ヤブコギネット 山のフォーラム [ホームに戻る] [スレッド一覧] [新規投稿] [留意事項] [ワード検索] [管理用] [過去ログ一覧] 過去ログ閲覧

◆ スレッド全体を投稿順に表示  逆順に表示
スレッド16: 峠の神様に会いに行く
No.0: 風雪の白船峠
1. 冷川谷源流の古木

-クリックすると元画像を表示-
2. オシラサマの残骸

-クリックすると元画像を表示-
3. かろうじて残ったセツブンソウ

-クリックすると元画像を表示-
日時: 2010/03/22 20:14
名前: ハリマオ ID:P0Gz5lac

 
                風雪の白船峠   (鈴鹿・藤原岳周辺)

                                  10.03.21 (SUN)  荒天   単独

 明け方まで雨が降っていたらしく、窓を開けると靄が掛かっていた。視界は1Kmほど、無論山並みなど見えるはずもない。しかも日中は低気圧による強風が吹き荒れるという。山へ行かない口実としては充分のように思える。雨や所用でまた一ヶ月山を離れている。普通間が空くと山への渇望感が出てくるはずだが、逆に倦厭感を覚え、なんだか出掛けるのが億劫だ。行きたくないなあ、面倒くさいなあ・・・と思う。しかし今年はまだ2回しか山に行っておらず、このままでは体力の低下は免れない。やはり行くことにしよう。

 どうせ行くなら花がある北部だ。ついでに「どうせなら」がたくさん出てくる。本日の目的を箇条書きにする。

1. 体力の維持と左足首の様子見

2. ミスミソウ、セツブンソウ、フクジュソウを見る

3. 冷川谷源流のトチノキ測定

4. 我が子(白船峠プレート)の点検整備

5. オシラサマ(白船神社)の現状把握

1は痛風が完治したにも拘らず左アキレス腱が痛い。特に甲を伸ばす(腱が縮む)と痛く、正座が出来ない。2については時期、天気から過剰な期待は無理。3は木の存在自体はずっと以前から知ってはいるが未測定。4、5はzipp氏のレスから思い出した。

 国道から見る藤原岳は、眼を凝らせばぼんやりシルエットが見える程度。簡易パーキングも閑散としている。誰もいない冷川配水場に車を停める。新芽を付けたシロダモなど常緑樹の中を登っていく。思ったよりは普通に歩ける。ストックは失くしたまま買っていないので、適当な木を拾って杖にする。15分ほどでスタミナが切れ、ゆっくり登る。

 ミスミソウは数が減ったように思う。しかも周囲は薄暗く、閉じて俯いている。カメラを地べたにつけて仰向けに撮る。何だかスカートの中を盗撮しているような後ろめたさを覚える。しかし愚かな軽犯罪で捕まるお馬鹿に、警官や教師が多いのはどうしたことだろう。

 上空は物凄い風が吹いているらしく、鉄塔に近づくにつれゴウゴウと不気味な唸りが大きくなってくる。シューベルト交響曲第7番「未完成」の冒頭で弦の低音が不安を暗示するが、そんな感じで今日の山行が案じられる。巨大な弦にも見える送電線が切れて落下し、自分が黒焦げになりはしないかという馬鹿な想像さえ浮かんでくる。なるべく風を避けて尾根芯に上がらず、幽かなトラバース道を行く。

 かなり疲れて白船トラバース道の途中に出た。この付近から時折、雪溜まりが出てくる。こういう風景を見ると近藤郁夫氏の「御池岳残雪」という本が思い出される。氏との交流はこの本から始まった。
 そのとき突然突風が吹き、枝がしなり、木が鳴り、落ち葉が一斉に走った。あたりは相変わらず薄暗く天候回復の気配はない。ようやく冷川源流に着き、ヨタヨタと老トチノキまで下りる。この木はアガリコで怪異な形状をしている。冬場に伐採して、冷川谷を滑り下ろしたのだろう。切られた所から十本以上の幹が天高く伸びている。複雑な形ゆえ、もとより正確な幹周など求むべくもないが、目安として470cmという数字を得た。

 峠の直下まで来るとジャケットに何かパラパラと当たった。アラレだ。そして白船峠へ着くと同時に横殴りの雪が激しく降り出した。オシラサマの手荒い歓迎か、あるいは祟りだろうか。かのプレートが風雪に揺れている。近づくと相当痛んで文字が読み難くなっている。誰かが結びなおしてくれた針金も一重で頼りない。思案した末、回収することにした。家で補修してまたいつか取り付けに来ようと、プレートを取り外してザックに縛り付けた。下端に書いた歌には注釈を付けていない。これを見て即座に百人一首のパロディーだと分かれば大したものだ。

 フードを被って雪を凌ぎながら、昔の記憶に頼ってオシラサマを探す。オシラサマとは東北地方に伝わる素朴な民間信仰の神様で、柳田国男の遠野物語にも登場する。峠の神様と直接関係はないが、白船に掛けて私が勝手にオシラサマと言っているだけで、正式名称でないことを断っておく。しかしオシラサマが白山信仰に源があるのではないかという説もあり、白船の白からそう呼んでも罰は当たるまい。

 祠の残骸は原型を留めず、銅鏡とともに落ち葉と土に半分埋まっていた。鏡の裏にある模様は鮮明なままだが、鏡面は大分痛んで何も映らない。うーむ、これはこのままに捨て置けないという気持ちがムクムクと起きてくる。しかし私に宮大工は無理だ。家に余っている犬小屋を担ぎ上げて代用する案も考えたが、それでは罰があたって死ぬかもしれない。誰か信仰篤く、器用な人はいないかな。

 春の雪は寒い。あわよくば真の谷へ下りて穴ノ谷のフクジュソウでもと考えていたが、もはやこれまで。撤退に決する。花見は坂本谷でしよう。アラレに叩かれながら侘しい冬枯れ道を戻る。もうすぐ十字路というところで頭陀へ登っていく一団を見た。こんな日に山へ来るとは、あまり賢いとは言えない人たちである。交差点から坂本谷を下る。風の当たらない適当な窪地で昼食とする。アラレはまだ少し降っているがツエルトを張るほどでもない。暖かいものを腹に入れて、ようやく人心地がつく。

 フクジュソウはファニチャードーム(名古屋近辺限定?)風に言えばヤタラメッタラある。地面が見えないほどだ(ちょっとウソ入ってます)。しかし昨夜の風雨で傷んだうえに、陽光がないのでつぼんだまま元気がない。いざ写真を撮るとなるとこれといった固体が見つからない。ぬかるんだ斜面を歩き回って靴もズボンも泥だらけ。別に写真家じゃないのだから、諦めて切り上げる。フクジュソウの写真なんか、どうでもいいといえばどうでもいいのである。カメラもデジタルになってから惜しげもなくシャッターを押すので魂がこもらない。

 さてこのまま坂本谷を下りては非難の的であるから、トラバりながら木和田尾に復帰する。適当なところをあっちフラフラこっちフラフラと下りて行く。ちょっと滑って予期せぬ動きになるとアキレスにズキッとくる。いつになったら治るのやら。やがてヒザまで痛くなってきた。無理して足を伸ばさずに良かったと思う。やがて雲が退き、鉄塔広場からは下界の見通しが利いた。気温も上がってきたが、まだ手袋を外すと冷たい。

 駐車地へ戻ると車のボンネットが泥まみれになっていて驚く。誰かにイタズラされたのかと思ったが、よく見ると遥か中国からの有難くない贈り物だった。しかしこれはひどい量だ。やがて中国の国土はなくなってしまうのではないか。そうしてみると今朝の朝靄は黄砂も手伝っていたのか。
 さて冒頭に掲げた目的はほぼ達成できたが、やはりというかセツブンソウは花の落ちたものや萎れたものばかりだった。ツボミなら鑑賞のしようもあるが、萎れた花は「ものの哀れ」を催すだけである。

                               ハリマオ

No.1: Re: 風雪の白船峠
1. 土曜日は開いていました。

-クリックすると元画像を表示-
日時: 2010/03/22 21:39
名前: グー(伊勢山上住人) ID:g34tQjjE
参照: http://www.ztv.ne.jp/okada1/c8.html

ハリさん、おばんです。

>  10.03.21 (SUN)  荒天

お気の毒ですが、コレも前世の報い、運命と思って諦めてください。

> 窓を開けると靄が掛かっていた。視界は1Kmほど、

私も春霞と思っていましたが、ドエリャア黄砂でしたな。

> 普通間が空くと山への渇望感が出てくるはずだが、逆に倦厭感を覚え、なんだか出掛けるのが億劫だ。行きたくないなあ、面倒くさいなあ・・・と思う。

ヤマケイもなんとものぐさな人物に執筆を依頼したもんだ。
選考基準はナンだったんだろうか?
(筆が立つとは、ヒトを欺く最大の武器なのだろうか?)

> 痛風が完治したにも拘らず左アキレス腱が痛い。特に甲を伸ばす(腱が縮む)と痛く、正座が出来ない。

山すそに住まいを持ちながら、自宅に映画館を作るなんて文化人をやっているからですよ。
風呂も五右衛門風呂に改造して、毎日マキ割りで体を鍛えてくださいな。

> 15分ほどでスタミナが切れ、ゆっくり登る。

大口をたたいていますが、私も同類でした。スンマセン。

> カメラを地べたにつけて仰向けに撮る。何だかスカートの中を盗撮しているような後ろめたさを覚える。

コウユウ発想はハリさんならでは。
mayonekoさんの様な写真を撮りたいのだけど、ドーしても撮れない。

> 送電線が切れて落下し、自分が黒焦げになりはしないかという馬鹿な想像さえ浮かんでくる。

私も谷芯に下りた時は、「落石が来たらドーしよう」と心配しています。

> 近藤郁夫氏の「御池岳残雪」という本が思い出される。氏との交流はこの本から始まった。

杣人さんとは、オフ会でしかお目にかかっていませんが、もっと話がしたかったです。

> ジャケットに何かパラパラと当たった。アラレだ。そして白船峠へ着くと同時に横殴りの雪が激しく降り出した。

そんなにも荒れていたのですね。
私は「親父の年金を食いつぶす会」で、ヌクヌクしていました。

> ちょっと滑って予期せぬ動きになるとアキレスにズキッとくる。いつになったら治るのやら。やがてヒザまで痛くなってきた。

夫婦って、赤の他人同士だったのに、ドーして似てくるのでしょうね。
我が家も・・・・・・・アー ヤダ ヤダ。

ご夫婦揃って、ヒザお大事に。

                         グー(伊勢山上住人)
No.2: Re: 風雪の白船峠
日時: 2010/03/23 21:12
名前: FRESH_BREEZE ID:dlp40TAo

ハリさん、おこんばんは。

>やはり行くことにしよう。

そらいかなあかんわいなぁ。
ワタクシの興味のあるのはこれ。

> 1. 体力の維持と左足首の様子見
> 5. オシラサマ(白船神社)の現状把握

> 1は痛風が完治したにも拘らず左アキレス腱が痛い。特に甲を伸ばす(腱が縮む)と痛く、正座が出来ない。

尿酸値下がった?これって別の病気なんとちゃうの?
まあとにかくあせらずなおしてくださいな。

>  ミスミソウは数が減ったように思う。しかも周囲は薄暗く、閉じて俯いている。カメラを地べたにつけて仰向けに撮る。何だかスカートの中を盗撮しているような後ろめたさを覚える。しかし愚かな軽犯罪で捕まるお馬鹿に、警官や教師が多いのはどうしたことだろう。

10年ほど前に同じような場所で、倒れこんで写真とっている人を行き倒れの登山者だと思って、びびったことがありました。
あれびっくりするからやめてちょんまげ。
まじで近寄るまでドキドキだったよ。

>  フードを被って雪を凌ぎながら、昔の記憶に頼ってオシラサマを探す。オシラサマとは東北地方に伝わる素朴な民間信仰の神様で、柳田国男の遠野物語にも登場する。峠の神様と直接関係はないが、白船に掛けて私が勝手にオシラサマと言っているだけで、正式名称でないことを断っておく。しかしオシラサマが白山信仰に源があるのではないかという説もあり、白船の白からそう呼んでも罰は当たるまい。

「おしらさま」見たこと無いなぁ。「鈴鹿の山と谷」で読んだことありますが、いちど拝みに行こう。

>  祠の残骸は原型を留めず、銅鏡とともに落ち葉と土に半分埋まっていた。鏡の裏にある模様は鮮明なままだが、鏡面は大分痛んで何も映らない。うーむ、これはこのままに捨て置けないという気持ちがムクムクと起きてくる。しかし私に宮大工は無理だ。家に余っている犬小屋を担ぎ上げて代用する案も考えたが、それでは罰があたって死ぬかもしれない。誰か信仰篤く、器用な人はいないかな。

呼んだ?およびでない?こりゃまた・・・・

>  さてこのまま坂本谷を下りては非難の的であるから、トラバりながら木和田尾に復帰する。適当なところをあっちフラフラこっちフラフラと下りて行く。ちょっと滑って予期せぬ動きになるとアキレスにズキッとくる。いつになったら治るのやら。やがてヒザまで痛くなってきた。無理して足を伸ばさずに良かったと思う。やがて雲が退き、鉄塔広場からは下界の見通しが利いた。気温も上がってきたが、まだ手袋を外すと冷たい。

う~~~ん、だいぶ重症のようですね~。
お大事に。

  fresh_breeze
No.3: Re: 風雪の白船峠
日時: 2010/03/24 11:06
名前: バーチャリ ID:ig2Ewgy2

ハリマオさん 今日は

> 1は痛風が完治したにも拘らず左アキレス腱が痛い。特に甲を伸ばす(腱が縮む)と痛く、正座が出来ない。2については

正座が出来ないほど痛くて山登り大丈夫ですか。

>  新芽を付けたシロダモなど常緑樹の中を登っていく。思ったよりは普通に歩ける。ストックは失くしたまま買っていないので、適当な木を拾って杖にする。15分ほどでスタミナが切れ、ゆっくり登る。

大丈夫そうですね、

>  かなり疲れて白船トラバース道の途中に出た。この付近から時折、雪溜まりが出てくる。こういう風景を見ると近藤郁夫氏の「御池岳残雪」という本が思い出される。氏との交流はこの本から始まった。

御池岳残雪は購入出来ますか。


>  峠の直下まで来るとジャケットに何かパラパラと当たった。アラレだ。そして白船峠へ着くと同時に横殴りの雪が激しく降り出した。オシラサマの手荒い歓迎か、あるいは祟りだろうか。かのプレートが風雪に揺れている。近づくと相当痛んで文字が読み難くなっている。誰かが結びなおしてくれた針金も一重で頼りない。思案した末、回収することにした。家で補修してまたいつか取り付けに来ようと、プレートを取り外してザックに縛り付けた。下端に書いた歌には注釈を付けていない。これを見て即座に百人一首のパロディーだと分かれば大したものだ。

山は荒れた天気だったですね、
プレートを見るとほっとします有難うございます。
今度はどんな替え歌が

> 花見は坂本谷でしよう。アラレに叩かれながら侘しい冬枯れ道を戻る。もうすぐ十字路というところで頭陀へ登っていく一団を見た。こんな日に山へ来るとは、あまり賢いとは言えない人たちである。交差点から坂本谷を下る。風の当たらない適当な窪地で昼食とする。アラレはまだ少し降っているがツエルトを張るほどでもない。暖かいものを腹に入れて、ようやく人心地がつく。

花見ランチいいですね。


>  さてこのまま坂本谷を下りては非難の的であるから、トラバりながら木和田尾に復帰する。適当なところをあっちフラフラこっちフラフラと下りて行く。ちょっと滑って予期せぬ動きになるとアキレスにズキッとくる。いつになったら治るのやら。やがてヒザまで痛くなってきた。無理して足を伸ばさずに良かったと思う。やがて雲が退き、鉄塔広場からは下界の見通しが利いた。気温も上がってきたが、まだ手袋を外すと冷たい。

私も毎年プラプラする場所です。

>  駐車地へ戻ると車のボンネットが泥まみれになっていて驚く。誰かにイタズラされたのかと思ったが、よく見ると遥か中国からの有難くない贈り物だった。しかしこれはひどい量だ。やがて中国の国土はなくなってしまうのではないか。そうしてみると今朝の朝靄は黄砂も手伝っていたのか。

この日は黄砂は凄かったですね。
近くの山が見えないほど視界が無かったですね。


>  さて冒頭に掲げた目的はほぼ達成できたが、やはりというかセツブンソウは花の落ちたものや萎れたものばかりだった。ツボミなら鑑賞のしようもあるが、萎れた花は「ものの哀れ」を催すだけである。

お疲れ様でした。
   
     バーチャリ
No.4: Re: 風雪の白船峠
日時: 2010/03/24 23:18
名前: 宮指路 ID:LM13ek5Y

ハリマオさん、こんばんは

>  明け方まで雨が降っていたらしく、窓を開けると靄が掛かっていた。視界は1Kmほど、無論山並みなど見えるはずもない。しかも日中は低気圧による強風が吹き荒れるという。山へ行かない口実としては充分のように思える。

またエライ日に行かれましたなぁ~、これは修行の一部でしょうか?
きっと白船教の信者様なのですね。

>雨や所用でまた一ヶ月山を離れている。普通間が空くと山への渇望感が出てくるはずだが、逆に倦厭感を覚え、なんだか出掛けるのが億劫だ。行きたくないなあ、面倒くさいなあ・・・

あれから山に行っていないのですね。御池ではちょっと無理しましたか?

>  国道から見る藤原岳は、眼を凝らせばぼんやりシルエットが見える程度。簡易パーキングも閑散としている。

さすがにこの日に行く人は少ないでしょう。私は家でゴロゴロしていました。

>  ミスミソウは数が減ったように思う。しかも周囲は薄暗く、閉じて俯いている。カメラを地べたにつけて仰向けに撮る。何だかスカートの中を盗撮しているような後ろめたさを覚える。しかし愚かな軽犯罪で捕まるお馬鹿に、警官や教師が多いのはどうしたことだろう。
そんな体制で膝は大丈夫ですか?
盗撮といえば最近、田代まさしや植草教授は見ないですね。
>
>  上空は物凄い風が吹いているらしく、鉄塔に近づくにつれゴウゴウと不気味な唸りが大きくなってくる。シューベルト交響曲第7番「未完成」の冒頭で弦の低音が不安を暗示するが、そんな感じで今日の山行が案じられる。

こんな日に行こうというのは白船様に会う執念ですね。

>巨大な弦にも見える送電線が切れて落下し、自分が黒焦げになりはしないかという馬鹿な想像さえ浮かんでくる。なるべく風を避けて尾根芯に上がらず、幽かなトラバース道を行く。
白船様のご加護があれば大丈夫でしょう

>  かなり疲れて白船トラバース道の途中に出た。この付近から時折、雪溜まりが出てくる。こういう風景を見ると近藤郁夫氏の「御池岳残雪」という本が思い出される。氏との交流はこの本から始まった。
>  そのとき突然突風が吹き、枝がしなり、木が鳴り、落ち葉が一斉に走った。

きっと近藤先生が近くで呼んだのでしょうかね

>  峠の直下まで来るとジャケットに何かパラパラと当たった。アラレだ。そして白船峠へ着くと同時に横殴りの雪が激しく降り出した。オシラサマの手荒い歓迎か、あるいは祟りだろうか。かのプレートが風雪に揺れている。近づくと相当痛んで文字が読み難くなっている。誰かが結びなおしてくれた針金も一重で頼りない。思案した末、回収することにした。家で補修してまたいつか取り付けに来ようと、プレートを取り外してザックに縛り付けた。下端に書いた歌には注釈を付けていない。これを見て即座に百人一首のパロディーだと分かれば大したものだ。

この看板がハリマオさんのお手製だとは最近まで知りませんでした。何か歌のようなものが書いてあり風情のある看板だなぁと思っておりました。
>
>  祠の残骸は原型を留めず、銅鏡とともに落ち葉と土に半分埋まっていた。鏡の裏にある模様は鮮明なままだが、鏡面は大分痛んで何も映らない。うーむ、これはこのままに捨て置けないという気持ちがムクムクと起きてくる。しかし私に宮大工は無理だ。家に余っている犬小屋を担ぎ上げて代用する案も考えたが、それでは罰があたって死ぬかもしれない。誰か信仰篤く、器用な人はいないかな。

私はあまり起用ではありませんがFRESH_BREEZE さんが反応したような
犬小屋を担ぎ上げるのは大変なので何人かで材木を運んで上で組み立てるのが良さそうですね
>
>  春の雪は寒い。あわよくば真の谷へ下りて穴ノ谷のフクジュソウでもと考えていたが、もはやこれまで。撤退に決する。花見は坂本谷でしよう。アラレに叩かれながら侘しい冬枯れ道を戻る。もうすぐ十字路というところで頭陀へ登っていく一団を見た。こんな日に山へ来るとは、あまり賢いとは言えない人たちである。

人のこと言えませんがな

>  さてこのまま坂本谷を下りては非難の的であるから、トラバりながら木和田尾に復帰する。適当なところをあっちフラフラこっちフラフラと下りて行く。ちょっと滑って予期せぬ動きになるとアキレスにズキッとくる。いつになったら治るのやら。やがてヒザまで痛くなってきた。無理して足を伸ばさずに良かったと思う。

まずは平坦な道歩きから始めた方が良さそうですね。

                                                            宮指路
No.5: Re^2: 風雪の白船峠   [No.1への返信]
日時: 2010/03/25 23:04
名前: ハリマオ ID:Aboitj4g

グーさん、こんばんは

>>  10.03.21 (SUN)  荒天
> お気の毒ですが、コレも前世の報い、運命と思って諦めてください。

前世でワシが何をしでかしたのか知りませんが、甘んじて受ける覚悟です。
まあしかし白船峠に着くやいなや風雪に会うという、ドラスティックな展開もまた良しでした。

> 私も春霞と思っていましたが、ドエリャア黄砂でしたな。

洗車で儲かりました。

>ヤマケイもなんとものぐさな人物に執筆を依頼したもんだ。
>選考基準はナンだったんだろうか?

選考基準なんかありませんよ。誰でもいいのです。
授業中にボーッとしてたら 「はい、○○」って先生に指されたことありませんか。
そんなもんです。

> (筆が立つとは、ヒトを欺く最大の武器なのだろうか?)

筆なんか立たなくてもいいのです。○○○さえ立てば・・・ ヽ 丿

>>左アキレス腱が痛い。特に甲を伸ばす(腱が縮む)と痛く、正座が出来ない。
> 山すそに住まいを持ちながら、自宅に映画館を作るなんて文化人をやっているからですよ。

映画館とは大げさな。普通の部屋にスクリーンが吊ってあるだけですがな。
有名人では竹中直人、タモリ、モンキーパンチ、小倉智昭、福井晴敏などがやってます。
4月25日 「剱岳 点の記」 WOWOWでHV 5.1ch放映決定!


> 風呂も五右衛門風呂に改造して、毎日マキ割りで体を鍛えてくださいな。

ウチも子どもの頃、五右衛門だったなあ。懐かしい。
風呂焚きしましたよ。

>> 送電線が切れて落下し、自分が黒焦げになりはしないかという馬鹿な想像さえ浮かんでくる。
> 私も谷芯に下りた時は、「落石が来たらドーしよう」と心配しています。

お互い小市民ですね。用心深く長生きしましょうぞ。

> 私は「親父の年金を食いつぶす会」で、ヌクヌクしていました。

気前のいいお父さんですね。和田金で松坂牛でしたか?
カネ持ってあの世へ行けるわけじゃなし、景気回復のため使い切りましょう。

             ハリマオ

No.6: Re: 風雪の白船峠
日時: 2010/03/26 00:18
名前: zipp ID:iNRvMgz.

 ハリマホさん、こんばんはです。


>  明け方まで雨が降っていたらしく、窓を開けると靄が掛かっていた。視界は1Kmほど、無論山並みなど見えるはずもない。しかも日中は低気圧による強風が吹き荒れるという。
> 山へ行かない口実としては充分のように思える。雨や所用でまた一ヶ月山を離れている。
 この日は台高南部の山に入っとりましたが、雨上がりでもあり、霞がガスと黄砂の区別つき難しでしたわ。そして県境稜線に達すると凄まじい西風!


>  どうせ行くなら花がある北部だ。ついでに「どうせなら」がたくさん出てくる。本日の目的を箇条書きにする。
>
> 1. 体力の維持と左足首の様子見
>
> 2. ミスミソウ、セツブンソウ、フクジュソウを見る
>
> 3. 冷川谷源流のトチノキ測定
>
> 4. 我が子(白船峠プレート)の点検整備
>
> 5. オシラサマ(白船神社)の現状把握

 どの山に行こうか迷った時は、どうせ様です
わたしもよくやります。どうせ様の多い山域に向かうことになりますな。


> 誰もいない冷川配水場に車を停める。新芽を付けたシロダモなど常緑樹の中を登っていく。思ったよりは普通に歩ける。
 この時期の日曜日に駐車がゼロ?ハリマホさんが早出でしたか?
おや、痛風はもう治りましたか。
これを期に、通さんが FRESH_BREEZE と改名されたように spring_devil と心機一転改名されるのもよろしいかと。

>  ミスミソウは数が減ったように思う。しかも周囲は薄暗く、閉じて俯いている。カメラを地べたにつけて仰向けに撮る。何だかスカートの中を盗撮しているような後ろめたさを覚える。
> しかし愚かな軽犯罪で捕まるお馬鹿に、警官や教師が多いのはどうしたことだろう。
 警官や教師だからニュースになるのであって、ハリマホさんがやられてもきっとニュースにはなりませんから、存分にやられたらいいかも。
同じ犯罪ですけどね(^^;。

> ようやく冷川源流に着き、ヨタヨタと老トチノキまで下りる。この木はアガリコで怪異な形状をしている。冬場に伐採して、冷川谷を滑り下ろしたのだろう。
> 切られた所から十本以上の幹が天高く伸びている。複雑な形ゆえ、もとより正確な幹周など求むべくもないが、目安として470cmという数字を得た。
 こんなところにも、トチの大木があるのですね。
どうせ様4割6分終了ですね。

> かのプレートが風雪に揺れている。近づくと相当痛んで文字が読み難くなっている。誰かが結びなおしてくれた針金も一重で頼りない。思案した末、回収することにした。
> 家で補修してまたいつか取り付けに来ようと、プレートを取り外してザックに縛り付けた。下端に書いた歌には注釈を付けていない。
 えっ!回収したのですか。
ほほう、あらたなプレートを見る楽しみが増えました

>  祠の残骸は原型を留めず、銅鏡とともに落ち葉と土に半分埋まっていた。鏡の裏にある模様は鮮明なままだが、鏡面は大分痛んで何も映らない。
> うーむ、これはこのままに捨て置けないという気持ちがムクムクと起きてくる。しかし私に宮大工は無理だ。
 この祠を作った人たちはどうしちゃったんでしょうね?社事体は、古くとも1960年代でしょうに。
こんな山の中の祠のご神体が神鏡というのも不思議です。
峠であれば地蔵とか石仏が一般的だし、山中であれば、動かせない大木や岩嵓、また祠に奉るのであれば自然石の奇岩でしょうか。
 器用に反応して、FBさんが声を上げた!!
遷宮法要の折は、緑ちゃんが祝詞をあげてくれましょう

> ちょっと滑って予期せぬ動きになるとアキレスにズキッとくる。いつになったら治るのやら。やがてヒザまで痛くなってきた。
 ん?痛風復活!?
そういえば、どうせ様では「左足首」でしたね?痛風とは関係ないのかな?

>  さて冒頭に掲げた目的はほぼ達成できたが、やはりというかセツブンソウは花の落ちたものや萎れたものばかりだった。
 なかなか鈴鹿へ出動できませんが、もうセツブンソウは終わりですね~。何の花を見に行こうかな。

No.7: Re^2: 風雪の白船峠   [No.2への返信]
日時: 2010/03/26 20:38
名前: ハリマオ ID:qsgV7u9I

fresh_breezeさん こんまんは

> 尿酸値下がった?これって別の病気なんとちゃうの?

自己診断ではたぶんアキレス腱炎ですね。
ネットで見ると整形外科、鍼灸、整体、接骨・・・原因も治療もみなバラバラなこと言ってます。
患者の立場からは何処へ行っても治らないと書いています。
だから医者は行きません。痛いときは安静やね。山へ行ったら悪化しましたわ。

> 10年ほど前に同じような場所で、倒れこんで写真とっている人を行き倒れの登山者だと思って、びびったことがありました。
> あれびっくりするからやめてちょんまげ。

ああ、そういう人いますね。カメラのモニターがバリアブルだと寝なくていいけどね。

> まじで近寄るまでドキドキだったよ。

私も早朝に山の中で倒れている人を見つけてビビリましたが、テント無しで寝ていただけでした。

> 「おしらさま」見たこと無いなぁ。「鈴鹿の山と谷」で読んだことありますが、いちど拝みに行こう。

峠のすぐ近くですよ。


>>ちょっと滑って予期せぬ動きになるとアキレスにズキッとくる。いつになったら治るのやら。やがてヒザまで痛くなってきた。無理して足を伸ばさずに良かったと思う。
> う~~~ん、だいぶ重症のようですね~。お大事に。

どうもです。しかし困ったことになりました。
あと2山の取材はどうしても行かなきゃならんし。

              ハリマオ

No.8: Re^2: 風雪の白船峠   [No.3への返信]
日時: 2010/03/26 20:40
名前: ハリマオ ID:qsgV7u9I

バーチャリさん、チャオ!

> 正座が出来ないほど痛くて山登り大丈夫ですか。

山登りはいいけど、山下りがつらいですわ。

> 御池岳残雪は購入出来ますか。

どうなんだろ? 御池庵に在庫があれば。

> 山は荒れた天気だったですね、

荒れようがどうだろうが日曜しか休めない辛さ。
三連休の土曜と月曜は天気良かったですね。罰当たってるのかな。

> プレートを見るとほっとします有難うございます。
> 今度はどんな替え歌が

いや、何も変えませんよ。修理だけ。

> 花見ランチいいですね。

前日に行ったグーさんは良かったでしょうね。ぽかぽか陽気で。

> 私も毎年プラプラする場所です。

木和田尾はいいところですね。鉄塔が玉に瑕ですが。
ところで孫太でお会いしたときのメンバーとは、まだ一緒に登ってますか?

> この日は黄砂は凄かったですね。
> 近くの山が見えないほど視界が無かったですね。

水を持っていってよかったですわ。
いつもなら雪を溶かすんですけど。天然コーヒーになるところでした。

          ハリマオ
No.9: Re^2: 風雪の白船峠   [No.4への返信]
日時: 2010/03/26 20:46
名前: ハリマオ ID:qsgV7u9I

946さん、こんばんは

> またエライ日に行かれましたなぁ~、これは修行の一部でしょうか?

ビンボーひまなしですがな。晴れても土曜は行けませぬ。

> きっと白船教の信者様なのですね。

信者ではないけど思い入れはありますね。

> あれから山に行っていないのですね。御池ではちょっと無理しましたか?

そうです。一ヶ月のブランクです。御池岳では無理はしてませんよ。
それ以前の藤内沢をやめときゃよかった。
こんなことになるとは想定外だったから仕方ないけど。

> さすがにこの日に行く人は少ないでしょう。私は家でゴロゴロしていました。

そりゃ連休のある人はわざわざ行かんでしょうね。

>>  そのとき突然突風が吹き、枝がしなり、木が鳴り、落ち葉が一斉に走った。
> きっと近藤先生が近くで呼んだのでしょうかね

私は霊とかオバケとか人一倍怖がりだから、おどかさんといて。
映画は好きだけど、ホラーは絶対見ません。

> この看板がハリマオさんのお手製だとは最近まで知りませんでした。何か歌のようなものが書いてあり風情のある看板だなぁと思っておりました。

歌のようなもの・・・・orz

> 私はあまり起用ではありませんがFRESH_BREEZE さんが反応したような
> 犬小屋を担ぎ上げるのは大変なので何人かで材木を運んで上で組み立てるのが良さそうですね

当然現地組み立てになりますね。その部品をよう作らんけど。
FBさんが作ってくれるかな。

>> こんな日に山へ来るとは、あまり賢いとは言えない人たちである。
> 人のこと言えませんがな

こういう場合、発言者本人には治外法権が与えられます。

                                           ハリマオ

No.10: Re^2: 風雪の白船峠   [No.6への返信]
日時: 2010/03/26 23:36
名前: ハリマオ ID:qsgV7u9I

プロフェッサーzippさん、こんばんは

> この日は台高南部の山に入っとりましたが、

あんな日でもやっぱ行ってまんのか。前世の宿業ですな。

> 雨上がりでもあり、霞がガスと黄砂の区別つき難しでしたわ。そして県境稜線に達すると凄まじい西風!

霧、靄、霞 気象学的には色々定義がございますんでしょうね。
一般的に使われているよりは厳密に決められているのでしょう。

>>  どうせ行くなら花がある北部だ。ついでに「どうせなら」がたくさん出てくる。
> わたしもよくやります。どうせ様の多い山域に向かうことになりますな。

よく言えば効率的、悪く言えば貧乏性。

> この時期の日曜日に駐車がゼロ?ハリマホさんが早出でしたか?

いや、いくら連休中とは言え、お天気のせいでしょう。
帰りには一台軽自動車がおりました。

> これを期に、通さんが FRESH_BREEZE と改名されたように spring_devil と心機一転改名されるのもよろしいかと。

spring_devil? 春魔王ですか?
例えハンドルとは言え、一度決めたものは無闇に変えるものではないと考えます。
ましかし、心機一転ちゅうこともございます。私は変えるなら漢字にしたいな。

>> しかし愚かな軽犯罪で捕まるお馬鹿に、警官や教師が多いのはどうしたことだろう。
> 警官や教師だからニュースになるのであって、

やはりそうですか。薄々そうではないかと思っ鳥ましたが・・・
しかしその程度のことで新聞テレビに顔写真、実名出されて家族親戚近所に顔向けできず
地位、仕事、人格すべて剥奪されるというのはマスコミの暴力ではないでせうか。
特に子どもが可哀そうだと思うのね。お前の父ちゃん・・・とかガッコでイジメラレルでしょ。
せめて初犯ぐらい実名は伏せてあげたら?
擁護してるからって私が同類ってことじゃないよ 
見よ!国家公安委員長(三重県選出)のふるまいを! アッパレ進呈です。

>> 家で補修してまたいつか取り付けに来ようと、プレートを取り外してザックに縛り付けた。
> ほほう、あらたなプレートを見る楽しみが増えました 。

「あらたな」じゃおまへんがな。補修って書いてあるでしょ。

> この祠を作った人たちはどうしちゃったんでしょうね?

炭焼きも街道の役目も終わったから、作った人たちはもう白船峠へは来ないわね。

> 社事体は、古くとも1960年代でしょうに。

その根拠は?

> こんな山の中の祠のご神体が神鏡というのも不思議です。
> 峠であれば地蔵とか石仏が一般的だし、山中であれば、動かせない大木や岩嵓、また祠に奉るのであれば自然石の奇岩でしょうか。

そうですね。かの八風大明神にもそんなものはないわさ。
鏡とは神社なみですね。

> 器用に反応して、FBさんが声を上げた!!

FBというと私なんぞ古河バッテリーを連想しますが 。
FBさん期待しちょります。
祠の材には金属が巻いてあってなかなか凝った作りだったみたい。

> 遷宮法要の折は、緑ちゃんが祝詞をあげてくれましょう

法要って仏教用語でっしゃろ。

>> ちょっと滑って予期せぬ動きになるとアキレスにズキッとくる。いつになったら治るのやら。やがてヒザまで痛くなってきた。
> ん?痛風復活!? そういえば、どうせ様では「左足首」でしたね?痛風とは関係ないのかな?

関係あるのか無いのか私にも分かりません。痛風後引き続いて痛いのです。
腰にしろ膝にしろ関節ちゅうのは厄介な場所で、医者にも容易に治せないのはご承知のとおり。
大金持ちのヒデキマツイでさえヒザが治らない。
頼れるのは時間経過のみ。老化するとその時間さえ長く掛かります。

                                          ハリマオ


No.11: Re^3: 風雪の白船峠   [No.10への返信]
1. ミツマタがいっぱい咲いてる

-クリックすると元画像を表示-
2. バイケソウの緑は好いなあ

-クリックすると元画像を表示-
3. 雪別れの帰り道

-クリックすると元画像を表示-
日時: 2010/03/27 09:42
名前: 緑水 ID:Ieu7DDMM

おはよう、ハリマオさんzippのオッチャン、元気なようですね。

ID:iNRvMgz.ってナンですか?緑ちゃんにも着けられてるんだけど?管理番号かな?


>>  どうせ行くなら花がある北部だ。ついでに「どうせなら」がたくさん出てくる。
> わたしもよくやります。どうせ様の多い山域に向かうことになりますな。

> よく言えば効率的、悪く言えば貧乏性。


ついでにやろ、人がやってくれればそれが浜ですな。
天気に関係なく山にいくはヤッパ目的があるからでしょ、無くてもいく時あるはすること無い時でしょ。


>> これを期に、通さんが FRESH_BREEZE と改名されたように spring_devil と心機一転改名されるのもよろしいかと。

> spring_devil? 春魔王ですか?
> 例えハンドルとは言え、一度決めたものは無闇に変えるものではないと考えます。
> ましかし、心機一転ちゅうこともございます。私は変えるなら漢字にしたいな。

実態を隠そうすれば分け判らん改名が好いですね、いっぱい意味持った日本古来の文字がアルのにね。
おっちゃんのもパソ神社に聞けばいろんなの出てくるよ。

>> しかし愚かな軽犯罪で捕まるお馬鹿に、警官や教師が多いのはどうしたことだろう。
> 警官や教師だからニュースになるのであって、

> やはりそうですか。薄々そうではないかと思っ鳥ましたが・・・
> しかしその程度のことで新聞テレビに顔写真、実名出されて家族親戚近所に顔向けできず


緑ちゃんの意見はチャウナ。
先生、指導者はどお言う立場の人間かわかっとるのか。
ストレス解消場をなくした社会構造も悪いけどな、イロヨクを好い方向に導かなアカンがな。


> 見よ!国家公安委員長(三重県選出)のふるまいを! アッパレ進呈です。

クリントンさんウッズさん始皇帝さんなんかもそのたぐいです。


>> この祠を作った人たちはどうしちゃったんでしょうね?

> 炭焼きも街道の役目も終わったから、作った人たちはもう白船峠へは来ないわね。


この会話もおかしいなあ?コレは江戸時代からの間道デッセ。
初版本の鈴鹿の山はなくして、56年版には坂本から君が畑に抜ける道が書いてあるよ。タヌちゃんが探ってる道ですがな。

緑ちゃんも社が健在な頃見てるし連想したもんです。
白船大社なんだもんね、坂本里にその白船大社なるものがあるのかしらね。


> 器用に反応して、FBさんが声を上げた!!

> 遷宮法要の折は、緑ちゃんが祝詞をあげてくれましょう

オッタンおっちゃんよ、なんで緑ちゃんの名が上がるの。あいつに言わせロッテか。
般若信教もよう覚えヤンのに。コレ役は難でもマオちゃんやろ。

そうそうマオちゃん次世代可愛い子出てきましたね、かなこちゃん好いなあ デレ~♪

改名はハリカナにすれば好いに。


> ようやく冷川源流に着き、ヨタヨタと老トチノキまで下りる。この木はアガリコで怪異な形状をしている。

緑ちゃんの見っけた、タヌ洞下のケヤキアガリコも見にかなあかんで、検証待ってルンやで。
ドウセ様の勢いで見にいかっせ、通風なんてのに託けてたらアカンデ。



> かのプレートが風雪に揺れている。近づくと相当痛んで文字が読み難くなっている。誰かが結びなおしてくれた針金も一重で頼りない。
> 思案した末、回収することにした。

この前見たとき、シッカリ留められてたよ。今度は金箔でもぬって100年は持つようにね。



>  祠の残骸は原型を留めず、銅鏡とともに落ち葉と土に半分埋まっていた。鏡の裏にある模様は鮮明なままだが、鏡面は大分痛んで何も映らない。
> うーむ、これはこのままに捨て置けないという気持ちがムクムクと起きてくる。しかし私に宮大工は無理だ。


自分が技を振るわなくても好いんだよ、金閣寺だって殿様がたくみに託したようにね。
マオチャマは潤沢な資金を出せば事足りますがな、金一貫目で請け負う人いまっせ。
再建者は「ハリマオ」って名盤をつけてくれますよ。

遷宮法要の折は稚児行列も立ててね、サクラ咲くころが好いなあ。


                      緑水


No.12: Re^4: 風雪の白船峠   [No.11への返信]
1. きょうの台高のサクラ

-クリックすると元画像を表示-
日時: 2010/03/27 23:56
名前: zipp ID:uoAHDnCQ

 貧乏性のハリマオさん、最近元気が無い?緑水さん、こんばんは。

> ID:iNRvMgz.ってナンですか?緑ちゃんにも着けられてるんだけど?管理番号かな?
 これは、すでに解決済みですね。

>> spring_devil? 春魔王ですか?
>> 例えハンドルとは言え、一度決めたものは無闇に変えるものではないと考えます。
>> ましかし、心機一転ちゅうこともございます。私は変えるなら漢字にしたいな。
>
> 実態を隠そうすれば分け判らん改名が好いですね、いっぱい意味持った日本古来の文字がアルのにね。
> おっちゃんのもパソ神社に聞けばいろんなの出てくるよ。

 おぉ!「春魔王」。なんかキャンデーズの歌を重ね合わせたみたいでいいでしょ(^^;。
わたしのは確か自転車関連だったような…。

> 緑ちゃんの意見はチャウナ。
> 先生、指導者はどお言う立場の人間かわかっとるのか。
> ストレス解消場をなくした社会構造も悪いけどな、イロヨクを好い方向に導かなアカンがな。
 緑ちゃんは、聖職者故に、ストレス溜まってヘンタイに陥りやすいのだ!と云うてはるんですね。確かに!!ココみていると…。

>> 見よ!国家公安委員長(三重県選出)のふるまいを! アッパレ進呈です。
> クリントンさんウッズさん始皇帝さんなんかもそのたぐいです。
 これは、ストレス関係ないよね。

>>> この祠を作った人たちはどうしちゃったんでしょうね?
>> 炭焼きも街道の役目も終わったから、作った人たちはもう白船峠へは来ないわね。
 やっぱ、炭焼き関係者なんでしょうか?

> この会話もおかしいなあ?コレは江戸時代からの間道デッセ。
> 初版本の鈴鹿の山はなくして、56年版には坂本から君が畑に抜ける道が書いてあるよ。タヌちゃんが探ってる道ですがな。
> 緑ちゃんも社が健在な頃見てるし連想したもんです。
> 白船大社なんだもんね、坂本里にその白船大社なるものがあるのかしらね。
 わたしが、「社自体」といったのは、いま朽果てている、ご神体である鏡を覆う木のヤシロのことを云ったのです。
緑水さんは見たのは何年なんだろう?いつ頃につくられたヤシロだと思われたでしょう?


>> 遷宮法要の折は、緑ちゃんが祝詞をあげてくれましょう
> オッタンおっちゃんよ、なんで緑ちゃんの名が上がるの。あいつに言わせロッテか。
> 般若信教もよう覚えヤンのに。コレ役は難でもマオちゃんやろ。
 緑水さんが、もっとも神に近いかと思ったモンですから(^^;。
それに祝詞の場合、お経と違って適当でいいかと思います。
 「法要」とは云わんと思うけど…。まさしく神仏混交な言葉を使っちゃいました。
「遷宮祭」でいいですやん。

> 遷宮法要の折は稚児行列も立ててね、サクラ咲くころが好いなあ。
 サクラって!もうすぐやん!!、そりゃぁ無理やって!!とfb宮大工さんがおしゃられるでしょう
No.13: Re^5: 風雪の白船峠   [No.12への返信]
1. 坂本棚田・好いですね

-クリックすると元画像を表示-
日時: 2010/03/28 04:55
名前: 緑水 ID:.tceyJc.

zipp おっちゃん おはようさん。
風邪から咳と痰が切れまヘン、調子悪いですニャン。 グ~ジイに元気を吸い取られたんかいナア(--)
山スキー巡礼にもでられず泣いております、子お言う時の怪傑作はヤッパオッチャン、マオちゃんしかおらん。


>  貧乏性のハリマオさん、最近元気が無い?緑水さん、こんばんは。

ハリマオさんゴメンネ、不漁オッチャンとチョッと遊ばせてクラサイ。

どこかの○ハンお気に入りオノコ引連れて元気宜しいなあ、マオちゃん置いてけぼりで「山口さんちのセガレ」見たいやナア。お土産きたら元気になるだろうよ映画見せてくれーって。

>> 実態を隠そうすれば分け判らん改名が好いですね、いっぱい意味持った日本古来の文字がアルのにね。
>> おっちゃんのもパソ神社に聞けばいろんなの出てくるよ。
> わたしのは確か自転車関連だったような…。

緑ちゃん最初に気になるのはハンドル名ネ、意味があるからつけてるんだから、我が子にナツケするみたいにね、過ぎてなつけなかったら蛙は好いですよ。

早い時に調べたらね、ライターと海亀のコトが出ました。
サスガだなあって思いました、火お着けるブランド亀さん希少種の保護なんか好いですよね。


>> ストレス解消場をなくした社会構造も悪いけどな、イロヨクを好い方向に導かなアカンがな。
>  緑ちゃんは、聖職者故に、ストレス溜まってヘンタイに陥りやすいのだ!と云うてはるんですね。確かに!!ココみていると…。

生き物には生きていく為に基本の生態があるですよ。
それはナニか聞くほどアホじゃないでしょ。
また前夜祭でウンチク酒盛りが好いね、気分上げて花と提灯にお出かけしょうじゃ~ネ熊さん

>> クリントンさんウッズさん始皇帝さんなんかもそのたぐいです。
>  これは、ストレス関係ないよね。

緑ちゃんちがいましたか、お仕事疲れの一条の爽風なん思ったですけど?

>> 緑ちゃんも社が健在な頃見てるし連想したもんです。
>> 白船大社なんだもんね、坂本里にその白船大社なるものがあるのかしらね。
>  わたしが、「社自体」といったのは、いま朽果てている、ご神体である鏡を覆う木のヤシロのことを云ったのです。
> 緑水さんは見たのは何年なんだろう?いつ頃につくられたヤシロだと思われたでしょう?

チョンガー時だろうから40年くらい前かな、山中だから30年それぐらいで朽ちるかなあ。
昔のならわいで、神宮さんのお祓い木を受けて村の大工さんが造ったんだと思うよ。
20年遷宮は日本文化に合ってる思うな。

保月廃村に有った社が朽ちて修理となり費用がない、で村の人は古木切り売りした。
涙の出る愚作だよなあ、作り物はやがて朽ちる。
何百年も生きてきた大木樹に洞を作り、社神にすれば好いのに思うのです。


>> 般若信教もよう覚えヤンのに。コレ役は難でもマオちゃんやろ。
>  緑水さんが、もっとも神に近いかと思ったモンですから(^^;。

逝く前のサカキってか、学識ある教養人おりまっせ。

> それに祝詞の場合、お経と違って適当でいいかと思います。

祝詞って言う言葉があるのね、八風大明神で祝詞あげたの友は大うけでしたよ。
オバチャマにこの字はナンテ読むの聞きながらね、賢い人はいっぱいおるで。

> 「遷宮祭」でいいですやん。
>
>> 遷宮法要の折は稚児行列も立ててね、サクラ咲くころが好いなあ。
>  サクラって!もうすぐやん!!、そりゃぁ無理やって!!とfb宮大工さんがおしゃられるでしょう

気の早いおっちゃんやナア、サクラがあと三回咲いたら「遷宮祭」やなって来る日を楽しむんですよ(^^)
山桜を植えると好いね。

                        緑水

No.14: Re^6: 風雪の白船峠   [No.13への返信]
日時: 2010/03/28 06:19
名前: グー(伊勢山上住人) ID:6y2i0N4I
参照: http://www.ztv.ne.jp/okada1/c8.html

仲間に入~~れて! 横レスごめんなさい。

> 風邪から咳と痰が切れまヘン、調子悪いですニャン。

まだ治らないの? 長引いてるね。

>  グ~ジイに元気を吸い取られたんかいナア(--)

そう。 緑ちゃんパワーを分けてもらいました。 ちょっと 取り分が多すぎたかな?

> 山スキー巡礼にもでられず泣いております、

私のスレッドに泣き言書いてくるかと楽しみに待っていたけど、さすが緑ちゃん、泣き・弱みは見せないね。

そう。まず口から炎を ガンガン 吐く。 そうしていたら、体も元気になってくるよ。

フレー フレー 緑ちゃん。 風邪なんか 吹き飛ばせ~~~!!!!!

                        グー(伊勢山上住人)

昨日のいい天気は仕事でした。 今から ブラブラ お出かけします。
No.15: Re^7: 風雪の白船峠   [No.14への返信]
1. ミツマタは種で増えるんだって

-クリックすると元画像を表示-
日時: 2010/03/28 07:58
名前: 緑水 ID:.tceyJc.

> 仲間に入~~れて! 横レスごめんなさい。

じょうじょ、おは入りえ(^^)これでヤブジャミチ三人そ~ろい、も一人いるんやけどなたぶん自分と自覚しとらんやろうな。

グ~ちゃんなにしとったん、厄は落ちたの未だ張り付いてますか。


>> 風邪から咳と痰が切れまヘン、調子悪いですニャン。
> まだ治らないの? 長引いてるね。

五年前のぶり返しみたいやニヤン、山行くと楽になるんやけどな。行きたい気持ちが怒らんのさ。
処方箋はね、30日に美女連れてのお花見だよ、超素人さんだから初々しいぜ(^^)

>>  グ~ジイに元気を吸い取られたんかいナア(--)
> そう。 緑ちゃんパワーを分けてもらいました。 ちょっと 取り分が多すぎたかな?

マアええがな、元気になってもらわなね、元気レポ頼みます。


>> 山スキー巡礼にもでられず泣いております、
> 私のスレッドに泣き言書いてくるかと楽しみに待っていたけど、さすが緑ちゃん、泣き・弱みは見せないね。

あそこへは書けんでしょ、ミンミンちゃんでて来てくれやんかなあ。お話楽しい思うけどなあ。
禁酒も今日で一週間か身体は1k減量、軽くなりました。
こうならりゃ自前で準備セナシャーナイ、でもなあ餓えたのがウヨウヨしてるもん。

> 昨日のいい天気は仕事でした。 今から ブラブラ お出かけします。

緑ちゃんは町内の総会だよ、コレ済めばまた楽になりますエッサカホイ。

                        緑水

No.16: Re: 風雪の白船峠
1.

-クリックすると元画像を表示-
2.

-クリックすると元画像を表示-
日時: 2010/03/28 20:04
名前: バーチャリ ID:pBNgVw6o

ハリマオさん 今晩は

オシラサマに会いに行ってきましたよ。
調子が良くてつい奥の平まで足を伸ばしましたが。


> 5. オシラサマ(白船神社)の現状把握

行きは県境尾根経由でしたのでなかなか見つからなくて、
帰り真の谷の方から上ってきた時に気付きました。
少し下りに有るのですね、なんかロマンを感じますね。

画像は先日の奥の平です。
     バーチャリ



No.17: Re^4: 風雪の白船峠   [No.11への返信]
日時: 2010/03/28 23:08
名前: ハリマオ ID:Zq0C1Ea6

緑水さん-こんばんは

雑談サロンの様相を呈してきたようでケッコなことです。

>> しかしその程度のことで新聞テレビに顔写真、実名出されて家族親戚近所に顔向けできず
> 緑ちゃんの意見はチャウナ。
> 先生、指導者はどお言う立場の人間かわかっとるのか。

世の中違う意見が色々あってケッコなことです。
せんせは給料もらって学問を教える人であって、人としての生き方まで給料に入っているのかしらん。
警官も制服脱げばただの人の子。彼らが人格高潔で絶対間違いを犯さないなんて国民は誰も思ってないし。
ま、しかし自覚を持てというのは常に言い続けないといけないですね。情けないけど。

> クリントンさんウッズさん始皇帝さんなんかもそのたぐいです。

始皇帝なんか悪いとも何とも思ってないでしょうね。昔は権力者の特権だ。
秀吉も家康も側室持ち放題。
ウッズさんはちょっとバツ悪いでしょうね。スポーツ選手は社会人としても立派でなければならない・・・
なんて石川遼にほざいてたから。

>>> この祠を作った人たちはどうしちゃったんでしょうね?
>> 炭焼きも街道の役目も終わったから、作った人たちはもう白船峠へは来ないわね。
> この会話もおかしいなあ?コレは江戸時代からの間道デッセ。
> 初版本の鈴鹿の山はなくして、56年版には坂本から君が畑に抜ける道が書いてあるよ。タヌちゃんが探ってる道ですがな。

え、なんかおかしいですか?
昔からの街道だということは百も承知。炭を坂本へ下ろすのにも利用された。
で、両方とも役目が終わったから勧進した人達(たぶん炭焼き?)はもう来ないと書いたのですが。

> 緑ちゃんも社が健在な頃見てるし連想したもんです。

おおすごい!さすが我らの緑ちゃん。写真、お持ちでないですか。

> 白船大社なんだもんね、坂本里にその白船大社なるものがあるのかしらね。

これは入道や福王山のような里宮に対する奥宮じゃないみたいですね。
坂本や本郷は白瀬地区というので白瀬峠は分かるのですが、白船とは何ぞや。そんな神社は日本中ないみたいです。

> そうそうマオちゃん次世代可愛い子出てきましたね、かなこちゃん好いなあ デレ~♪
> 改名はハリカナにすれば好いに。

そんな安直な(笑)。次世代の芽は次々に出てきますね。枯葉は土に還って、またお役に立てればよし。

> 緑ちゃんの見っけた、タヌ洞下のケヤキアガリコも見にかなあかんで、検証待ってルンやで。

ああ、忘れてましたわ。疑惑のブナですね。わし足痛いからタヌちゃんに任せます。

> ドウセ様の勢いで見にいかっせ、通風なんてのに託けてたらアカンデ。

ひとのアンヨだと思って気軽に言わんといて下さいよ。
まだ大事に使えば25年はもつ命だ、今無理して歩けなくなったらお先真っ暗ですがな。
今日は痛いところがアキレスから甲のほうへ移っていきました。不思議な症状です。

> この前見たとき、シッカリ留められてたよ。今度は金箔でもぬって100年は持つようにね。

今日はオーディオショップひやかしに行って、帰りにペンキ買ってきました。
金箔までは思いつきませんでした。さすがブットンだ発想ですね。黄金の看板は見たことないですね。

>> うーむ、これはこのままに捨て置けないという気持ちがムクムクと起きてくる。しかし私に宮大工は無理だ。
> 自分が技を振るわなくても好いんだよ、金閣寺だって殿様がたくみに託したようにね。
> マオチャマは潤沢な資金を出せば事足りますがな、金一貫目で請け負う人いまっせ。

なるほどですが、そんな財力があれば土曜や祭日までみみっちく働いてませんがな。
オモロイレス有難うございました。

                        ハリマオ

No.18: Re^2: 風雪の白船峠   [No.16への返信]
日時: 2010/03/28 23:14
名前: ハリマオ ID:Zq0C1Ea6

> オシラサマに会いに行ってきましたよ。

バーチャリさん、報告有難うございました。

> 調子が良くてつい奥の平まで足を伸ばしましたが。

お元気でうらやましいです。
この雪景色! 冬将軍も今頃けっこう粘りますね。真冬にもっと頑張って欲しかった。

> 行きは県境尾根経由でしたのでなかなか見つからなくて、
> 帰り真の谷の方から上ってきた時に気付きました。
> 少し下りに有るのですね、なんかロマンを感じますね。

私は最初、峠にあったものが転がり落ちたのかと思いましたが、
もともと峠の真の谷側にあったようですね。

                ハリマオ
No.19: Re^5: 風雪の白船峠   [No.17への返信]
1. フォークダンスを習う

-クリックすると元画像を表示-
日時: 2010/03/29 09:14
名前: 緑水 ID:o4GtNZFY

ハリマオさん お早うございま~あす、スッキリ青空ですね。
青い空はヤッパ好いですね、ドラちゃん好いじゃないですかサン連勝でしょ(^^)優勝だね


> 雑談サロンの様相を呈してきたようでケッコなことです。

お墨付きですか、眉唾つきですか? 賑やかなのは好いことだよね。大旦さん笑っとるかなあ。
山のフオーラムだモン、なぜに山に登るんだがこの集まりの趣旨いろいろあってヨロシイのことです。

> 世の中違う意見が色々あってケッコなことです。
> せんせは給料もらって学問を教える人であって、人としての生き方まで給料に入っているのかしらん。

こお言う風に専門テンになったらいけませんよ。
師という人は将来になう子ども達、また今生きる方向に迷う大人たちに往きかたを教えるのです。
仏教は素晴らしいことを教えてますね。手間賃ウンヌン言ったらもうマッキだね。


> 警官も制服脱げばただの人の子。彼らが人格高潔で絶対間違いを犯さないなんて国民は誰も思ってないし。
> ま、しかし自覚を持てというのは常に言い続けないといけないですね。情けないけど。

制服組は服を脱いでも心はチャンと自分の任務を自覚して無くてはいけないの。
町中でごろつきに痛められる人見れば先立たなくてね、わたしゃ非番だ関係ねーはないだろうよ。

> 始皇帝なんか悪いとも何とも思ってないでしょうね。昔は権力者の特権だ。

権力取るのは歴史のごとくだから、補足もしないが。
その下の連中だワナ、隠れてなにしてることか。やがてこけるもメイハクカ、夏の陣はオモシロくなりそう。
ハッと気がついてもそのときゃ遅い罠、カミツキガメ

> 秀吉も家康も側室持ち放題。

男に生まれたからには三ヶ月3ッカでもなりたいよなあ、マオちゃん思わないですか。
男大奥なんて映画あるそうだけど、あれ見る気します?

> ウッズさんはちょっとバツ悪いでしょうね。スポーツ選手は社会人としても立派でなければならない・・・
> なんて石川遼にほざいてたから。

ウッズが稜ちゃんに言ったの。
緑ちゃんジャンボが凌ちゃんにアドバイス聞きました、好いこと自分の経験か本音かかを言ってましたよ。
女にゃ気おつけろって、狙いは一つだって。

>>> 炭焼きも街道の役目も終わったから、作った人たちはもう白船峠へは来ないわね。
> え、なんかおかしいですか?
> 昔からの街道だということは百も承知。炭を坂本へ下ろすのにも利用された。
> で、両方とも役目が終わったから勧進した人達(たぶん炭焼き?)はもう来ないと書いたのですが。

瞬間的に思うんですよ浮かぶんですけど。
地勢学ちゅうのあるじゃないですか、大和から美濃へ抜けるに好い間道だよな。
大街道は関が原まわりだと思うけど、山稼ぎ人の往来には便利な山越えだ。
あの鏡の裏に描かれてる模様はナンですか、知る人が見ればすぐ判るだろうにね、その作られた年代もね。

>> 緑ちゃんも社が健在な頃見てるし連想したもんです。
> おおすごい!さすが我らの緑ちゃん。写真、お持ちでないですか。

バーニイーちゃんちのボケジイが持ってるんじゃないの、聞いてみてよ。

>> 白船大社なんだもんね、坂本里にその白船大社なるものがあるのかしらね。
> これは入道や福王山のような里宮に対する奥宮じゃないみたいですね。

意外とね湖東方面に宮があり船は琵琶湖に関係あるカモよ。琵琶湖って動いてるらしいデスモン。

> 坂本や本郷は白瀬地区というので白瀬峠は分かるのですが、白船とは何ぞや。そんな神社は日本中ないみたいです。

サスガーマオちゃん物知り、コンナのにコメント来ると嬉しいね(^^)

>> そうそうマオちゃん次世代可愛い子出てきましたね、かなこちゃん好いなあ デレ~♪
>> 改名はハリカナにすれば好いに。
>
> そんな安直な(笑)。次世代の芽は次々に出てきますね。枯葉は土に還って、またお役に立てればよし。

そうだよ、子どもは宝だ。生まれればこお言う天才児が育つモンね。

> ああ、忘れてましたわ。疑惑のブナですね。わし足痛いからタヌちゃんに任せます。
>> ドウセ様の勢いで見にいかっせ、通風なんてのに託けてたらアカンデ。
> ひとのアンヨだと思って気軽に言わんといて下さいよ。

そうやろ思てたワン、どうせ緑ちゃんなんか歩材とれでっしゃろ。ほっとけがいいのです、馴れてます雉。

> まだ大事に使えば25年はもつ命だ、今無理して歩けなくなったらお先真っ暗ですがな。
> 今日は痛いところがアキレスから甲のほうへ移っていきました。不思議な症状です。

こんなの簡単だよバチがあたっとんの、徳を授けなさいね。
六感神経痛やな、アジナイもの食べなされ弥、


> 今日はオーディオショップひやかしに行って、帰りにペンキ買ってきました。
> 金箔までは思いつきませんでした。さすがブットンだ発想ですね。黄金の看板は見たことないですね。

エセ金箔でも好いんだからね、作者名も入れますか。
アチコチにこんなの掛ければ好いね、遊びってほんま広がります。

> なるほどですが、そんな財力があれば土曜や祭日までみみっちく働いてませんがな。

イヤイヤその裏もチャンと取ってありますよ、ふ~タロさんとの快輪がね。
過去ログは怖いで

> オモロイレス有難うございました。

アリガトウございます、血潮が沸々と湧いてきましたです。


                          緑水

No.20: Re^6: 風雪の白船峠   [No.19への返信]
日時: 2010/03/29 13:10
名前: FRESH_BREEZE ID:x1RDbMPI

はりさん、緑水さん、こんちゃ~っす!

>> 雑談サロンの様相を呈してきたようでケッコなことです。
>
> お墨付きですか、眉唾つきですか? 賑やかなのは好いことだよね。大旦さん笑っとるかなあ。
> 山のフオーラムだモン、なぜに山に登るんだがこの集まりの趣旨いろいろあってヨロシイのことです。

1スレッドあたりの記事数は50になってます。
雑談サロンもおおいに盛り上がってくださいな。
様子を見て「増やせニャロメ!」ということになれば増やします。
いまのところ45になると警告が出て、50超えると過去ログへ強制送還となります。でへへ
これはプログラム作者の設定でワタシの意思ではありません。

では、ばいちゃ!
FB
No.21: Re^5: 風雪の白船峠   [No.17への返信]
1.

-クリックすると元画像を表示-
日時: 2010/03/29 23:07
名前: 秋狸 ID:PkhhsZUE

あら、こんなところで

>> 緑ちゃんの見っけた、タヌ洞下のケヤキアガリコも見にかなあかんで、検証待ってルンやで。
>
> ああ、忘れてましたわ。疑惑のブナですね。わし足痛いからタヌちゃんに任せます。

ちょうど昨日ネコマサ行ってきたところですわ。
でも、上から降りたんで千手の木までは寄れませんでした。
いくとしても葉っぱが出てからですね。

エノキちゃんを大量ゲット。美味しかったです。

秋狸
No.22: Re^6: 風雪の白船峠   [No.21への返信]
日時: 2010/03/30 19:41
名前: ハリマオ ID:hDpWP8ls

>> ああ、忘れてましたわ。疑惑のブナですね。わし足痛いからタヌちゃんに任せます。
>
> ちょうど昨日ネコマサ行ってきたところですわ。でも、上から降りたんで千手の木までは寄れませんでした。
> いくとしても葉っぱが出てからですね。

タヌちゃん、じゃあ葉っぱが出たたらよろすぃくー

        ハリマオ
No.23: Re^7: 風雪の白船峠   [No.22への返信]
1. 山の神様はお見通だ

-クリックすると元画像を表示-
日時: 2010/03/31 05:00
名前: 緑水 ID:hClt2qAU

ハリマオさん お早うございます、昨日は好いお天気でしたね。

緑ちゃん咳が残るもののマア好いだろう体調、お山にお願いに行きました。

>>> ああ、忘れてましたわ。疑惑のブナですね。わし足痛いからタヌちゃんに任せます。
>>
>> ちょうど昨日ネコマサ行ってきたところですわ。でも、上から降りたんで千手の木までは寄れませんでした。
>> いくとしても葉っぱが出てからですね。
>
> タヌちゃん、じゃあ葉っぱが出たたらよろすぃくー

やっと検証に行かれて貰えるんですね、一件落着ですワン。

緑ちゃん前から思ってたことですが。
お池探しゴッコのおりに当てはめるとこうなります。

自称「お池ソマ人」であった近藤さん、あと継ぐに「お池ブナ人」にマオちゃんとダブらせてますよ。
池守であった即行動のアキオちゃん影薄くなりました。
この池守継ぐ人は、ブナ守であるあきたぬちゃんだろうよ。

マアそお言うように見てたですよ。
緑ちゃん言えば疑問が有れば即行動でしたよ、コレがお遊びの真髄だね。
ヤブも死んじゃったし新しいお池の管理者として頑張って苦ダサイね、好いコンビだワン。

                                 緑水
No.24: Re^6: 風雪の白船峠   [No.21への返信]
1. 天狗さんの後ろ頭

-クリックすると元画像を表示-
日時: 2010/03/31 05:12
名前: 緑水 ID:hClt2qAU

タヌちゃんおはよう、元気しとるカア。

> あら、こんなところで

チャンと読んでるんだ、次のテーマは何でスカイ脳。
近藤さんは若い頃から、子育て夕食作りしてたですよ。そして紐生活と話してました。

タヌちゃんも子育てにお仕事に頑張りながら、お山を楽しんでくださいね。

> ちょうど昨日ネコマサ行ってきたところですわ。
> でも、上から降りたんで千手の木までは寄れませんでした。
> いくとしても葉っぱが出てからですね。

急ぐことありませんよ、ホッタラカシがアカンだけなんですから。

> エノキちゃんを大量ゲット。美味しかったです。

知識あるひとはエエナア、ナガネンに山遊びしておりながら身についていません。
またヨロシク

                        緑水
                         
No.25: Re^7: 風雪の白船峠   [No.20への返信]
1. 力の神天狗さん10日ぶり酒交わす

-クリックすると元画像を表示-
日時: 2010/03/31 05:25
名前: 緑水 ID:hClt2qAU

FRESH_BREEZEさん、お早うございま~す。
爽やかな気分の朝ですよ(^^)

>>> 雑談サロンの様相を呈してきたようでケッコなことです。
>>
>> お墨付きですか、眉唾つきですか? 賑やかなのは好いことだよね。大旦さん笑っとるかなあ。
>> 山のフオーラムだモン、なぜに山に登るんだがこの集まりの趣旨いろいろあってヨロシイのことです。

お忙しいのにドブ板長屋にお越しくださりアリガトウございます。
「なぜに山に登るんだ~」人いろいろでオモチロイですね。


> 1スレッドあたりの記事数は50になってます。
> いまのところ45になると警告が出て、50超えると過去ログへ強制送還となります。でへへ

こお言う堰があるんですか、なるほどなあ。この数は越えられないでしょう。

> 雑談サロンもおおいに盛り上がってくださいな。

船酔いせんようにネ

いつもアリガトウございます。

                            緑水
No.26: Re^8: 風雪の白船峠   [No.23への返信]
日時: 2010/03/31 19:39
名前: ハリマオ ID:klpE6c5I

おっ、まだ続きますか。緑水さん こんばんは
ほんじゃ前レスも含めて一筆啓上。

>> 秀吉も家康も側室持ち放題。
> 男に生まれたからには三ヶ月3ッカでもなりたいよなあ、マオちゃん思わないですか。

思いますっ! 
でも秀吉みたいに20人からいると三日じゃメンドー見切れんですね。
もはや三ヶ月でもムリ

> 男大奥なんて映画あるそうだけど、あれ見る気します?

そりゃ知りませんなあ。お姫様が通う場所?
それとも殿様の男色の場? どちらにしろ興味おまへんです。

> あの鏡の裏に描かれてる模様はナンですか、知る人が見ればすぐ判るだろうにね、その作られた年代もね。

ありゃ大量生産品ですね。
そう古くはない。鑑定団に持っていっても値打ちはないと思います。

> 意外とね湖東方面に宮があり船は琵琶湖に関係あるカモよ。琵琶湖って動いてるらしいデスモン。

色々推理は楽しいですね。biwacoさんはまだ動きまっせ。

>> 白船とは何ぞや。そんな神社は日本中ないみたいです。
> サスガーマオちゃん物知り、

いや、パソ神社頼りです。西尾本には火傷の神様みたいなこと書いてありますね。
ググっても不調。

> そうやろ思てたワン、どうせ緑ちゃんなんか歩材とれでっしゃろ。

いや、ちゃんとあの千手様の画像はパソに保存してありますよ。
ホントにブナだったら大したものですから。

>> そんな財力があれば土曜や祭日までみみっちく働いてませんがな。
> イヤイヤその裏もチャンと取ってありますよ、ふ~タロさんとの快輪がね。
>過去ログは怖いで

覚えちょりません。書き捨て御免ですわ。

> 緑ちゃん前から思ってたことですが。お池探しゴッコのおりに当てはめるとこうなります。
> 自称「お池ソマ人」であった近藤さん、あと継ぐに「お池ブナ人」にマオちゃんとダブらせてますよ。

ダブらすには畏れ多いですね。性格的にダブらんと思います。
緑水さんから見れば登山者としての杣人さんはガキ同然だったでしょうが
あの人は山を通じて何かを学ぶという教育者としての視点がありました。
学問というのは本来楽しいものなんだ、ということを取り巻きにも問わず語りに伝えようとしてしていたんじゃないかな。
自分に問いかけてくる人には例えそれが稚拙なものであろうとちゃんと評価し、考えるヒントを与えようとしていました。
それこそ上で書いていた制服脱いだ後の「給料外の仕事」ですね。
私なんぞはそんな高尚な思想はなく、自分が遊んでいるだけです。

ましかし杣人さんにも子どもみたいな競争心はありましたね 
純で裏表のない人でした(カミサンにも単純と指摘されておりました)。
でも、ほんとのことは誰にも分かりません。

> 池守であった即行動のアキオちゃん影薄くなりました。
> この池守継ぐ人は、ブナ守であるあきたぬちゃんだろうよ。

池守さんはもはや鈴鹿はあまり眼中にないようです。あちこちの何百山とかに夢中ですね。
タヌちゃんには継ぐというより独自の世界を展開してもらいたいですね。

> 緑ちゃん言えば疑問が有れば即行動でしたよ、コレがお遊びの真髄だね。
> ヤブも死んじゃったし新しいお池の管理者として頑張って苦ダサイね、好いコンビだワン。

フロンティア(開拓)時代に遊んだ人は面白かったでしょうね。
もはや御池は丸裸。大量の人間が縦横無尽に徘徊しています。
秘密のアッコちゃん、まだ居るかな?

                     ハリマオ
No.27: Re: 風雪の白船峠
1.

-クリックすると元画像を表示-
日時: 2010/04/02 22:11
名前: Trail Walker ID:lVM1OtOU

春DVさんこんばんわ 
 なんやら今頃れすわ


> 1は痛風が完治したにも拘らず左アキレス腱が痛い。特に甲を伸ばす(腱が縮む)と痛く、正座が出来ない。2については時期、天気から過剰な期待は無理。

私も最近ふくらはぎの中に痛みがあってよく攣るんやけど年のせいやろか?指位なら我慢出来るけど、太もも攣るともの凄く痛いね。



>  ミスミソウは数が減ったように思う。しかも周囲は薄暗く、閉じて俯いている。カメラを地べたにつけて仰向けに撮る。何だかスカートの中を盗撮しているような後ろめたさを覚える。

 う~んそういう発想が出るという事は頭の中に意識が有るやな、願望やとはいえませんが


>  上空は物凄い風が吹いているらしく、鉄塔に近づくにつれゴウゴウと不気味な唸りが大きくなってくる。シューベルト交響曲第7番「未完成」の冒頭で弦の低音が不安を暗示するが、そんな感じで今日の山行が案じられる。巨大な弦にも見える送電線が切れて落下し、自分が黒焦げになりはしないかという馬鹿な想像さえ浮かんでくる。

 これは完全に映画の見過ぎやな。
最近余り映画みたことないなぁ、3Gやらなんちゃら皿洗うぞ、なんやらよう判らんけど立体にみえたり、音が飛び交ったり、超スローになったと思ったらいきなり早回し。
 送電線切れて落ちるのもきっとスローだよ、火達磨になって飛んでいくのは早回しになるね、ドサッと落ちたときには本物以上の重低音が響くのかな?
 
 それでも「半月」だけはカミサンと息子が見たい言うとる。わかってますよハリさんの趣味じゃ無い事は(^_^



> この木はアガリコで怪異な形状をしている。冬場に伐採して、冷川谷を滑り下ろしたのだろう。切られた所から十本以上の幹が天高く伸びている。
 アガリコってなんやろ?、じゃがりこなら食べた事有るけど、イベリコ豚はたべたことないなぁ。
ググッてみたら判りました、「やまおやじ」とはちょっと違いますなぁ。

 ハリさんのこのスレは逆さアガリコみたいな樹形してまんな。
新フォーラムになって閲覧数がメッちゃ気になりますがこのスレ1600を越えてます、レスの数が増えると閲覧カウントも増える、その相関関係を研究してみようかな?きっとこの逆さアガリコが鍵を握っていると思うな。





>  峠の直下まで来るとジャケットに何かパラパラと当たった。アラレだ。そして白船峠へ着くと同時に横殴りの雪が激しく降り出した。オシラサマの手荒い歓迎か、あるいは祟りだろうか。

 これはたたりですね!
ほとけひょっとこカメかまうなわけわかめ???
 
 なにとぞ再興させて下さい。

>かのプレートが風雪に揺れている。近づくと相当痛んで文字が読み難くなっている。誰かが結びなおしてくれた針金も一重で頼りない。思案した末、回収することにした。家で補修してまたいつか取り付けに来ようと、プレートを取り外してザックに縛り付けた。下端に書いた歌には注釈を付けていない。これを見て即座に百人一首のパロディーだと分かれば大したものだ。
 
 やっぱり私は大した事ないわな。

>  さてこのまま坂本谷を下りては非難の的であるから、
書かなければ判らんと思うけど。結構歩く人いるんやろか?工事は済んでも永久に解除にならんのでしょうか?

>トラバりながら木和田尾に復帰する。適当なところをあっちフラフラこっちフラフラと下りて行く。ちょっと滑って予期せぬ動きになるとアキレスにズキッとくる。いつになったら治るのやら。やがてヒザまで痛くなってきた。無理して足を伸ばさずに良かったと思う。やがて雲が退き、鉄塔広場からは下界の見通しが利いた。気温も上がってきたが、まだ手袋を外すと冷たい。

 寒いときは余り無理しないように、油が固まってるから。モービル1が効くらしいです
 
>  駐車地へ戻ると車のボンネットが泥まみれになっていて驚く。誰かにイタズラされたのかと思ったが、よく見ると遥か中国からの有難くない贈り物だった。しかしこれはひどい量だ。やがて中国の国土はなくなってしまうのではないか。そうしてみると今朝の朝靄は黄砂も手伝っていたのか。

 黄砂もう一降りすると儲かるのにね これはハリさんが振り撒いたと言う噂も有るとか無いとか?
 

TW
No.28: 白船峠の看板   [No.9への返信]
1.

-クリックすると元画像を表示-
日時: 2010/04/03 19:40
名前: 宮指路 ID:Tgawx.qA

ハリマオさん、こんばんは

昨年5月に行った時のものです。

何か書いてありますが私には難しくて理解できませんでした。

                                           946
No.29: Re: 白船峠の看板   [No.28への返信]
日時: 2010/04/03 20:05
名前: ハリマオ ID:Tgawx.qA

鴨さん、こんばんは。写真とってくれてありがとう。

> 何か書いてありますが私には難しくて理解できませんでした。

ええのよ、別に。戯れ歌だから。

           葉里

No.30: Re^2: 風雪の白船峠   [No.27への返信]
1. 暗黒部屋  葬式御用達

-クリックすると元画像を表示-
2. 新プロジェクターと白船看板

-クリックすると元画像を表示-
日時: 2010/04/03 20:20
名前: ハリマオ ID:Tgawx.qA

取れ~る魚か~ さん、こんばんは (春の椿事やー、珍客やー、珍獣襲来、イモト出動!)

> なんやら今頃れすわ

確かに・・・ま、でもよくおいで下さいますた。お茶でも飲んでいきんさい。

> 私も最近ふくらはぎの中に痛みがあってよく攣るんやけど年のせいやろか?指位なら我慢出来るけど、太もも攣るともの凄く痛いね。

あなたは歩き過ぎでしょう。
私は山ではあまり攣りませんが、布団の中で時々攣ります。寝相悪いんやろか。

>> 何だかスカートの中を盗撮しているような後ろめたさを覚える。
> う~んそういう発想が出るという事は頭の中に意識が有るやな、願望やとはいえませんが

取れーるさんの願望を代筆しました。

> これは完全に映画の見過ぎやな。
> 最近余り映画みたことないなぁ、3Gやらなんちゃら立体にみえたり

節子ぉぉ、それは3Gやのうて3Dや・・・

家庭に3Dが入るのはまだ先ですね。普及する前にコケる可能性大やけど。

> 皿洗うぞ、なんやらよう判らんけど音が飛び交ったり

「皿洗うぞ」やなくて「皿うどん」。地方にはサラウンドという方言もありますが 

> 送電線切れて落ちるのもきっとスローだよ、ドサッと落ちたときには本物以上の重低音が響くのかな?

5.1chの場合、低音専用のサブウーハーを使うわけですが、音量上げると部屋が共振します。
カミさんによると、私が映画見ているときに風呂へ入ると水面が波立つそうです。ジュラシックパークかちゅうの。
それでも偽低音ですね。本物の重低音をスピーカーから再生するのは至難の業です。
いいウーハー欲すい。

写真: 最近せっかくの白壁を真っ黒にしてしまい、家族から葬式部屋と怖れられるマイルーム。

> それでも「半月」だけはカミサンと息子が見たい言うとる。わかってますよハリさんの趣味じゃ無い事は(^_^

「半月」? 知りませんなー。半月板損傷する映画ですか ?
私が苦手なのはホラー、純愛、ミュージカル、動物が可哀そうな目にあうやつ。
好きなのはSF、アクション、サスペンス、冒険もの。渋いのもたまに見ます。

> アガリコってなんやろ?、じゃがりこなら食べた事有るけど、イベリコ豚はたべたことないなぁ。

節子ぉぉ 、アガリコは食べ物と違うんやでー。東尾リコは食べられたけど。

> 新フォーラムになって閲覧数がメッちゃ気になりますがこのスレ1600を越えてます

何じゃろね、このカウンターは??? ただ白船峠へ行って戻っただけのトロいレポですが。
「峠の神様」って表題が気を引いたかな? それって何?と思われたんでしょう。
見出しが大切なのはYOUTUBEで引っ掛かりまくっているTWさんならよくお分かりでしょう 
パソ画面に向かって 「詐欺やないか~!」 と叫んでいるのが目に見えます (爆)

>  ほとけひょっとこカメかまうなわけわかめ???

何書いてますの? 脳ミソが攣ったんですか?
 
>> これを見て即座に百人一首のパロディーだと分かれば大したものだ。
>  やっぱり私は大した事ないわな。

別に自己申告せんでも分かってますがな 
しかし人生において百人一首なんぞ、何ほどの価値がありましょうや。
あなたの丈夫な足こそが千金の価値がおますでしょう。

>>  さてこのまま坂本谷を下りては非難の的であるから、
> 書かなければ判らんと思うけど。結構歩く人いるんやろか?工事は済んでも永久に解除にならんのでしょうか?

もう何年も行かないので記憶が薄れかけています。歩く人は少しはいるでしょうね。
つーか、生コン車がけっこう上まで行っているらしいですよ。
源頭まで堰堤で埋め尽くすつもりでしょう。 人からコンクリートへ・・・

>> ちょっと滑って予期せぬ動きになるとアキレスにズキッとくる。やがてヒザまで痛くなってきた。無理して足を伸ばさずに良かったと思う。
> 寒いときは余り無理しないように、油が固まってるから。モービル1が効くらしいです

分かった! トレさんの血は粘度が高いから寒さに弱いんだ。
冬は寒冷地仕様の血液と抜き変えてもらいなされ。
  
 にぎやかだから借りとこ ↓                              
> はりまお

 逆順に表示   スレッド一覧   新規スレッド作成