ヤブコギネット 山のフォーラム [ホームに戻る] [スレッド一覧] [新規投稿] [留意事項] [ワード検索] [管理用] [過去ログ一覧] 過去ログ閲覧

◆ スレッド全体を投稿順に表示  逆順に表示
スレッド307: 日本の夏、ヤブ山の夏
No.0: 【奥美濃】黒津川から黒津山
1.

-クリックすると元画像を表示-
2.

-クリックすると元画像を表示-
日時: 2010/09/01 21:53
名前: 兎夢 ID:84vYWeY2
参照: http://blogs.yahoo.co.jp/two2106_hira

2010年8月29日(月)晴れ 黒津川~黒津山 奥美濃 沢歩き 単独 

6:00 黒津川林道終点 → 7:30~40 二俣 → 9:30 直登沢出合 → 11:00~12:20 黒津山三角点 → 12:45 南東ピーク → 15:00 二俣 → 16:25 黒津川林道終点

 黒津川は以前から気になっていたが昨年の山日和さんのレポートで行く気に火がついた。山日和さんによるとなかなかの美渓らしい。
 坂内道の駅横にきれいに舗装された林道がある。これを奥に進むと左手に「黒津浄水場」を見て終点に着く。終点は少し広くなっていて車が数台停められる。ここから対岸に鉄製の橋が架けてあるが朽ちかけており渡れるのか怪しい。勇気を振り絞って足を出す。なんとか無事に渡る事ができた。
 対岸の踏跡を辿ると堰堤の肩に出た。そこから黒津川の流れに下りて奥に向かっていくとすぐ大きく深々とした淵が横たわっていた。両岸は岩壁だ。しかしここは左側から縁を伝っていき中央の小さな滝の落ち口に上がることができた。傍らには釣り師が残したらしいロープがあったが信用はできない。
 奥にも似たような規模の淵が幾つか現れた。何れも釣り師のロープが残されているが頼るまでもない(下る時、一部使わせてもらったけど)。楽しくそれらを越えていくとやがて沢はゴーロ状になる。左右に広がる樹林帯が心を癒してくれる。猛暑続きの今年だがここではそんな事は感じない。
 左岸側に黒い岩肌の滝がかかっている。水量もそこそこある。そんな滝を二つ見送ると二俣に出る。水量からいうと右が本流のようだがここは左へと進んでいく。
 豊かな樹林帯が沢を包む。特に右岸にある石垣跡の辺りからは背の高い沢グルミが谷を埋め尽くすかの様だ。やがて登り頃の滝が現れる。直登すればシャワー確実だ。頭から水を被って登っていく。気持ちいい。次の滝も登りにくそうだったが直登していった。続く滝は裏見ができそう。で滝の裏に入ってみる。なかなかいい感じで楽しい。
 少し大きめの枝沢が右から合わさったところから目指す直登沢は近い。気分よく歩いて行きふとGPSを見ると目指す沢の出合を行き過ぎていた。あわてて先ほどの出合まで戻ったが目指す沢が分からない。もう一度登り返すと小さな流れが出ているところがあった。さきほど規模が小さかったため無視してしまったところだ。周りの地形から見てもどうやらこれが直登沢のようだ。
 沢はそれまでの本流に比べるとかなり細く取り付きから黒い岩肌の滝が連続する。規模は大きくないが手がかり足がかりが小さく登りにくい。左右も難しそうな草つきだったり岸壁だったりして逃げられない。一歩一歩慎重に登っていってこの連瀑帯をなんとか乗り切った。
 連瀑帯が終わると左手に涸れ沢が現れる。地形図からこの涸れ沢が山頂へ直登している沢と推測していた。その推測が正しいかどうか今は分からないが正しいと信じてそちらに進んでいった。
 下部は安定した沢だが上部に至ると登りにくい急斜面が続く。ふと振り返ると谷向こうの青空の下にブンゲン、貝月などが見えそれが苦しい登りの救いだった。
 上部に至るとヤブが濃くなり濃密な笹も現れた。きついヤブコギとなる。その中をGPSで針路を修正しながら進んでいくと稜線近くで目の前に灌木が立ちはだかった。その灌木を回り込むと足下に四頭三角点があった。GPSの世話になったとはいうものの100点満点の登頂だった。
 山頂は樹木と笹で展望はほとんどない。近くの木に登って展望を楽しむ。それとて東側は見る事ができなかった。蕎麦粒山が随分近くに見える。その奥に高丸が見え更にその奥に夜叉壁。南には貝月山やブンゲン、金糞岳が見える。ヤブ山としては大満足の展望だろう。
 下山は迷ったが南東ピークから沢に下っていく事にした。山頂からヤブに飛び込む。ヤブの中にはなんと赤テープの目印がしてあった。それもまだ新しい。こんなヤブの中を歩くなんて物好きな人もいたもんだ。
 南東ピーク辺りはブナの樹林帯になっていて三角点ピークより雰囲気がいい。そこから猛烈な笹薮に飛び込んで南の沢筋へ降りていく。
 沢筋は最初安定していて歩きやすい。こちらにして正解だったと思いたいが初見の沢の常でとんでもない滝が現れるのではないかという不安がつきまとう。とんでもない滝は現れなかったがやがてガレて不安定な斜面になり一歩一歩が慎重になる。そこを越えると後は難しいところはなかった。とはいえ沢の下りは足腰に負担がかかり疲れるし時間もかかる。それ故なのか想像した以上に沢が長く感じられた。
 下部に至り沢が広くなってくると幾つか滝が現れるが越すのに苦労するようなところはなかった。結局最後までロープを出す事はなかった。朝通過した二俣に出ると後は登った沢を下るだけとなった。陽が傾いてきて急ぎ足の下りとなった。朝射していたのとは逆向きに射す陽は沢の表情を違って見せていた。
 
No.1: Re: 【奥美濃】黒津川から黒津山
1.

-クリックすると元画像を表示-
2.

-クリックすると元画像を表示-
3.

-クリックすると元画像を表示-
日時: 2010/09/01 23:14
名前: 山日和 ID:YRhkxqqs

兎夢さん、こんばんは。

> 2010年8月29日(月)晴れ 黒津川~黒津山 奥美濃 沢歩き 単独 

行ってきましたね。

> 6:00 黒津川林道終点 → 7:30~40 二俣 → 9:30 直登沢出合 → 11:00~12:20 黒津山三角点 → 12:45 南東ピーク → 15:00 二俣 → 16:25 黒津川林道終点

さすがに速いね~。黒津まで上がっても余裕の下山ですね。

>  対岸の踏跡を辿ると堰堤の肩に出た。そこから黒津川の流れに下りて奥に向かっていくとすぐ大きく深々とした淵が横たわっていた。両岸は岩壁だ。しかしここは左側から縁を伝っていき中央の小さな滝の落ち口に上がることができた。傍らには釣り師が残したらしいロープがあったが信用はできない。

ここから入渓するのが正解ですね。私らは二俣まで時間を稼ごうと、右岸の杣道を行きましたがこれがもうひどいヤブ。失敗でした。

>  奥にも似たような規模の淵が幾つか現れた。何れも釣り師のロープが残されているが頼るまでもない(下る時、一部使わせてもらったけど)。楽しくそれらを越えていくとやがて沢はゴーロ状になる。左右に広がる樹林帯が心を癒してくれる。猛暑続きの今年だがここではそんな事は感じない。

次の滝は特に美しかった記憶が。結局堰堤から二俣までの間で一番美しかったのがこの区間でした。

>  豊かな樹林帯が沢を包む。特に右岸にある石垣跡の辺りからは背の高い沢グルミが谷を埋め尽くすかの様だ。やがて登り頃の滝が現れる。直登すればシャワー確実だ。頭から水を被って登っていく。気持ちいい。次の滝も登りにくそうだったが直登していった。続く滝は裏見ができそう。で滝の裏に入ってみる。なかなかいい感じで楽しい。

沢グルミが林立する癒しの森でしたね。連瀑帯も実に楽しいところです。

>  沢はそれまでの本流に比べるとかなり細く取り付きから黒い岩肌の滝が連続する。規模は大きくないが手がかり足がかりが小さく登りにくい。左右も難しそうな草つきだったり岸壁だったりして逃げられない。一歩一歩慎重に登っていってこの連瀑帯をなんとか乗り切った。

あれっ、手前の連瀑帯が終わった後、倒木が谷を埋めてませんでした?ここで戦意喪失(時間切れも)したのでした。

>  上部に至るとヤブが濃くなり濃密な笹も現れた。きついヤブコギとなる。その中をGPSで針路を修正しながら進んでいくと稜線近くで目の前に灌木が立ちはだかった。その灌木を回り込むと足下に四頭三角点があった。GPSの世話になったとはいうものの100点満点の登頂だった。

それは想定内でしょう。

>  山頂は樹木と笹で展望はほとんどない。近くの木に登って展望を楽しむ。それとて東側は見る事ができなかった。蕎麦粒山が随分近くに見える。その奥に高丸が見え更にその奥に夜叉壁。南には貝月山やブンゲン、金糞岳が見える。ヤブ山としては大満足の展望だろう。

いやいや、目に浮かぶようです。奥美濃フリーク垂涎の眺めですね。

>  下山は迷ったが南東ピークから沢に下っていく事にした。山頂からヤブに飛び込む。ヤブの中にはなんと赤テープの目印がしてあった。それもまだ新しい。こんなヤブの中を歩くなんて物好きな人もいたもんだ。

それはあんたのことでしょう。(^_^;)

>  沢筋は最初安定していて歩きやすい。こちらにして正解だったと思いたいが初見の沢の常でとんでもない滝が現れるのではないかという不安がつきまとう。とんでもない滝は現れなかったがやがてガレて不安定な斜面になり一歩一歩が慎重になる。そこを越えると後は難しいところはなかった。とはいえ沢の下りは足腰に負担がかかり疲れるし時間もかかる。それ故なのか想像した以上に沢が長く感じられた。

去年の予定ルートです。こちらは滝らしい滝はないという情報でした。

>  下部に至り沢が広くなってくると幾つか滝が現れるが越すのに苦労するようなところはなかった。結局最後までロープを出す事はなかった。朝通過した二俣に出ると後は登った沢を下るだけとなった。陽が傾いてきて急ぎ足の下りとなった。朝射していたのとは逆向きに射す陽は沢の表情を違って見せていた。

やりましたね。お疲れさまでした。(*^^)v

                             山日和
No.2: Re^2: 【奥美濃】黒津川から黒津山   [No.1への返信]
1.

-クリックすると元画像を表示-
日時: 2010/09/06 19:31
名前: 兎夢 ID:0nBHooHE
参照: http://blogs.yahoo.co.jp/two2106_hira

山日和さん、こんばんは。
こんなマニアックな奥美濃の沢に興味を示してくれる人は数える程しかいないと思ってましたがまさにその通り。ブログでもコメントくれたのは関ヶ原Nさん(K2へいった人)だけでした。でこちらは山日和さんかとっちゃんくらいやろうと思ってたらその通り。

>> 2010年8月29日(月)晴れ 黒津川~黒津山 奥美濃 沢歩き 単独 
>
> 行ってきましたね。

去年からずっと機会を狙ってました。それが今年は一人で山行する機会が少なくなってなかなか身体の自由が利かずこの日となりました。

> さすがに速いね~。黒津まで上がっても余裕の下山ですね。

でもトロトロでしたよ。特に涸れ沢からヤブに入る辺りは足が上がらなかった。
これ来期のOSKの山行に取り上げるって言われたんですけど規模は10人程度だって。上に着かないよ〜!

> ここから入渓するのが正解ですね。私らは二俣まで時間を稼ごうと、右岸の杣道を行きましたがこれがもうひどいヤブ。失敗でした。

堰堤から上に行く踏み跡は見るからにヤブに覆われてとても行く気になりませんでした。堰堤から下りるのがちょっと大変でしたが正解でした。

> 次の滝は特に美しかった記憶が。結局堰堤から二俣までの間で一番美しかったのがこの区間でした。

そうかもしれませんね。後はほぼゴーロの沢でした。

> 沢グルミが林立する癒しの森でしたね。連瀑帯も実に楽しいところです。

背の高い沢グルミの森に出るとなんとなくホッとしますね。ヤブも少ないし。

> あれっ、手前の連瀑帯が終わった後、倒木が谷を埋めてませんでした?ここで戦意喪失(時間切れも)したのでした。

倒木はありましたがそれほどきついものはなかったですね。たぶん詰める沢が今回とは違ってたんじゃないかなあ。僕は左俣を詰め切らずに途中で枝沢に入ってますからね。

> それは想定内でしょう。

最近GPSに頼るきらいがあるのであかんなあと思ってます。地形図とコンパスで道を探らないと地図が読めなくなりそうな…

> いやいや、目に浮かぶようです。奥美濃フリーク垂涎の眺めですね。

こればかりはここにこの時季に登った人間にしか分からん眺めですね。残雪の頃とはまた味わいが違います。

> それはあんたのことでしょう。(^_^;)

予定突っ込みありがとうございます。

> 去年の予定ルートです。こちらは滝らしい滝はないという情報でした。

上部に滝はほぼないですね。ガレ場を登るのがちょっときついくらいでしょう。

> やりましたね。お疲れさまでした。(*^^)v

やれましたね。OSKの計画に入ったらリーダーは僕だって言われましたが10人は連れて行きたくないなあ。

                   兎夢
No.3: Re: 【奥美濃】黒津川から黒津山
日時: 2010/09/09 00:42
名前: とっちゃん(都津茶女) ID:LwFi5jDQ

Tutomuさん、こんばんは~。

亀レスでごめんね~。

何せ、持ち時間がなくって(これでも仕事と家事でほとんど、平日は自分の時間がないのよ~)


> 2010年8月29日(月)晴れ 黒津川~黒津山 奥美濃 沢歩き 単独


黒津川に行ったんやね~。

 
> 6:00 黒津川林道終点 → 7:30~40 二俣 → 9:30 直登沢出合 → 11:00~12:20 黒津山三角点 → 12:45 南東ピーク → 15:00 二俣 → 16:25 黒津川林道終点


黒津の三角点まで、しっかり行ってきたんや~。さすが、足が速いね~。へたれの私とは大違いだわ。

私達は、途中下車で、残念しちゃった。(ーー;)


>  黒津川は以前から気になっていたが昨年の山日和さんのレポートで行く気に火がついた。山日和さんによるとなかなかの美渓らしい。
>  ここから対岸に鉄製の橋が架けてあるが朽ちかけており渡れるのか怪しい。勇気を振り絞って足を出す。なんとか無事に渡る事ができた。

ここの橋はいつもで持つかしらね~。


>  対岸の踏跡を辿ると堰堤の肩に出た。そこから黒津川の流れに下りて奥に向かっていくとすぐ大きく深々とした淵が横たわっていた。両岸は岩壁だ。しかしここは左側から縁を伝っていき中央の小さな滝の落ち口に上がることができた。傍らには釣り師が残したらしいロープがあったが信用はできない。


ここから、沢に降りたかったけど、こちらは、杣道を奥まで入りました。

しかし、ヤブヤブだったわ~。


>  奥にも似たような規模の淵が幾つか現れた。何れも釣り師のロープが残されているが頼るまでもない(下る時、一部使わせてもらったけど)。楽しくそれらを越えていくとやがて沢はゴーロ状になる。左右に広がる樹林帯が心を癒してくれる。猛暑続きの今年だがここではそんな事は感じない。


ほんと、滝には、残置ロープがあったね~。

ここらあたりは、私達は、下りに歩いたけど。いい感じで楽しいところでした。


>  左岸側に黒い岩肌の滝がかかっている。水量もそこそこある。そんな滝を二つ見送ると二俣に出る。水量からいうと右が本流のようだがここは左へと進んでいく。
>  豊かな樹林帯が沢を包む。特に右岸にある石垣跡の辺りからは背の高い沢グルミが谷を埋め尽くすかの様だ。やがて登り頃の滝が現れる。直登すればシャワー確実だ。頭から水を被って登っていく。気持ちいい。次の滝も登りにくそうだったが直登していった。続く滝は裏見ができそう。で滝の裏に入ってみる。なかなかいい感じで楽しい。


なかなか、楽しんでるね~。

暑い時期には、沢が最高~って感じるね。

>  少し大きめの枝沢が右から合わさったところから目指す直登沢は近い。気分よく歩いて行きふとGPSを見ると目指す沢の出合を行き過ぎていた。あわてて先ほどの出合まで戻ったが目指す沢が分からない。もう一度登り返すと小さな流れが出ているところがあった。さきほど規模が小さかったため無視してしまったところだ。周りの地形から見てもどうやらこれが直登沢のようだ。
>  沢はそれまでの本流に比べるとかなり細く取り付きから黒い岩肌の滝が連続する。規模は大きくないが手がかり足がかりが小さく登りにくい。左右も難しそうな草つきだったり岸壁だったりして逃げられない。一歩一歩慎重に登っていってこの連瀑帯をなんとか乗り切った。



最後の方は急になっていたんだね~。

私達は、そこまで行けなかったけど。途中、すごく倒木があったけど、もう、流されて気にならない状態になっていたのかな?

草付きは、好きじゃないね~。それこそ、バイルでも持っていたら役に立ちそう。


>  連瀑帯が終わると左手に涸れ沢が現れる。地形図からこの涸れ沢が山頂へ直登している沢と推測していた。その推測が正しいかどうか今は分からないが正しいと信じてそちらに進んでいった。
>  下部は安定した沢だが上部に至ると登りにくい急斜面が続く。ふと振り返ると谷向こうの青空の下にブンゲン、貝月などが見えそれが苦しい登りの救いだった。


最後の詰めはつらいね~。水が切れると急にしんどくなるよね、暑いし~。

青空の下、景色が見えると、ほっとするね。


>  上部に至るとヤブが濃くなり濃密な笹も現れた。きついヤブコギとなる。その中をGPSで針路を修正しながら進んでいくと稜線近くで目の前に灌木が立ちはだかった。その灌木を回り込むと足下に四頭三角点があった。GPSの世話になったとはいうものの100点満点の登頂だった。


ばっちり、三角点にたどり着いたんや~。

感激~。


>  山頂は樹木と笹で展望はほとんどない。近くの木に登って展望を楽しむ。それとて東側は見る事ができなかった。蕎麦粒山が随分近くに見える。その奥に高丸が見え更にその奥に夜叉壁。南には貝月山やブンゲン、金糞岳が見える。ヤブ山としては大満足の展望だろう。


登れる木があったのね~。おかげで展望に恵まれてよかったね。

いつやったか、どこかの山で、shigekiさんが木に登って景色見ていた記憶が~。

そうそう、ハリマオさんも木登り上手~。



>  下山は迷ったが南東ピークから沢に下っていく事にした。山頂からヤブに飛び込む。ヤブの中にはなんと赤テープの目印がしてあった。それもまだ新しい。こんなヤブの中を歩くなんて物好きな人もいたもんだ。


はいはい。あなたもね~って言われるよ。


>  南東ピーク辺りはブナの樹林帯になっていて三角点ピークより雰囲気がいい。そこから猛烈な笹薮に飛び込んで南の沢筋へ降りていく。


猛烈なヤブも下りなら、まだいいよね~。

>  沢筋は最初安定していて歩きやすい。こちらにして正解だったと思いたいが初見の沢の常でとんでもない滝が現れるのではないかという不安がつきまとう。とんでもない滝は現れなかったがやがてガレて不安定な斜面になり一歩一歩が慎重になる。そこを越えると後は難しいところはなかった。とはいえ沢の下りは足腰に負担がかかり疲れるし時間もかかる。それ故なのか想像した以上に沢が長く感じられた。



沢を下るのは、やっぱり時間がかかるね~。

何でも無い滝も、下りは難しく感じるし。

私達も下る予定やった沢やないのかな?

無事下降できてよかったね。


>  下部に至り沢が広くなってくると幾つか滝が現れるが越すのに苦労するようなところはなかった。結局最後までロープを出す事はなかった。朝通過した二俣に出ると後は登った沢を下るだけとなった。陽が傾いてきて急ぎ足の下りとなった。朝射していたのとは逆向きに射す陽は沢の表情を違って見せていた。

夕日は、なんだか気配が優しく、趣があり、弱々しく感じちゃうね。

充実した一日になってよかったね。

久々の単独の沢登り、無事下山でなにより~。

☆。。。とっちゃん(都津茶女)。。。☆





No.4: Re^2: 【奥美濃】黒津川から黒津山   [No.3への返信]
1.

-クリックすると元画像を表示-
日時: 2010/09/09 22:34
名前: 兎夢 ID:KaOUOiII
参照: http://blogs.yahoo.co.jp/two2106_hira

とっちゃん、こんばんは。

> 亀レスでごめんね~。

いいですよ〜。僕は亀過ぎてレスができなかったりしてます。

> 黒津の三角点まで、しっかり行ってきたんや~。さすが、足が速いね~。へたれの私とは大違いだわ。
>
> 私達は、途中下車で、残念しちゃった。(ーー;)

そんなに早くはないと思うけど。昨年、ここに沢から登った人は僕より全体に1時間早い時間でしたよ。もっともルートが違ってたけど。

> ここの橋はいつもで持つかしらね~。

渡ってる間に傾いて倒れるんじゃないかとヒヤヒヤしました。

> ここから、沢に降りたかったけど、こちらは、杣道を奥まで入りました。
>
> しかし、ヤブヤブだったわ~。

というレポを読んでいたのでしっかりした踏み跡があるのかと思いましたがとても足を踏み入れる気にはなりませんでした。

> ほんと、滝には、残置ロープがあったね~。
>
> ここらあたりは、私達は、下りに歩いたけど。いい感じで楽しいところでした。

残置ロープが多かったですね。水量が多い時は頼りになるのでしょう。

> なかなか、楽しんでるね~。
>
> 暑い時期には、沢が最高~って感じるね。

やはり水流の近くにいると涼しく感じますね。

> 最後の方は急になっていたんだね~。
>
> 私達は、そこまで行けなかったけど。途中、すごく倒木があったけど、もう、流されて気にならない状態になっていたのかな?
>
> 草付きは、好きじゃないね~。それこそ、バイルでも持っていたら役に立ちそう。

多分とっちゃん達とは向かっていた沢が違っていたんだと思います。途中から枝沢に入ったからね。

> 最後の詰めはつらいね~。水が切れると急にしんどくなるよね、暑いし~。
>
> 青空の下、景色が見えると、ほっとするね。

フー、フーって感じでしたね。ほんと足が上がんない。

> ばっちり、三角点にたどり着いたんや~。
>
> 感激~。

なかなかあんなにピンポイントで三角点にでることはないんじゃないかなあ。我ながら驚きました。

> 登れる木があったのね~。おかげで展望に恵まれてよかったね。
>
> いつやったか、どこかの山で、shigekiさんが木に登って景色見ていた記憶が~。
>
> そうそう、ハリマオさんも木登り上手~。

僕も時折木に登っては風景を楽しんでます。ちょっと視線が変わっていいですね。

> はいはい。あなたもね~って言われるよ。

僕の場合は物好きでヤブを歩いているわけではなくてやむを得ない状況の中で仕方なくヤブを歩いているのです。断固として物好きじゃない!

> 猛烈なヤブも下りなら、まだいいよね~。

でも笹同士がからんでなかなか進まないような激ヤブでしたよ

> 沢を下るのは、やっぱり時間がかかるね~。
>
> 何でも無い滝も、下りは難しく感じるし。
>
> 私達も下る予定やった沢やないのかな?
>
> 無事下降できてよかったね。

たぶん予定していた下山路だと思います。地形図を見て想像していたよりも長く感じましたね。

> 充実した一日になってよかったね。
>
> 久々の単独の沢登り、無事下山でなにより~。

そう、基本がひとり歩きなのにここのところ一人で行く事が少なく久々に一人を思いっきり味わえた沢旅になりました。

                  兎夢

 逆順に表示   スレッド一覧   新規スレッド作成