ヤブコギネット 山のフォーラム [ホームに戻る] [スレッド一覧] [新規投稿] [留意事項] [ワード検索] [管理用] [過去ログ一覧] 過去ログ閲覧

◆ スレッド全体を投稿順に表示  逆順に表示
スレッド462: 新雪敷き詰められたブナの森
1.

-クリックすると元画像を表示-
2.

-クリックすると元画像を表示-
3.

-クリックすると元画像を表示-
日時: 2010/12/11 00:34
名前: oku ID:R8ojKJWc

場所:加賀丸山 大田和谷源頭
http://watchizu.gsi.go.jp/watchizu.aspx?b=361316&l=1363500
日程:12月5日
ルート:R157鴇が谷大橋08:10-林道おしまい09:10-三角点11:00-尾根途中12:30-R157鴇が谷大橋15:45

明日は快晴。この時期はテンションあがらないものの、いっそ白山に行けば真っ白の雪山、と思い地図を眺めると、大田和谷の源頭に目が行った。杖川林道から延々自転車で南下したとき、いい感じの場所だったのである。

林道にゲートは無かったものの、ダートだったので鴇が谷大橋を過ぎてすぐの駐車スペースから自転車で出発。
だいぶ進むと林道にも雪が出てきた。適当なところで自転車をデポして歩き始め、適当なところで、南北に伸びる尾根に向かう。この尾根からブナの森が始まった。その西、大田和谷源頭は一面のブナが続いているのがここからでもよく分かる。よし♪

少しだけ南下して沢に降りる。トレッキングシューズでスパッツも無い。さすがに雪の冷たさが伝わってくる、ていうか雪が靴の中に入ってくる。降り立ったところは広い大田和谷。暖かい日差しで溶けた雪が流れている。

適当なところで右手の斜面に取り付く。沢は地形図のとおりゆったりと蛇行ながら流れている。

たまに灌木のヤブが入り混じる若いブナの森を抜けて行けば緩やかなピーク。西斜面にはやや大きめのブナが少しだけ姿を現す。ピークを探して進んで行くと、こんもりとしたいかにも三角点がありそうな場所。雪をひと掻きすれば、そこには三角点、一発で見つけられたのが少し嬉しい。

その後は南に向かう。進めど進めどブナは尽きない。12:30頃、次のピークまで進めば切がなくなりそうだったのでそこでおしまい。ちょっと出発時間が遅かったかな。一息ついて来た道を引き返す。

三角点の南Ca1130からどうやっておりて、どうやって林道まで戻ろうか。どこを歩いても失敗ルートはありそうもない。広々とした斜面をめがけて下っていく。どこをどう歩いたって若いブナと稀に立派なブナが続く森から外れる心配など無い。

源頭あたりの広いなだらかな斜面には若いブナの森が続いていた。いい場所だ。

沢に降りて東斜面を登る。北に行けばどっかで今朝の足跡にぶつかるだろう。この先は、ブナの林を追いつつ林道に到着。
林道を進んで行けば右手には真っ白な白山の頂が見える。もうあっちは完全に冬の世界になっている。

oku
No.1: Re: 新雪敷き詰められたブナの森
日時: 2010/12/11 10:31
名前: たんぽぽ ID:ucNISNn.

okuちゃん、こんちは~。

> 場所:加賀丸山 大田和谷源頭
> http://watchizu.gsi.go.jp/watchizu.aspx?b=361316&l=1363500
> 日程:12月5日
> ルート:R157鴇が谷大橋08:10-林道おしまい09:10-三角点11:00-尾根途中12:30-R157鴇が谷大橋15:45
鴇←なんて読むねん?と思ってぐぐったら・・・トキじゃん。
田んぼのない山の中で、なぜトキの名前が出てくるんやろう?

> 明日は快晴。この時期はテンションあがらないものの、いっそ白山に行けば真っ白の雪山、と思い地図を眺めると、大田和谷の源頭に目が行った。杖川林道から延々自転車で南下したとき、いい感じの場所だったのである。
> 林道にゲートは無かったものの、ダートだったので鴇が谷大橋を過ぎてすぐの駐車スペースから自転車で出発。
長い林道やね~、チャリ漕ぎだけでも疲れそう。

> 少しだけ南下して沢に降りる。トレッキングシューズでスパッツも無い。さすがに雪の冷たさが伝わってくる、ていうか雪が靴の中に入ってくる。降り立ったところは広い大田和谷。暖かい日差しで溶けた雪が流れている。
こりゃあもう○態モード全開ですね。

> たまに灌木のヤブが入り混じる若いブナの森を抜けて行けば緩やかなピーク。
たまに・・・ですか。

> 西斜面にはやや大きめのブナが少しだけ姿を現す。ピークを探して進んで行くと、こんもりとしたいかにも三角点がありそうな場所。雪をひと掻きすれば、そこには三角点、一発で見つけられたのが少し嬉しい。
okuちゃんのひと掻きってどんなんやろ。
三角点ってどこのこと、1165.5峰でしょうか?
ここを加賀丸山って呼ぶのかな。

> 三角点の南Ca1130からどうやっておりて、どうやって林道まで戻ろうか。どこを歩いても失敗ルートはありそうもない。広々とした斜面をめがけて下っていく。どこをどう歩いたって若いブナと稀に立派なブナが続く森から外れる心配など無い。
密生したブナの若木がすごいですね、まるでジャングル。

> 沢に降りて東斜面を登る。北に行けばどっかで今朝の足跡にぶつかるだろう。この先は、ブナの林を追いつつ林道に到着。
> 林道を進んで行けば右手には真っ白な白山の頂が見える。もうあっちは完全に冬の世界になっている。
新雪の山歩きお疲れさんでした。
No.2: Re: 新雪敷き詰められたブナの森
日時: 2010/12/11 21:56
名前: とっちゃん(都津茶女) ID:v9/ksHBc

okuちゃん、こんばんは~。


> 場所:加賀丸山 大田和谷源頭
> http://watchizu.gsi.go.jp/watchizu.aspx?b=361316&l=1363500
> 日程:12月5日
> ルート:R157鴇が谷大橋08:10-林道おしまい09:10-三角点11:00-尾根途中12:30-R157鴇が谷大橋15:45

私の知らん名前が出てくるね~。

> 明日は快晴。この時期はテンションあがらないものの、いっそ白山に行けば真っ白の雪山、と思い地図を眺めると、大田和谷の源頭に目が行った。杖川林道から延々自転車で南下したとき、いい感じの場所だったのである。


毎年、テンションの上がらない12月のokuちゃん。
えら、えぃっ!と出かけたんやね~。


> 林道にゲートは無かったものの、ダートだったので鴇が谷大橋を過ぎてすぐの駐車スペースから自転車で出発。
> だいぶ進むと林道にも雪が出てきた。適当なところで自転車をデポして歩き始め、適当なところで、南北に伸びる尾根に向かう。この尾根からブナの森が始まった。その西、大田和谷源頭は一面のブナが続いているのがここからでもよく分かる。よし♪

適当なとこから、適当な~、よく字を見ると、適・当。バッチシね~。

ブナの林は遠くからでも、姿が分かるね~。

あの枝ぶりというか立ち姿というか。

ルンルンで出発ね~。

> 少しだけ南下して沢に降りる。トレッキングシューズでスパッツも無い。さすがに雪の冷たさが伝わってくる、ていうか雪が靴の中に入ってくる。降り立ったところは広い大田和谷。暖かい日差しで溶けた雪が流れている。

あのね~。
どういう出で立ちなん~。
若いうちに無理すると年とってから出てくるよ。
今から、大事にせな~。

しかし、沢は9月以降の、水が少なくなってからのokuちゃんでも、今回は、沢中歩くわけじゃないんだ。


> 適当なところで右手の斜面に取り付く。沢は地形図のとおりゆったりと蛇行ながら流れている。


このゆったりとすた流れは、紅葉に時期に沢の中をあるけば、ステキかもしれんね~。

> たまに灌木のヤブが入り混じる若いブナの森を抜けて行けば緩やかなピーク。西斜面にはやや大きめのブナが少しだけ姿を現す。ピークを探して進んで行くと、こんもりとしたいかにも三角点がありそうな場所。雪をひと掻きすれば、そこには三角点、一発で見つけられたのが少し嬉しい。

たまに潅木のヤブが入る・・・・ねぇ。激ヤブとか。頻繁にとか?

雪を一掻きで、見つけられたら、嬉しいね~。


> その後は南に向かう。進めど進めどブナは尽きない。12:30頃、次のピークまで進めば切がなくなりそうだったのでそこでおしまい。ちょっと出発時間が遅かったかな。一息ついて来た道を引き返す。

尽きないブナ林を歩く~、どこまでも行っちゃいそう。

どこまで歩くつもりやったの?


> 三角点の南Ca1130からどうやっておりて、どうやって林道まで戻ろうか。どこを歩いても失敗ルートはありそうもない。広々とした斜面をめがけて下っていく。どこをどう歩いたって若いブナと稀に立派なブナが続く森から外れる心配など無い。

メルヘンチックな森が続くのね~。
早春に歩いてみたい気がするね。
残雪の山はどうなんだろう?
林道でぶったおれちゃったりして。


> 源頭あたりの広いなだらかな斜面には若いブナの森が続いていた。いい場所だ。

やっぱり沢を詰めてみたいような。


> 沢に降りて東斜面を登る。北に行けばどっかで今朝の足跡にぶつかるだろう。この先は、ブナの林を追いつつ林道に到着。
> 林道を進んで行けば右手には真っ白な白山の頂が見える。もうあっちは完全に冬の世界になっている。

いい一日やったね~。
よいしょ~っと行ってよかったね!

☆。。。とっちゃん(都津茶女)。。。☆
No.3: Re^2: 新雪敷き詰められたブナの森   [No.1への返信]
日時: 2010/12/13 23:43
名前: oku ID:rixrt5M2

たんぽぽさん こんばんは

>> 場所:加賀丸山 大田和谷源頭
>> http://watchizu.gsi.go.jp/watchizu.aspx?b=361316&l=1363500
>> 日程:12月5日
>> ルート:R157鴇が谷大橋08:10-林道おしまい09:10-三角点11:00-尾根途中12:30-R157鴇が谷大橋15:45
> 鴇←なんて読むねん?と思ってぐぐったら・・・トキじゃん。
> 田んぼのない山の中で、なぜトキの名前が出てくるんやろう?
コピーペーストなので読み方自分も知りませんでした。

>> 明日は快晴。この時期はテンションあがらないものの、いっそ白山に行けば真っ白の雪山、と思い地図を眺めると、大田和谷の源頭に目が行った。杖川林道から延々自転車で南下したとき、いい感じの場所だったのである。
>> 林道にゲートは無かったものの、ダートだったので鴇が谷大橋を過ぎてすぐの駐車スペースから自転車で出発。
> 長い林道やね~、チャリ漕ぎだけでも疲れそう。
でも大田和谷林道からでしたらさらに遠くなります。。。

>> 少しだけ南下して沢に降りる。トレッキングシューズでスパッツも無い。さすがに雪の冷たさが伝わってくる、ていうか雪が靴の中に入ってくる。降り立ったところは広い大田和谷。暖かい日差しで溶けた雪が流れている。
> こりゃあもう○態モード全開ですね。
うっ (^^;
もう少し雪が少ないことを期待していたのですが。

>> たまに灌木のヤブが入り混じる若いブナの森を抜けて行けば緩やかなピーク。
> たまに・・・ですか。
たまにです!!

>> 西斜面にはやや大きめのブナが少しだけ姿を現す。ピークを探して進んで行くと、こんもりとしたいかにも三角点がありそうな場所。雪をひと掻きすれば、そこには三角点、一発で見つけられたのが少し嬉しい。
> okuちゃんのひと掻きってどんなんやろ。
> 三角点ってどこのこと、1165.5峰でしょうか?
> ここを加賀丸山って呼ぶのかな。
偶然?ほんとのひとかきで三角点がでてきてくれました。
三角点は1165.5で、加賀丸山は地形図の名前です。
基準点成果等閲覧サービス のIDが飛んだ今では点名確認も (;;)

>> 三角点の南Ca1130からどうやっておりて、どうやって林道まで戻ろうか。どこを歩いても失敗ルートはありそうもない。広々とした斜面をめがけて下っていく。どこをどう歩いたって若いブナと稀に立派なブナが続く森から外れる心配など無い。
> 密生したブナの若木がすごいですね、まるでジャングル。
ええところでした。

>> 沢に降りて東斜面を登る。北に行けばどっかで今朝の足跡にぶつかるだろう。この先は、ブナの林を追いつつ林道に到着。
>> 林道を進んで行けば右手には真っ白な白山の頂が見える。もうあっちは完全に冬の世界になっている。
> 新雪の山歩きお疲れさんでした。

ありがとうございます。

oku
No.4: Re^2: 新雪敷き詰められたブナの森   [No.2への返信]
日時: 2010/12/13 23:50
名前: oku ID:rixrt5M2

とっちゃんさん こんばんは。

>> 場所:加賀丸山 大田和谷源頭
>> http://watchizu.gsi.go.jp/watchizu.aspx?b=361316&l=1363500
>> 日程:12月5日
>> ルート:R157鴇が谷大橋08:10-林道おしまい09:10-三角点11:00-尾根途中12:30-R157鴇が谷大橋15:45
> 私の知らん名前が出てくるね~。
自分もレポ書くまでは知らない名前でした。

> 毎年、テンションの上がらない12月のokuちゃん。
> えら、えぃっ!と出かけたんやね~。
この天気ならと。

>> 林道にゲートは無かったものの、ダートだったので鴇が谷大橋を過ぎてすぐの駐車スペースから自転車で出発。
>> だいぶ進むと林道にも雪が出てきた。適当なところで自転車をデポして歩き始め、適当なところで、南北に伸びる尾根に向かう。この尾根からブナの森が始まった。その西、大田和谷源頭は一面のブナが続いているのがここからでもよく分かる。よし♪
> 適当なとこから、適当な~、よく字を見ると、適・当。バッチシね~。
> ブナの林は遠くからでも、姿が分かるね~。
> あの枝ぶりというか立ち姿というか。
> ルンルンで出発ね~。
下から見上げればぶなの林が延びていますし、尾根に上れば目の前にずっと続いているのがうれしいです。

>> 少しだけ南下して沢に降りる。トレッキングシューズでスパッツも無い。さすがに雪の冷たさが伝わってくる、ていうか雪が靴の中に入ってくる。降り立ったところは広い大田和谷。暖かい日差しで溶けた雪が流れている。
> あのね~。
> どういう出で立ちなん~。
> 若いうちに無理すると年とってから出てくるよ。
> 今から、大事にせな~。
もっと雪が少ないかな?と思っていたのですが、そうでもなかったのです。

> しかし、沢は9月以降の、水が少なくなってからのokuちゃんでも、今回は、沢中歩くわけじゃないんだ。
えっと、、、、日曜日に。。。

>> 適当なところで右手の斜面に取り付く。沢は地形図のとおりゆったりと蛇行ながら流れている。
>
>
> このゆったりとすた流れは、紅葉に時期に沢の中をあるけば、ステキかもしれんね~。
きっといい感じですね。黄葉も、新緑の頃も。

>> たまに灌木のヤブが入り混じる若いブナの森を抜けて行けば緩やかなピーク。西斜面にはやや大きめのブナが少しだけ姿を現す。ピークを探して進んで行くと、こんもりとしたいかにも三角点がありそうな場所。雪をひと掻きすれば、そこには三角点、一発で見つけられたのが少し嬉しい。
> たまに潅木のヤブが入る・・・・ねぇ。激ヤブとか。頻繁にとか?
言葉のとおりのはずなんですが(^^;

> 雪を一掻きで、見つけられたら、嬉しいね~。
はい

>> その後は南に向かう。進めど進めどブナは尽きない。12:30頃、次のピークまで進めば切がなくなりそうだったのでそこでおしまい。ちょっと出発時間が遅かったかな。一息ついて来た道を引き返す。
> 尽きないブナ林を歩く~、どこまでも行っちゃいそう。
収拾つかなくなりますもんね。

> どこまで歩くつもりやったの?
時間がある限りって、特に何も決めていませんでした。

> メルヘンチックな森が続くのね~。
> 早春に歩いてみたい気がするね。
> 残雪の山はどうなんだろう?
> 林道でぶったおれちゃったりして。
雪の時期でしたら林道がだめですね。やっぱり早春が一番!

>> 源頭あたりの広いなだらかな斜面には若いブナの森が続いていた。いい場所だ。
> やっぱり沢を詰めてみたいような。
あのゆったり感はいいですね。

> いい一日やったね~。
> よいしょ~っと行ってよかったね!
ありがとうございます。


oku
 
No.5: Re: 新雪敷き詰められたブナの森
日時: 2010/12/14 00:11
名前:  biwaco  ID:wvkEgLJo

okuちゃん、こんばんは
もう遅いのでちょっとだけよ~♪

> 場所:加賀丸山 大田和谷源頭
> http://watchizu.gsi.go.jp/watchizu.aspx?b=361316&l=1363500

まあまあ、またもやわけわからん山域へよう行きますね。
おととい、地図で探してみました。
林道は自転車でスイスイ登れるはずないと思うけど、そのあとのヤブブナランドも簡単には進めんでしょう?
読んでる人、間違っても真似してはいけません!(体験者からの助言です)

> 明日は快晴。この時期はテンションあがらないものの、いっそ白山に行けば真っ白の雪山、と思い地図を眺めると、大田和谷の源頭に目が行った。杖川林道から延々自転車で南下したとき、いい感じの場所だったのである。

「いい感じ」ねえ…

> 林道にゲートは無かったものの、ダートだったので鴇が谷大橋を過ぎてすぐの駐車スペースから自転車で出発。
> だいぶ進むと林道にも雪が出てきた。適当なところで自転車をデポして歩き始め、適当なところで、南北に伸びる尾根に向かう。この尾根からブナの森が始まった。その西、大田和谷源頭は一面のブナが続いているのがここからでもよく分かる。よし♪

この「適当なところ」がアブナイんですわ!

> 少しだけ南下して沢に降りる。トレッキングシューズでスパッツも無い。さすがに雪の冷たさが伝わってくる、ていうか雪が靴の中に入ってくる。降り立ったところは広い大田和谷。暖かい日差しで溶けた雪が流れている。

ねー! 下手したら足は凍傷…

> 適当なところで右手の斜面に取り付く。沢は地形図のとおりゆったりと蛇行ながら流れている。

また、「適当…」(><)

> たまに灌木のヤブが入り混じる若いブナの森を抜けて行けば緩やかなピーク。西斜面にはやや大きめのブナが少しだけ姿を現す。ピークを探して進んで行くと、こんもりとしたいかにも三角点がありそうな場所。雪をひと掻きすれば、そこには三角点、一発で見つけられたのが少し嬉しい。
> その後は南に向かう。進めど進めどブナは尽きない。12:30頃、次のピークまで進めば切がなくなりそうだったのでそこでおしまい。ちょっと出発時間が遅かったかな。一息ついて来た道を引き返す。

この辺りって、沢に降りずにU字型に稜線を回り込むのはできないの?

> 三角点の南Ca1130からどうやっておりて、どうやって林道まで戻ろうか。どこを歩いても失敗ルートはありそうもない。広々とした斜面をめがけて下っていく。どこをどう歩いたって若いブナと稀に立派なブナが続く森から外れる心配など無い。

…ないだろうけど、足は冷たくないの?

> 沢に降りて東斜面を登る。北に行けばどっかで今朝の足跡にぶつかるだろう。この先は、ブナの林を追いつつ林道に到着。
> 林道を進んで行けば右手には真っ白な白山の頂が見える。もうあっちは完全に冬の世界になっている。

今度は白山かな?

             ~美味しいレポで満足のbiwaco
No.6: Re: 新雪敷き詰められたブナの森
日時: 2010/12/14 06:45
名前: ふ~さん ID:J3Ek5a/I

okuちゃん、いらっしゃい。相変わらずのパソコン環境のようですが、山を巡る環境だけは好転したようですね。

> 場所:加賀丸山 大田和谷源頭
> http://watchizu.gsi.go.jp/watchizu.aspx?b=361316&l=1363500
> 日程:12月5日
> ルート:R157鴇が谷大橋08:10-林道おしまい09:10-三角点11:00-尾根途中12:30-R157鴇が谷大橋15:45

さすがに、このエリアはわからないなぁ。しかも、さらっと書いてるけど、後追いすると深い傷を負いそうな・・・!?

> 明日は快晴。この時期はテンションあがらないものの、いっそ白山に行けば真っ白の雪山、と思い地図を眺めると、大田和谷の源頭に目が行った。杖川林道から延々自転車で南下したとき、いい感じの場所だったのである。

また、困ったものをみちゃいましたね。課題がどんどん増えるばかり。今後は、いっそのこと目隠しして登山してみては?

> 少しだけ南下して沢に降りる。トレッキングシューズでスパッツも無い。さすがに雪の冷たさが伝わってくる、ていうか雪が靴の中に入ってくる。降り立ったところは広い大田和谷。暖かい日差しで溶けた雪が流れている。

相変わらず大胆な・・・

> たまに灌木のヤブが入り混じる若いブナの森を抜けて行けば緩やかなピーク。西斜面にはやや大きめのブナが少しだけ姿を現す。ピークを探して進んで行くと、こんもりとしたいかにも三角点がありそうな場所。雪をひと掻きすれば、そこには三角点、一発で見つけられたのが少し嬉しい。

okuちゃんが書けば三行で登頂しちゃうんだね。私だったら、これだけで紙面が尽きるよ、きっと。

> 源頭あたりの広いなだらかな斜面には若いブナの森が続いていた。いい場所だ。
>
> 沢に降りて東斜面を登る。北に行けばどっかで今朝の足跡にぶつかるだろう。この先は、ブナの林を追いつつ林道に到着。
> 林道を進んで行けば右手には真っ白な白山の頂が見える。もうあっちは完全に冬の世界になっている。
>
> oku

優しいブナの森と純白な白山に癒された山旅でしたね。

それでは、よい一日を!

 ふ~さん

No.7: Re^2: 新雪敷き詰められたブナの森   [No.5への返信]
日時: 2010/12/23 21:29
名前: oku ID:XxdI8BBU

biwacoさん こんばんは

> まあまあ、またもやわけわからん山域へよう行きますね。
> おととい、地図で探してみました。
自分も地名などなどはぜんぜん知りませんが、地形図では感じもよさそうです。

> 林道は自転車でスイスイ登れるはずないと思うけど、そのあとのヤブブナランドも簡単には進めんでしょう?
自転車は自分で漕がないと進んでくれません。林の中は歩きやすかったですよ。

> 「いい感じ」ねえ…


> この「適当なところ」がアブナイんですわ!
どこから取り付いても似たようなもんです。

> 少しだけ南下して沢に降りる。トレッキングシューズでスパッツも無い。さすがに雪の冷たさが伝わってくる、ていうか雪が靴の中に入ってくる。降り立ったところは広い大田和谷。暖かい日差しで溶けた雪が流れている。
> ねー! 下手したら足は凍傷…
どっちかというとしもやけとになりそう。。。(^^;;

> この辺りって、沢に降りずにU字型に稜線を回り込むのはできないの?
そっちもいいなと思っていたのですが、源頭の広々としたところを歩く方を選びました。
どっちでも気持ちよく歩けると思います。

> 三角点の南Ca1130からどうやっておりて、どうやって林道まで戻ろうか。どこを歩いても失敗ルートはありそうもない。広々とした斜面をめがけて下っていく。どこをどう歩いたって若いブナと稀に立派なブナが続く森から外れる心配など無い。
> …ないだろうけど、足は冷たくないの?
それなりに。。。

> 今度は白山かな?
実は雪の時期に白山て行ったことなかったりします。来年は5月頃に、とか思っています。

oku
No.8: Re^2: 新雪敷き詰められたブナの森   [No.6への返信]
日時: 2010/12/23 21:36
名前: oku ID:XxdI8BBU

ふ~さん こんばんは


> okuちゃん、いらっしゃい。相変わらずのパソコン環境のようですが、山を巡る環境だけは好転したようですね。
土曜日はけっこうぐったり状態が多いです (TT)

> さすがに、このエリアはわからないなぁ。しかも、さらっと書いてるけど、後追いすると深い傷を負いそうな・・・!?
白山北側に行く時の通り道です。素通りばかりでしたし。

>> 明日は快晴。この時期はテンションあがらないものの、いっそ白山に行けば真っ白の雪山、と思い地図を眺めると、大田和谷の源頭に目が行った。杖川林道から延々自転車で南下したとき、いい感じの場所だったのである。
> また、困ったものをみちゃいましたね。課題がどんどん増えるばかり。今後は、いっそのこと目隠しして登山してみては?
はやりの山ガールのお尻を眺めながら歩くとかでも (^^;

>> 少しだけ南下して沢に降りる。トレッキングシューズでスパッツも無い。さすがに雪の冷たさが伝わってくる、ていうか雪が靴の中に入ってくる。降り立ったところは広い大田和谷。暖かい日差しで溶けた雪が流れている。
> 相変わらず大胆な・・・
うっすら雪が乗っている程度だと思っていたのですが、予想以上に雪がありました。

> たまに灌木のヤブが入り混じる若いブナの森を抜けて行けば緩やかなピーク。西斜面にはやや大きめのブナが少しだけ姿を現す。ピークを探して進んで行くと、こんもりとしたいかにも三角点がありそうな場所。雪をひと掻きすれば、そこには三角点、一発で見つけられたのが少し嬉しい。
> okuちゃんが書けば三行で登頂しちゃうんだね。私だったら、これだけで紙面が尽きるよ、きっと。
広々としたブナが続く源頭。地形図のイメージ通りです。

> 優しいブナの森と純白な白山に癒された山旅でしたね。
> それでは、よい一日を!
ありがとうございます。

oku

 逆順に表示   スレッド一覧   新規スレッド作成