ヤブコギネット 山のフォーラム [ホームに戻る] [スレッド一覧] [新規投稿] [留意事項] [ワード検索] [管理用] [過去ログ一覧] 過去ログ閲覧

◆ スレッド全体を投稿順に表示  逆順に表示
スレッド384: 陸奥へのお遍路 二日目
No.0:   ○ 10月19日 阿弥陀ガ原~月山  快晴 寒い日
1. 弥陀ガ原、鳥海山に日本海

-クリックすると元画像を表示-
2. 月山山頂、覗く山は大朝日岳?

-クリックすると元画像を表示-
3. 一ノ峰へ尾根芯を行く

-クリックすると元画像を表示-
日時: 2010/10/26 03:33
名前: 緑水 ID:YE5dqmlU

*陸奥へのお遍路 二日目

庄内みかわ温泉までは山形高速がタダと嬉しいコト(^^)早く着くことができますた。
早速に一杯やり終えてフラフラと湯に行くの。前にも来てるから要領は分かってるのサ

チュウシャー場目の前はスパーがあり、なにを買ったんだろう忘れた(ーー)
けどお姉さんのお顔は山形美人でした。思いだした納豆を買ったんだお話はおまけですよ(^^)


  ○ 10月19日 阿弥陀ガ原~月山  快晴 寒い日

芭蕉の歩いた道の続きを行くが目的だから、本日が本目に成るよ。
昨日の疲れは無いけど、疲れなおしのマッタリ山行です。

昨夜はしっかり冷えたんだろうなあ、朝靄が屋根高さほどの低い所を漂ってる。
前も走ってるのに思いはサッパリ甦らないのよ。
大鳥居なんか覚えてても好いのに、いよいよボケは本格的なのか(--)

道すがら有名なお寺の案内板が有るけど、まず月山頂上が先ですよね。
羽黒神社本殿は前に拝んだから由として、八合目への月山高原ライン道に入る。
中腹はブナの紅葉が綺麗だよ、八合目には先客2台の車が有るだけでした。

7:30、始まりにマップを見る。緩やかな登りで3時間半とあるよ、11時には着くだろう。
絵地図では弥陀が原へ二本の道があり、右回りで行くことにする。

高原の上に立てば、池がいくつもある草紅葉?枯れた色に水の青さ?薄い氷が張ってる。
霞で埋まる平野の向こうに鳥海山が愁眉な姿で浮かんでるよ。緩やかな好い山だ。
あのコースから上がったみたい、歩きでは有るよね・・・思う。

左回りからの道を合わすとココからが登山道だ、石の道ながら歩きよいよ。
右手は笹の原、左手は池を沢山配した高原はオモワシ原とあるよ。
お日様が柔らかな日差し、まだ空気が冷えてるんだろうなあ。汗も出ない快適な空気に包まれてるよ。

ポコリっう感じで小屋前にでた、こんな処に小屋が有るんだ。仏生池がありお墓が並んでるよ。
これ過ぎて月山山頂は右手高みへと緩やかにつながる、右手は笹の原から灌木岩肌にと変わっていく。
左側は枯れ色の山肌緩やかで、山スキーには絶好だろうなあ思いながら登るよ。

山頂神社の石垣が近くに成り登れば石鳥居の月山神社前だ。9:45 ゆっくり歩いたのに早い着きです。
月山神社にお参りに行く、芭蕉さんも拝んだんだろうなあ。賢くなりますように。

枯れた山頂広場はから、姥ガ岳降り口まで見に行くも冷たい風にこらアカン。
お昼に好い所ないかいなあ、露岩は溶岩だろうなあ色んな形でニョキリとあるよ。
風の影になりお日様の暖かさを求めてさ迷うの、ココ好いなあ(^^)

早いけれどお供えしてプシューリンコです。
山頂池は神泉池と有るよ、不思議ですねこの高さに水が湧くのは。清らかな水です。
乳白の雲海の上に吹き出物のような雲が湧いてきたよ。面白い眺めだ。
ゆっくり下りようです。

下りは登山道を外して西側の景色を見よう。枝尾根の高みに登れば湯殿山の高見が見える。
山スキーで登った品倉山はあそこだ、よくわかるよな。
雪が谷を埋めればどこでも行けるんだよな。山スキー上手に成りたいなあ思うよ。

仏生山からは尾根通しになるよ、登山道は右手下にあるけどその間は濃密な這松が覆ってる。
西側からは冬風がキツイのだろう這松は無い、尾根芯は柔らかい苔のような道となる。
先人は歩いてるんだろうなあ、その痕跡は逃がさないよ。

所々の岩の重なりや這松を巧く巻きながら下がっていくの。
一峰岩峰の上から先は笹の原が柔らかな光を受けて光ってる、その先は弥陀ヶ原の池が枯れ色の上にあるよ。
この笹の上を歩けたらいいのになあ、でも入り込んだら地獄だろうな。

しっかりとルート見る、あそこ枯れ色をつなげば登山道までヤブも少しだろう。
エイヤー、ヤブに飛び込めば背を起す濃密な笹やぶにドップリコト沈む。笹を踏みしめて渡るも隙間に落ちると動きが取れないよ。
怖いところだ、笹を分けるな束ねよ!その上に乗れ。ヤブ乗りは鈴鹿仕込みだニャロメがよ、方向は良いのかな(~~)
枯れ色が見えたよ、出た~あああ(^^)嬉しいいいい

その先はジワ溝を伝えば登山道にでた。
後はチンタラと弥陀ガ原を回る見物です、大勢のカメラマンはジイバアさんばかりです、高級カメラで高級三脚で同じ所ばかりで写してるよ。
駐車場には大型のバスが上がってるんだ、こんなのとすれ違いはご免だよなあ。

装備を解いて即おりようです。13:30

羽黒神社に寄っていこうです。
美女と遭遇ですよ、モデルに成って頼めばありがとうのお礼が来るよ。
緑たんもテンションが上がるよね、パチリンコ パチリンコですよ(^^)また元気を貰っちゃった

今宵の泊り場は、月山道駅です。月山朝日博物村ここも好い所ですの。
プシューして一眠りすれば、だれも居ない夜に成っていた。

               緑水
No.1: Re:   ○ 10月19日 阿弥陀ガ原~月山  快晴 寒い日
日時: 2010/10/26 17:32
名前: 山猪(エム) ID:vSMr/yIM

緑水さん、こんにちは

> 庄内みかわ温泉までは山形高速がタダと嬉しいコト(^^)早く着くことができますた。
> 早速に一杯やり終えてフラフラと湯に行くの。前にも来てるから要領は分かってるのサ
回数を重ねた分だけ賢くなりますね。
>
> チュウシャー場目の前はスパーがあり、なにを買ったんだろう忘れた(ーー)
> けどお姉さんのお顔は山形美人でした。思いだした納豆を買ったんだお話はおまけですよ(^^)
綺麗なお姉さんのお顔から、納豆を思い出す・・・・・??
>
>   ○ 10月19日 阿弥陀ガ原~月山  快晴 寒い日
またも快晴、幸運続きですね。
>
> 昨夜はしっかり冷えたんだろうなあ、朝靄が屋根高さほどの低い所を漂ってる。
> 前も走ってるのに思いはサッパリ甦らないのよ。
> 大鳥居なんか覚えてても好いのに、いよいよボケは本格的なのか(--)
そんなに頻繁に行ける所でもなし・・・・何か他に気を取られる事が有ったんでしょう。
そんなの、ボケに入りませんヮ。これがボケならサンチョなぞ10代の頃から・・・・。
>
> 高原の上に立てば、池がいくつもある草紅葉?枯れた色に水の青さ?薄い氷が張ってる。
> 霞で埋まる平野の向こうに鳥海山が愁眉な姿で浮かんでるよ。緩やかな好い山だ。
> あのコースから上がったみたい、歩きでは有るよね・・・思う。
雄大な景色・・&渋い彩りだけど池の青がアクセント・・・・何とも言えない絶妙なバランスですね。
>
> 左回りからの道を合わすとココからが登山道だ、石の道ながら歩きよいよ。
> 右手は笹の原、左手は池を沢山配した高原はオモワシ原とあるよ。
> お日様が柔らかな日差し、まだ空気が冷えてるんだろうなあ。汗も出ない快適な空気に包まれてるよ。
薄氷が張るくらいだから、歩いて丁度良い感じでしょう。
>
> ポコリっう感じで小屋前にでた、こんな処に小屋が有るんだ。仏生池がありお墓が並んでるよ。
> これ過ぎて月山山頂は右手高みへと緩やかにつながる、右手は笹の原から灌木岩肌にと変わっていく。
> 左側は枯れ色の山肌緩やかで、山スキーには絶好だろうなあ思いながら登るよ。
山上なのか山麓なのか・・・・不思議な世界・・・・・。
月山山頂も現実離れした感じです。
雪の季節が待ち遠しい・・・って感じですね。
>
> 山頂神社の石垣が近くに成り登れば石鳥居の月山神社前だ。9:45 ゆっくり歩いたのに早い着きです。
> 月山神社にお参りに行く、芭蕉さんも拝んだんだろうなあ。賢くなりますように。
3時間半コースでしたよね。2時間15分で歩けましたか。
>
> 枯れた山頂広場はから、姥ガ岳降り口まで見に行くも冷たい風にこらアカン。
> お昼に好い所ないかいなあ、露岩は溶岩だろうなあ色んな形でニョキリとあるよ。
> 風の影になりお日様の暖かさを求めてさ迷うの、ココ好いなあ(^^)
今夏は殊更に暑かったので、お日様から逃げてばかりでした。
既にお日様が恋しい季節なんですね。
>
> 下りは登山道を外して西側の景色を見よう。枝尾根の高みに登れば湯殿山の高見が見える。
> 山スキーで登った品倉山はあそこだ、よくわかるよな。
> 雪が谷を埋めればどこでも行けるんだよな。山スキー上手に成りたいなあ思うよ。
場数でしょうね・・・・、場数を稼ぐにはリフトだけど・・・・・これだと普通の圧雪ゲレンデだし・・・・。
>
> 所々の岩の重なりや這松を巧く巻きながら下がっていくの。
> 一峰岩峰の上から先は笹の原が柔らかな光を受けて光ってる、その先は弥陀ヶ原の池が枯れ色の上にあるよ。
> この笹の上を歩けたらいいのになあ、でも入り込んだら地獄だろうな。
這松とササ原の混在ですか・・・・・やはり不思議な所。
>
> しっかりとルート見る、あそこ枯れ色をつなげば登山道までヤブも少しだろう。
> エイヤー、ヤブに飛び込めば背を起す濃密な笹やぶにドップリコト沈む。笹を踏みしめて渡るも隙間に落ちると動きが取れないよ。
> 怖いところだ、笹を分けるな束ねよ!その上に乗れ。ヤブ乗りは鈴鹿仕込みだニャロメがよ、方向は良いのかな(~~)
> 枯れ色が見えたよ、出た~あああ(^^)嬉しいいいい
近頃の鈴鹿では味わえないようなササヤブ地獄ですね・・・・・虫が出てしまったようで・・・。
>
> 羽黒神社に寄っていこうです。
> 美女と遭遇ですよ、モデルに成って頼めばありがとうのお礼が来るよ。
> 緑たんもテンションが上がるよね、パチリンコ パチリンコですよ(^^)また元気を貰っちゃった
緑水さんが、お相手している姿が目に浮かぶようです。
>
> 今宵の泊り場は、月山道駅です。月山朝日博物村ここも好い所ですの。
> プシューして一眠りすれば、だれも居ない夜に成っていた。
明日は、『月山ビジターセンター』ですか?

    サンチョ
No.2: Re:   ○ 10月19日 阿弥陀ガ原~月山  快晴 寒い日
日時: 2010/10/26 20:47
名前: 宮指路 ID:oWQ039Wc

緑水さん、こんばんは
鳥海山、月山は関東に居る時に行って見たい山の一つでしたが結局行けず仕舞いでした。
定年後に行って見たいなぁと思います。

> *陸奥へのお遍路 二日目
>
> 庄内みかわ温泉までは山形高速がタダと嬉しいコト(^^)早く着くことができますた。
地方高速道路無料実験の恩恵ですね

> 羽黒神社本殿は前に拝んだから由として、八合目への月山高原ライン道に入る。
> 中腹はブナの紅葉が綺麗だよ、八合目には先客2台の車が有るだけでした。
富士山も8合目まで車で行けたら楽でしょうね
>
> 7:30、始まりにマップを見る。緩やかな登りで3時間半とあるよ、11時には着くだろう。
> 絵地図では弥陀が原へ二本の道があり、右回りで行くことにする。
8合目から3時間半なら富士山並みか
>
> 左回りからの道を合わすとココからが登山道だ、石の道ながら歩きよいよ。
> 右手は笹の原、左手は池を沢山配した高原はオモワシ原とあるよ。
この辺り夏は高山植物の宝庫なんでしょうね

> お日様が柔らかな日差し、まだ空気が冷えてるんだろうなあ。汗も出ない快適な空気に包まれてるよ。
登るには一番イイ季節ですよね
>
> ポコリっう感じで小屋前にでた、こんな処に小屋が有るんだ。仏生池がありお墓が並んでるよ。
さすが信仰の山ですね

> これ過ぎて月山山頂は右手高みへと緩やかにつながる、右手は笹の原から灌木岩肌にと変わっていく。
> 左側は枯れ色の山肌緩やかで、山スキーには絶好だろうなあ思いながら登るよ。
>
> 山頂神社の石垣が近くに成り登れば石鳥居の月山神社前だ。9:45 ゆっくり歩いたのに早い着きです。
それだけ楽しい登りだったのでしょう

> 月山神社にお参りに行く、芭蕉さんも拝んだんだろうなあ。賢くなりますように。
いにしえの参拝道です。
>
> 早いけれどお供えしてプシューリンコです。
プシュ~とプシュリンコの違いは何かな?

> 山頂池は神泉池と有るよ、不思議ですねこの高さに水が湧くのは。清らかな水です。
夜叉ヶ池もあの高さで湧き水のようです。不思議です。

> 乳白の雲海の上に吹き出物のような雲が湧いてきたよ。面白い眺めだ。
> ゆっくり下りようです。
雲を楽しむユトリが欲しいよ
>
> 仏生山からは尾根通しになるよ、登山道は右手下にあるけどその間は濃密な這松が覆ってる。
> 西側からは冬風がキツイのだろう這松は無い、尾根芯は柔らかい苔のような道となる。
> 先人は歩いてるんだろうなあ、その痕跡は逃がさないよ。
長年の経験で分かりますか?
>
> 所々の岩の重なりや這松を巧く巻きながら下がっていくの。
> 一峰岩峰の上から先は笹の原が柔らかな光を受けて光ってる、その先は弥陀ヶ原の池が枯れ色の上にあるよ。
> この笹の上を歩けたらいいのになあ、でも入り込んだら地獄だろうな。
昔の御池岳の笹原を思い出すようですか?
>
> しっかりとルート見る、あそこ枯れ色をつなげば登山道までヤブも少しだろう。
> エイヤー、ヤブに飛び込めば背を起す濃密な笹やぶにドップリコト沈む。笹を踏みしめて渡るも隙間に落ちると動きが取れないよ。
無理しちゃダメよ

> 怖いところだ、笹を分けるな束ねよ!その上に乗れ。ヤブ乗りは鈴鹿仕込みだニャロメがよ、方向は良いのかな(~~)
> 枯れ色が見えたよ、出た~あああ(^^)嬉しいいいい
助かった~ぁ
>
> 羽黒神社に寄っていこうです。
> 美女と遭遇ですよ、モデルに成って頼めばありがとうのお礼が来るよ。
おお最後にやっと美女と遭遇ですか?
流石に山ガはいなかったようですね。

                           宮指路

No.3: Re^2:   ○ 10月19日 阿弥陀ガ原~月山  快晴 寒い日   [No.1への返信]
1. 月山東側は広い大地だ

-クリックすると元画像を表示-
2. 羽黒神社参道

-クリックすると元画像を表示-
3. 寄り道のピークに登る

-クリックすると元画像を表示-
日時: 2010/10/28 08:25
名前: 緑水 ID:I7OXx.Rg

山猪(エム)さん、今朝から雨ですパソ日和ですワン
昨日は上天気で釈迦テンと思いますたが、今日が雨予報でやらぬは正解でした。
イシグレ峠への古道を歩いてきますたよ、ちゃんと手入れされており竜テンパクの帰り道を確保しますた。

>> 庄内みかわ温泉までは山形高速がタダと嬉しいコト(^^)早く着くことができますた。
>> 早速に一杯やり終えてフラフラと湯に行くの。前にも来てるから要領は分かってるのサ
> 回数を重ねた分だけ賢くなりますね。

緑ちゃんみたいな覚えの悪いアルホは、何度も通って記憶に残るんですよ。

>> けどお姉さんのお顔は山形美人でした。思いだした納豆を買ったんだお話はおまけですよ(^^)
> 綺麗なお姉さんのお顔から、納豆を思い出す・・・・・??

お買い物の必要はなかったんだけどね、お話がしたかったのサ。風呂上がりの好い気分ですた。モウ一点買ったんだけど思いだせないよ。納豆はよく食べます。通じが好いんだよね(^^)

>> 大鳥居なんか覚えてても好いのに、いよいよボケは本格的なのか(--)
> そんなに頻繁に行ける所でもなし・・・・何か他に気を取られる事が有ったんでしょう。
> そんなの、ボケに入りませんヮ。これがボケならサンチョなぞ10代の頃から・・・・。

あの時は、まだ参道に雪が残り五重塔の印象が強いから、ほか記憶が飛んだんだろうね。
それと芭蕉もココがメインのうた会の会場、長~い石段から羽黒神社に入り感激でしたからカモ。

>> あのコースから上がったみたい、歩きでは有るよね・・・思う。
> 雄大な景色・・&渋い彩りだけど池の青がアクセント・・・・何とも言えない絶妙なバランスですね。

枯れ草色はジジ色かな、水の青さは空を写すよ。遠く霞むは鳥海山そして海が水平線が広がるよ。

>> お日様が柔らかな日差し、まだ空気が冷えてるんだろうなあ。汗も出ない快適な空気に包まれてるよ。
> 薄氷が張るくらいだから、歩いて丁度良い感じでしょう。

ホンの数日前の暑さはなんじゃったのかしら、ちゃんと冬はそこまで来てますね。
良い季候は短いですね。

>> 左側は枯れ色の山肌緩やかで、山スキーには絶好だろうなあ思いながら登るよ。
> 山上なのか山麓なのか・・・・不思議な世界・・・・・。
> 月山山頂も現実離れした感じです。
> 雪の季節が待ち遠しい・・・って感じですね。

ココに何メートルもの雪が積もるんだもんね、雪の時に見た時は緩やかな雪の丘ですよ。
山スキーマスターすればどこへでも行ける、そう思いますたね。

>> 山頂神社の石垣が近くに成り登れば石鳥居の月山神社前だ。9:45 ゆっくり歩いたのに早い着きです。
>> 月山神社にお参りに行く、芭蕉さんも拝んだんだろうなあ。賢くなりますように。
> 3時間半コースでしたよね。2時間15分で歩けましたか。

マップではね、弱い人でも楽に歩けまうよ。一合目からの古道もあるんでしょうね。だれも歩かないでしょうけど。

>> 風の影になりお日様の暖かさを求めてさ迷うの、ココ好いなあ(^^)
> 今夏は殊更に暑かったので、お日様から逃げてばかりでした。
> 既にお日様が恋しい季節なんですね。

ホンマにです、プシューより熱燗が好いですね。
保温弁当に湯割りチューを持ちますよ。

>> 雪が谷を埋めればどこでも行けるんだよな。山スキー上手に成りたいなあ思うよ。
> 場数でしょうね・・・・、場数を稼ぐにはリフトだけど・・・・・これだと普通の圧雪ゲレンデだし・・・・。

上手な人に教えて貰う、好い道具を持つがヘタっぴ上達の近道でしょうね。
今年もゲレが開いたらすぐにやるつもりですワン。

>> 一峰岩峰の上から先は笹の原が柔らかな光を受けて光ってる、その先は弥陀ヶ原の池が枯れ色の上にあるよ。
>> この笹の上を歩けたらいいのになあ、でも入り込んだら地獄だろうな。
> 這松とササ原の混在ですか・・・・・やはり不思議な所。

雪だと尾根とうしなんでしょうね、風当たりは強いでしょうな。

>> 枯れ色が見えたよ、出た~あああ(^^)嬉しいいいい
> 近頃の鈴鹿では味わえないようなササヤブ地獄ですね・・・・・虫が出てしまったようで・・・。

時間に余裕が有ったしね、もう来ないと道外しは思い道理の景色満喫でしたよ。

>> 緑たんもテンションが上がるよね、パチリンコ パチリンコですよ(^^)また元気を貰っちゃった
> 緑水さんが、お相手している姿が目に浮かぶようです。

モウ一組は赤い橋の欄干でね、若い娘は綺麗で景色に負けないですよ。
気楽にお話とモデルさんに成ってくれて、お礼まで言われますよ(^^)疲れは確実に霧散しますワン。

> 明日は、『月山ビジターセンター』ですか?

そうなの

                 緑水
No.4: Re^2:   ○ 10月19日 阿弥陀ガ原~月山  快晴 寒い日   [No.2への返信]
1. 月の盃かなあ、飾られてた

-クリックすると元画像を表示-
2. 振り向けば緩やかな登り

-クリックすると元画像を表示-
3. 優しく見えても厳しいヤブ原

-クリックすると元画像を表示-
日時: 2010/10/28 09:14
名前: 緑水 ID:I7OXx.Rg

 宮指路 さんこんにちワン、急な寒さはアキまヘンなあ。冬装束ですがなあ。

> 鳥海山、月山は関東に居る時に行って見たい山の一つでしたが結局行けず仕舞いでした。
> 定年後に行って見たいなぁと思います。

いっぱい行きたいところを覚えておくが良いですよね、全国100お奨めにのるが良いと思いますね。
それを核にして広げれば好い所はいっぱいありますね。一人旅が身についてるカモさん得意技をですね。

>> 庄内みかわ温泉までは山形高速がタダと嬉しいコト(^^)早く着くことができますた。
> 地方高速道路無料実験の恩恵ですね

過疎な地方は無料継続お願いししたいですワン、北海道3月に行こうかな思ってますのよ。


>> 中腹はブナの紅葉が綺麗だよ、八合目には先客2台の車が有るだけでした。
> 富士山も8合目まで車で行けたら楽でしょうね

高さが問題でしょうなあ、それから先が苦しさは倍増でしょうな。

>> 絵地図では弥陀が原へ二本の道があり、右回りで行くことにする。
> 8合目から3時間半なら富士山並みか

月山は2,000mないんですから2時間ちゅうところでしょうな。3,777m富士とは次元が違う思いますけど。
行く距離も二倍有りますよ、行くまでに疲れてしまうから疲労ど同じかな。

>> 右手は笹の原、左手は池を沢山配した高原はオモワシ原とあるよ。
> この辺り夏は高山植物の宝庫なんでしょうね

どうだろう?自由に歩きまわれませんですね。

> 登るには一番イイ季節ですよね
>> ポコリっう感じで小屋前にでた、こんな処に小屋が有るんだ。仏生池がありお墓が並んでるよ。
> さすが信仰の山ですね

今季最終に間に合った感じですた、帰りのラジオは月山ラインの冬閉鎖を伝えてました。

>> 山頂神社の石垣が近くに成り登れば石鳥居の月山神社前だ。9:45 ゆっくり歩いたのに早い着きです。
> それだけ楽しい登りだったのでしょう

チョウゆっくりの休みなし歩きははかどるんですね。


>> 月山神社にお参りに行く、芭蕉さんも拝んだんだろうなあ。賢くなりますように。
> いにしえの参拝道です。

江戸の昔とは違うだろうね、一合目から歩いてるんですもんね。いや江戸からですもんね。
当時の記録では10里、40kmも歩くそうな。四国のお遍路さんも40kmと昔の人は強いんですね。


>> 早いけれどお供えしてプシューリンコです。
> プシュ~とプシュリンコの違いは何かな?

えええ!また難しい質問ですね。リンコは嬉しい時に付けますリンコ星からのメッセージですリンコ


>> 山頂池は神泉池と有るよ、不思議ですねこの高さに水が湧くのは。清らかな水です。
> 夜叉ヶ池もあの高さで湧き水のようです。不思議です。

夜叉が池は周囲の高さあるブナの森ですよ。
ココには火山溶岩スカスカだろうにね、きれいな水が溜まってるの。小屋に使ってるみたいですよ。


>> 乳白の雲海の上に吹き出物のような雲が湧いてきたよ。面白い眺めだ。
>> ゆっくり下りようです。
> 雲を楽しむユトリが欲しいよ

でも美バークのゆとりが有るから、活動時間が長くて好いじゃないですか。


>> 先人は歩いてるんだろうなあ、その痕跡は逃がさないよ。
> 長年の経験で分かりますか?

ササの踏みづけとかね、ハゲぐわい判りますね。複数で歩いたら苔にはダメージが残るですね。

>> この笹の上を歩けたらいいのになあ、でも入り込んだら地獄だろうな。
> 昔の御池岳の笹原を思い出すようですか?

ササに灌木イバラがお池っやったかなあ、ササも太かったように思えてる。
ココのは細いササがびっしりこん、束ねて上にのらないと一歩も進めないでしよう。ササといえども怖いです。


>> エイヤー、ヤブに飛び込めば背を起す濃密な笹やぶにドップリコト沈む。笹を踏みしめて渡るも隙間に落ちると動きが取れないよ。
> 無理しちゃダメよ

ホンの数メートル、灌木が混ざると歩けませんね、木鋏が有ると好いと思うよ。岩野さんは常備してますた。ナタより好いですよ。

>> 羽黒神社に寄っていこうです。
>> 美女と遭遇ですよ、モデルに成って頼めばありがとうのお礼が来るよ。
> おお最後にやっと美女と遭遇ですか?
> 流石に山ガはいなかったようですね。

いましたよ、夫婦だろうけど。グラビア風の衣装では有りませんけどね。

秋ボヘミも一件落着ですわん、もう冬支度ですね。
熊さんと同じく体力付けなくっちゃと思います。

一区切り着きますた、チョット寝ます

           緑水

 逆順に表示   スレッド一覧   新規スレッド作成