ヤブコギネット 山のフォーラム [ホームに戻る] [スレッド一覧] [新規投稿] [留意事項] [ワード検索] [管理用] [過去ログ一覧] 過去ログ閲覧

◆ 指定された発言を表示
スレッド170: 奥美濃30座A級29座目
No.1: Re: 【奥美濃】コカシ洞〜ソボ洞…のんびり気軽に
日時: 2010/06/14 13:50
名前: 柳川洞吹 ID:WSRaiTNs

兎夢さん こんばんは

>  OSKには奥美濃30座というものが設定されている。設定された山はA級、B級というランク分けがされておりそれぞれに30座ある。A級、B級の基準ははっきりと聞いた事がないが比較的短時間に容易に登れるものがA級、時間がかかり山登り経験を積んだものが登るものがB級といったところか。

奥美濃30座ですか。
どんな山が名を連ねてるんでしょうね。
百名山や二百名山の類のコレクションはワシの趣味ではないですが、
奥美濃30座がどこか、ちょいと興味が湧きます。

>  未踏のA級の2座の内ひとつは鷲ケ岳。でもうひとつがソボ洞。軽めのメニューは折角だからソボ洞に行く事にした。
>  ソボ洞には幾つかのルートがあるようだが気になるのは素振谷からと金原谷からのもの。どちらも林道が通っており奥まで車で入れるようだ。

数年前に、洞吹の「洞」シリーズで素振谷から入ってソボ洞とコカシ洞へ登りましたが、
ひと気のない静かな山でした。

>  素振谷の林道は一度入った事があり雰囲気がわかる。一方金原谷林道の方は入り口さえわからない。だから素振谷から行こうと思っていたが現地に着くと金原谷林道への入り口が簡単にわかった。でそのまま金原谷へと入っていった。

ワシのときは、たまたま素振谷の林道が工事中で通行止めだったので、林道入口から全部歩いて行きました。

>  道跡は始めは明確でわかりやすかったが進むに従ってどこへやら消えてしまう。その代わりに植林を間伐した倒木が沢を埋めるようになり歩きにくくなる。その状態はこれがA級なの?と思わせるくらい。

ブログの写真を拝見しましたが、あれじゃ歩けないですね。

>  やっとの事で鞍部に近づく。しかし上部に行くに従って斜面がガレている。なんでだと思っていると鞍部には林道が通っていた。
>  鞍部からはプラスティックの階段が埋められている鉄塔巡視路を登っていく。これが思ったより急登でかなり汗ばむ。

ここが、ガマンのしどころです。

>  左手の二次林が感じがいいなあと思っていると鉄塔広場に出る。見晴らしのいい広場だ。北には舟伏山がぼんやりと見える。その先はもやって見えない。きっと視界のいいときなら奥美濃の山々、特に根尾の山々の絶好の展望台だろう。

残念でしたね。
ワシのときも山側はガスでした。
濃尾平野のほうは晴れていたので、そちらばかり眺めてました。

>  実は途中で地形図を落とした。歩く分にはGPSがあるので問題ないが細かいところが僕のGPSではわからない。でこの時もこの鉄塔広場が最高ピークでコカシ洞だと思っていた。しかし帰ってから調べたらコカシ洞はもう一つ東にあるピークだった。残念。いつぞやリベンジしなければ。

コカシ洞、惜しかったですね。
あと2分ほど先に進んだところなんですけどね。
ただ、展望のない林の中の、ピークとは言い難いなだらかな通過点みたいなところでしたよ。

>  取り付きの尾根に入って植林帯をしばらく進んでいくと鉄塔の建つ広場に出る。ここがソボ洞だ。三角点は広場の南東角にあった。やった!これでA級29座目。残すは鷲ケ岳のみとなった。

趣味ではないと言っても、数が埋まっていくのは、それはそれで楽しいものがありますね。

>  時間が早いので久し振りにゆっくりと休憩した。以前は単独でこういう山歩きをよくしていたのを思い出す。林道があってもひっそりしていて山頂でも誰にも会わずのんびり時を過ごす。称賛するような自然がなくても十分楽しめた。こういう山歩きもいいものだ。

いいですね。
林道があっても、なんにもなくても、それなりに充分楽しめる静かな山歩きは、
ワシにも合っているようです。

よい山旅を!
                                 洞吹(どうすい)
 スレッド一覧  新規スレッド作成