止め連絡道で石谷川へ。
> 連絡道の存在は全く知りませんでした。解りやすいコースでしょうか?
>>
キャンプ場の新しいバンガローの前にある古ぼけた案内所のところからルートがあり、10分ほどで大堰堤の下に出られます。
>>  谷を登り詰めた右手が不動尊の岩場。お不動さんに失礼して岩の上に上ってみる。伊勢平野と海の向こうの知多半島まで見渡せる。
> 皆さん登るようで、御不動さんも慣れっこになっているのでは?
バチが当たらなきゃいいけど。
>>
> この当たりから見える御所平はたおやかですね、初めてみるとどんな所か興味を引くと思います。
ここも鹿の楽園ですから人にとっても気持ちのいいところです。
>>
>>  県境尾根を歩いて御所峠から下ってしまおうかと思っていたが、時間もあるのでそのまま御所平へ行ってみた。御所平はススキの原っぱだが、今の時期は新緑とバランスがよく気持ち良く歩ける。
> もう少し暑くなると炎天下でバテバテ・・・・・。涼しい時期に限りますね。
そうですね、暑くなる前に行って下さい。
>>
>>  何もないせいで反って新緑が際立つようだ。壊れた鹿網が見苦しいとか、下を走る新名神が雰囲気をぶち壊すとか言う人もいるが、御在所のように頭の上をロープウェイがかすめていく訳ではないし、巨大な橋脚も上から見下ろすだけなら風景に納まって気にもならない。
> 私もほとんど気になりませんでした。でも前回行ったときは、ピアの施工中でした。展望も変わったのかな~。気になる所です。
ご自分の目で確かめるのが、一番。
>>
>>  新緑の中で昼食を済ませ歩き始めたら朝林道で出会った女性が前から歩いてきた。ガンサ谷から登ってきたという。ガンサ谷は歩いたことがないので聞いてみると何とか歩けるようだ。そちらから下ってみることにしよう。
> ほとんど、行き当たりバッタリだったんですね。
単独行ですから、お気楽なもんです。
>>
>>  植林帯を下った所が、小太郎谷の源頭で笹原が美しいこのコースのハイライトだ。
> ここは、どちらの方面から来ても目を疑うような別天地ですね。大概はココでランチタイムにしています(遅かろうが早かろうが)。
ランチが一段とおいしそう。
>>
> ヒルは、お出ましになりませんでしたか?
大丈夫です。一人で歩いていればさほど被害はないし、出そうなところは何となく分かります。

> 前回ガンサ谷を降りたときは、下部で2カ所ほどイヤな所がありました。
> ① 右岸側、滝横で登山道が少しずり落ちている所。
> ②もう少し下流の左岸側で橋が架かっている所。
> どちらも高度感があり、あまり気持ちの良い所じゃ無く、ビビリながら通過した記憶があります。
①同感、下りに使うと厳しい。②記憶にない、橋が落ちたか、アルツハイマーか。たぶん後者。

No.5: Re: 【鈴鹿】仙ヶ岳から新緑の御所平
1.

-クリックすると元画像を表示-
日時: 2010/05/19 22:47
名前: biwaco ID:vQ4VIPms

skywalk さん、こんばんは
御所平っていいところですよねえ~
昨秋、初めてのぞきました。

←御所平



>  5月15日の土曜日、アカヤシオも散ってしまっただろうしモチベーションが上がらずとりあえず仙ヶ岳に南尾根から登ってみることに。
>  朝8時10分、石水渓キャンプ場に車を止め連絡道で石谷川へ。大堰堤の下から丸太階段で林道へ上がる。

やはり石水渓からが表玄関でしょうね。まえに石谷川の沢歩きで行きました。

>  営林署小屋の前からイタハシ谷に入り南尾根を目指す。谷沿いルートはよく整備されているが、水が枯れガレ沢になると傾斜もきつく少し荒れた感じとなる。

小屋のある分岐(白谷?)から右の谷ですね。そっちへは行ったことないけど。

>  谷を登り詰めた右手が不動尊の岩場。お不動さんに失礼して岩の上に上ってみる。伊勢平野と海の向こうの知多半島まで見渡せる。

関西人にとって伊勢平野とか知多半島とかは彼岸の地、極楽浄土に近いイメージの地です。
>
>  反対側を見るとこれから登る南尾根の端の岩壁が目の前に。岩壁の右側に垂れ下がったロープを頼りに尾根に這い上がる。

天国へ這い上がるにはクモの糸にすがるしかない?

>  ノコギリ尾根の岩のピークをいくつか越えると仙ノ石がある仙ヶ岳東峰に着く。時間は、まだ10時半。山頂付近には萎れかけたミツバツツジが少し残っている程度だが、新緑がまぶしく気持ちがいい。

ノコギリ尾根、野登山あたりからだとシンドそうですね…

>  県境尾根を歩いて御所峠から下ってしまおうかと思っていたが、時間もあるのでそのまま御所平へ行ってみた。御所平はススキの原っぱだが、今の時期は新緑とバランスがよく気持ち良く歩ける。
御所峠からひと登りで平坦尾根です。秋の御所平も良かったですよ。

>  何もないせいで反って新緑が際立つようだ。壊れた鹿網が見苦しいとか、下を走る新名神が雰囲気をぶち壊すとか言う人もいるが、御在所のように頭の上をロープウェイがかすめていく訳ではないし、巨大な橋脚も上から見下ろすだけなら風景に納まって気にもならない。

そうそう、人工物を見下ろすのって、箱庭みたいで、なんかオモロイです。

>  御所平の南端のピークまできたら8人組みの団体さんが休んでいた。滋賀県側から登ってきたのだろうか。この辺りで団体さん出会うことは少ない。
>  植林帯を下った所が、小太郎谷の源頭で笹原が美しいこのコースのハイライトだ。

そこをさらに南に進んで西へ下ると黒滝です。
昨秋はそっちから入りました。

>  例の女性に聞いたとおり源頭部と植林帯の境にガンサ谷へ下る踏み後があった。分岐には標識もなくしばらく滑りやすい急斜面を下ると所々テープもあり何とか下っていけそうだ。コースは沢を歩く場面もあるが、水に入る必要はない。コースはだんだんしっかりしてきて、最後は七つ釜の標識のところで林道に出た。

たろーさんたちも周回してガンサ谷を下ったって言ってました。(昨年だったか?)

>  14時半、キャンプ場に戻った。ガンサ谷コースは初めてだったが、御所谷経由で仙ヶ岳に行くには、便利なコースだ。新緑の御所谷は5月病のもやもやにも効く癒しの場所だ。

いつか田村林道からもどうぞ。

          ~biwaco
No.6: Re^2: 【鈴鹿】仙ヶ岳から新緑の御所平   [No.5への返信]
日時: 2010/05/20 21:15
名前: skywalk ID:kGkOOVjU

biwacoさん、こんばんは
> 御所平っていいところですよねえ~
> 昨秋、初めてのぞきました。
秋もいいかもしれませんね。
>
>>  朝8時10分、石水渓キャンプ場に車を止め連絡道で石谷川へ。大堰堤の下から丸太階段で林道へ上がる。
>
> やはり石水渓からが表玄関でしょうね。まえに石谷川の沢歩きで行きました。
連絡道使えばキャンプ場の案内所から大堰堤まで10分ですから、いつも石水渓から歩いています。
>
>>  営林署小屋の前からイタハシ谷に入り南尾根を目指す。谷沿いルートはよく整備されているが、水が枯れガレ沢になると傾斜もきつく少し荒れた感じとなる。
>
> 小屋のある分岐(白谷?)から右の谷ですね。そっちへは行ったことないけど。
おや、まだお試しになってない。南尾根は展望も良くて仙ヶ岳の代表的なコースですから、ぜひお試しください。
>
>>  谷を登り詰めた右手が不動尊の岩場。お不動さんに失礼して岩の上に上ってみる。伊勢平野と海の向こうの知多半島まで見渡せる。
>
> 関西人にとって伊勢平野とか知多半島とかは彼岸の地、極楽浄土に近いイメージの地です。
そうですね、お伊勢さんから見る朝日が生の象徴でこの世の夜明けですから、平安時代の歴代天皇もお伊勢参りを欠かさなかったわけで、熊野は黄泉の国で輪廻転生「よみがえり」の象徴だった訳だ。
>>
>>  反対側を見るとこれから登る南尾根の端の岩壁が目の前に。岩壁の右側に垂れ下がったロープを頼りに尾根に這い上がる。
>
> 天国へ這い上がるにはクモの糸にすがるしかない?
新旧3本のトラロープがしっかり支えてくれるから心配いりませんよ。
>
>>  ノコギリ尾根の岩のピークをいくつか越えると仙ノ石がある仙ヶ岳東峰に着く。時間は、まだ10時半。山頂付近には萎れかけたミツバツツジが少し残っている程度だが、新緑がまぶしく気持ちがいい。
>
> ノコギリ尾根、野登山あたりからだとシンドそうですね…
野登山からは仙鶏尾根になりますが、こちらも割合きつめです。
>
>>  県境尾根を歩いて御所峠から下ってしまおうかと思っていたが、時間もあるのでそのまま御所平へ行ってみた。御所平はススキの原っぱだが、今の時期は新緑とバランスがよく気持ち良く歩ける。
> 御所峠からひと登りで平坦尾根です。秋の御所平も良かったですよ。
>
>>  何もないせいで反って新緑が際立つようだ。壊れた鹿網が見苦しいとか、下を走る新名神が雰囲気をぶち壊すとか言う人もいるが、御在所のように頭の上をロープウェイがかすめていく訳ではないし、巨大な橋脚も上から見下ろすだけなら風景に納まって気にもならない。
>
> そうそう、人工物を見下ろすのって、箱庭みたいで、なんかオモロイです。
新名神を走るバスやトラックもアリかテントウムシです。
>
>>  御所平の南端のピークまできたら8人組みの団体さんが休んでいた。滋賀県側から登ってきたのだろうか。この辺りで団体さん出会うことは少ない。
>>  植林帯を下った所が、小太郎谷の源頭で笹原が美しいこのコースのハイライトだ。
>
> そこをさらに南に進んで西へ下ると黒滝です。
> 昨秋はそっちから入りました。
昨春は「イチマルさんの山のアルバム」に触発されて黒滝から登りました。簡単に登れますけど少し単調すぎるかな。
>
>>  例の女性に聞いたとおり源頭部と植林帯の境にガンサ谷へ下る踏み後があった。分岐には標識もなくしばらく滑りやすい急斜面を下ると所々テープもあり何とか下っていけそうだ。コースは沢を歩く場面もあるが、水に入る必要はない。コースはだんだんしっかりしてきて、最後は七つ釜の標識のところで林道に出た。
>
> たろーさんたちも周回してガンサ谷を下ったって言ってました。(昨年だったか?)
そんなこと書いてありました。お姉さんに聞いた降り口は分かりにくい所で本当に下れるのか不安でした。
>
>>  14時半、キャンプ場に戻った。ガンサ谷コースは初めてだったが、御所谷経由で仙ヶ岳に行くには、便利なコースだ。新緑の御所谷は5月病のもやもやにも効く癒しの場所だ。
>
> いつか田村林道からもどうぞ。
お試し済みですが、南尾根から登るほうがやっぱいいように思います。

 逆順に表示   スレッド一覧   新規スレッド作成