ヤブコギネット 山のフォーラム [ホームに戻る] [スレッド一覧] [新規投稿] [留意事項] [ワード検索] [管理用] [過去ログ一覧] 過去ログ閲覧

◆ 指定された発言を表示
スレッド294: 日本の夏、山ガールに会えない夏…
No.2: Re: 【奥美濃】奥美濃の名渓、金ケ丸谷を行く
日時: 2010/08/28 13:36
名前: 山ガ評論家 ID:KmATtGLU

兎夢さん、こんにちは  山ガ評論家の946です。

タイトルに山ガと名が付きゃ例え中身が分からんでもレスせざるを得ませんなぁ~、ねぇポポンタ(別名、黄水)はん
最近はFBさんもこの山ガ論争に油を注ぐご時勢ですわ。ヤブコギも変わったのぉ~
ありゃ変なのにレスされたと思っても後の祭りでっせ

>  不動山の時に歩いた入谷の林道を右に分けて橋を渡り西谷左岸の林道を歩いていく。荒れているのかと思ったが意外としっかりしている。ところどころ土砂の流れているところがあるが途中までは今でも車で走れそうだ。
>  盆が終わったとはいえ樹間から射す日差しはまだ熱い。時折沢の水でのどを潤しながら長い林道をひたすら歩いていく。途中、草刈りをしている地元の方に会った。
さすがに草刈をしとる山ガはいないかな
こじつけで30年前は山ガール

>茸採りか山菜採りの為に道を整えているらしい。この方によれば昔は青年団の団長になる為には金ケ丸谷から夜叉ケ池まで行かなければならなかったとの事。意外とハードルが高い。我々にその資格があるや否や。
裸祭りの神男みたいですね

>  沢はこれといって難しいところはない。時折股辺りまで水につかりながらの遡行は気持ちがいい。昨年は対岸を巻いて見過ごしてしまった励谷の出合を過ぎて小ヤブレ、大ヤブレの出合に向かう。両岸を覆う樹林がすばらしく見上げてはため息をつく。特に小ヤブレの出合辺りからは両岸がブナで覆い尽くされそのすばらしさは筆舌に尽くしがたい。何度見てもこの感動は変わらないだろう。
ブナの原生林でしょうか?

>  大ヤブレの出合辺りは開けた樹林帯でテン泊地に適している。どこでもテントが張れる感じだが出合より少し先に行ったところに最適なところをSさんが見つけてきてそこに二張り設営。ブナの森に囲まれた素敵なところだった。
>  しばらく自由時間を過ごした後焚火の傍らで宴会モード。大自然の中での歓談は時を忘れさせてくれた。
人里離れた別天地でテン泊は憧れますね


>  登山道を東に進んで三周ケ岳山頂に向かう。山腹のヤブは稜線近くに至ってもそれほど濃くはなかったが登山道を覆うヤブはなかなか大変だった。

この辺りは登山道を外すと大変なことになりますね。
先日、黒壁から尾根を伝って夜叉が池に向おうとしましたがとんでもないことでした。

>  山頂には好天にも関わらず登山者はいなかった。山頂広場は昨年来た時よりも囲む灌木が鬱蒼としており圧迫感がある。登山道も含めて今まで訪れた三周ケ岳で今日が一番ヤブが濃かった気がする。

三周ケ岳も夜叉が池からだと最近は行きやすくなっていますが15年くらい前に行った時は結構、潅木がうるさかった気がします。

>  下山は夜叉ケ池経由で車のデポしてある夜叉ケ池駐車場に降りた。こちらも登山客は思ったより少なかった。こんな暑い日にはこんなところへわざわざ汗をかきにこないという事だろうか。そんな中でも夏休みを利用してきているらしい子ども達の団体が登山道を元気よく駆け下りていくのが印象的だった。

期待しましたけど結局、山ガのネタはなしなのね~
う~ん残念!

                                  946

 スレッド一覧  新規スレッド作成