ヤブコギネット 山のフォーラム [ホームに戻る] [スレッド一覧] [新規投稿] [留意事項] [ワード検索] [管理用] [過去ログ一覧] 過去ログ閲覧

◆ スレッド全体を投稿順に表示  逆順に表示
スレッド503: 「ローマの休日」迷い池版
No.0: 無風快晴スノーシュー日和
1.

-クリックすると元画像を表示-
2.

-クリックすると元画像を表示-
3.

-クリックすると元画像を表示-
日時: 2011/01/09 15:52
名前: グー(伊勢山上住人) ID:RMQjjVp6
参照: http://www.ztv.ne.jp/okada1/c8.html


忙しい公務の合間を縫って、王女様が台高にみえた。
浮かれポンチキ記者の、随行レポだよ~。





【日時】   平成23年1月8日(土)
【山域】   台高
【天候】   ほとんど無風快晴
【コース】  蓮ダム7:20---9:00布引谷渡渉---10:40尾根鞍部---12:45・1195(昼食)13:45---14:15迷い池---14:40・1195---16:00ヤジヤマ林道終点---16:45林道入口---17:40駐車地
【メンバー】 ナズナさん グー



蓮ダムに車を止めて、ダムを渡り、工事中の林道を登る。
尾根芯を登り、うっすら雪に靴を滑らせながら、尾根上の小屋に着いて休憩。


登山道をしばらく歩く。丸木橋に雪が乗り怖い。
布引滝への登山道から右へ別れ、谷を渡る。
(グーは、この谷を布引谷だと思い込んでいた)
谷を渡ってから、右へ続く歩きやすい杣道をズンズン進む。
「伐採地から離れていくのじゃないですか?」
「いいえ、伐採地へ向かっていますよ」
「???」
(カネタ山の墨書はドンナだったけ?)

かなり歩いて、もう一度谷を渡渉する。これが布引谷だった。
間伐木地獄を跨ぎ跨ぎ登り、皆伐地に着いた。
布引滝の写真を撮るが、氷瀑を撮ると青空は白飛び。
青空を撮ると、氷瀑は黒く沈んでしまう。
両方を見ることのできる人間の目はスグレモノだ。

場所を変えて写真を撮るが、気に入った絵にならない。
zippさんの言う展望岩はたぶんここだろうと思うが、諦める。

尾根芯の鞍部に着く。強くはないが風が当たる。上着を羽織る。
高見山と桧塚の山頂にはガスが被っている。

布引山の前後の尾根道では、木枝の雪がサラサラと落ちてくる。
「先頭を代わりましょうか?」
「この程度の雪は慣れていますから大丈夫ですよ」
王女様に露払いをしてもらって、随行記者はあとに続く。

潅木帯を抜けたところで、王女様にスノーシュー体験をしてもらう。
最初はつま先を踏んだり、踵がぶつかりあったりしていたが、すぐに慣れた。

迷い池まで行ってから昼食と思っていたが、随行記者の足が止まった。
「モウこれ以上は歩けません」
・1195の山頂の雪は吹き飛ばされ地肌が見えています。
全くの無風です。シートを広げ昼食。高見山の雲も消えています。

昼食がすんだら元気が出てきました。迷い池へスノーシューハイク。
王女様はワカンです。

斜面で初シリセード。雪がやわらかく、滑った跡には地肌が見えてます。
「ズボンを破りそう。ヒップソリを持って来れば良かった」

スノーシューハイクとシリセードを楽しんで、・1195まで戻ります。
時刻は2時40分。ヤジヤマ谷左岸尾根を下ります。
「日没までに林道まで下りれたら大丈夫ですよ」

山頂直下のタイラも雰囲気のいい所です。
Co1000の痩せ尾根は地形図どおり。木がなければ怖い所だ。
・943下の舟窪もおもしろい。
Co860の尾根分岐は左に入ったがすぐに王女様が気付き修正。

Ca740ヤジヤマ谷左岸林道終点に明るいうちに着きました。
足は疲れていますが、見栄を張って王女様の歩調に合わせます。

日没直前に湖周林道に下り立ちました。
車道を歩きながら王女様にインタビューする魂胆で、
わざと置き車は回してありません。

初めのうちは、今日のデート山行を楽しく話していたが、
「サクラ公園はまだですかね?」
「次の尾根を回り込んだところじゃないですか」
尾根を回りこんだ先にもサクラ公園はありません。

「サクラ公園はまだですかね?」
「次の尾根を回り込んだところじゃないですか」
そんなやり取りを繰り返す。何回も、何回も。
随行記者は、置き車を回しておかなかったことを後悔する。

布引谷橋を渡る頃には漆黒の闇に包まれた。
「私も闇下の帝王の仲間に入ったぞ~」


                グー(伊勢山上住人)


その晩、太ももの裏は痙攣を起こすし、
翌朝の階段を下りる足は痛いし・・・・
グーも、人並みの登山家に鍛えられそうです。
No.1: Re: 無風快晴スノーシュー日和
日時: 2011/01/09 18:06
名前: Trail walker ID:68Z.rDK.

グーさんこんばんは
> 忙しい公務の合間を縫って、王女様が台高にみえた。
> 浮かれポンチキ記者の、随行レポだよ~。

やっとレポ出ましたね~。
> 【天候】   ほとんど無風快晴
これがうらやましいや。

> 【コース】  蓮ダム7:20---9:00布引谷渡渉---10:40尾根鞍部---12:45・1195(昼食)13:45---14:15迷い池---14:40・1195---16:00ヤジヤマ林道終点---16:45林道入口---17:40駐車地
> 【メンバー】 ナズナさん グー

これは予想外のコース取りやなぁ。

> 蓮ダムに車を止めて、ダムを渡り、工事中の林道を登る。
朝から乗り越えごくろうさま もしかして開いてた?

> 尾根芯を登り、うっすら雪に靴を滑らせながら、尾根上の小屋に着いて休憩。
すでに雪ですか。
>
> 登山道をしばらく歩く。丸木橋に雪が乗り怖い。
これ嫌だね、あの道の丸木橋ただでさえ怖いところ有るから、降りて廻れないし。

> 布引滝への登山道から右へ別れ、谷を渡る。
> (グーは、この谷を布引谷だと思い込んでいた)
> 谷を渡ってから、右へ続く歩きやすい杣道をズンズン進む。
> 「伐採地から離れていくのじゃないですか?」
> 「いいえ、伐採地へ向かっていますよ」
> 「???」
> (カネタ山の墨書はドンナだったけ?)
そりゃねぇ、飯森尾根に上がってしまいますよね、布引谷ルートでも横切ってるもんね。

> かなり歩いて、もう一度谷を渡渉する。これが布引谷だった。
> 間伐木地獄を跨ぎ跨ぎ登り、皆伐地に着いた。
 雪に埋まってしまって歩き易いとか?中途半端だから枝の間に足突っ込むよね。

> 布引滝の写真を撮るが、氷瀑を撮ると青空は白飛び。
> 青空を撮ると、氷瀑は黒く沈んでしまう。
> 両方を見ることのできる人間の目はスグレモノだ。
 HARUさんに技を仕込んでもらって下さい。

> 場所を変えて写真を撮るが、気に入った絵にならない。
> zippさんの言う展望岩はたぶんここだろうと思うが、諦める。
凄い冷たそうな氷漠の絵ですね、近くに行けば迫力有るだろうな。

> 尾根芯の鞍部に着く。強くはないが風が当たる。上着を羽織る。
> 高見山と桧塚の山頂にはガスが被っている。
 桧塚辺りと迷い付近ではかなりガスの掛かり方が違いますね、先週もそうでした。

> 布引山の前後の尾根道では、木枝の雪がサラサラと落ちてくる。
> 「先頭を代わりましょうか?」
> 「この程度の雪は慣れていますから大丈夫ですよ」
おっ!かっこまん!
> 王女様に露払いをしてもらって、随行記者はあとに続く。
じゃなかった、先頭交代でしたか 、なんたって随行記者だもんね。

> 潅木帯を抜けたところで、王女様にスノーシュー体験をしてもらう。
> 最初はつま先を踏んだり、踵がぶつかりあったりしていたが、すぐに慣れた。
 ワカンと交換ですか?

> 迷い池まで行ってから昼食と思っていたが、随行記者の足が止まった。
> 「モウこれ以上は歩けません」
 それはいけません、業務放棄ですがな。

> ・1195の山頂の雪は吹き飛ばされ地肌が見えています。
> 全くの無風です。シートを広げ昼食。高見山の雲も消えています。
いいないいな。
> 昼食がすんだら元気が出てきました。迷い池へスノーシューハイク。
> 王女様はワカンです。
でも池は無い、ただの雪原かな?

> 斜面で初シリセード。雪がやわらかく、滑った跡には地肌が見えてます。
> 「ズボンを破りそう。ヒップソリを持って来れば良かった」
>
> スノーシューハイクとシリセードを楽しんで、・1195まで戻ります。

ここまででしたか?迷い岳にもトレース残してますやん。

> 時刻は2時40分。ヤジヤマ谷左岸尾根を下ります。
ここを降りられましたか。

> 「日没までに林道まで下りれたら大丈夫ですよ」
>
> 山頂直下のタイラも雰囲気のいい所です。
ここは雪が有れば良いでしょうね~。

> Co1000の痩せ尾根は地形図どおり。木がなければ怖い所だ。
スノーシューのまま通過ですか?
> ・943下の舟窪もおもしろい。
ここ見に行ったの思い出します。

> Co860の尾根分岐は左に入ったがすぐに王女様が気付き修正。
あぶないあぶない。
> Ca740ヤジヤマ谷左岸林道終点に明るいうちに着きました。
未だ長い林道が待ってるよね、車とか通ってないのでしょ。

> 足は疲れていますが、見栄を張って王女様の歩調に合わせます。
> 日没直前に湖周林道に下り立ちました。
> 車道を歩きながら王女様にインタビューする魂胆で、
> わざと置き車は回してありません。

 あれれソリャー大変だ、途中にでも置けば良かったのに。

> 初めのうちは、今日のデート山行を楽しく話していたが、
> 「サクラ公園はまだですかね?」
> 「次の尾根を回り込んだところじゃないですか」
> 尾根を回りこんだ先にもサクラ公園はありません。
>
> 「サクラ公園はまだですかね?」
> 「次の尾根を回り込んだところじゃないですか」
> そんなやり取りを繰り返す。何回も、何回も。
> 随行記者は、置き車を回しておかなかったことを後悔する。
 長いよね、谷に深く入り込んでるから。

> 布引谷橋を渡る頃には漆黒の闇に包まれた。
> 「私も闇下の帝王の仲間に入ったぞ~」
あれ!12時間歩いたのじゃなかったですか?10時間ちょっとじゃん。


No.2: Re^2: 無風快晴スノーシュー日和   [No.1への返信]
1. 間伐木地獄

-クリックすると元画像を表示-
2. 迷い池

-クリックすると元画像を表示-
3. ・1195下の平

-クリックすると元画像を表示-
日時: 2011/01/09 20:59
名前: グー(伊勢山上住人) ID:RMQjjVp6
参照: http://www.ztv.ne.jp/okada1/c8.html

Trail Walker さん、こんばんは。さっそくのレス、ありがとう。

> やっとレポ出ましたね~。

待っててくれて、アリガトサン。

>> 【天候】   ほとんど無風快晴
> これがうらやましいや。

明日は、無風快晴とはいかない予報だね。

> これは予想外のコース取りやなぁ。

王女様の企画立案です。 グーにはコンナ企画は思いつかないです。

>> 工事中の林道を登る。
> 朝から乗り越えごくろうさま もしかして開いてた?

閉まっていました。 向こう側にもハシゴが欲しい。

> これ嫌だね、あの道の丸木橋ただでさえ怖いところ有るから、降りて廻れないし。

1つ目の丸太橋は、王女様は上を巻きました。

> そりゃねぇ、飯森尾根に上がってしまいますよね、布引谷ルートでも横切ってるもんね。

TWさん、この文章の解説を、次回会った時にしてください。(グー理解できない)

>> 間伐木地獄を跨ぎ跨ぎ登り、皆伐地に着いた。
>  雪に埋まってしまって歩き易いとか?中途半端だから枝の間に足突っ込むよね。

画像1です。

>  HARUさんに技を仕込んでもらって下さい。

腕より、高級機材だと思う。 オゼゼがかなり要るのではないだろうか?

> 凄い冷たそうな氷漠の絵ですね、近くに行けば迫力有るだろうな。

去年のヌタハラ氷瀑グーツアーのzippさんのコメント「氷の砂漠かいな?」を読んでいないね。
「漠」ではなくって、「瀑」ですよ。

>  ワカンと交換ですか?

スノーシューの踏み跡の上をツボ足です。 時折ひざ上まで沈みました。

>> 「モウこれ以上は歩けません」
>  それはいけません、業務放棄ですがな。

時間も12時半をまわっていたし・・・・・

> でも池は無い、ただの雪原かな?

ですね。 画像2

> ここまででしたか?迷い岳にもトレース残してますやん。

10/31の迷岳東尾根下調べの軌跡を削除忘れてました。

>> 時刻は2時40分。ヤジヤマ谷左岸尾根を下ります。
> ここを降りられましたか。

グーにはない発想を王女様は持っています。

>> 山頂直下のタイラも雰囲気のいい所です。
> ここは雪が有れば良いでしょうね~。

疎林で太い木もあり、いいトコでした。 画像3

>> わざと置き車は回してありません。
>  あれれソリャー大変だ、途中にでも置けば良かったのに。

あんなに車道歩きが長いとは思っていませんでした。反省。

> あれ!12時間歩いたのじゃなかったですか?10時間ちょっとじゃん。

ありゃりゃ? 算数習いに小学校に入り直さなくっちゃ。

明日はドチラへ? 御池奥の平テーブルランドかな?
楽しんできてくださいね。

                                グー(伊勢山上住人)
No.3: Re: 無風快晴スノーシュー日和
1. ヒキウス三半劇場から迷岳

-クリックすると元画像を表示-
日時: 2011/01/09 22:41
名前: zipp ID:r9BUlmvw

 グーさん、こんばんは。

> 【天候】   ほとんど無風快晴
 迷岳は、一日青い空の下でしたね。

> 蓮ダムに車を止めて、ダムを渡り、工事中の林道を登る。
 なんでダムを渡ったところに駐めないの?
グーさんと車の車種も色も同じだけど、グーさんの車じゃない!と思ってましたがな(^^;
朝も夕もあるこの車は何してんやろ?と。

> (グーは、この谷を布引谷だと思い込んでいた)
 水量が全然違いますやん!それにこの道、グーさん通ったことあるでしょ。

> 間伐木地獄を跨ぎ跨ぎ登り、皆伐地に着いた。
 ん?道があるでしょ。それにこの道、グーさん通ったことあるでしょ、2。

> 場所を変えて写真を撮るが、気に入った絵にならない。
 全貌を写すとなると難しいんですよね。気に入った気に入らないは、切り取りしだいでしょうか。

> zippさんの言う展望岩はたぶんここだろうと思うが、諦める。
 まぁ、展望岩というほどの岩でもないですけどね。秋はモミジが咲くのでいいんです。

> 高見山と桧塚の山頂にはガスが被っている。
 檜塚は、午後にはとれて、ピーカン青空でした(^^)。

> 布引山の前後の尾根道では、木枝の雪がサラサラと落ちてくる。
> 「先頭を代わりましょうか?」
> 「この程度の雪は慣れていますから大丈夫ですよ」
> 王女様に露払いをしてもらって、随行記者はあとに続く。
 「王女」なんて書いたら、二度と一緒に山へ行かへん!って云われませんでした?
なんか、グーさんが王子さま、モトイ! 翁児さまみたいやん。煩悩翁児(^^;。

> 迷い池まで行ってから昼食と思っていたが、随行記者の足が止まった。
> 「モウこれ以上は歩けません」
 やっぱ、グーさんが煩悩翁児やんか。

> ・1195の山頂の雪は吹き飛ばされ地肌が見えています。
 ここブナが多いよね。クマの爪痕付いたブナもあるよ。

> 昼食がすんだら元気が出てきました。迷い池へスノーシューハイク。
 迷い池は大好きなところです(^^)、あの波打った地形がいい。
GPSログを見ると迷い大池へは行かなかったんですね。

> 山頂直下のタイラも雰囲気のいい所です。
 ここもいいところ。ブナの大木が一本。秋にはブナの実からでる小さなキノコがいっぱい出てましたっけ。

> ・943下の舟窪もおもしろい。
 植林じゃなかったら面白いところなのに、残念。

> 日没直前に湖周林道に下り立ちました。
> 車道を歩きながら王女様にインタビューする魂胆で、
> わざと置き車は回してありません。
 ようわからんなぁ~。アスファルト道あるくの大変だったでしょ。ナズナさんは大丈夫だろうけど、グーさんが(^^;。

> 「サクラ公園はまだですかね?」
 あの公園?、サクラ公園っていうのが正式名称なの?
あそこにトイレがあればなぁ(^^;。

> 随行記者は、置き車を回しておかなかったことを後悔する。
 これに関しては、グーさんの采配でしたか…。

> その晩、太ももの裏は痙攣を起こすし、
> 翌朝の階段を下りる足は痛いし・・・・
> グーも、人並みの登山家に鍛えられそうです。
 ナズナさん、汗をかかない山歩きをしているグーさんを鍛えてあげてくださいまし(^^)。
えっ!もうコリゴリだって(^^;

※画像:8日の迷岳です。登った尾根も降りた尾根も見えてますね。

No.4: Re: 無風快晴スノーシュー日和
日時: 2011/01/09 23:09
名前: ナズナ ID:6wblTia2

> 【日時】   平成23年1月8日(土)
> 【山域】   台高
> 【天候】   ほとんど無風快晴
> 【コース】  蓮ダム7:20---9:00布引谷渡渉---10:40尾根鞍部---12:45・1195(昼食)13:45---14:15迷い池---14:40・1195---16:00ヤジヤマ林道終点---16:45林道入口---17:40駐車地
> 【メンバー】 ナズナさん グー

グーさん、昨日はありがとうございました。
今回もお天気に恵まれた山行でした。
ひょっとしたら、雪が多くて予定通りのコースは歩けないかも……と思っていましたが、
そんなに積もってなかったですね。

> 布引滝への登山道から右へ別れ、谷を渡る。
> (グーは、この谷を布引谷だと思い込んでいた)
> 谷を渡ってから、右へ続く歩きやすい杣道をズンズン進む。
> 「伐採地から離れていくのじゃないですか?」
> 「いいえ、伐採地へ向かっていますよ」
> 「???」
> かなり歩いて、もう一度谷を渡渉する。これが布引谷だった。

それで、布引谷に出た時に「記憶ってあてにならないものだ・・・」という意味の
ことをつぶやいておられたのですね。納得!

> 布引滝の写真を撮るが、氷瀑を撮ると青空は白飛び。
> 青空を撮ると、氷瀑は黒く沈んでしまう。
> 両方を見ることのできる人間の目はスグレモノだ。

氷瀑になっているとは思わなかったので布引滝が見えた時は感激でした。
青空と氷瀑と、きれいでした。撮影は難しかったけど。

>
> 布引山の前後の尾根道では、木枝の雪がサラサラと落ちてくる。
> 「先頭を代わりましょうか?」
> 「この程度の雪は慣れていますから大丈夫ですよ」
> 王女様に露払いをしてもらって、随行記者はあとに続く。

このあたりまで登ってくると枝や葉っぱに雪がのっていましたね。
前日の雪かな。下の方は全然なかったけれど。

> 潅木帯を抜けたところで、王女様にスノーシュー体験をしてもらう。
> 最初はつま先を踏んだり、踵がぶつかりあったりしていたが、すぐに慣れた。

スノーシュー、ありがとうございました。一度、体験してみたかったのです。
まず、あの長さに慣れないと……ワカンとはまた違って、ちょっと緊張!
雪の多いとこでは快適でした。

> 昼食がすんだら元気が出てきました。迷い池へスノーシューハイク。
> 王女様はワカンです。
>
> 斜面で初シリセード。雪がやわらかく、滑った跡には地肌が見えてます。
> 「ズボンを破りそう。ヒップソリを持って来れば良かった」

このあたりは雪も多くて、雪山気分が楽しめました。
雪に隠れた迷い池。あっちが池かな?こっちかな?探すのは面白かったです。

> スノーシューハイクとシリセードを楽しんで、・1195まで戻ります。
> 時刻は2時40分。ヤジヤマ谷左岸尾根を下ります。
> 「日没までに林道まで下りれたら大丈夫ですよ」
>
> 山頂直下のタイラも雰囲気のいい所です。

大きなブナもあって、雪の時のこのタイラの雰囲気は好きです。


> Co1000の痩せ尾根は地形図どおり。木がなければ怖い所だ。
> ・943下の舟窪もおもしろい。
> Co860の尾根分岐は左に入ったがすぐに王女様が気付き修正。

時間も遅くなっていたので、登り返しが少なくすんでよかった!

>> 日没直前に湖周林道に下り立ちました。
> 車道を歩きながら王女様にインタビューする魂胆で、
> わざと置き車は回してありません。
>
> 初めのうちは、今日のデート山行を楽しく話していたが、
> 「サクラ公園はまだですかね?」
> 「次の尾根を回り込んだところじゃないですか」
> 尾根を回りこんだ先にもサクラ公園はありません。

明るいうちに湖周道路におりられたのはよかったけれど、思ったより
距離ありましたね。
あとで地図見たら、やっぱりこれくらいかかりますね。


> その晩、太ももの裏は痙攣を起こすし、
> 翌朝の階段を下りる足は痛いし・・・・
> グーも、人並みの登山家に鍛えられそうです。

ご無理をさせましたか……申訳ありません。

                           ナズナ

No.5: Re^2: 無風快晴スノーシュー日和   [No.3への返信]
1.

-クリックすると元画像を表示-
2.

-クリックすると元画像を表示-
3.

-クリックすると元画像を表示-
日時: 2011/01/09 23:39
名前: グー(伊勢山上住人) ID:RMQjjVp6
参照: http://www.ztv.ne.jp/okada1/c8.html

ありゃぁ~、zippさんまでレスが付いちゃった。 こんばんは。です。

>  「王女」なんて書いたら、二度と一緒に山へ行かへん!って云われませんでした?

ナンデ知ってるの? zippさんとナズナさんはドコでつながっているの?

「レポいくらでも書き直すから、気に入らないトコは指摘して」
へのナズナさんの返信が来ないうちに、70ものアクセスが付いちゃって、
TWさんとzippさんのレスも来ちゃって、ナズナさん怒っているのかなぁ~?

>> 【天候】   ほとんど無風快晴
>  迷岳は、一日青い空の下でしたね。

最高の登山日和・スノーシュー日和でした。 オードリーはホンマモンのラッキーガールです。

>  なんでダムを渡ったところに駐めないの?

「なんで」って聞かれたら、「いっぱい一緒に歩いていたいから」って言葉が出てくるジャン。
そしたら、またまた・・・・・・ グーの将来に暗雲が立ち込めてきますがな・・・・・ (聞かないで下さい)

> グーさんの車じゃない!と思ってましたがな(^^;

あんな目立つところに止めておけば、ムキタケはないだろうが、メモぐらいは挟んであるかも?と探しましたがな。

>  水量が全然違いますやん!それにこの道、グーさん通ったことあるでしょ。
>  ん?道があるでしょ。それにこの道、グーさん通ったことあるでしょ、2。

朝に会ったTWさんの顔を、昼には忘れているグーに、「覚えていないの?」とは殺生な!!

>  まぁ、展望岩というほどの岩でもないですけどね。秋はモミジが咲くのでいいんです。

やっぱりモミジですか。ナズナさんに「この木はモミジですよね」って聞かれても、グーには分からないのでした。

> 「モウこれ以上は歩けません」
>  やっぱ、グーさんが煩悩翁児やんか。

どうもカッコヨク、ビシッと決めることが出来ないのですよね。

> GPSログを見ると迷い大池へは行かなかったんですね。

タイムリミットでした。

>> わざと置き車は回してありません。
>  ようわからんなぁ~。アスファルト道あるくの大変だったでしょ。ナズナさんは大丈夫だろうけど、グーさんが(^^;。

長い道のりでした。 平坦なようで勾配もあったし・・・・・

>  あの公園?、サクラ公園っていうのが正式名称なの?

違いますよ。 サクラが綺麗な公園です。

>> 随行記者は、置き車を回しておかなかったことを後悔する。
>  これに関しては、グーさんの采配でしたか…。

いっぱい一緒に歩きたいとの策略が、自分の首を絞めました。

>> グーも、人並みの登山家に鍛えられそうです。
>  ナズナさん、汗をかかない山歩きをしているグーさんを鍛えてあげてくださいまし(^^)。

びぃちゃん、zippさんの機密情報をグーに漏洩してください。
ナズナさんとzippさんは、裏でつながっているような気がしてなりません。

> ※画像:8日の迷岳です。登った尾根も降りた尾根も見えてますね。

サンクス。 アルバムに頂きます。

                              グー(伊勢山上住人)

No.6: Re^2: 無風快晴スノーシュー日和   [No.4への返信]
1.

-クリックすると元画像を表示-
2.

-クリックすると元画像を表示-
3.

-クリックすると元画像を表示-
日時: 2011/01/10 10:30
名前: グー(伊勢山上住人) ID:ADZxViSs
参照: http://www.ztv.ne.jp/okada1/c8.html

ナズナさん、こんにちは。

ステキなコースを先導していただき、ありがとうございました。
登りのコースは、平成18年11月「緑ちゃん山行zippさんガイド」で下っているのですが、
ルートは、モウすっかり忘却の彼方でした。

>> 【天候】   ほとんど無風快晴
> 今回もお天気に恵まれた山行でした。

ほんとにもって、この上ない上天気。 まったくのラッキーガールですナズナさんは。

今日はTrail Walker さんが山に入っているはずだけど、吹雪かれているだろうな?

> ひょっとしたら、雪が多くて予定通りのコースは歩けないかも……と思っていましたが、
> そんなに積もってなかったですね。

布引山を越えるまでは「スノーシューを履けるのだろうか?」と思うほど、雪は少なかったですね。

>> (グーは、この谷を布引谷だと思い込んでいた)
> それで、布引谷に出た時に「記憶ってあてにならないものだ・・・」という意味の
> ことをつぶやいておられたのですね。納得!

よくやらかすんですよ。 なかなか成長しません。 学習能力が弱いのです。
(だから、「いつも新鮮な感動に浸れる」と、うそぶいています)

> 氷瀑になっているとは思わなかったので布引滝が見えた時は感激でした。

いつの日にか、布引滝の直下まで氷瀑を見に行きましょう。 
(と、さりげなく誘う下心がミエミエ)

>> 布引山の前後の尾根道では、木枝の雪がサラサラと落ちてくる。
>> 王女様に露払いをしてもらって、随行記者はあとに続く。

落ちてくる雪を全く気にせずに進んで行きましたね。 申し訳ありませんでした。

> スノーシュー、ありがとうございました。一度、体験してみたかったのです。
> 雪の多いとこでは快適でした。

ぜひスノー衆の仲間になってください。

>> 迷い池へスノーシューハイク。 斜面で初シリセード。
> このあたりは雪も多くて、雪山気分が楽しめました。
> 雪に隠れた迷い池。あっちが池かな?こっちかな?探すのは面白かったです。

私は登ることよりも、こんな平坦地をぶらぶらするのが好きなのです。
もっと早く登って、時間の余裕を作れるように鍛えなきゃダメですよね。
(当初案のダム下のつり橋から登り始めなくってヨカッタ)

>> 山頂直下のタイラも雰囲気のいい所です。
> 大きなブナもあって、雪の時のこのタイラの雰囲気は好きです。

初めて行きましたが、いいトコですね。まず人には会わないでしょうね。

>> Co860の尾根分岐は左に入ったがすぐに王女様が気付き修正。
> 時間も遅くなっていたので、登り返しが少なくすんでよかった!

よく気付かれましたね。さすがです。

> 明るいうちに湖周道路におりられたのはよかったけれど、思ったより
> 距離ありましたね。
> あとで地図見たら、やっぱりこれくらいかかりますね。

車を回しておくべきでした。グーの考えはあさはかですわ。

>> グーも、人並みの登山家に鍛えられそうです。
> ご無理をさせましたか……申訳ありません。

また御一緒していただけるように、日々トレーニングに励みますわ。

ありがとうございました。

                              グー(伊勢山上住人)
No.7: Re: 無風快晴スノーシュー日和
日時: 2011/01/10 11:32
名前:  biwaco  ID:B/6qTguU

グーさん、新年アケオメ コトヨロヨロ~のbiwa爺です。
王女様のレスも来たことだし、お呼びでない爺レスも我慢してね(^^)

とはいっても、グーさんの領域はローマと同じく遠い世界のワンダーランド。地名山名を聞いても読んでもチンプンカンプンであります。
まあ、「迷い池の休日」をDVDで見るつもりで拝見しましょうね。(まさか、「老婆の休日」やないやろね…?)

> 蓮ダムに車を止めて、ダムを渡り、工事中の林道を登る。
> 尾根芯を登り、うっすら雪に靴を滑らせながら、尾根上の小屋に着いて休憩。

蓮ダムは分かります。行ったことあるもの。ダム事務所の裏山の展望台にも登りましたで。
あとはわからん…(><)

> 登山道をしばらく歩く。丸木橋に雪が乗り怖い。
> 布引滝への登山道から右へ別れ、谷を渡る。
> (グーは、この谷を布引谷だと思い込んでいた)
> 谷を渡ってから、右へ続く歩きやすい杣道をズンズン進む。
> 「伐採地から離れていくのじゃないですか?」
> 「いいえ、伐採地へ向かっていますよ」
> 「???」

王女様の不安さが分かります。なんとなく。

> 布引滝の写真を撮るが、氷瀑を撮ると青空は白飛び。
> 青空を撮ると、氷瀑は黒く沈んでしまう。
> 両方を見ることのできる人間の目はスグレモノだ。

「二兎追うものは一兎を得ず」って言うでしょう。
ウサギ年の格言です。イロケはご法度。多くを望まないこと…ネ!

> 布引山の前後の尾根道では、木枝の雪がサラサラと落ちてくる。
> 「先頭を代わりましょうか?」
> 「この程度の雪は慣れていますから大丈夫ですよ」
> 王女様に露払いをしてもらって、随行記者はあとに続く。

ありゃ? カギカッコの2行目はグーさんかと思ったら王女さまでしたか!
ナイトの座をそんなに簡単に捨て去っていいんですか?

> 潅木帯を抜けたところで、王女様にスノーシュー体験をしてもらう。
> 最初はつま先を踏んだり、踵がぶつかりあったりしていたが、すぐに慣れた。

なになに?MSRの営業マンに変身ですか?

> 迷い池まで行ってから昼食と思っていたが、随行記者の足が止まった。
> 「モウこれ以上は歩けません」
> ・1195の山頂の雪は吹き飛ばされ地肌が見えています。
> 全くの無風です。シートを広げ昼食。高見山の雲も消えています。

zippおいちゃんはびぃちゃん手づくりランチだそうですが、グーさんのランチメニューは?
ナズナ、ハコベの春の七草弁当かも?

> 昼食がすんだら元気が出てきました。迷い池へスノーシューハイク。
> 王女様はワカンです。

シューは取り上げたの?ワカンない…

> スノーシューハイクとシリセードを楽しんで、・1195まで戻ります。
> 時刻は2時40分。ヤジヤマ谷左岸尾根を下ります。
> 「日没までに林道まで下りれたら大丈夫ですよ」
>
> 山頂直下のタイラも雰囲気のいい所です。
> Co1000の痩せ尾根は地形図どおり。木がなければ怖い所だ。
> ・943下の舟窪もおもしろい。
> Co860の尾根分岐は左に入ったがすぐに王女様が気付き修正。

サンセットが近いのに遊んでないで早よお帰り。

> Ca740ヤジヤマ谷左岸林道終点に明るいうちに着きました。
> 足は疲れていますが、見栄を張って王女様の歩調に合わせます。
>
> 日没直前に湖周林道に下り立ちました。
> 車道を歩きながら王女様にインタビューする魂胆で、
> わざと置き車は回してありません。

小細工は間違いの元!

> 初めのうちは、今日のデート山行を楽しく話していたが、
> 「サクラ公園はまだですかね?」
> 「次の尾根を回り込んだところじゃないですか」
> 尾根を回りこんだ先にもサクラ公園はありません。
>
> 「サクラ公園はまだですかね?」
> 「次の尾根を回り込んだところじゃないですか」
> そんなやり取りを繰り返す。何回も、何回も。

(そんな公園、ほんまにあるのかしら?)
と、姫はますます不安になるのでありました。

> 随行記者は、置き車を回しておかなかったことを後悔する。

王女様はこの男を引き摺り回したことを心から後悔する。

> 布引谷橋を渡る頃には漆黒の闇に包まれた。
> 「私も闇下の帝王の仲間に入ったぞ~」

帝王かどうか…?

> その晩、太ももの裏は痙攣を起こすし、
> 翌朝の階段を下りる足は痛いし・・・・
> グーも、人並みの登山家に鍛えられそうです。

牽引は無理みたいでも、なんとか随行はできましたか~
とにかく帰還、お疲れさまでした。

              ~biwaco
No.8: Re^3: 無風快晴スノーシュー日和   [No.2への返信]
1. 車でラッセル・・・の帰り道

-クリックすると元画像を表示-
日時: 2011/01/10 17:17
名前: 弟子HARU ID:Psi6W/PA

グ~さんこんばんは~
とれヲさんのレスに割り込みですぅ(^^)

>>> 【天候】   ほとんど無風快晴
>> これがうらやましいや。

この日はホントに快晴でしたね~
私も登る気満々(^^)vで行ったのですが・・・

> 明日は、無風快晴とはいかない予報だね。

夜には風もきつかったですよね。

>> これは予想外のコース取りやなぁ。
>
> 王女様の企画立案です。 グーにはコンナ企画は思いつかないです。

グ~さんの提案&お誘いかと思いきや・・・誘っていただいたんですね♪

> 1つ目の丸太橋は、王女様は上を巻きました。

zippさんの話からすると、ナズナさんって凄い人!なんでしょ?

>>  HARUさんに技を仕込んでもらって下さい。
>
> 腕より、高級機材だと思う。 オゼゼがかなり要るのではないだろうか?

腕より・・・んん?・・・聞き捨てならない・・・(><);
でも、おっしゃるとおりでございます(¥_¥)
ハーフNDというガラスの板みたいなのがあるんですが(半分透明で半分色付)それを使うとアラ不思議!!

>>> 「モウこれ以上は歩けません」
>>  それはいけません、業務放棄ですがな。

私は歩く前から「歩きたくないよ~」と駄々こねます。

雪の大台ケ原を歩くつもりでしたが、年末年始と先日の雪で、車でラッセルしながら行ったものの
途中で腹がつっかえて(車のね!)あえなくリタイヤ(><)
別の場所へ予定変更したんですが、今度は林道でパンク!
とれヲさんの欲しがってる車と同じのなら、絶対にスタックなしで大台ケ原に行けたのに~
もうすぐ車検の2台目の車をそれに乗り換えようか・・・真剣に悩む師匠でした(^^;

*画像は携帯写メなので、ちょっとボケてますが・・・

                                        HARU

No.9: Re^2: 無風快晴スノーシュー日和   [No.7への返信]
1.

-クリックすると元画像を表示-
日時: 2011/01/10 19:32
名前: グー(伊勢山上住人) ID:ADZxViSs
参照: http://www.ztv.ne.jp/okada1/c8.html

biwa爺、賀状ありがとうね。 
なぐり書きの宛名を読んで、ちゃんと届けてくれた郵便屋さんに感謝します。

> 王女様のレスも来たことだし、お呼びでない爺レスも我慢してね(^^)

可愛い弟子HARUさんからもレス来たから、手早く済ませてね。

> (まさか、「老婆の休日」やないやろね…?)

怖いものなし屋根! biwa爺は。

> 蓮ダムは分かります。行ったことあるもの。ダム事務所の裏山の展望台にも登りましたで。
> あとはわからん…(><)

biwa爺は、ナンにもワカランでも、よろしい。 アッチひっつき コッチひっつき しておれば。

>> 「伐採地から離れていくのじゃないですか?」
>> 「いいえ、伐採地へ向かっていますよ」
> 王女様の不安さが分かります。なんとなく。

biwa爺を連れて歩いてる人も、不安を感じながら同行していると思うけどなぁ~。

> 「二兎追うものは一兎を得ず」って言うでしょう。
> ウサギ年の格言です。イロケはご法度。多くを望まないこと…ネ!

さすが、カメの甲より 歳のコウ。 
biwa爺は、「モウ危険じゃない」と思われてるから、若い女の子からも声がかかるんだね。

> ナイトの座をそんなに簡単に捨て去っていいんですか?

biwa爺は、○十年前に捨て去っているのでしょ?

> なになに?MSRの営業マンに変身ですか?

はいな!! ガンガン宣伝しましたぜ。 ナンカチョウダイ。

> zippおいちゃんはびぃちゃん手づくりランチだそうですが、グーさんのランチメニューは?
> ナズナ、ハコベの春の七草弁当かも?

ピンポーン! ナンデ知ってるの? 知らぬはグーばかりなり。

> シューは取り上げたの?ワカンない…

奥ゆかしい大和なでしこを絵に書いたようなお方ですよ。
「グーさま、スノーシューで存分にお楽しみくださいな」 てなモンですがな。

> サンセットが近いのに遊んでないで早よお帰り。

まだ、帰りたくない~。

>> わざと置き車は回してありません。
> 小細工は間違いの元!

自分で自分の首を絞めるとは、このことです。

> (そんな公園、ほんまにあるのかしら?)

あれ? サクラの頃、蓮ダムに来たことないの?

> と、姫はますます不安になるのでありました。

不安というより、うんざりしていたでしょうね。同じ会話を何度も繰り返したから。

> 王女様はこの男を引き摺り回したことを心から後悔する。

ブブブ~~ 
「また御一緒しましょう」って、言ってくれたモン! 
(社交辞令なんだろうか? 不安)

>> 「私も闇下の帝王の仲間に入ったぞ~」
> 帝王かどうか…?

こりゃ、失礼しました。 「闇下の下足番」に訂正します。

> 牽引は無理みたいでも、なんとか随行はできましたか~
> とにかく帰還、お疲れさまでした。

はい。疲れました~。

                             グー(伊勢山上住人)
No.10: Re: 無風快晴スノーシュー日和
日時: 2011/01/10 20:58
名前: とっちゃん(都津茶女) ID:57ifSIhY

ぐ~さん、こんばんは。


> 忙しい公務の合間を縫って、王女様が台高にみえた。
> 浮かれポンチキ記者の、随行レポだよ~。

お~よかったね~。
天使が空から舞い降りたね。

浮かれポンチ記者さんも今回は、えらいまじめにレポ書いてますね~。

先、読まんでも、デレデレ顔のぐ~さんの姿が想像できますよ。

ナズナさん、スノー衆初体験やったの。

じゃ、次回は、プレゼントかな?

公開のスノー衆にも、次回はご一緒に参加できるかも~。

その前にレッスン山行もできるよ。(*^_^*)


> その晩、太ももの裏は痙攣を起こすし、
> 翌朝の階段を下りる足は痛いし・・・・
> グーも、人並みの登山家に鍛えられそうです。

しっかり鍛えてもらってね!

☆。。。とっちゃん(都津茶女)。。☆>
No.11: Re^4: 無風快晴スノーシュー日和   [No.8への返信]
1.

-クリックすると元画像を表示-
日時: 2011/01/10 21:28
名前: グー(伊勢山上住人) ID:ADZxViSs
参照: http://www.ztv.ne.jp/okada1/c8.html

ィヤッホ~!! 弟子HARUさん、こんばんは~。

>>>> 【天候】   ほとんど無風快晴
> この日はホントに快晴でしたね~
> 私も登る気満々(^^)vで行ったのですが・・・
> 私は歩く前から「歩きたくないよ~」と駄々こねます。

ナンカ 支離滅裂。 登るの? 登らないの? どっちにするの?

>> 王女様の企画立案です。 グーにはコンナ企画は思いつかないです。
> グ~さんの提案&お誘いかと思いきや・・・誘っていただいたんですね♪

いいえ。 誘ったのは トーゼン 私です。
でも、コースを設定・先導してくれたのはナズナさんです。

> zippさんの話からすると、ナズナさんって凄い人!なんでしょ?

「凄い人!」 じゃないですね。 普通の人です。
(でも、好奇心のちょっと強い人ですね)

>>  HARUさんに技を仕込んでもらって下さい。
> 腕より・・・んん?・・・聞き捨てならない・・・(><);

またまたまた そんなにリキまなくっても・・・・

> ハーフNDというガラスの板みたいなのがあるんですが(半分透明で半分色付)それを使うとアラ不思議!!

やはりそれなりにテクニックがあるのですね。 
教えて頂き、勉強にはなりますが、使いこなす「腕」がグーにはございません。

> とれヲさんの欲しがってる車と同じのなら、絶対にスタックなしで大台ケ原に行けたのに~
> もうすぐ車検の2台目の車をそれに乗り換えようか・・・真剣に悩む師匠でした(^^;

写真芸術も、お金がかかりますね~。

そろそろ春の写真展の案内が来る頃かと。
準備は怠りなく、着々と進めていますか?

また、台高で バッタリと 会いましょう。
(京都で会うほうが先かな?)

                          グー(伊勢山上住人)
No.12: Re^2: 無風快晴スノーシュー日和   [No.10への返信]
1.

-クリックすると元画像を表示-
日時: 2011/01/10 21:47
名前: グー(伊勢山上住人) ID:ADZxViSs
参照: http://www.ztv.ne.jp/okada1/c8.html

とっちゃん、こんばんは。

> お~よかったね~。 天使が空から舞い降りたね。

とっちゃん、ナズナさん、弟子HARUさん。 幸先のいい「女福」の年初めです~。

> 浮かれポンチ記者さんも今回は、えらいまじめにレポ書いてますね~。

ハイ。 口は災いの元。 筆禍で痛い思いをしております。
だんだん学習しているつもりですが、つい 本性が出てしまうのです。

> 先、読まんでも、デレデレ顔のぐ~さんの姿が想像できますよ。

ウフフ そう突っ込まないで下さいな。 照れるじゃないですか。

> ナズナさん、スノー衆初体験やったの。
> じゃ、次回は、プレゼントかな?

プレゼント?  プレゼントって何? 私からナズナさんにですか?
そんな事したら賄賂ですがな。 強制捜査が入りますよ。

> 公開のスノー衆にも、次回はご一緒に参加できるかも~。

たぶん、ナズナさんは公衆の面前には出てこないと思います。

> その前にレッスン山行もできるよ。(*^_^*)

ドコで?

>> グーも、人並みの登山家に鍛えられそうです。
> しっかり鍛えてもらってね!

新しく生まれ変わったグーを期待してください。

                       グー(伊勢山上住人)
No.13: Re^3: 無風快晴スノーシュー日和   [No.12への返信]
日時: 2011/01/10 22:56
名前: とっちゃん(都津茶女) ID:uQgY.JQk

ぐ~さん

えらい早いレス返しやね~。

> プレゼント?  プレゼントって何? 私からナズナさんにですか?
> そんな事したら賄賂ですがな。 強制捜査が入りますよ。


何って。そりゃスノーシュー山行でしょう~。

その時は、ぐ~さんは、終日ワカン使えばいいでしょ。(ナズナさんの方が健脚だから、それだと、おいてきぼりになっちゃうかも~。)

☆。。。とっちゃん。。☆
No.14: Re^2: 無風快晴スノーシュー日和   [No.4への返信]
1. おじんです

-クリックすると元画像を表示-
日時: 2011/01/11 09:01
名前: 緑水 ID:a85eZVTk

おはようございます~ ナズナさん ご機嫌サン、こちらいいお天気ですワン
昔からの知り合いの様に感じるのはなぜなんでしょう、グ~の字が要らない予防線張り巡らせてるアカンですよね。

申しおくれますた、わたし緑水と言います。ツウショウ緑ちゃんもうじき7才になります、春分次の日が誕生日です。
写真もダレかがはりましたけど、あれはウソです。陥れようとする悪い子なのですよ。

http://www.youtube.com/watch?v=pw_YvukuqF0&feature=related

ラムちゃんみたいかなあ

> ひょっとしたら、雪が多くて予定通りのコースは歩けないかも……と思っていましたが、
> そんなに積もってなかったですね。

前からのお約束だったようですね、だからグ~の字は今年は福女だというてたんだ。

>> かなり歩いて、もう一度谷を渡渉する。これが布引谷だった。
>
> それで、布引谷に出た時に「記憶ってあてにならないものだ・・・」という意味の
> ことをつぶやいておられたのですね。納得!

ひとりゴトいうてましたか、一人喋りで納得さすジイ現象ですな。緊張?ソンなことないわな。

> 氷瀑になっているとは思わなかったので布引滝が見えた時は感激でした。
> 青空と氷瀑と、きれいでした。撮影は難しかったけど。

えかったですね、このコースはね。昔に歩きますたよzipp大兄のリードでね、初顔合わせの伊勢山上住人さんでしたよ。

>> 「先頭を代わりましょうか?」
>> 「この程度の雪は慣れていますから大丈夫ですよ」

雪には慣れ親しんでいるようで、しかもパワーもある。緑ちゃんのお友達にもいますよそんなお方は。
強くて優しいんだ、グ~ちゃん箱入りにしたいはずだわ。

> スノーシュー、ありがとうございました。一度、体験してみたかったのです。
> まず、あの長さに慣れないと……ワカンとはまた違って、ちょっと緊張!
> 雪の多いとこでは快適でした。

大番頭さんのスノーシューに是非来てくださいな、第二弾も近じかある思いますよ。
コース舞台設定は抜群ですよ。

> このあたりは雪も多くて、雪山気分が楽しめました。
> 雪に隠れた迷い池。あっちが池かな?こっちかな?探すのは面白かったです。

こんなところへ、ズ.ズ.ズズ恋なあ~

>> Co860の尾根分岐は左に入ったがすぐに王女様が気付き修正。
>
> 時間も遅くなっていたので、登り返しが少なくすんでよかった!

シットって間違えたのかしら、

>> 車道を歩きながら王女様にインタビューする魂胆で、
>> わざと置き車は回してありません。

ヤッパな

> 明るいうちに湖周道路におりられたのはよかったけれど、思ったより
> 距離ありましたね。
> あとで地図見たら、やっぱりこれくらいかかりますね。

ですわなあ

> ご無理をさせましたか……申訳ありません。

なんとまあ勿体ないお言葉、書き込むのは勇気は要りません。

今日は寒くてのいいお天気です、白鳥檜峠へ出かけます。スキーもできるんでしょ(^^)
よろしければ緑ちゃんにメールくださいです。

虫でも結構です。

                 緑水            
No.15: Re^3: 無風快晴スノーシュー日和   [No.14への返信]
日時: 2011/01/12 20:45
名前: ナズナ ID:J1KBjJnI

> おはようございます~ ナズナさん ご機嫌サン、

こんばんは緑水さん、初めまして。
レス、ありがとうございます。

> ラムちゃんみたいかなあ

ラムちゃんのようにキュートでナイスバディだったらいいのですが・・・。(^ ^;

>> 氷瀑になっているとは思わなかったので布引滝が見えた時は感激でした。
> えかったですね、このコースはね。昔に歩きますたよzipp大兄のリードでね、初顔合わせの伊勢山上住人さんでしたよ。

この伐採地は布引滝の最高の展望台ですね。

> 大番頭さんのスノーシューに是非来てくださいな、第二弾も近じかある思いますよ。
> コース舞台設定は抜群ですよ。

お誘いいただいて光栄です。
が、日々慌ただしく過ごしていますので……。すみません。

                              ナズナ
No.16: Re^4: 無風快晴スノーシュー日和   [No.15への返信]
1. ドンドン積もる大雪ですた

-クリックすると元画像を表示-
日時: 2011/01/13 08:28
名前: 緑水 ID:4ZzrRZU2

ナズナ さん おはようございます、勝手なコメントにご返事いただいてありがとうございます。
これでヤブ漕ぎ文字お友達になれたかな。(^^)

> こんばんは緑水さん、初めまして。
> レス、ありがとうございます。

ホントに美躾、チャウ不躾で申し訳ないです、ほかのヤブモサ遠くから見てるだけだもんね。

>> ラムちゃんみたいかなあ
>
> ラムちゃんのようにキュートでナイスバディだったらいいのですが・・・。(^ ^;

ね~、わたるになりたいわ、おまえは新ちゃん診たい言われてます。

http://www.youtube.com/watch?v=Zier_sxQhnk&feature=related

> この伐採地は布引滝の最高の展望台ですね。

滝見にはいい所ですよね、チョット遠いですけどね。

>> コース舞台設定は抜群ですよ。
>
> お誘いいただいて光栄です。
> が、日々慌ただしく過ごしていますので……。すみません。

判ってること聞いて済みませんでした。
申し込んだとしてもね、参加許可条件が満たされないから、書類選考でバツですからご安心を。
行きたいわ~言ってても良かったんですよ。

忙しい中でも息抜きには、緑ちゃんレポにコメントは気楽薬になると思いますワン。
白鳥檜極楽浄土は3日がかり、大雪でスキーもせずに帰りますた。

またよろしく

                   緑水

 逆順に表示   スレッド一覧   新規スレッド作成