ヤブコギネット 山のフォーラム [ホームに戻る] [スレッド一覧] [新規投稿] [留意事項] [ワード検索] [管理用] [過去ログ一覧] 過去ログ閲覧

◆ 指定された発言を表示
スレッド294: 日本の夏、山ガールに会えない夏…
No.5: Re: 【奥美濃】奥美濃の名渓、金ケ丸谷を行く
日時: 2010/08/29 07:52
名前: たんぽぽ ID:STuCH5DE

兎夢さん、おはようさん。

>  今回は門入から金ケ丸谷に入ってそのまま三周に登り夜叉ケ池を経て夜叉ケ池駐車場に下る計画だ。
まずは下山予定地の夜叉ケ池駐車場に車を二台デポしてホハレ峠に向かう。峠で共同装備を分け合って準備完了。まだ記憶に新しい山道を下っていく。
長~いけど、いい周回ルートですね。

>  3度程徒渉して林道跡に出ると門入まではわずか。ダム湖によって隔絶されたとはいえ何軒かの家があり生活の気配がする。その中の一軒にEさんが挨拶に訪れた。聞けば昨年不動山へ登った際にお世話になったとの事だ。ここの奥さんが気さくな方で表まで出てこられて話をしていった。雪が降るまではここにいるのだそうだ。電気も電話もテレビもあり生活には困らないらしい。
へぇ~、半年以上ここで暮らすんだね。

>  盆が終わったとはいえ樹間から射す日差しはまだ熱い。時折沢の水でのどを潤しながら長い林道をひたすら歩いていく。途中、草刈りをしている地元の方に会った。茸採りか山菜採りの為に道を整えているらしい。この方によれば昔は青年団の団長になる為には金ケ丸谷から夜叉ケ池まで行かなければならなかったとの事。意外とハードルが高い。我々にその資格があるや否や。もっとももし資格があったとしても肝心の青年団が今や存在しないのだが。
これも面白い話やね~。

>  沢はこれといって難しいところはない。時折股辺りまで水につかりながらの遡行は気持ちがいい。昨年は対岸を巻いて見過ごしてしまった励谷の出合を過ぎて小ヤブレ、大ヤブレの出合に向かう。両岸を覆う樹林がすばらしく見上げてはため息をつく。特に小ヤブレの出合辺りからは両岸がブナで覆い尽くされそのすばらしさは筆舌に尽くしがたい。何度見てもこの感動は変わらないだろう。
ブナ回廊の中をジャブジャブ、う~ん、気持ちよさそう。

>  大ヤブレの出合辺りは開けた樹林帯でテン泊地に適している。どこでもテントが張れる感じだが出合より少し先に行ったところに最適なところをSさんが見つけてきてそこに二張り設営。ブナの森に囲まれた素敵なところだった。
ブナの中に無数にあるテン場ですか、泊まってみたいなあ。

>  登山道を東に進んで三周ケ岳山頂に向かう。山腹のヤブは稜線近くに至ってもそれほど濃くはなかったが登山道を覆うヤブはなかなか大変だった。
ヤブが薄くて楽勝と思いきや登山道ではまりましたね。

>  山頂には好天にも関わらず登山者はいなかった。山頂広場は昨年来た時よりも囲む灌木が鬱蒼としており圧迫感がある。登山道も含めて今まで訪れた三周ケ岳で今日が一番ヤブが濃かった気がする。
このクソ暑いのに尾根歩きする人もいないでしょう。
お疲れさんでした。
 スレッド一覧  新規スレッド作成