ヤブコギネット 山のフォーラム [ホームに戻る] [スレッド一覧] [新規投稿] [留意事項] [ワード検索] [管理用] [過去ログ一覧] 過去ログ閲覧

◆ スレッド全体を投稿順に表示  逆順に表示
スレッド387: 陸奥へのお遍路 三日目
No.0: ○ 10月20日 六十里越街道・湯殿山~姥山~月山美女  晴れ 暖かい日
1. 谷の奥に湯殿霊場がある

-クリックすると元画像を表示-
2. 金姥で月山望み乾杯だ

-クリックすると元画像を表示-
3. 嬉しい再開、また来るよ

-クリックすると元画像を表示-
日時: 2010/10/27 04:23
名前: 緑水 ID:aIoxpsL6

*陸奥へのお遍路 三日目

月山道駅には、月山あさひ博物村があり見どころはいっぱいある。
近くには~湯殿へと続く六十里越街道もある~よ。


  ○ 10月20日 六十里越街道・湯殿山~姥山~月山美女  晴れ 暖かい日

道駅で知った六十里街道から湯殿山へ歩いてみよう。
入口はへはナビが連れて行ってくれる、田麦俣集落には多層民家。白川村のと様式が違うよ。
七ッ滝をみてその先は工事で行けないよ。

戻って街道へのは入口を探しながら行くも分からない、湯殿山ほてる前まで来てしまった。
ココからは有料道路で、開くのは8時か使う気はないよ。古道の入口には表示があるよ。

参拝古道はしっとりと落ち着いた落ち葉の道だ、分岐には案内板があり間違うことは無い。
六十里越街道を過ぎて薬師小屋跡、ブナの森に変わってきた。好いなあ静かな何も聞こえないブナの森だ。

ザンゲ坂を登りやがて下り道になると、大きな鳥居が見えてきたよ。
神社伽藍が有るのかしら思えど泊り建物があるだけ。神社の雰囲気は無いの、傍らにはお墓があるの。

霊場に行くには道路を歩かなくてはならない、霊場への入口にも建物はないの。
芭蕉が詠んでる「語られぬ湯殿にぬらす袂哉」
見たこと「他言する事を禁ずる」で緑ちゃんも言わないでおこう。一句・・難しいなあ

霊場を過ぎて谷沿いに道は有り、枝沢沿いの水の流れる道をあがる。
クサリ場階段の月光坂を上がれば装束場にでた。避難小屋があり右手の山が湯殿山だ。
道は有るが踏みわけ程度でヤブの道だ、少し伝ったがヤメテおこう。

良い道が月山へと上がってるんだ、金姥に上がれば見晴らしも良いだろうと出かける。
芭蕉は山頂小屋でとまりこの道を降りたんだろうな。

谷沿いの歩きやすい道、後ろから若いのが軽装で抜かしていくよ。早い歩きだワン。
姥ケ山を大きく回り込んで月山側にでると展望が開けたワン。

品倉山からの尾根が、月山尾根の中腹につながってるが良く分かるよ。
この尾根伝って山スキーしてるんだ。
これは行けそうな感じを受けるよ、雪が締まればアイピケで楽しかろうな。

金姥に上がる、高曇りだ月山山頂が望めて下にはリフト姥沢が見えるよ。
五月、六月と二度来てるがあの雪斜面よりキツイ斜面にみえる。
ココでプシューリンコです。

この下にネイチャーセンターは有るの、戻ろう月山さんに会いに行こうです。
湯殿駐車場で若い衆に同時到着だ、山頂往復してるんだろうけど素晴らしい早さだよな。
再び参詣道をトロトロともどる。

月山ネイチャーセンターには13時半頃に着いた。
中学生かなの野外学習が済んだところだ。
館内に入るといましたね(^^)久しぶりの来た道のことや再会に饒舌になるよ。

この当たりの良さを聞く、湯殿山の南斜面は素晴らしい雪斜面に成るのよ。
ブナ芽吹きの時も好いよ。今週でココは閉鎖で直ぐに雪が来ると言う。
春にまた来るよ、話は尽きないけど記念写真パチリンコで別れるの。
サヨナラまた来る日までね。

今夜の泊り場は、にしかわ道駅温泉付きです。
先ずは日本酒で再開を思い出しながらグビリンコんです。
一眠りしてから湯に行きまた寝る、好い夢を見るかなあ(^^)

             
              緑水


No.1: Re: ○ 10月20日 六十里越街道・湯殿山~姥山~月山美女  晴れ 暖かい日
日時: 2010/10/28 12:55
名前: 山猪(エム) ID:B65X8soM

緑水さん、こんにちは

昨日の寒い事・・・・・早々とストーブいれました。
釈迦テンは残念でしたが、あの寒さと今朝の雨・・・・強行したら生きた心地しなかったと思います。

>イシグレ峠への古道を歩いてきますたよ、ちゃんと手入れされており竜テンパクの帰り道を確保しますた。
白龍社から小峠間でしょうか?
現状峠道が通行止めだから、せめて古道を整備でしょうか?
サンチョは、中道上がって遠足下り・・・・なんて妄想描いてましたが、古道もなかなか魅力的!

> 月山道駅には、月山あさひ博物村があり見どころはいっぱいある。
> 近くには~湯殿へと続く六十里越街道もある~よ。
>
> 道駅で知った六十里街道から湯殿山へ歩いてみよう。
> 入口はへはナビが連れて行ってくれる、田麦俣集落には多層民家。白川村のと様式が違うよ。
地域で建築様式が違うのも風情がありますね・・・・・今時は何処へ行っても同じような家ばか・・・・。
>
> 戻って街道へのは入口を探しながら行くも分からない、湯殿山ほてる前まで来てしまった。
> ココからは有料道路で、開くのは8時か使う気はないよ。古道の入口には表示があるよ。
開くの8時か・・・・って、やはり随分お早い出立のようで・・・。
>
> 霊場に行くには道路を歩かなくてはならない、霊場への入口にも建物はないの。
> 芭蕉が詠んでる「語られぬ湯殿にぬらす袂哉」
> 見たこと「他言する事を禁ずる」で緑ちゃんも言わないでおこう。一句・・難しいなあ
では・・・・『イジワルね、袂をぬらす、訳如何に』
だって~、行った事ないんですもの~。
>
> 品倉山からの尾根が、月山尾根の中腹につながってるが良く分かるよ。
> この尾根伝って山スキーしてるんだ。
> これは行けそうな感じを受けるよ、雪が締まればアイピケで楽しかろうな。
山域全体が穏やか・・・って感じですね。
>
> 金姥に上がる、高曇りだ月山山頂が望めて下にはリフト姥沢が見えるよ。
> 五月、六月と二度来てるがあの雪斜面よりキツイ斜面にみえる。
> ココでプシューリンコです。
ゲレンデもそうですが・・・雪が無いときの斜度を見てビックリしたことあります。
>
> 月山ネイチャーセンターには13時半頃に着いた。
> 中学生かなの野外学習が済んだところだ。
> 館内に入るといましたね(^^)久しぶりの来た道のことや再会に饒舌になるよ。
な~るほど、以前にも・・・・それは楽しみでした。
>
> 今夜の泊り場は、にしかわ道駅温泉付きです。
> 先ずは日本酒で再開を思い出しながらグビリンコんです。
> 一眠りしてから湯に行きまた寝る、好い夢を見るかなあ(^^)
お酒に温泉・・・・・持ち込みはダメでしたか?

    サンチョ
No.2: Re: ○ 10月20日 六十里越街道・湯殿山~姥山~月山美女  晴れ 暖かい日
1.

-クリックすると元画像を表示-
日時: 2010/10/28 21:43
名前: SHIGEKI ID:ka5iNU/6
参照: http://www.eonet.ne.jp/~ryu-unshigeki/index.htm

緑水さん  こんばんは。

> *陸奥へのお遍路 三日目

エエ ボヘ してますなぁ~。 

裏山しいですワン。  緑さん風。 しかし、本音なのだ。

まだまだ、仕事せにゃならんのだわ・・・・。

> 月山道駅には、月山あさひ博物村があり見どころはいっぱいある。
> 近くには~湯殿へと続く六十里越街道もある~よ。

月山は春、夏スキーの本場ですにゃん。7月でもスキーできるそうですよ。

行ったことないですけど・・・・。

> 今夜の泊り場は、にしかわ道駅温泉付きです。
> 先ずは日本酒で再開を思い出しながらグビリンコんです。
> 一眠りしてから湯に行きまた寝る、好い夢を見るかなあ(^^)

これは素晴らしい山行、ボヘですなぁ。

ゆったり、こないなことしたいですなぁ。

当分、無理なのだ。この世にいるうちに実行したいものです。

追伸

    それにしても、画像 3枚目の、美人にくっついて、緑ちゃん 若返ってますがなぁ。

    その調子でどんどん、ボヘボヘしてくらはい。

        SHIGEKI

No.3: Re^2: ○ 10月20日 六十里越街道・湯殿山~姥山~月山美女  晴れ 暖かい日   [No.1への返信]
1. 六十里古道入り口

-クリックすると元画像を表示-
2. 即身仏、人はこんなんにもなれるんだ

-クリックすると元画像を表示-
3. 灯りはボンヤリあればいい

-クリックすると元画像を表示-
日時: 2010/10/29 03:07
名前: 緑水 ID:r13i3XCo

山猪(エム)さん、おはようサン

http://www.youtube.com/watch?v=eq02kNHuaSw&feature=related

> 昨日の寒い事・・・・・早々とストーブいれました。
> 釈迦テンは残念でしたが、あの寒さと今朝の雨・・・・強行したら生きた心地しなかったと思います。

早くもストーブですか、食卓横にあると便利になるよね。いつも燗がつくよね。

> 白龍社から小峠間でしょうか?
> 現状峠道が通行止めだから、せめて古道を整備でしょうか?

ワカンないけど、荒れてた道も歩けるようになってますたよ。
小峠から中道で竜に登りイシグレ峠から帰るつもりが、せにゃならんこと思いだして砂山にプシューして帰りますた。
そうそう、峠のパラボラは撤去されてますたよ。すっきりしてますた。

>> 道駅で知った六十里街道から湯殿山へ歩いてみよう。
>> 入口はへはナビが連れて行ってくれる、田麦俣集落には多層民家。白川村のと様式が違うよ。
> 地域で建築様式が違うのも風情がありますね・・・・・今時は何処へ行っても同じような家ばか・・・・。

ゼンゼン違うのね、白川の大三角屋根ではないの。豪雪地帯なのにね雪下ろし要るような作りはなんでだろうなあ。

>> ココからは有料道路で、開くのは8時か使う気はないよ。古道の入口には表示があるよ。
> 開くの8時か・・・・って、やはり随分お早い出立のようで・・・。

ココは見どころいっぱいだから、明るくなって5時には出ますよ、2時起きだもん一人の気ままサ

>> 芭蕉が詠んでる「語られぬ湯殿にぬらす袂哉」
>> 見たこと「他言する事を禁ずる」で緑ちゃんも言わないでおこう。一句・・難しいなあ
> では・・・・『イジワルね、袂をぬらす、訳如何に』
> だって~、行った事ないんですもの~。

  ザンゲ坂 坂を下れば 霊場待つ モミジに染まり身はしろく

>> これは行けそうな感じを受けるよ、雪が締まればアイピケで楽しかろうな。
> 山域全体が穏やか・・・って感じですね。

どこでも行けるっう感じですよ、スキーができれば豪快に遊べる思います。
七時間の登りでも一時間で滑り降りてこられるですね、栂池でもそうでしょ


>> ココでプシューリンコです。
> ゲレンデもそうですが・・・雪が無いときの斜度を見てビックリしたことあります。

ホンマにさ、プロのすごさを立山で見たけど、人は鳥にも魚にもなれるんですよね。
人の能力には限界チューものがないですね、道具を使えばね。

>> 館内に入るといましたね(^^)久しぶりの来た道のことや再会に饒舌になるよ。
> な~るほど、以前にも・・・・それは楽しみでした。

今年の春でしたよ、再会約束してたからね。たとへ1000里の道でも行くさね。


>> 一眠りしてから湯に行きまた寝る、好い夢を見るかなあ(^^)
> お酒に温泉・・・・・持ち込みはダメでしたか?

湯の中には・・・どうかなあ
皆さん優しいな、どこかとえらい違いだワン、湯は300円とか400円とお値打ちでね。
りんご温泉なんかは美人つきですよ。

もうじきに島流しですね、山口は山寺にお遍路したいおもてます。
四国は橋渡ればすぐですね。

                   緑水

 逆順に表示   スレッド一覧   新規スレッド作成